9/7はBIGBANG 初一位の日♪+色々な「コジンマル(Lie...嘘)」

5年前の今日9月7日、ウリBIGBANGが歌番組で初めて一位を取りました!
最近のYG&ビッベンは
「順位には拘らない」という姿勢なんで、
こういうレビューもナンだけど、
彼らの歴史ということで動画を集めてみました~  

画像 

初々しいね

 
MUSIC BANK 9/7

http://youtu.be/TGobE60BUis

初めての一位は、現在冷戦中のミューバンなのがなんともだねぇ…。
デビューして1年ちょっと。
前に色々なグループの「デビューからどの位で一位を取ったか…」って動画を見たけど、BIGBANGは他のグループより遅い方でした。
この二日後に人気歌謡でも一位を取ってますね!

一位が「BIGBANG!」とわかって、
みんな「えっ?マジ?」って感じ(*^^)
感動より驚きが強いみたいだよね!
って言うか、「ビッベンのファンが喜んでる図」って感じもする~。
ベベはちょっとウルっと来てるような?
嬉しさと感動で泣くのもウルっと来て良いけど、
実感が湧かないリアルさが伝わって来ていいわ~。
なんか大物っぷりを感じる!(←ファンだからそう思うんだろうけど^^;)
最近だとTEENTOPがこんな感じで
ポカンしとしながら挨拶してました(リキちゃん除く)
f(x)もただただキョトンとしてたなぁ^^


エンディングでBIGBANGの後ろにいるのは「神話」ですね~。
神話バトルで脱落したスンリが、
SMにいたころ彼らに可愛がられたジヨンが、
神話先輩たちから祝福されてるよぉ(゚ーÅ)

この動画のパフォーマンスは、
コジンマルのカムバの頃から少し変化して、今の形に近づいてるような。
タプとテソンの掛け合いのところで
ジヨン、テヤン、スンリのダンス上手い組が
ビシバシ踊ってて、
これは上手い構成だな~と思いました。
(コンサートの映像だと
タプとテソンを映すのが多いから、
三人がこんなに頑張ってるって気づいてなかったの…)

場所の移動も多いし、動きも細かいし、
今の若手と比べても凄いなぁーーと思います。
ダンスしながら歌うって大変だろうに
ヘッドマイクじゃなく、
ちゃんと全員ハンドマイク
(うちでは「本気マイク」と呼んでる)だし

向こうの歌番組を見てると、
ダンスボーカルグループは、
「ヘッドマイク+歌の被せ」が多いと気づいた。
グループ全員がハンドマイクを使ってるのはわずかで、
一部がハンドマイク、もしくは全員ヘッドマイクがほとんどで、歌よりパフォーマンス重視なんでしょうね。
女子だと2NE1、SPICAなどが全員ハンドマイク使用ですね。
ヘッドマイク使用でも歌声がリアルに聞こえるグループもいますが、
毎回CDみたい…と感じる場合や
時にはリップシンクもあり…。(私は口パク苦手なんです)




8/16カムバックステージ

http://youtu.be/BKtIKxE6H-A

前も書いたけど、よく見るパフォーマンスとかなり違います。
まだ発展途上って感じ?
恒例の掛け声もまだありませんね。

この頃、スンリが高2テソンが高3(学校に通っていれば)、
ジヨン、テヤンが19才、タプはもうすぐ20才。
みんな年齢の割りには
歌ってる表情…感情表現が豊かで大人だーーー。
それでいてまだあどけない雰囲気も漂ってて、ホント不思議な魅力です。

最初に歌った「使われてない番号」の作詞はヤン社長ですね♪
その前のイントロ「僕たちはビッグバン」
これ生歌で聞いてみたいな~。
こちらの作詞はBIGBANGのメンバーたち。
多分ジヨンメインでしょうが、誰がどこ書いたんでしょうね!
「LaLaLa」もそうだけど、想像するのが楽しいです。



7週目の「コジンマル(嘘)」&アンコール

http://youtu.be/KSauyRMIPPk


同時を詳しく知らないから、
ここまでずーーっと一位を保ってたかわかりません…。
後ろにスジュやまだ新人のWonder Girlが見えますね~。

長い間、歌ったコジンマル。
ファンを楽しませようとパフォーマンスを変えたり、
途中から今回のようにリミックスして
新しいスタイルを見せてますよね~。
以前、動画を見終わったら関連で出て来る「コジンマル」を延々と見て、気づいたらすごい時間経ってたことがあります。
同じ曲なのに飽きなかったんだよね。
パフォーマンスやアレンジの変化はもちろんだし
その時、その時によって声の調子が違うから面白くて
「今日はどうかな?」って次から次へと見たくなったの。
これも生歌の魅力だよね (=´∀`)人(´∀`=)
色々な形の何通りもの「コジンマル」。

このリミックス、最初はアコースティックなスローで歌声がリアル。
バラを一輪持ったジヨンが寂しげで美しい…(*゚ー゚*)
(ファンじゃなかったら、キザに見えちゃうかも?)
私はこのパターンのパフォーマンスが一番好きです。
寂しい感じから盛り上がっていくから!

間奏部分でスンリとテヤンの
ソロダンスパフォーマンスが入るようになりました。
ライブでこのパターンを見てみたい…。
テヤンのダンスは誰もが認める「玄人」だけど
スンリも本当に上手いと思うな!
最近、江南スタイルの動画をあげてたけど、
軸がまっすぐで、手足の動きが滑らでキレイで好きです♪
練習生期間が短いことを考えれば、
ホントに勘がいい子なんだなぁ~とつくづく思います。
そして「好きこそ物の上手なれ」ですね!
ダンスが好き!ってのが伝わってきます


remix 別のバージョン

http://youtu.be/tp11HKEoGgw

二番目にあげた動画のリミックスよりこっちの方が先ですね。
テンポがいいコジンマル。
スンリとテヤンのソロダンスが長くて、
見せ場になってますね!(その分スンリパートを歌わなくて残念)
そして、みんなキヒキビと踊ってて新鮮ーー
タプが自分のパートの途中で
軽快にクルっと回ってるしーー\(◎o◎)/!

BIGBANGのダンスの形態は、横並びじゃなく縦の形も有効に使っていて簡単じゃないと、どこかで読んだ気がします。
広がったり、小さくなったり、
横に行ったり、前に行ったり、後ろに下がったり、
そうしながら自然に形を作るのは確かに難しそう。
ダンスが緩いという意見もあるだろうけど、
そんな中で歌って表情もしっかりとして、
観客への煽りも忘れず、やっぱり凄いと思うな。


GDソロのコジンマル&BigBang

http://youtu.be/CC9JwPkNSFo

ジヨンのソロコン「Shine A Light」の一シーン。
もう言葉は要らないですね・・・。
(と言いつつ書きますが

弾き語りのジヨンの声が繊細で美しくて可愛らくて
まったく違うコジンマル(自分の歌)にしていてさすがです。
そして一人で終わる…と思いきや、
「やっぱりこの歌は一人では…」と言うセリフ♪
最初は来てくれたファンが
ジヨンのピアノに合わせて歌い、
そしてBIGBANGの仲間たちが登場~!!
こりゃ感動するでしょ....(T_T)/
ピアノを弾くリーダーのまわりにこじんまりと立つメンバー、
この5人の図がなんかウルッと来るんだよね。。。

一瞬でソロ歌手G-Dragonから
ビッグバンのG-Dragonに変わるジヨン。
互いに激励しあうジヨンベがいいね♪


BIGBANG 関連のレビューはこちら

廉価版で再発売
2009年のコジンマルはオーケストラver.

2009 BIGBANG LIVE CONCERT ’BIG SHOW’ -Special Price- [DVD]
ユニバーサル ミュージック
2012-10-03
BIGBANG


Amazonアソシエイト by 2009 BIGBANG LIVE CONCERT ’BIG SHOW’ -Special Price- [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



2010は登場と最後と二度歌ってたよね~

BIGSHOW BIGBANG LIVE CONCERT 2010 -Special Price- [DVD]
ユニバーサル ミュージック
2012-10-03
BIGBANG


Amazonアソシエイト by BIGSHOW BIGBANG LIVE CONCERT 2010 -Special Price- [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




G-Dragonソロ ミニアルバム
楽天のハンチャート反映店

【先着+レビュー抽プレ】[予約]G-Dragon/1st mini album/One Of A Kind(ポスター無し)[カラーランダム]
韓国CD・グッズ通販の韓館
完全輸入版言語:韓国語Gold EditionとBronze Editionの2種類が生産されますが


楽天市場 by 【先着+レビュー抽プレ】[予約]G-Dragon/1st mini album/One Of A Kind(ポスター無し)[カラーランダム] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック