テーマ:イ・サン

イ・サン 第77話(最終回)

「愛よ永遠(とわ)に」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 前回から数年経ち、今は正祖24年(1800年)。 新しい側室との間に出来た嫡男・コンは、 サンから問われた【“聖君”になる為王としてすべき事は?】の答えを見つけるため、数日前から民と同じ質素な食事を摂っていました。 そういやサンも同じような事してたわねーー(第…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

イ・サン 第76話

「決戦の時」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ノロン派が企てたサン暗殺は未遂に終わりました。 薄暗い中を進んで行く刺客たち大勢ゾロゾロで、 オイオイ、なんで気付かない?!と思ったけど、 映像では彼らを映す為に薄暗いけど、 本当は【真っ暗】なんだろうねーー。 夜間演習の灯が消えた瞬間を狙うつもりだ!と気付いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第75話

「華城(ファソン)への行幸(ぎょうこう)」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ヤギョンの発明した機械と、 民の働きで、水原(スウォン)に建設中の城“華城(ファソン)”は完成間近。 今まで城を造る際、民は当然のようにタダでこき使れていたけど、 今回はちゃんとお給料を支払っていました。 賃金の支出より、城が早く完成して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第74話

「最後の肖像画」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 重病のソンヨンを見舞いに、弟のソンウクが宮中を訪ねてきました。 ようやく会えた姉と弟なのに、 今は離れて暮らしていても、生きているという事で心の支えになっていたろうに、 ソンヨンを哀れみ泣いているウクに、 涙を堪えて平気だと気丈に笑うソンヨン。 やっぱりお姉さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第73話

「悲劇再び」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 前回、すったもんだの末、世子となったヒョン。 このまま成長すればサンの跡を継いで王になるハズだったのに、 はしかにかかり、この世を去ってしまいました。 こんな事言っちゃなんだけど、 あんなに苦労して世子と認められたのに、あっけなく・・・(T_T) 就任式の支度を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第72話

「王位の継承」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 出産から数年後、 スクスクと成長した賢く優しく聡明なヒャンが まさに「目の中に入れても痛くない」という感じで 自ら先生となって勉強を教えていました。 もしかするとサンの父上様もそうしてくれてたのかな? 字を書けば「あの筆使い。子供と思えない!」と感嘆し、 この文…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第71話

「命がけの出産」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 新しい軍・壮勇衛(チャンヨンウィ)が正式に発足、 華々しい儀式が執り行われました。 軍の整備が整い、満足そうなサンと裏腹に、 顔をしかめるノロン派の重臣達。 ソンヨンは臨月を迎えていました。 そしてもう一人の側室・和嬪(ファビン)も懐妊。 前回、ソンヨンを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第70話

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 皇帝陛下の勅書を要求するサンに、 「私は皇帝陛下の代理。 代わって勅書を書きます。」と答えるチャン大使。 清国から届くまで時間稼ぎをしようと考えたのに、 アテが外れてピンチのサン。 そこに睨み合いが続いていた補盗庁前で、 清国の兵士が剣を抜いたと知らせが入り、会談は中断。 話し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第69話

「清国との対立」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 科挙試験に首席で合格した喜びもつかの間、 「王様」と名乗ってた輩がホンモノの王だと知り、呆然のチョン・ヤギョン。 思い返せば、無礼な事ばかりしてしまってたし、 キュジュン閣の官吏たちから、 「王様に堅物と言ったとか?その通りに堅物で いつまでもネチネチとイジメら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第68話

「別れ そして再起」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 自分はこの国の王だと名乗るサンを ようやく信用してくれたチョン・ヤギョン。 …と思ったら、「あんたが王様なら私は領議政(ヨンイジョン)」とジョークで交わし、さっぱり信用してませんでした^^; サンが質素な身なりなのもあるけど、 王様がここにいるはずない、 ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第67話

「最後の慈悲」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 誰もが「死罪」と思っている中、 サンがクギョンたちに下した処分は、【罷免し流刑】 やっぱり、死の宣告なんて出来ないよね…と思ったら、 テス経由で、クギョンが直前に計画を中止したと知ったからでした。 サンからの最後の慈悲に涙が溢れるクギョン。 この生ぬ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第66話

「絶望の涙」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 邪魔者の王妃を暗殺しようとしたクギョンだけど、 【それは間違い】だと気付きました。 タルホに「チェ尚宮に中止と伝えろ」と指示し、 自分は大急ぎで、毒殺失敗の時の為に配置してた銃撃部隊の元へ向かい、 寸での処で道を誤らずに済みました。 が、しかし、、、 悪い事は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第65話

「悲しき暗殺者」 完豊(ワンプン)君を勝手に実家に戻した王妃に 「王様と国の為に世継ぎが必要」と訴えるクギョン。 でも王妃は「私利私欲の為」と頭ごなしに決めつけ、 二人の会話は平行線。。。 ソンヨンが世継を産むのを待つべきと言う王妃に 「世子と認められるとお思いで?」と反論するクギョン。 二人の口論を目の当たりにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第64話

「権力の光と影」 「元嬪の養子・完豊(ワンプン)君は王様のご長男、 だから世子にすべき」とチェ・ソクチュの進言に、 次々と従うノロン派の重臣達。 そんな中、チェ・ジュゴンだけが、 「何を言い出す?世継は王様の嫡子がなるべき。 子が産まれるのを待っても」と反論したけど、 いつも真っ先に発言するホン・クギョンは、黙りこくっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第63話

「「世継ぎの擁立」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ サンの側室となり、【ソン尚宮】となったソンヨン。 尚宮は女官が出世して…ってイメージがあったけど、側室も「尚宮」なのね。 チャングの誓いでは、即「淑媛 (スグォン)」と呼ばれていたけど、 淑媛 (スグォン)より位が下らしい。 ソンヨンは、自分より年上の女官に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第62話

「夢 叶(かな)う」 ☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆ 「そなたを迎えに来た。 側室話を断ったのは母から言われたからと聞いた。 離れてる方がつらいと、なぜわかってくれぬ?」とサン。 そりゃそうだけど、決意したソンヨンだって辛かったのにーー! 「王様は君主。私は卑しい身分。お帰りください」と気持ちを抑えるソンヨン。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第61話

「王の告白」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 弟のソンウクを庇い、取り調べを受けたソンヨン。 もしこの時点で実の弟だと知らなくても、 あの心が綺麗な青年は逆賊じゃないと庇った気がします。 助けた青年の事は何も知らないと答えるソンヨンは、 明らかに嘘をついてると感じ、 「正直に話してくれないと助けられない」と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第60話

「姉と弟」 ☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆ 偶然出会ったソンヨンに迷惑かけまいと、 早く立ち去るように告げるソンウク。 でも大怪我して動けない人を放ってなんておけず、 マンソクおばさんに手伝ってもらい、家へ連れ帰ったソンヨン。 大妃からの情報をすっかり信じ込み、 ソンウクの仲間たちを「逆賊」と信じこんでいたクギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第59話

「悲しみの行方」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 意識不明に陥った元嬪(ウォンビン)。 「病弱な体で長い間外で座りこんでいたのが祟った」と言っていたけど、男児を産む目的だったろうに?とちょっと不思議。。。 医官が診察してると聞いただけで詳しい事は不明(側室でありながら放っておかれてるって感じよね)と聞き、 すぐに駆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第58話

「王妃の苦悩と愛」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 元嬪の妊娠が嘘だったと王妃に知られてしまい、 取り繕うためにサンの元へ急ぐクギョンだけど、 王妃に先を越されちゃって万事休すーー! 王妃は事実を話したのか否か・・・? 心臓が飛び出しそうな緊張のクギョンに、 「王様はそなたを深く信じている。 今後もそれに応え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第57話

「揺らぐ忠誠心」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 自分の身を守るため、流産の原因を王妃になすりつけた主治医。 「王妃が差し入れた薬剤が流産の原因 “白朮(びゃくじゅつ)”が元嬪に合わないと教えたのに、 王妃が差し入れた薬にそれが入っていた」と、嘘に嘘を重ねる主治医。 「そんなハズない」と信じなかったサン。←ヨシヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第56話

「裏切られた喜び」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 元嬪が妊娠していないと公表しようする主治医に口止めしてると、 そこにタイミングよくサンが現れ、大ピンチのクギョン。 こりゃあ、言い逃れできないでしょうーーと思いきや、 「元嬪様に出す煎じ薬のことで…」と言い訳。 そして事実を話す!と強く言ってた主治医も、なぜかダ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第55話

「奴婢(ぬひ)制度の改革」 ホン・グキョンが主人公のドラマ「洪國榮」 ドラマ「王道」も多分そうだろうけど クギョン側から見ればまた違って見えるのでしょうね。 機会があれば見てみたいなぁ~。 「イ・サン」ではパク・チェガを演じてる俳優さんが、 「洪國榮」では正祖(サン)なのが面白いーー。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第54話

「側室の懐妊」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ホン・クギョンの取り調べを中止を告げるサンに、 「証拠もないのに」と憤るチャン・テウたち。 「ならクギョンの無実の証拠を示せば良いのだな? ここで私が見せよう」と答えるサン。 そして三人のノロン派の重臣の名(イ・フンソク、カン・ハクス、ミン・ウテ)を挙げ、 彼らが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第53話

「抗争の嵐」 ---僅かな間でも王様にお仕えできて幸せでした。 卑しい身分の私を王様は1人の人間として扱ってくださいました。 そのお心を忘れず、この国の万民を見守ってください…--- 苦しい息の中、サンへの感謝と 国への未来を託したキ・チョニク。 初めて会った時、世孫というヤツは何もわかってないと嘆き、貧しい民を思いや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・サン 第52話

「波紋を呼ぶ側室」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 気持ちの整理をつけようと、 側室との初夜を前に図画署にやって来たものの、 自分の絵を前に嗚咽するソンヨンの姿に動揺するサン。 画員になりたいから側室話を断ったと言ってたが、 それを鵜呑みにしてしまったけど、 本心は違うと気付き問い詰めるサン。 しかしサンに迷…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第51話

「叶(かな)わぬ恋」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 王妃がわざわざ図画署まで来たということは、 ソンヨンを側室にすると決めてるのだろうと聞き、顔が曇もるテス。 王様の側室が決まる事だし、 テスと一緒になる事を考えては?と言われ、戸惑うソンヨン。 タルホはテスがソンヨンだけを愛してるとわかっていたから、 結…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第50話

「側近たちの思惑(おもわく)」 都に帰らず、疫病発生の中心地へ向かうと言うサン。 王様が疫病になったら大変な事になるとわかっていても、 治療を受けられずにいる民を思えば、 放って帰るなど出来なかったのでした。 朝廷がゴタゴタしていてたせいで、 対策が遅れた責任も感じてるのでしょうね。 民が苦しむ様を目の当たりにし、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第49話

「新たなる敵」 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 朝会の時間だというのに、宮中をゾロゾロと闊歩してるノロン派の面々。 王様(イ・サン)とバッタリ出くわし、窘められても悪びれることなく、 「辞表を出したから朝会に出るわけにいかない。 科挙が取りやめにしないかぎり、覆すつもりはない」と答えるチェ・ソクチュ。 2000人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イ・サン 第48話

「改革の始まり」 ☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆ 裏方作業ばかり続き、ストレスが溜まりっぱなしのチャンボたち。 そんなところに、ホン・クギョンが優れた護衛兵を選考してると聞き、更にイライラが募ってました。 武術の腕なら自分達の方が長けてるし、 今までクギョンプラス三人で行動してたから、 なんだよーー水臭い!って憤って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more