馬医 第36回 「明かされる素性」

「そなたは治らないと聞いた」と驚く王様に 「足は失いましたがこうして回復しました」と告げるオ・ギュテ。 切断だと?ありえない… 心でつぶやくミョンファン。 しかし首を捻ってる場合じゃなく、 回復しないと王様に宣言した首医の立場が危うくなってしまいました(*_*; 王様に問い詰められても、言い繕うミョンファン、 「そなた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「奇皇后」 放送直前スペシャル 見ました~♪

元に服属していた高麗(コリョ)。 父と母が無念の死…。 元への復讐を誓うキ・ヤン(ハ・ジウォン)。 キ・ヤンはスンニャンと名前を変え 男として生き 高麗の世子ワン・ユ(チュ・ジンモ)、 元の王子タファン(チ・チャンウク)と複雑に絡み合い…。 まわりのキャラも一癖も二癖もある人たちがたくさん。 これはーーΣ(・ω・ノ)ノ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新大久保に行ってきました and ケバブ

5月3、4日のYG familyconcertのため東京へ♪ 二年ぶりに新大久保に行ってきましたよ~ GWだから混んでるだろうな…と覚悟して行きました。 確かに混雑してたけど、2年前の6月の方が人が多かった気がする。 今回はどの店に行ってもBIGBANG! BIGBANG!! BIGBANG!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第35回 「驚愕の外科手術」

すでに邪気が骨髄に達し 脚が真っ黒になってしまっていて 首医のミョンファンでさえ、さじを投げたオ・ギュテ元右議政の“脱疽” それを 「外科手術をすれば治る。脚を切断するのです。 それがオギュテ様の命が助か唯一のる方法です」と告げるクァンヒョン。 しかしこの時代、脚を切り命かあるなんて信じらないことで、猛反対のオ・ギュテの息子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第34回 「反撃の始まり」

チニョンが開いた無料診療所“治腫院”。 ここには、多くの患者で溢れかえっていました。 恵民署をやめられなかったユン・テジュやテマン、医女たちも仕事帰りに手伝ってくれていたけど、全然手が足りない状態。 「これも恵民署が堕落したせい。 施療庁(チリョチョン)は貧しい患者だけじゃなく、 名声を保つために 難病患者を受け入れないらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第33回 「治療の褒美」

突然、清国の皇帝の前に引きずり出され、戸惑うクァンヒョン。 側室・ウヒ様の附骨疽の治療を任されたミョンファン率いる朝鮮医師団のやり方は効果がなく、クァンヒョンに治療を任せたいと言ってきたのでした。 「どうだ?やれるか?」と皇帝陛下。 部下がズラーーっと並ぶ中だし、恐れ多くも皇帝からの依頼だし、 できませんなんて言える雰囲気じゃい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第32回「意外な結末」

万全に注意を払ってたつもりだったのに、 患者さんはコ・ジュマンと同じように破傷風を発症してしまった。。。(゚д゚)! これは天がクァンヒョンに与えた乗り越えるための試練なのかも…と思いました。 動揺するガヨンに「再び外科手術をし、 破傷風が広がる前に腐った所を取り除く」と告げるクァンヒョン。 注意を払ってたつもりだったけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第31回 「消せぬ恋心」

イ・ミョンファンが清国に来る・・・。 逃げるように祖国を離れたのに、あいつの方からやってくるなんて愕然のクァンヒョン。 『人殺し?人殺しはお前の方だ』 ミョンファンに言われた言葉が蘇り、コ・ジュマンからの遺書を取り出すクァンヒョン。 ミョンファンへの恨みや復讐より、 自分が恩師を死なせた…という思いが強いんだね。。。(;_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第30回 「異国の地で」

清国へ渡って三年が過ぎ、、、 ククァンヒョン、サアム道人、ガヨンの三人は 清国の各地を転々としてし、流れの医者のような生活のよう。 二年ぶりに戻った地で、おいしかった餃子を食べた三人でしたが 「味が変わった!」と憤慨するガヨン。 クァンヒョンも味が違うと感じたけど怒ることなく、 料理長は味覚障害の病では?と察し、店に戻り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬医 第29回 「恩人との再会」

イ・ミョンファンの策略により、殺し屋が船頭の舟に乗ってしまったクァンヒョン。 そうとも知らず、別な岸辺でクァンヒョンが来るのを待っていたみんな。。。 前回、お供の人が殺され、 クァンヒョンも斬られ!で続くでしたが、 そこに至るまで少し時間がありました。 船頭が怪しいと気づいたクァンヒョン。 養父のペク・ソックが船頭だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more