光と影 第16話

アン・ジェウク、アメリカで手術ってーーw( ̄∇ ̄;)w!!
心配だなぁ。。。無事に回復することを祈ります。

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
テスの脅しに屈せず、「ノ・サンテクに伝えろ。
こんな脅しに眉ひとつ動かさないと」と告げ、戻ろうとしたギテ。
するとギテの背中目掛けて蹴りつけるテスの手下。
まったくーー!
無防備な素人相手に不意打ちなんて汚いわ( ̄ヘ ̄∥)


「ヤクザならヤクザのルールがあると思ってた」と起き上がり
そいつと戦うギテ。
敵も強いけどギテも負けてません!
やられたり、やり返したりを繰り返し、
最後しバックドロップで仕留めたギテ。

一対一の勝負のはずなのに、テスの手下が殴りこんできて、袋叩きに遭うギテ、ドンチョル、ジヌの三人。
このままじゃ殺されちゃうようで、咄嗟にギテを庇い
テスの手下に突き飛ばされてしまったジョンヘ。
口が切れて血を流し、泣きじゃくるジョンヘを
気が遠くなりながらも見ていたギテ。
耐えられたのはジョンヘのおかげかも。。。

ソン・ミジン社長が止めて終わりましたが、
何もできなかった自分が歯がゆいチェヨン。
おまけに立てないほどのギテが
体を引きずりジョンヘの元へ行って気遣ったのも、
大きなショックだったのでした。

テスがヴィクトリアをかき回し作戦に成功したと聞き、大喜びのノ団長。
それでいそいそとミジン社長の所に来たのだけど、、、

テス、ギテを交えて、今後の事を話すミジン社長。
店の物品全ての納入をテスの会社と取引すると約束し、
その代わり、用心棒はしなくていい、
ショーの内容も自分が決めるから口出しするなと告げると、頷くテス。
大人しく要求を呑むテスに驚くノ団長に、
「私を本気で怒らせたわね。もうセブンスターと取引はしないし
あんたの歌手はステージに立たせない。
とっとと消えな!」と怒鳴るミジン。
そしてギテに「あなたにヴィクトリアのステージを任せる」と。

テスの裏切りは計算外で、ギテの前で大恥をかき、頭に血が上るノ団長。
自業自得だろうに^^;

トボトボと戻って来たギテの様子から察し、
「団長はよくやりました」と慰める団員たち。
すると、「俺を甘く見てますね。出て行くのはセブンスター、
ピンナラはゴールデンタイムまで任せされました!」と告げるギテ。
ホントですか?と驚くジャーニーさんに、
「言ったでしょ?団員を守るって」とギテ。

みんなで祝宴を挙げることになり、待っていたションヘを誘うゲスン。
行きたいけど遠慮するジョンヘ、
するとギテたちが来て、「居てくれて良かった。一緒に。元団員じゃないですか」と言ってくれ、合流することに。
笑うと傷ついた唇が痛み、苦笑いのギテとジョンヘ。

仲睦ましい二人を眺め、取り残された気分のチェヨン。

酔って帰って来たギテに、
「ジョンヘさんが好きなの?あの女ははダメ」と釘を刺すミョンヒ。
あの女呼わばりする妹を叱り、
その夜はジョンヘの事を思い、眠れなかったギテ。

一方のジョンヘも同じで、ドンドン気持ちが膨らんでいくのでした。

翌朝、スニャン食堂で偶然会ったジョンヒとスヒョク。
秘書官が来るには場違いな気がしたジョンヘに、
母がやっる食堂だと教えるスヒョク。
「ギテさんのお母様と一緒にいる方がそうなんですね。
なら、ギテさんともお知り合いなんですか?」とジョンヘ。
「ギテとは同じ家で育った大親友なんです」と答えるスヒョク。
好きな相手と、自分を好きと言ってくれる人が親友で戸惑うジョンヘ。
空気を読み「ジョンヘさんがギテを好きだと知ってる。
それをチャン議員に知られると厄介です。
お分かりのとおり議員は絶対に諦めません。
このままではジョンヘさんが思うギテを追い詰めるでしょう。
言いたくなかったのですがが…、
ギテを思うなら…ギテへの思いを断ち切るべきです」
自分もつらいのに、ジョンヘの気持ちを思い俯くスヒョク。

ずーーっと泣き続け、諦めようと決めたジョンヘ。

待ち合わせ場所に来て早々、
「ジョンヘさんをスカウトします。
前に話した約束をかなえたい」とギテ。
昨日までなら喜んでいただろう話なのに。。。
「私…どちらのショー団にも入りません。
歌手になるのを辞めるんです。
実力が無いとわかってますから」と答えるジョンヘ。

ガックリとした気持ちでミジン社長に連れられて料亭へ。
警察で身元引受人になってくれたマダムが居て、
彼女はミョングクのパーティにいて、
チャン議員と繋がりがあると知り複雑なギテ。

二人きりになると「スニャン劇場の後取りだったのね」と言うミジン。
過去を調べられて、あまりいい気分じゃなかったけど、
「お父様に会った事がある」と言われビックリのギテ。
まだ配給会社に勤めてた頃だった。
北の方言を使う度量の広い方だったわ。
あなただったか傾いた家も元通りできる。
映画もショーも度胸がないとできないけど、
あなたならで必ずできる。
ただ今のピンナラには足りない。
私が資金を出すから歌手を引き抜いて」とミジン社長。

この料亭にはミョングクとノ団長も密談中でした。
ギテに全てを知られた以上、叩きのめすしかなくて
ノ団長に協力を持ちかけたミョングク。
ヴィクトリアを奪われた恨みを晴らすのに渡りに船だし、
チャン議員の協力も鬼に金棒で、話に乗ったノ団長。

廊下でバッタリギテと顔をあわせて焦るミョングク。
憎しみを押さえ、平静を装って近況報告し、
「まだスニャン劇場の社長だよね?大切にして。
金ができたら真っ先に取り戻すから」と告げるギテ。

歌手になる夢を諦め、
テソンが勧めたソンウォン主演の映画に出ると決めたジョンヘ。
ノ団長に映画出演を報告し、
歌手になる事をやめるから、セブンスターを辞めると話すと、
「わかった。だが今後、セブンスター以外と契約したら
タダじゃおかない」と脅すノ団長。

人生でお前みたいなヤツは初めてと呆れつつも、
ヴィクトリアの仕事を取ったギテを褒めるシン団長に、
「一緒にやりましょう。
団長を陥れたノ・サンテクとチャン議員を見返しましょう。
俺には団長の経験が必要なんです。助けてください」と誘うギテ。

心を決めギテと一緒にヴィクトリアに行き、
「歌手をスカウトするのもいいが、新人を育てるのが大事だ。
すぐ告知してオーディションをやろう」とシン団長。

昔、一緒に地方を回ったマドロス・パク兄貴に会い、
「あの頃みたいなマドロス・パクショーをやって欲しいんです」と頼むシン団長。
いまどき、歌謡ショーなんて…と遠慮してたけど、
「絶対に客は大入りです!」とギテとシン団長に言われ承諾。

大統領閣下に会ったついでに寄ったと訪ねてきた中央情報部のキム部長。
閣下とどんな話をしたのか気になるチャン議員。
新参の映画社に
洋画の配給額を割り当てたのは君と聞いたと聞くキム部長に、
「ミジン社長が言ったのですね?
ゴシップ好きの連中が二人の関係に飛びつきますよ。
謹んでは?」とチャン議員。
お互い触れてはいけない場所があると笑いつつも、
「君が接待場に来た娘に手を出したと聞いたが…。
同じ噂でも君の方が汚い」とキム部長。

早く片付けないと大変な事態になると焦り、
「スヒョクを呼べ!
断られたら引きずってでも連れて来い!」と命じるチャン議員。

秘書に戻ってくれと言われ、断るスヒョク。
すると、「女たちの斡旋はさせない。イ・ジョンヘに感心は持たない。
これでいいか?
キム部長が喧嘩を売ってきた。対策を取らねば」とチャン議員。

と言うわけで、カムバックしたスヒョク。

ギテをピエールの店で着替えさせ、
「今から会う人に気に入られたら、
いい後ろ盾になってくれる」と料亭へ連れて行ったミジン社長。

料亭に着くと、偶然チャン議員たちが。
マダムからミジンを紹介され、キム部長の趣味が…と失礼な事を言うチャン議員。
「娘のような年の子がお好きな議員には
理解できないでしょう」と言い返すミジン。

火花を散らす二人の後ろで、再会したギテとスヒョク。

「光と影」他の回はこちらです。


光と影 韓国ドラマOST (MBC) (韓国盤)
Windmill Media
2012-07-11
韓国TVドラマサントラ


Amazonアソシエイト by 光と影 韓国ドラマOST (MBC) (韓国盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック