馬医 第28回 「執拗な魔の手」

父カン・ドジュンの鍼箱を手にし、 ミョンファンへ宣戦布告したクァンヒョン。 しかし、クァンヒョンを取り巻く状況が・・・(ノД`)・゜・。 コ・ジュマンの死…。 息絶えたジュマンに鍼を打とうとし、 「私のせいです。 頭の手術なんて最初から無理だったのです」と泣き叫ぶクァンヒョン。 「いいえ。首医様は最期に[あなたのせいじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第27回 「果たされた約束」

「お前が本当にカン・ドジュンの息子なのか?」 カン武官の問いかけに、なぜ知っているのか?と答えるクァンヒョン。 「ならは跡継ぎはチニョン様ではなくお前…。」 持っている刀ほ落とすほど、ショックを受けていたカン武官。 その事を聞き、震えが止まらないミョンファン。 「チニョンお嬢様と旦那様を守るため、クァンヒョンを消すしかない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第26回 「驚きの真実」

脳の外科手術を試みたものの、 予想以上に広がってた腫瘍だったため、絶句のクァンヒョン。 首医様…と泣き崩れるクァンヒョンに、 もう何もする術はないと説得し、麻酔を覚ます鍼を打とうとするイジョン。 そこにチニョンが来たので中断。 手術の経過を聴いて「もし血管を避けられたら望みがあるのでは? 方法があります」と教えるチニョン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「BIGBANG in 札幌ドーム」 レポ ~ライブ編 (後編)

いよいよ後半 この画像は名古屋ドームのだけど、この衣装で登場~。 べべのオーバーオールがかわいいね。 by.BIGBANG Facebook 【2014-12-26追記】 BIGBANGジャパンドームツアー2014-2015・札幌ドームのレポは こちらになります。→トーク編。 G-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「BIGBANG in 札幌ドーム」 レポ ~ライブ編 (前編)

いよいよライブ編!! 長くなったので前編と後編に分けました 【2014-12-26追記】 BIGBANGジャパンドームツアー2014-2015・札幌ドームのレポは こちらになります。→トーク編。 札幌ドーム…満席になるんだろうかと心配したけど入ってたね! 公式発表は4万5千人。 もしや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「BIGBANG in 札幌ドーム」 レポ ~トーク編

大体時系列で書いたけど 記憶違いで前後してるかも・・。 記憶をたどって書いてみましたが、 2012年のたまアリのレポに比べると、 結構覚えてない・・・(;´・ω・) 今回は席が近すぎて舞い上がってたのかな? たはーー 【2014-12-26追記】 BIGBANGジャパンドームツアー201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「BIGBANG in 札幌ドーム」 レポ ~リハーサル観覧編

運がいいことに当たったんです!!!!! 当選しただけでもありがたいのに、 会場に入ったらなんと一番前の席 短い時間だったけど、すごく楽しかったよ~ 【2014-12-26追記】 BIGBANGジャパンドームツアー2014-2015・札幌ドームのレポは こちらになります。→…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファントム (BS11編集版) 第4話 「魔術師の夢」

チェ・スンヨンの話によると、 被害者のペクと知り合ったのは シン・ヒョンジョンの一周忌のコメントをもらう為。 パソコンがハッキングされ、 大音量の音楽やメッセージに悩んでいると言っていた。 ペクはシン・ヒョジョンの性接待の噂が流れた頃、 真実を要求する“シン真究”サイトの管理人だった…と。 「似てませんか?1年のシンを中傷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第25回 「恩師を襲う病魔」

仕事を休んだコ・ジュマンが心配で自宅に寄ったクァンヒョン。 そこには脳腫瘍が悪化して、意識不明で倒れてるジュマンが! それにしても頭骨が腐って膿が…ってビックリだわ(@_@;) ジュマンをおぶって恵民署へ走るクァンヒョン。 その頃、 カン・ドジュン宅の下女だった女に会っていたインジュ。 坊ちゃまが生きていたことを涙な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第24回 「蘇る過去」

カン・ドジュンの形見である鍼箱をクァンヒョンに託し、 「あなたの父親の話をします。けどその前に確かめたい。 あなたのとってチニョンはどんな存在?」と尋ねるインジュ。 チニョンへの思いは決して口にしてはいけないことだし、 インジュは思い詰めた表情だし、 現実から逃れるように背を向けるクァンヒョン。 すると「ペク・ソック。それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more