白夜3.98 第7話

サブタイトル・・・「暴力脱獄」

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
テッヒョンが「ドル紙幣の原版を」と、ゴーガンに要求したのは、ミサイルを買う資金のため。。。
コーガンを脱獄させるために、再びテッヒョンが収容所に行きました。
その日は、偶然にも、ユリ・キムの差し向けた刺客が、ゴーガンを暗殺しようと企てていた日。
テッヒョンが到着したと同時に、
ユリ側の方も入り混じって、銃撃戦。
火が点いたり、もうゴタゴタの中、コーガンを連れ出したテッヒョン。
コーガンの部屋には、代わりの遺体を置き、収容所は完全火の海にして、
抜かりないテッヒョン。

行く前に、「30分して戻らなかったら行け」と、
ヨンジュンに言い残して行ったテッヒョンでしたが、
あの混乱の中、30分以内に始末して来たようです。
ヨンジュンを見て、この若像?という感じのコーガンに、
ヨンジュンが言い返して、ちょっと笑ったテッヒョン(*゚ー゚*)
ヨンジュンへの任務の司令は、グッチョルの策略と思ってましたが、
「テッヒョンの希望」とグッチョルが言ってて、驚き・・・


『収容所で暴動 ゴーガンも死亡』の新聞記事を見て、喜んでるビョートル。
しかしユリ・キムは、「奴は死んでない」と、気付いていました。

ソ連のクラチェフ副司令官と、アナトーリ博士のいた研究所のイワノフの間に、
「黒蜘蛛(タランチュラ)がいる」と読んだギョンビン。

一方韓国のホンは、ソ連へのけん制のために、
『中距離ミサイルを開発中』との情報を流すことにしました。
情報が入ったKGBは、その事を調べようと、「ミン・ギョンビンの行方を探れ」と、
アナスターシャを呼び出して、言いました。 
戸惑うアナスターシャだけど、「協力すれば父の暗殺犯を探す」と言われ、
ギョンビンのアパートへ、隠しマイクをつけて行きました。
『核を求める北と、売る側のイワノフ それを結ぶソ連のクラチェフ。
北は米韓をけん制するために、核を。
自分はそれを阻止する 北は買うドルを持ってないので、資金源を抑える』
このギョンビョンの話を、KGBが盗聴。

ゴーガンに「4日後までに、800万ドル刷っておけ」と言うテッヒョン。
ムリと言っても、ムリは通じません。

テッヒョンは、アナスターシャのアパートの前に居て、窓を見上げてました。
するとアナスターシャが出てきて、切ない目で見つめるテッヒョン....
アナスターシャが図書館で調べ物をしているのを、離れた場所で見つめ、
落ちた鉛筆を、さりげなく拾ってあげたり・・・、健気に見守っています。

でも、この時アナスターシャが調べているのは、テッヒョンが関わっている事。

ゴーガンは、ユリ・キムを襲う計画を、「自分の葬儀の日」としてましたが、
しかし、その情報は、ユリの元へしっかりと流れてきました。
それを知ってか知らないでか、急遽これから事務所を襲えと命令するゴーガン。

事務所には、ビョートル、そしてアナスターシャとギョンビンも来て居ました。
アナスターシャは、KGBの依頼で、ギョンビンのアパートに行った時、
聞いた事を、自分なりに調べて(先の図書館)、知らせようと来たのでした。

帰ろうとした時に、突然銃声が鳴り響き、銃撃戦の中、
アナスターシャを連れて逃げるギョンビョン。
しかし、途中で弾切れ…!
敵に狙われて万事休すの時に、その敵が撃たれました。
助けてくれたのは、、、もちろん、テッヒョン......(:_;)

ビョートルが撃たれてしまいましたーーー
アナスターシャが救急車を呼ぶために、電話を探しに行った時、銃声が・・・。
驚いていると、敵の生き残りが、アナスターシャを狙い、、、、
その時、後ろからアナスターシャの口を抑え、敵を撃ち殺したテッヒョン。。。
そして、そのまましばらく、アナスターシャを抱き締めるようにして…
もうこの場面は、涙・涙......。・゛・(>_<;)・゛・。

ゆっくりと手を離して行ってしまったテッヒョン、
アナスターシャは、涙を流して。。。懐かしい思いがしたのでしょうか......

「人を愛した事は?」とテッヒョンに尋ねるヨンジュン。
黙ってしまうテッヒョンに、余計な事を言ってしまったと反省するヨンジュンに、
「凍え死ぬ寒い日、二匹のハリネズミが近づくけど、
近づくと痛いので、離れる… 傷つける人間と関わりたくない…」とテッヒョン。
「私は正反対」とヨンジュン。

ソンシムのいない展覧会会場に行き、
あの日二人で過ごしたように、たどっていくヨンジュン。
ソンシムの一言一言を思い出しながら、、、

そのソンシムは、父・グッチョルから帰国するように言われていました。
ソンシムは嫌だと言っても、グッチョルの命令は絶対のようです。
そのグッチョルいわく、
「小国でも強い思想があれば、強国になれる。
核兵器を持つのもそのため」と語っていました。
現在も、北の“核保有”は問題となっていますが・・・

ヨンジュンは、バラ一輪持ってソンシムの元へ。
しかし、それは周りに遮られ、それでもソンシムの名を叫ぶヨンジュン。
声に気付いたソンシムは、嬉しそう。。
とうとうヨンジュンは、グッチョル部下の副官にボコボコにされ!
この人冷静そうに見えてたけど、結構コワイ!
それでも「行くな」と叫ぶヨンジュン。。。

「白夜3.98」他の回はこちらです。

白夜 DVD-BOX
白夜 DVD-BOX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sannkeneko
2005年11月23日 15:59
この回は、「どっちがどっち」とか
「この人誰?」とか「ここはどこ?」で
書きづらかった覚えがあります。

ギョンビンとビョートルの頼りなさに比べて、
テッヒョンのスーパーマンぶり!
恋に燃えるヨンジュンはテッヒョンの片腕として
(時に足手まといとして)活躍しますよ♪

ところでpandaさん、
「グッチョン」になってるんですけど・・・。
2005年11月23日 22:57
sannkenekoさん、こんばんは。
北と南だけじゃなく、横文字の名の人がいっぱい出てきて、覚えるのが大変で、メモ書きしたのを見ながらの視聴です。

>ギョンビンとビョートルの頼りなさに比べて、
確かに!
>恋に燃えるヨンジュンはテッヒョンの片腕として
(時に足手まといとして)活躍しますよ♪
テッヒョン&ヨンジュン、いいですねーーー!
この二人のシーンが、好きです。
早くこういうシーンが、見たいです。

>「グッチョン」になってるんですけど・・・。
∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!
いつからか、そう思い込んでいました…
訂正しなくては・・・!
教えてくれて、ありがとうーーー

この記事へのトラックバック

  • 「白夜」(「白夜3.98」)第7話

    Excerpt: ソ連側が誰が誰やら良くわからなくなってきました。 訳がわからないまま・・・ Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2005-11-23 15:50