テーマ:映画

テレシネマ「19」のあらすじ&カットシーン

テレ朝系で放送された「19」 紫色で書いた部分が、 尺の関係でカットされた部分です。 あらすじと一緒にちょこっと感想も 後半はあまり削られてなかったけど、 最後にまさかのーーw( ̄∇ ̄;)w!! 以下、ネタバレです。      ↓ ↓ ↓ ジョンフン(BIGBANG T.O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 「クロッシング」 (2008年・韓国)

北に住む家族を描いた映画です。 チャ・インピョさんが、家族の為に中国の国境を越えた父親演じていますが、やっぱり上手いですねーーー。 二人の子役ちゃんにも泣けてたし、ラストがまたなんとも・・・。 以下、ネタバレです。     ↓↓↓ 妻と息子のジュンと、貧しい中でもつつましく幸せに暮らしていたヨンス(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『ユナイテッド93』 (2006年/アメリカ)

同時多発テロを起こした四機の中で、 唯一目的に達しなかったユナイテッド93。 結末はわかっていることだけど 何と言えない衝撃が胸を貫き涙が・・・。 あれから9年経つのですね。 何気なくニュースを見ていたとき、 飛び込んで来た信じられないリアルな映像に 愕然としたのがついこの間のような気がします。 以下、ネ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

映画 「カンナさん大成功です!(原題...美女はつらいの)」 (2006年/韓国)

原作をうまくアレンジしていて面白かったです! ジャンルはコメディだろうけど、 笑えて和んで、そして感動の涙も・・・。 いやーー、泣く映画だとは思わなかったわ~。 チュ・ジンモは「ファッション70」しか知らなかったけど、 やっぱりカッコ良い王子様って感じし、 カンナ役のキム・アジュンはオデブの時もキレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画 「ひまわり」 (2006年/韓国)

ひと言「放っておいてあげなよーー」と言いたくなりました。 静かに流れるBGMが胸を打ち、 レウォン君が中々良いです♪ “二度とお酒は飲みません”  “喧嘩もしません”  “もう泣きません” 古びたノートに書かれたことを頑なに守り、 そのノートに書き記したやりたい事リストを一つ一つやり遂げ 「ひまわり」のように、まっすぐ生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 「ファン・ジニ」 (2007年/韓国)

ドラマ版にハマったので、どんなモンかと映画版を見てみました。 「妓生」の世界を描いたドラマ版とは違い、 映画の方は、もどかしいような悲しいような「恋愛物語」、 当たり前だけど全く別物でした。 ドラマのハ・ジウォンちゃんも美しかったけど、 映画のヘギョちゃんも綺麗・・・ ユ・ジテは、映画「春の日は過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 「光州5・18 (原題...華麗なる休暇)」 (2007年/韓国)

ドラマ「砂時計」で光州事件を知った時にリアルな映像と、 それほど遠くない過去に、こんな事があった事実に衝撃を受け、 この映画も、劇中も見終わってからも 胸が押しつぶされる思いでした。 同じ国民でありながら軍と市民が戦うなんて残酷だし、犠牲になった人々が可哀想で…。 でも悲しいだけじゃなく、 守ろうとする登場人物1人1人の生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 「私たちの幸せな時間」 (2006年/韓国) 

「死にたい」と願う死刑囚と大学講師。 心を閉ざした二人は、とてもピリピリとしていて 触れると壊れてしまう雰囲気でした。 支えてくれる人、信じてくれる人、 愛する人、愛してくれる人がいる、 その事に気付き変わっていく二人が過ごす時間は、 週に一度の3時間。でも「幸せ」な時間なのでした。 イ・ナヨンちゃん、カン・ドンウォン君の…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

映画「手紙 The Letter」 (1997年/韓国)

ありがちのテーマかな?と思ったけど、 引き込まれた作品でした。 古い映画だけどオススメです 登場人物がホントに少ないのだけど、 それでも飽きさせないのは、 さすがーーの、パク・シニャン&チェ・ジンシルって感じ シニャンさんは若々しい!←細いし~。 ジンシルさんは清楚で可…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (2007年/アメリカ)

DVDにて視聴しました。 これ、映画館のスクリーンで見たら、もっと「ギョッ」としたかも? そういう血のシーンが多々あるけど、 復讐の愚かさ、 それでいて切なく悲しい気持ちが心に残った映画でした。 ダークな映像なのだけど、それでいてキレイなのはさすがティム・バートン監督。 そしてジョニー・デップ、レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復讐者に憐れみを(2002年/韓国)

かなり好き嫌いが別れるだろうなぁ・・・という映画でした。 そういう私は、愛するが故に走ってしまった悲劇に、心にズシッと来ました。 愛する人を失った故に、復讐に走ってしまった気持ちもわかるだけに、 どちらも痛々しかったし、特にシン・ハギュンの方に、かなり同情しました。 でもそう思いつつ、「復讐の輪廻」という事を考えさせられました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『オー!ブラザーズ』(2003年/韓国)

イ・ジョンジェ&イ・ボムス共演。 全体的にコメディタッチなのだけど、 ホロリとする場面もあり、好きな映画の一本となりました。 金のために会った事のない兄弟を捜したり、 仕事(「レインマン」はカジノ)に兄弟を使おうと思いついて一緒にやったり、 兄弟と認めないといいつつ、徐々に心が近づいていき・・・というのは、 映画「レインマン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『地下鉄(メトロ)に乗って』 (2006年/日本)

姓まで変えて、父と絶縁状態の真次(堤真一)。 ある日、地下鉄の階段をあがると、 その先にいたのは、死んだハズの兄。。。 急いで追いかけると、そこは昭和39年の当時住んでた町で、 地下鉄のプラットホームで偶然会った恩師(田中泯)から、 「君が変わったのは、あの日以来」と言われたあの日だったのでした。 タイムスリップし、過去…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画 『フラガール』 (2006年/日本)

昭和40年。福島県いわき市の炭鉱会社は、 地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。 目玉となるのは、フラダンスのショー。 「本物のダンサーを雇うのではなく、 地元の女性がダンサーになる事に意味がある」と吉本さん(岸辺一徳)。 ↑これが成功の元だったのかも。 しかしずっと山で生きてきた住民…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

映画「ただ、君を愛してる」(2006/日本)

公開時のキャッチコピーと、流れてたCMで、 ある程度は予測出来る展開だったのだけど、それでも泣けて来ました。 静流(しずる)を演じた宮崎あおいちゃん、 上手い!ダサイけどカワイイ! 喋り方が子供っぽいけどそれがキュート、そしてキレイ・・・ 公式サイトはこちら 以下、展開に関するネタバレありますので注意!!! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 「ふたつの恋と砂時計(原題:足ながおじさん)」

2005年、韓国の映画です。 ウェブスターの小説『足ながおじさん』は、 百万長者の男が、孤児院の女の子を、正体をを明かさずに影で援助するお話。 それを元に、ハ・ジウォン演ずる孤児のヨンミに、 ナゾの人物からの援助が…から映画は始まります。 その前に冒頭のヨンミの両親との思い出のシーがあり、 そこはアニメーションで語られて、 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

映画 『オアシス』(2002年/韓国)

まずソル・ギョングが細い! 『公共の敵』から、20㌔減量したそうで、さすがカメレオン俳優と言われるだけあります。 少し知能が…なのかなと思ったのですが、 落ち着きのないソワソワとした感じ、喋り方など上手いです。 そして初めて見たムン・ソリ。 彼女の演技は凄い・・・! 脳性麻痺の女性を演じてますが、そのリアルさにアッパレでし…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

映画 『公共の敵』(2002年/韓国)

監督は、「シルミド/SILMIDO」のカン・ウソク。 ソル・ギョングといえば、「シルミド」や「力道山」の予告編でしか知らない私、 寡黙で、あまり表情を崩さないというイメージでしたが、この映画では、喜怒哀楽が激しいし、口は悪い暴力刑事。 刑事で主人公といえば、正義の味方が常だけど、この刑事は違います(笑) そしてイ・ソンジェは、「…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

映画 『氷雨』 (2004年/韓国)

北海道の今年のお正月は、韓国映画が目白押し! その中でも一番多かったHTBさんは、ワイドスクリーンのまま(これはキー局のテレ朝もですね)、そしてエンドロールトまで、ちゃーんと放送してくれてましたね~ しかも、放送時間も長くとってくれて、カットはほとんど無かったのでは? 「オオカミの誘惑」もワイドでしたが…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

映画 『オオカミの誘惑』 (2004年/韓国)

私の行く二件のビデオショップとも、置いてない作品です。 前にあった、撤退したビデオ屋さんには、確かあった気がするんだけど、 早くに見ておけば良かったなぁ~ UHBで放送してくれたのだけど、結構カットがあったのでは? 高校生が主役、コメディタッチな雰囲気で、 「威風堂々な彼女」や「1%の奇跡」でカン・ドンウォンを見てなけ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

純愛中毒 (2002年/韓国)

正直言って、「純愛」には違和感が。。。 でもやっぱり、これも「純愛」なのかな? 北海道では、先日の夜中に放送されましたが、 この機会に、以前、友人からいただいたDVDをようやく見ました。 このタイトルで、何の先入感を持たないでいた時は、 兄と弟、兄嫁の三角関係?なーんて思ってたのですが、 愛する人を守るために、弟の体に兄…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

映画『シンソッキ・ブルース』 (2004/韓国)

「達磨…」シリーズのDVDに予告編が入ってたこの映画、その時、「一体この醜男って誰…?」と思ってたら、 イ・ソンジェ!!! 歯並びが悪い上に出っ歯、タレ眉、白菜のようなパーマ頭で、こんなに印象が変わるとは… ・・・という事は、イ・ソンジェさんも、歯並びが悪くて、オシャレに気を使わなかったら、ああなのかしら? 猫背でガニ股でトボト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『達磨よ、遊ぼう!』 (2001年/韓国)

先に『…ソウルへ!』を見ましたが、ようやくこちらもレンタル出来ました。 95分と短いのだけど、その95分間、思いっきり楽しめました。 寺に舞い込んで来た、ここには似つかわないヤクザたち。 彼らを追い出そうと、勝負を挑む僧侶たち。 この対決がおかしくてーーー 僧侶といえば、厳格な職業。 なのになぜかコミカル…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

映画 『デスノート the Last name』 (2006/日本)

原作は読んでないし、前編を劇場に行ってまで見ようと思わなかったけど、 テレビ放送された前編を見て、これは後編を見に行かなくては!と、 すっかり、日テレの策略(?)にハマってしまったかも(笑) 月(ライト)とLの攻防は、相手がどう出るか読んで、駒を動かす、 チェスのようにも思えました。 2人がチェスをする場面では、ライトが勝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画 『ターミナル』 (2004年/アメリカ)

東ヨーロッパのクラコウジアから、胸躍らせてやって来て、 JFK国際空港に降り立ったビクター・ナヴォルスキー(トム・ハンクス) しかし、入国審査の前に、クラコウジアでクーデターが起き、 パスポートが無効になり、入国ビザは取り消され、 米国が新政府と、公式に国交を結ぶまで ターミナル(空港)から、アメリカへ出れなくなったビクター。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

達磨よ、ソウルに行こう! (2004年 韓国)

「達磨よ、遊ぼう!」を先に見たかったけど、貸出中…ガクッ。 というわけで、続編のコチラから見ましたが、 僧3人が妙におかしくて、掴みからツボにハマってしまい、 ずっと、口元が綻びっぱなしで観てた気がします。 気楽に見れて、大笑い出来て、オススメです! そして、最後のバトルは・・・人間ってそうなるのねーーーで、 自分もその…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画 『殺人の追憶』 (2003年・韓国)

この映画は 1986年から1991年の間 軍事政権のもと 民主化運動に揺れる韓国において、 実際に起きた 未解決連続殺人事件をもとにした フィクションです その一文から始まった『殺人の追憶』 未解決事件を取り上げた映画やドラマでは、 たとえば3億円事件などでも、犯人が誰かを設定してるように、 この映画もそうなのかな?と思…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

パイレーツオブカリビアン デッドマンズ・チェスト

見てきました~♪ 前作はDVD視聴で、とっても面白かった!今回もかなり期待して、劇場へ足を運びましたよ~ これから見に行く人は、前作を見てから行った方が良いかも。 見てから行けば、もっと楽しめただろうと、後悔です。。。 かなり笑えるシーンがいっぱいでした。 (ストーリーは、特に深い感じがしないけど…と少々辛口) 会場は平日の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

映画 『イルマーレ』 (2000年 韓国)

見たいと思いつつ、タイミングが合わなくて、見逃してた『イルマーレ』 NHK-BSで放送してくれて、ようやく見る事が出来ました~ 99年、海辺の一軒家を引っ越すことになったウンジュは、次の住人に宛てた手紙をポストに置いていく。 しかし、その手紙は次の住人ではなく、 なぜか97年の、彼女の前にその家に住んでいたソンヒョンに届…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

映画 『エンジェル・スノー』 (2000年製作・韓国)

若い夫婦が様々な困難に立ちむかい、 絆を深めていく姿を描いた韓国映画の感動作。 夫はおもちゃ会社に勤め、妻は衣装デザイナーとして働く仲のよい夫婦。 結婚して6年の月日が経つが、子供を授からずに不妊治療を受けていた・・・ 泣きました・・・ 6年も不妊治療をして、ようやく出来た子が・・・ でも、最後は、穏やかな気持ちになれた映画…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more