光と影 第21話

☆感想(ネタバレあります)☆
テスに手下に囲まれピンチのギテ。
いくら喧嘩が強くても、
多勢に無勢じゃ適わないってわけで、
頭脳戦で切り抜けながら逃げて、
偶然通りかかったチェヨンの車に助けてもらいました。

出血してるギテを病院に連れて行こうとしたチェヨン。
けど警察沙汰になったらチェヨンに迷惑がかかると
ギテが拒否したので、別荘(?)に連れて行くことに。

事務所に戻ったテスから、チェヨンがギテを連れ去り、計画は失敗したと聞き、怒るノ・サンテク。
契約金をもらいに来てその話を聞き、
「ギテはもう何も持ってない。
放ってやってくれ」と懇願するシン・ジョング。
「お前はもうギテと無関係。
いいか。関わるな」と釘を刺すサンテク。

戻ったゲスンから団員たちが裏切ったこと、
傷心のギテがヤクザに襲われ大怪我していたこと、
通りかったチェヨンの車でどこかへ…と聞き、
心配でやりきれないジョンヘ。
携帯電話がない時代、こういう時困るよねーー。

ギテの容態が心配だけど、
手を伸ばせば届くところにいてくれ、
自分がお世話してあげられる喜びで、胸が一杯のチェヨン。

ギテは家に戻ってないし、車も置きっぱなしだし、
何かあったと心配なドンチョルとジヌ。
そこにテスの子分たちが来て喧嘩になり、
二人対大勢じゃ適わず、正座させられ「ギテの居場所を言え」と脅されてしまいました。
こっちが聞きたいくらいだよねーー。

ギテを心配してここに来たジョンヘとゲスンから、
「大怪我してたようだ」と聞き、益々心配になるドンチョルとジヌ。
そこにチェヨンが出勤してきて、「無事」と聞いて安堵。
それでもやっぱりケガしてるギテが心配で居場所を聞くジョンヘ。
「会いに行けばテスの部下に見つかるとわからないの?」と嗜め、
ドンチョルたちには、ハニャンクラブの件を頼んで
「テスのことは私が権力を使って止める。
どんな手段を使ってもギテさんを守る」とチェヨン。

自分はカヤの外で無力…と実感するジョンヘ。
テソンに力になってもらおうと相談してみたけど、
ヤクザのイザコザに首を突っ込まない方がいいと断られ。。。


宮井洞安家(クンジョンドンアンガ)に行ったチェヨンが
大統領から特別扱いされるほど気に入られたと聞いて
妙案が閃き、チェヨンとの席を儲けたチャン議員。

「私の話を大統領にお伝えして欲しい。
そうしてくれたら、君の希望を聞いてやる」と申し出て、
スヒョクを呼び「この男が君の望みをかなえる」とチャン議員。
ギテをテスから守れるいい機会が訪れたチェヨン。

パク会長の元へ行き、
ハニャンクラブのステージに穴を開けたお詫びをするドンチョル。
会長の顔を潰した!と怒って事情を聞かない部下を止め、
顔に殴られたアザが残ってるドンチョルに理由を聞くパク会長。
テスの部下にやられたこと、
ステージに穴を開けたのは、
ギテが奇襲に遭ったからと説明するドンチョル。

汚いやり方に怒り、
テスを呼びつけ「弟に手を出すな」とパク会長。
「聞けません。カン・ギテだけは我慢ならない。
会長がギテと手切れば済むのです」とテス。
「もう一度言う。ギテは弟だ。
手を出したにお前は終わりだ」と毅然と告げるパク会長。

大物相手に強情だったテスだけど、
チャン議員の指示でギテに関わるなと言われ、
渋々聞かざるを得なくなっちゃいました。

「これだから政治家は…」と呆れるテス。
けどそんな政治家の恩恵を受けてるんでしょ!

テスが追うことも無くなったし、ハニャンクラブの件も解決したと
嬉しそうに話すチェヨン。
そして一緒に食事をと言うチェヨンに
「いいえ。ソウルへ戻らないと。
ジョングさんに会って話さないと。
なぜみんなの為に頑張った俺を捨てたかわからない。
理由がわからないと、この先が崩れてしまう」と席を立つギテ。
「一晩くらい…私に一晩くれてもいじゃない」と叫ぶチェヨン。
一日だけでいいから、
恋人のような時間が欲しい…と話しながら
冷静になって送り出してくれたチェヨンに、
申し訳ない気持ちで一杯のギテ。

その足でまっすぐセブンスターへ。
稽古場に共に苦労し、喜び合った団員たちが揃ってました。
驚くジョングに、
「サンテクに脅されたんですか?
ここに来ないと過去を追及すると言われたんですか?」とギテ。
「違う。俺の意思で来た。
…俺は惨めだったよ。
俺だっていい暮らしがしたかった!」と叫ぶジョング。
「俺といれば惨めだったんですか?
縁も運もあるって褒めてくれたじゃないですか。
あなたとの縁が一番でした。
あなたが居なければショー団と出会えなかった。
これからも必要なんです」とギテ。

ギテの言葉が突き刺さり俯くジョングと団員たち。

そんな団員たちに、
「食うに困らせないと言う俺との約束より、
確実に金をくれるセブンスターがいいのもわかります。
でも、時間は短いけど
一緒にやってきた時間を忘れたんですか?」と
涙を堪えて告げるギテ。

そこにノ団長が!

終わったことだ。見苦しいことせずに諦めろ。
俺は無理やり連れて来たんじゃない」とギテに告げ、
戻る奴がいれば止めない。契約金を返せとも言わないし
仕返しみしない」とノ団長。
けど、迷いながらも、誰一人として動こうとせず、
いたたまれない気持ちで、自分を納得させ、出て行くギテ。

ヴィクトリアの営業再開が決まったと言われ、
「ピンナラはショーが出来なくなりました。
団員たちに逃げらたんです。
まだ僕が団員たちに
信用されてなかったという事です」と詫びるギテ。


今日は新人歌手のオーディションの日でした。
すっかり落ち込んでるギテをホールに連れて行くドンチョルとジヌ。
そこには驚くことに、
たくさんの歌手志望が集まっていました。
「これでも諦めるんですか?」
ドンチョルの言葉に目が覚めたギテ。

ギテの家に来たドンチョルたちから、
ジョングが団員を連れてセブンスターに行ったと聞き
「あいつはいつもサンテクの口車に乗せられる」と呆れ、
サンテクとジョングに会いに行くことにしたサックスさん。

「先輩~~~♪」と嬉しそうなジョングと裏腹に、
背を向けて苦虫を噛み潰した表情のサンテク。
「おいサンテク。
お前がソウル一のショー団の団長とは」と呆れるサックスさん。

サンテクとお前が一緒にいたら互いに殺し合う。
一緒にいたらダメなんだ。
骨の髄まで絞られる」と忠告するサックスさんに、
「あいつは情はないけど、
今回は大金で契約金をくれて助けてくれた」とジョング。

「光と影」他の回はこちらです。


光と影 韓国ドラマOST (MBC) (韓国盤)
Windmill Media
2012-07-11
韓国TVドラマサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 光と影 韓国ドラマOST (MBC) (韓国盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック