テーマ:善徳女王

善徳女王 第62話(最終話)

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ピダム陣営への宣戦を告げた後、 額に脂汗が浮かび、フラフラの状態のトンマン。 こりゃラストまで命が持つのだろうか??? トンマンを案じ、「おぶさってください」とそっと告げるアルチョン。 アルチョーーン(T_T) 最近出番が減ったけど、この一言でちょっと満たされたよ~。 民たち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

善徳女王 第61話

女王を讃えて自害した兵士がヨムジョンのまわしものだと気付かす、 トンマンへの信頼と疑いが交錯するまったピダム。 なんでこんなアッサリ・・・???と不思議だったけど、 ヨムジョ曰く「女王様に関する事だから簡単」らしい。 呆然と悲しみに打ちひしがれるピダムにジーン・・・(:_;) その反面、その横で 「女王様が殺そうと?」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第60話

番組表を見たら今日(27日)最終回・・・?! この回含めて後3話で終わりとは、寂しいなぁ。。。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ピダムを新羅の王に…を意味する予言書が読み上げられ、 言葉を失うピダム。 まわりを見渡せば、 もう後戻りできないと言わんばかりの表情で見つめる部下達。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第59話

あまりにも大きくなりすぎた自分を支持する勢力、 進む道が同じならすごーく心強い味方だけど、 思惑が食い違うとややこしい・・・。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 軟禁中の唐の使臣が送ろうとした密書を巡り、 「ピダムが謀反を企ている。 国法で裁くべき」と決め付けるチュンチュ。 一瞬、疑心暗鬼になりつつも、「先走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第58話

“赤い兜”の秘密を暴いて裏をかき、 百済軍を退けたユシン率いる新羅軍。 新羅軍の待ち伏せに翻弄されて逃げる途中、 敵の姿がない事を確認し、 「弓矢部隊が待ち伏せしていたとしてもここまで届かない」とタカを括ってた百済軍。 しかし、新羅軍のコルチャンタという弓矢部隊は凄くて 百済軍の想像を越えるものでした。 コルチャンタは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第57話

トンマンは本気なのか、それとも策略なのか どうも掴みきれません・・・ ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 女王に呼ばれて登場したユシンの姿に、 絶望の涙が浮かぶピダム。 計略が崩れて悔しいというより、 トンマンが自分に内緒で事を進めていた事が すごーくショックだったんだろうなぁ。。。 ホン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第56話

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 詳しい戦略を説明し、 「神国を救うため、百済を止める」とソルォン。 でも決して女王のトンマンの為じゃなく、 守りたいのはピダムが統治する新羅なのよね。 それはトンマンにもわかっていました。 「勝利したら軍事権をください」と申し出るソルォンに、 「私と神国を盾に取り引きを?」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第55話

非情な目つきが憎たらしく見えたり、 すがる目が可哀想に見えたり、 ピダムって妙な魅力のある人物だわーー。 でもやっぱり私はユシンびいきだけど~~。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 司量府で密偵容疑でユシンを捕らえたと知らせが入り、 便殿会議は大騒ぎ。 ユシンは流刑地のウサン国から逃亡し、 百済の地に入った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第54話

いつも傍にいて気持ちを察してくれていたユシンがいなく、 孤独の中で奮闘するトンマン。 強いけど何か悲しい・・・。 ☆感想(ネタバレあります)☆ トンマンとチュンチュが信じたとおり 「真心」をぶつけてきたユシン。 「ありがとう」と心の中で呟き、「罪人ユシンを捕らえろ!」と兵士に命じるトンマン。 ユシンは唖然だろうなぁ~と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第53話

ドンドンとブラックになって行く感じのピダム。 持ってる扇子も黒い羽だし ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ウォルヤが復耶会の首領であるのは間違いない、 だから上司である上将軍(サンジャングン)・ユシンも調査すべきと提案するピダム。 ユシンを守るべきか、情を捨てて厳罰に望むべきか…。 考え込む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第52話

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 生まれ持った才覚と皆の忠誠でミシルに勝ち、 女王となったトンマン。 ユシン、チュンチュ、ピダム、アルチョンなど善き人に恵まれ、 三国統一も夢じゃないと思ったのだけど、 少しずつズレが生じてきてるようで・・・。 トンマンが発表した新しい人事は、 上大等(サンデドゥン…現在の総理大臣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第51話

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ トンマンが城に到着した時には既に息を引き取っていたミシル。 波乱万丈の人生と裏腹に、静かな最期でした。。。 あなたがいなければ私は存在しなかった…。 ミシルに敬意を表し、一筋の涙が流れるトンマン。 なぜミシルの最期にいたのか、 何も語らないピダムに、「前に言ったように、お前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第50話

家族にピダムとの関係を打ち明けたミシル。 一方のピダムは信頼するトンマンに、事実を告げられず、嘘を重ねていき・・・。 二人の関係に薄々気付いていたろうに、 「お前が言うなら事実だろう」と答えるトンマン。 責められるより、グッと胸が痛むピダム。 でも愛する人と実母、選べと言われればこうするしかない。。。 ミシルは、チヌ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第49話

計画が何もかも頓挫してしまって敗北を感じ、 最後の手段...トンマンを殺そうと矢を射るミシル ・・・で続くだった前回、 私は、こんな公然の面前でやらないと予想しましたが、、、 「射なさい。あなたの負けだ」と堂々と両手を拡げるトンマンに 迷うことなく矢を放ったミシル。 胸に矢が刺さり崩れ落ちたトンマンの姿に 誰もがやられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第48話

あれほどやっきになって探してたトンマンが堂々と現れ、 言葉を失うミシルたち。 トンマンはどんな格好をしていても、風格が漂ってる感じねーー。 ☆感想(ネタバレあります)☆ 動揺が広がるミシル陣営と対照的に、 余裕の笑みさえ浮かべ、 「私を捕らえてください。 ただしソヒョン殿、ヨンチュン公、アルチョンの公開尋問を要求します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第47話

チルスクに隠れ家を包囲され、大ピンチのトンマン。 このピンチをどう切り抜けるのか・・・??? ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 自分が前線に出た隙にトンマンを逃がそうと提案するユシン。 でも相手はチルスクだし、とっても勝ち目はありません(>_<) 何か手立てを探そうにも時間はない・・・。 そんな中、ある考えを提案し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第46話

再会するのが早っ そう言いつつホッとしたけど~~~。 トンマンたちを逃がし、孤軍奮闘で兵に立ち向かうユシン。 「捕らえろ!」と叫ぶソルォン。 「花郎たちよ聞け! 花郎の主トンマン王女は無実の罪で宮殿を出られた。 すべて陰謀だ!」と訴えるユシンの言葉に、迷いが走る花郎たち。 再びソルォンに促さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第45話

つまづくミシルと、献身的な部下に守られるトンマン、 「人を得るものが時代の主になる」 真興(チヌン)大帝の言葉がなんかわかる気がしました。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ セジョンが殺されたという叫び声が聞こえ、 宮殿へ急ぐトンマンとチュンチュの前に立ちはだり、 王様が呼んでいるからお供すると言うテナムボ。 何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第44話

「ミシルはそこまで壊れてしまったのだろうか?」 ・・・このセリフに思わず笑ってしまった。 直訳なのか翻訳のワザなのかわからないけど、 このドラマはセリフ回しがおもろいわーー。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ミシルに先手を打たれ、租税改革案が否決されちゃったけど 「和白会議は満場一致制じゃなく多数決にするべき」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第43話

逆転、逆転で面白いわーー 結局どっち転ぶのやら??? ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ ミシルが王位を狙っているとトンマンの言葉に呆然のチュンチュ。 まんまと利用し筋書き通りにうまくいったと思ったのに 自分が骨品制を否定した事が、 トンマンが女の身で王になると宣言した事が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

善徳女王 第42話

チュンチュの策略で王様側だけでミシル陣営も分裂、 なのになぜか静観しているミシル。 ただ悩んでるだけ?戸惑ってるだけ? いいや、ミシルがそんなヤワなはず・・・ないのよねーー。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 勝手にポリャンと婚礼を挙げ都に戻ったチュンチュは、 どうだ見たことか~~~という感じ。 「最初からミシル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第41話

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆ ミシルとタッグを組み、 自分を副君(王の息子ではない王位継承者)にするよう言い出したチュンチュ。 まだ年端のいかないチュンチュ、 母親はミシルの手によって殺された事もあるし、 「ミシルにたぶらかされ利用されている」と誰もが思っていたのでした。 甥のチュンチュの抵抗が相当ショックだったト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第40話

トンマンにはユシン、ピダム、アルチョンという三者三様の支えがいて心強いわねーー。 一方のミシルもセジョン、ソルォン、ミセンと三者三様の味方がいるけど、 頼りないっていうかミシルの尻に敷かれるっていうか^^; そんな中でもソルォンがいい味だしてるわ~。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 泣く泣く皆の前で村長らを殺したト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第39話

市場から大量の米を買占めていた貴族たち。 そのしわ寄せは力のない民に来てしまい、 トンマンの策で万事上手くいったかと思われましが。。。 自分が描く理想を信じ、突き進んだトンマン。 しかしそうトントン拍子にいかないようで・・・。 政治って難しいーー! ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ トンマンの秘策により米の値はド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第38話

トンマンが砂漠にいた頃、関った大勢の商人たち。 彼らとの出会いが生かされるときが来るとはね~。 今回は冷静に見極め、余裕を持ってる感じのトンマンが印象的。 ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 大事な三韓の地図で紙風船を作ってたチュンチュ。 怒ってるピダムに悪びれる様子もなく「誰?」 こんな態度に益々腹を立て、 「折…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第37話

ポリャン役のパク・ウンビンちゃん(「復活」ウナ「ガラスの華」ジス「太王四神記」キハなど)と、 チュンチュ役のユ・スンホくん(「悲しき恋歌」ジュンヨン「太王四神記」タムドク」) 子役で活躍してた二人が大人役(?)で登場とはなんだか感無量。 私も年を取るはずだ(笑) それにしてもウンビンちゃん、綺麗だわ~~~{%キラキラwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第36話

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 風月主への就任直前、 ソルォンから復耶会との繋がりを突かれピンチのユシンとトンマン。 ラストのユシンの決着は意外だったわーー! 「伽耶民は我が一族の土地を耕してるだけ。 それが罪なのですか?」と言い訳したものの、 一同が納得する理由ではありません。 とりあえず会議を撤収し、ソルォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第35話

前回、チュンチュのことを「不思議ちゃん」と思ったけど、 予想に反してとっても意志の強い子だったわーー。 心の奥で何を考えてるのかおくびにも出さず、 君主になるにはもって来いの人物なのかも? それにしてもテナムポ。 初登場の時には「キレ者」って感じだったのにキャラ崩壊?! 親しみやすくて良いけどさぁ~。 ☆感想とあらすじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第34話

ようやく新羅に戻って来たチュンチュ君なのですが、 彼って何とも不思議ちゃん そういやチョンミョンは、 「心も体も弱い」と心配していたけど、 本当にそうなのか、それとも実は大物?? ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ 自分は国仙(ククソン)の弟子だから資格があると、 比才(ピジェ)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善徳女王 第33話

なぜか(←失礼?)モテモテのソファ まさかチュクパンまでもねぇ(笑) ☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆ コチルブがソヨプ刀に細筆で残したメッセージ。 そこには【徳業日新 網羅四方】と書かれてしました。 一体なんのこっちゃ?と意味を考えていくうち、 これは新羅が持つ三つ目の意味であり、「三韓…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more