☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ガリレオ 第4話 「壊死る(くさる)」

<<   作成日時 : 2007/11/06 13:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 4

東野圭吾さんの作品が好きで、第1話は見ました。
高視聴率&面白いと絶賛の嵐の中、私の感想は、良かったけど苦手な部分も多く… 2,3と飛ばしたけど、今回のゲストは香取慎吾!
ファンだからというわけでなく、
慎吾ちゃん=犯人と聞けば「沙粧妙子最後の事件」
まだ少年の面影を残した冷たい殺人者、そして最後のバラの花びらの中…を思い出し、期待感いっぱいで視聴しました。
以下、簡単な感想を・・・。(ネタバレです)

田上昇一を演じた慎吾ちゃんは、期待した以上に、
すごーく良かった!!
ダイエット後、少しリバウンドしたかな?と思ってたけど、
また痩せたような?精悍になってました。
表面上は、ニコヤカな好青年の大学院生。しかし裏の顔は非情な殺人犯。
この絶妙なサジ加減がgood
冷たい顔の時は、本当にゾッとする表情でした。

自分の論文を発表するだけでは物足りず、人間相手に実験し、
それを戦争兵器として使ってもらえれば大金持ちに・・・と
せっかく頭がいいのに、間違った方向に向かってしまって、
一瞬、数年前のあの新興宗教を思い出しました。
湯川の前でペラペラと喋る姿は、
自分はこんなに凄い!と自慢したくてしゃーないって感じも。

湯川(福山雅治)に追い詰められて、
壊れていくように冷静さを失っていく様子も良かったです。
「あれは失敗作。
君の事を雇う軍事産業関係者なんていない」と淡々と告げる湯川。
5年もかけて作り上げたと言う田上。
「君には出来ない。あんなものに5年もかけてるようじゃ。僕ならアザも残さない」と、完璧な式を書いたレポートを渡しクールに去っていく湯川、カッコイイ〜〜〜

「あの人はやっぱり天才だ…」と湯川に渡された紙を握りしめる田上。 
もう完敗・・・と認め、潔く自首したのかな?

「世の中、善と悪は常に表裏一体。
一人殺すだけなら犯罪者だけど、
10万人殺す兵器を考えれば英雄」
田上が語ったこの言葉は、考えされられますねぇ。
【追記】
このセリフってどこかで聞いた気が…と引っ掛かってたのたけど、
チャップリンの映画「殺人狂時代」だとフッと思い出しスッキリ!
「一人二人を殺せば殺人者だけど、
戦争では何百万人を殺した者が英雄」というセリフに似てる気が。

湯川さん、同じ科学者の田川が間違った道へ進んでしまい
すごく残念そうに見えました。
論文に感心していて、名刺まで渡してたのに。。。

そしてもう一人、ガックリと肩を落とす人・・・薫(柴咲コウ)。
実は第1話を見て、怒ってばかりで苦手…と思ったキャラでした。
今回は三枚目チックなところもあって、かなり好きに♪
ディナーでパンを頬ばってると(←入れすぎだってば ^^;)
田上に声をかけられて大慌てだったり、
最後に湯川の研究室で、愚痴るところなんてカワイイったら〜〜〜。
「アザを見る目があっても、男を見る目がないんですぅ…」
泣いてるのにごめんね、このセリフに笑っちゃった!

そんな様子に呆れながらも、薫が田川からもらったプローチをゴミ箱に捨て、
薫を見てフッと笑う湯川。
あら〜笑うなんて珍しい
でも、二人の間にLOVEって展開は止めて欲しいなぁ。
これ位の距離が良い気がします。

第1話は、ひたすらシリアス、シリアス、シリアス…だったけど、
今回はコミカルな部分も多々あり、そこで息抜きしつつ
緊迫したシーンでは引き締めて…と、私にはバランスが良く楽しめました。
(今回の演出は澤田鎌作さん)
そうそう、2,3と見てないのでなんとも言えませんが、
今回は「古畑任三郎」っぽい気がしました。
最初に犯人や凶器が視聴者にはわかってて、
それをいかにして主人公が気付くのかを見せていく…という感じで。

そんな中でもお気に入りキャラは、栗林助手の渡辺いっけいさん
湯川が大学に入る前から助手で、もう20年もやってるとは。。。
湯川と薫の会話を、耳をダンボにして聞いてる姿がおかしくって〜ヾ(>▽<)o
「ゆくゆくは教授に?」と、まさかね〜?って感じの薫。
「僕は応援してるよ」とフォローしつつ、
「でもこの論文を読む限り…難しい」と湯川。
ガックリ・・・だったわね、栗林さん。
更に「それだって僕にとってはストレスかも」って湯川が言うから、
もっとガッカリしちゃって、いつも頑張ってるのにねぇ...ρ(..、)ヾ(^ー^;)ヨシヨシ
でも湯川が閃いたのは、栗林がブローチは田上からもらった物で、「超音波加工機」で彫ったと言ったから。影の功労者よね〜。

第1話で苦手だった部分一つは、
怒ってばかりの薫がうるさいなぁ…と思った事。
でも今思えば、第1話ではまだ湯川に対して、「何、この人?」って感じで、
そうならざるを得なかったのかな?と思えてきました。

それと、弓削刑事役の品川さんが・・・。
やや巻き舌で、怒り&呆れ口調なのは苦手で、今回も…。
演出やキャラ設定がそうなのだろうから、本人に責任はないですがね。
で、、、最初から女子大生を「溺死」と言い張ってたけど、
もしそうなら、溺れてからかなり時間が経って発見されてるのだから、
遺体はもっと膨れてるんじゃ?←間違ってたらスミマセン。
ああいうキャラじゃなくて、おとぼけキャラの設定の方が良かったかも?

それと専門用語が並ぶと、チンプンカンプンで・・・。
スルーすれば良いのだろうけど、今回は第1話よりはOKでしたが。

薫が調べて来た他の二件の心臓麻痺の事件。
銭湯で…って、あんな機械を持ち込んで
怪しまれなかったのかしら?とちょっと疑問・・・。
まあ丁度客がいない時間だったんでしょう。
そして薫、三件の共通点は「水の中」って、私でも気付いたってば!
それから、睡眠薬を飲まされてかなりフラついてたのに、
田上に言われたこともあり、ちゃーんとお風呂に入っていたけど、
私だったら眠たくってそのまま寝ちゃうだろうなぁ・・・。
後、田上に捜査の内容をあんなに話してしまっていいのかしら?
薫にしてみれば、湯川に協力してもらってるのと同じ感覚なのかな。

探偵ガリレオ (文春文庫)
探偵ガリレオ (文春文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガリレオ・第4話『壊死(くさ)る』+歌姫・第4話 感想
僕なら痣も残さない―。 ガリレオ先生シビレル〜(*´Д`*)ハァハァ ...続きを見る
またつまらぬものを書いてしまった
2007/11/06 18:28
月9★ガリレオ(#4) 慎吾ちゃんの・・・。
 今回は完全に古畑任三郎あるいはコロンボ型のエピソードで、犯人の田上昇一(香取慎吾−フジでは「お猿」だった割には賢い役)を、湯川(福山雅治)と薫(柴咲コウ)がいかに追いつめていくかがストーリーの柱でありましたが、好調なシリーズの中でも今回は一段と出来がヨカッタ!!  湯川は格好イイし、薫は超・魅力的でした〜〜!  番組冒頭、豪邸の室内プールで慎吾ちゃんに殺された女性・篠崎怜子を演じた女優さんは「蒼井そら(蒼井優でもなければ宮崎あおいでもない)」というAV女優さんだそうな。  「青い空」に由... ...続きを見る
+子育ちパパの航生日誌Q2.1
2007/11/07 11:36
「ガリレオ」第4話
結果には必ず原因がある。 水死した女子大生の左胸のアザが意味するものは? 第4話『壊死る(くさる)』 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2007/11/07 19:04
ガリレオ第4話 壊死る
 月曜日の夜は、フジテレビ系の月9ドラマ「ガリレオ」を観ていた。 いやあ、これは、面白かった。原作のストーリーをほとんど無視しているのはさておき、突っ込みどころがたくさんあったからである。 まず、湯川(福山雅治)が田上昇一(香取慎吾)のいる大学での講演... ...続きを見る
読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)
2007/11/07 19:31
ガリレオ (香取慎吾さん)
◆SMAPの香取慎吾さん(のつもり) 香取慎吾さんは毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ガリレオ』の第4話に田上昇一役でゲスト出演しました。 ...続きを見る
yanajunのイラスト・まんが道
2007/11/07 20:52
ましゃのラジオにPerfumeが出るってさw(ガリレオ#4)
福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”にPerfume登場でっか(笑)3年半ぶりの50おじさんたちのライブとか危うしホリキッター!とか岡田くんとの共演とかでアップアップ。「モップ」「ドリーム」「ハタチ」は合併号でwPerfume@テレビ埼玉、奇.... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2007/11/07 22:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
『ストリングス〜愛と絆の旅路』でヒール役の吹き替えが香取慎吾で、でも見ている時は全然気づかなかった・・・それくらい上手くて(*・0・*)

東野圭吾作品は未開拓なので作風とかわからないんですげ、別物と思ったほうがいいみたいですね。
ドラマに関しては弓削刑事にしても湯川の研究室の学生たちにしてもキャラが生かしきれていない気はします。

>あんな機械を持ち込んで
怪しまれなかったのかしら?とちょっと疑問・・・。
銭湯でも番台とかサウナは受付とか・・・。
とっぽどヒマな店だったのね(苦笑)。

>それと専門用語が並ぶと、チンプンカンプンで・・・。
電話でワ〜〜〜と言われて薫はどこまでわかったのかしらん?(笑)
sannkeneko
URL
2007/11/07 20:03
TB返しありがとうございました。
いろいろ突っ込みどころの多い話でしたので、かえって楽しめました。
風竜胆
URL
2007/11/07 20:46
sannkenekoさん、こんにちは。
東野圭吾さんの作品には去年あたりから凝り出したのですが、中々良いですよ〜。「探偵ガリレオ」はまだ読んでませんが、設定や雰囲気もかなり違うみたいですね。

>ドラマに関しては弓削刑事にしても湯川の研究室の学生たちにしてもキャラが生かしきれていない気はします。
今回は慎吾ちゃんの悪のオーラに魅せられて、湯川の苦悩も垣間見れて満足度は高かったのですが、弓削刑事にしても北村一輝(役名失念…)にしても、もう少しどうにか・・・と思ってしまいます。
アニメ、「ストリングス…」はまだ見てないのだけど、慎吾ちゃんの悪キャラが楽しみになりました。

専門用語や推理の過程でも、専門用語が並ぶと、どうも置いてきぼりを食らった気分になっちゃいます。
薫だって素人だし、多分ほとんどわかってないでしょうね〜。
panda
2007/11/09 14:02
風竜胆さん、こんにちは。
湯川対田上の対決に満足度は高かったのですが、ツッコミどころも目につきましたよね。
panda
2007/11/09 14:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



ガリレオ 第4話 「壊死る(くさる)」 ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる