光と影 第5話

警察に連行されるギテを見て満足そうなチャン議員。
隣にいるスヒョクは複雑そうで、
まだチャン議員の忠告どおり冷酷になれないみたいねーー。

その頃、ギテ父を連れて土地を買うように勧めていたミョングク。
けどギテ父はすごく良い条件にみ関わらず、全く興味を示しません。
「これで儲けられるのはわかるが、
北出身の私にはわだかまりがあるんだ。
私は土地に裏切られた」とギテ父。

そこにギテが連行されたと知らせが。

警察で、招待券の事で選挙法に問われること、
チャン議員の通報でこうなったと知ったギテ。

契約金をもらってトンズラしたけど、
スニャンで受けたゴタゴタでチャラと割り切り、
「全国回って、ギテのような大バカは初めてだ。
あいつはすごい大物になるか、
クズ人間になるかどちらか」と話してたシン団長。

初舞台を無事に終えたお祝い中。
ジョンヘをショー団に入れてくれたギテの事を冷やかすゲスン。
違うよーーとワイワイしてるところに、
ボコボコにされたテソンかせ転がりこんできて。。。

スヒョク母にギテの好物をたくさん作ってもらい、
留置所に面会に行ったギテ母。
スヒョク母が豆ご飯を作ってくれたのだけど、
「留置所の食事よ!」とイライラ。
とんだとばっちりのスヒョク母だけど、
スヒョクが一枚噛んでると思えばなんだかね。。。


「お父さんは自業自得と言ってる。
あんなに怒ったお父さんは始めて」と嘆く母に、
「心配しないで」と元気なギテ。

しかしギテ母が「一晩で目がくぼんで…」と心配してたように、
一人になめと落ち込んでいたギテ。
父がスヒョクにもチャン議員にも会ってないと聞き、
見捨てられた気分だし、
このままでは刑務所行く…と思うと、ため息しか出ません。

ドンチョルからスヒョクがチャン議員の秘書をしてると聞き、
スヒョク母に頼むことにしたギテ母。
いつもの高飛車な態度と違い、
珍しい化粧品をプレゼントして実は…と切り出すと、
「もうスヒョクに言ってあります。
信じてもらえないかもしれませんが、
私は坊ちゃまをスヒョクと同じ息子と思ってるんです。
だかにお礼なんて言わないでください」とスヒョク母。
その言葉に胸が一杯で「とにかく、ありがとう」とギテ母。

外国製の化粧品、ギテ母の言葉が嬉しくて、笑顔が浮かぶギテ母。

「チャン議員の心を動かすには、目に見えるものが必要」
そうミョングクに言われて悩んだ末に、
チャン議員に頭を下げる決意をしたギテ父。

「どんな用件です?」とシャーシャーと告げるチャン議員。
今までの非礼を詫び、政治献金を渡したギテ父。

ギテ父が折れたならゲームオーバーですね?と言うスヒョクに、
「何甘いこと言ってる。戦うなら最後までだ。
勝たないと権利品はもらえない」とチャン議員。

釈放は新民党の候補の力添えという話を信用してたギテ。
自由の身となって、早速妓房で羽を伸ばしていると。
隣にチャン議員がいると聞き。。。

スヒョク。ミョングクで、ギテ父にトドメを刺す相談中、
計略があると言うミョングクに任せ、
絶対に失敗は許されないと釘を刺すチャン議員。
人一人アカにし立てることなど
たやすいと話してたことを思い出すスヒョク。

そこにギテが乱入。
父の秘書が同席してると驚くギテに、言い訳するミョングク。
酔っ払って、チャン議員の杯をもらい、
「社会勉強になりました。
先生のような人を相手にする時は徹底的に準備して、
ガツンと行かないと寝首を切られる」と言うギテ。
チャン議員が怒り出すんじゃとハラハラするスヒョクにも、
「おい、お前は権力を手にしたいと言ったが、
お前が弱いものから奪うことだ。
そんな事をしたくて、金魚のフンをやってるのか?
俺みたいな雑魚でもそんな真似はしない」と。
そして最後に再びチャン議員に、
「俺はされた事を絶対に忘れない人間なんです。
先生のご恩はかっこよく返します」とギテ。

いい気になるな。のた打ちまわる日が来る。
それから人生を語れ」と怒鳴るチャン議員。
「最後にどっちが怒りと苦しみでのた打ちまわるか
楽しみにしてます」と動じないギテ。

部屋を出ると醜態を晒したとスヒョクに詫び
「でもお前への言葉は俺の本当の気持ちだ」とギテ。
そとたミョングクにも、
「何の用か知らないけど気をつけて」と忠告。
ミョングクが裏切り者だと、まだ気づいてないのかな?

「掻き入れ時に劇場を閉鎖、
ショーは結果的に失敗。
父さんの試験は0点でした。
今度は父さんが話す番です」と頭を下げるギテ。
何もない。行け。
今後、お前には何も期待しない。妓生と遊べ。金は出す。
頑張る事は誰でもできる。
しかし結果を出さねば同じ」とギテ父。
申し訳なくて、顔向けできなくて、
飲み代出してくれて感謝と、お茶らけて退室したギテ。

そして一人になると、
「父さん…」と何度も呼びかけていたのでした。
厳しさは自分への思いやりだとわかってるんだよね。。。

ずっと遊んでいたけど、
シン団長を捜して金を取り戻そう!とドンチョルに言われ、
ソウルへ上京したギテ。

事務所変わりにしてる喫茶・菩提樹にシン団長はいなかったけど、
偶然、ジョンヘがいました。
団長の居場所は知らない。
自分も次の公演がいつか聞きたくて、
ここに来れば会えると待ってた、と話すジョンヘ。
ジョンヘはテソンから、きわどい映画に出ろと言われてて、
ピンナラショー団の公演がないと断れなくて困っていたのでした。
「兄貴のおかげで入れたのに。
居場所を知ってて騙してるんじゃ?」と言うドンチョル。
前に俺は何もしてないと言った手前、困ってしまうギテ。
ドンチョルがここまで言うのは、
テソンの居場所を隠してたからでした。

帰ろうとするギテを止め。
なぜショー団に入れてくれたか聞くジョンヘ。
「理由はない。舞台栄えすると思っただけ」とギテ。

「本当の理由はなんです?
兄貴の好みとドピシャなのはわかってます」とドンチョル。
「それはそうだけど…相手は芸人だ。
どうしようもない」とギテ。
と、言いつつ、恋に落ちちゃうんでしょ~~~♡

次はシン団長と初めて会ったマージャン店へ。
セブンスターのノ団長がいて、
さっきまでここにいたと聞き、アチコチ捜したのだけど、
ギテを見かけたシン団長はこっそり隠れていました。

シン団長から、
ギテはスニャンで醸造所などを持ってる社長の息子と聞いてたんで、
自分の所に投資してもらおうと考えて、
帰ろうとするギテを引き止めるノ団長。
チェヨンを接待につけ、
ショービジネスの話を持ちかけると、
すっかりその気になったギテ。

俺はショービジネスをやる運命なんだ~と、
酔っ払ってすっかりいい気分のギテに、
「お父さんに手足縛られてるのにどうやって?」とドンチョル。

すべてが終わるまでギテに気づかれるな。知られたら面倒だ」と
スヒョクに釘を刺すミョングク。

二人が秘かに話してるのを偶然見てたスヒョク母。

ミョングクにはそう言われたけど、ずっと迷っていたスヒョク。

その夜、差し入れを持って劇場へ行って、
ギテ父が何者かに連れて行かれるのを目の当たりにし、
必死に追いかけるギテ母。

父が連れ去られたと電話が来て、酔いも醒めたギテ。

「光と影」他の回はこちらです。


光と影 (ノーカット版) DVD BOX 1
ポニーキャニオン
2013-01-16


Amazonアソシエイト by 光と影 (ノーカット版) DVD BOX 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック