グッバイ・マイ・ラブ 第6話

画像
サブタイトル・・・「真実」

☆感想(ネタバレあり)とあらすじ☆
ミンスのマンションから帰るヨンジュを見たヒジョン。
ヒジョンと同じ大学のヨンジュの友・ソヨンに近づいて、ヨンジュの事を聞き出しました。
『小学生の時、お父さんが亡くなって、大学に行けなかった。
でも、読書家だしプライドも高く、素直な子。 
今は化粧品の工場で働いてる。』


ギテ父が買収しようとしてる、チェジュドのホテル周辺では、
暴力団が出てきて、大変そうだからと、
ギテ父は、「ミンスを企画室長にして、行かせる」と。
ギテは、怪訝そうな感じだっのに、
ミンスに会ったら、自分が推薦したような事言って、いい顔して…(~_~;)


ヨンジュはジョンエに、「ミンスのお部屋に行ったけど、すごく豪華だった。
でも、彼不安そうだった」 不安そう…ヨンジュはしっかり見てますね~
私が住んでる部屋も見たい、と言われて困ってるというヨンジュに、
もう少しの辛抱(結婚出来る)と、言うジョンエ。

しかし、そのギテは、お見合い相手の女性とオペラに行ってました。
お見合い相手と結婚するかも…と言ってるし、
ジョンエからの電話も、「毎日面倒くさい…」という感じ。
それでも、デートでは、愛してる素振りをしてるギテ。。。

ソヨンの代役で、病院で健診を受けるヨンジュ。
そのあと、ミンスとデートです。
夕べから何も食べてないヨンジュは、美味しそうに食べてて、
そんなヨンジュを見て、ミンスは可愛いなあって顔してます~
ミンスはヨンジュに、「もし俺が一文無しだったら?」なんて質問して、
ヨンジュ、“それでも好きよ”って言えばいいのに、
「なぜそんな事?」 ヨンジュは自分の事?と思っちゃったのかな~
ミンスは、「女性のためにプレゼントを選んで」とヨンジュに言って、
どんな人かと聞くヨンジュに
「メチャメチャひねくれてて、気難しい。
俺はいつも振り回される。」
とミンス。
「それなら、すぐ着れない冬物のコートがいいわ」
ヨンジュに試着させ、それをプレゼントo(*^^*)o
「冬になったら、それを着て遊びに行こう」とミンス。
ヨンジュは、「ひねくれてて…」と言われた事も忘れて、嬉しそう(#^.^#)
その夜、サンチュにお肉を挟んで、ヨンジュにアーンと食べさせるミンス。
ヨンジュは、ホントに、美味しそう~~~
本当に、幸せそうな2人だったのに、、、

帰宅したミンスを待ってたのは、ヒジョン。
ミンスは迷惑そうだけど、一応中に入れました。
「なぜ私がいるのに、なぜあんな女と?」とヒジョン。 
ミンスが金持ちの自分より、貧困なヨンジュを選んだのが気に入らない様子。
ヨンジュの素性を言ってしまいました。
ミンスは、ヒジョンを追い返すけど、思い返してみると、、、

デートの時に、何度も探りの質問をするミンス。
でも、ヨンジュは、目を泳がせながら、誤魔化してます。
その誤魔化しが、ミンスを益々嫌な気持ちにさせてしまってます。。。
家に帰ったヨンジュは
「もう嘘ついて会うのは耐えられないイヤだ」って言うけど、
もう少しの我慢と、いうジョンエ。
「私達はニセモノ、話もウソ、希望も無いわ!それでも愛?」
怒るヨンジュ。

酔っ払って、ヨンジュに電話し、出て来いと言うミンス。
ヨンジュは、待ち合わせ場所に行こうと、階段を駆け下ります。
通り過ぎて、フッと振り返ると、ミンスーーー!
後をつけて来てた? 

ミンスは、ヨンジュが素性を偽ってたのは、
「金持ち」の自分に近づくためだった…と思ってしまったのか、
とっても怒ってます…自分も偽ってるから、同じだと思うんだけど、、、
女性側が偽るのは、「玉の輿にのるため」だから?
先にミンスの素性に、ヨンジュが気付いてたら、どうだったんだろう…

「グッバイ・マイ・ラブ」 他の回はこちらです。

グッバイ・マイ・ラブ (下)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

イタチ
2005年09月11日 13:51
こちらも視聴がんばってます!笑
>先にミンスの素性に、ヨンジュが気付いてたら、
>どうだったんだろう…
先回ヨンジュが「ビルなんてなければいいのに...」
みたいに話していましたよね!
先に気付いていればどういう展開だったんでしょうね♪
次回も楽しみです。
2005年09月11日 17:50
イタチさん、こんにちは。
何とかついて行ってますか~~~
私もこの週末で、何とか…

ミンスはすごく怒ってたけど、
自分の事はどうなの?と思ってしまいました。
ヨンジュがもし先に知ったら、
「私が金持ちだからなの?」って怒ったのか、
それとも「あなたが金持ちじゃなくて良かったわ」って言ったのか…
せっかく、仲の良い、ほのぼのとした2人だったのに。
どうやって修復できるんでしょうね~~~
次回を楽しみにしてます。

この記事へのトラックバック