ファイティン! スンリ!!~BIGBANG懐かし映像など

精力的に全国アチコチまわってるV.Iことスンリ。
今日は仙台に到着したようですね~。
そんなスンリを遠くから兄さんたちも応援してるハズ。
というわけで、
スンリを可愛がる(?)ヒョンたちの動画を集めてみました


2009年のインタビュー

http://youtu.be/rpUxfQx3FwQ

2011年日本で…

http://youtu.be/wH6MVjDV6mo

上は突然タプに手を握られ、なんとか外そうとしてるスンリ。
(後から気付いたけど、
ジャンケンで負けた方が叩かれるゲームしてたっぽいね)
下はベベの襲撃になす術もないスンリ。
アイスのCMやってた頃のメイキングで
膝枕したスンリを撫で撫でするヨンベってのがあったけど、
この時もスンリが恥ずかしそうにしてた記憶があります。
ビッベンって兄三人(タプ、ジヨン、ベベ)は触れたがりだけど、
下の二人(テソン、スンリ)って自分からはほとんどやらないよね。
だから2007年のMKMFで、泣きじゃくるテソンの手を握るスンリに余計にジーンと来るのかも…(゚ーÅ)


2007年のコジンマルで活動してた頃

http://youtu.be/Pbt-MBGpubI

スンリ、クネクネ加減が上手いよね~。
Tell Meをワンガ本人たちの前で踊り
恥ずかしがるジヨンが初々しいわ~。
可愛いポーズをするタプ(1:40)がオモロイけど、
その直後スンリを「マンネ」と呼ぶタプが新鮮!
ドキュメンタリーの時もそう呼んでたかな?
ジヨンは呼んでたけど、今度、注意して見てみよう。
二人のハグもいいわ


髪型から多分2008年頃のスンリとテソン

http://youtu.be/IfvCNlkknY0

この二人はなんか和む
適度な距離(ぎこちないとかじゃないよ)があるから、
微笑ましく思えて。
1:00過ぎ、スンリがテソンに抱きついてビックリ!
あら、珍しいーー。
そういや一泊二日のバロディの時も、
マネージャーさんの告白に爆笑しながら
横のテソンにもたれてたっけな~。
スンリって男同士のベタベタが苦手っぽいけど
最初の動画とかみたいに、
体育会系っぽいノリのハグは進んでやってる気がします。
ハイタッチとかも。



http://youtu.be/uYtcWYC1cuQ

スンリの失言に思わず
「スンヒョナ!」と本名で呼んでしまうテソン^^
きっと普段はこう呼んでるんだろうね~。
韓国ドラマとか見てると、
最初の呼び名をずーっと変えずにいるような…。
だからテソンは「すんひょん」、
兄三人は「マンネ」と今も呼んでるんじゃないかと予想。
「夜は…」のこの回は、スンリが何を言い出すかと
ハラハラしてる「兄テソン」が好き♡
二度目に出た時も弟を見守ってたよね。


BIGBANG TV

http://youtu.be/QvJ9fPnP-8s

Wスンヒョン
撮影シーンも和むけど、
1分過ぎにスンリの物マネするタプがヾ(>▽<)o。
タプはよくスンリの物真似してるよね!


2006年ラジオとか

http://youtu.be/rn02QK19go4

幼いすんちゃん!!!
タプのBIG BOYを熱唱♪
みんなも盛り上げてくれてるよね~(*'ー'*)


スンリのソロアルパムへの
YGスタッフと兄さんたちからメッセージ


http://youtu.be/MXrqL0Zhkc4

2分過ぎに出てくる
キャスティングマネージャーのボヨンさん。
番号変更を知らせないと怒りながらも、
「練習生の時、私がたくさん叱った…。
なのに途中、つらくて大変だったのに、
最後まで私たちの傍にいてくれてありがとう。
いつも大変な姿を見せまいと頑張ってたのに、
その時(大変だった時)、助けてあげられなくてごめんね…」
なんてあたたかい言葉なんでしょ(゚ーÅ)
彼女はリアルドキュメンタリーで
残すメンバーをヤン社長に聞かれ
「自分は素人だから実力はどうと言えない、
でも頑張ってる姿を知っているから」とスンリを推薦した方。
ずーーっと見守ってくれてる厳しくも優しいヌナですね。
※不確実だけど脱落して寮を出たスンリに昼間部屋を貸してくれたのは、この方だという情報も…ホント不確実です!)

加工した声を「かわいい」と茶化しながらも、
その言葉をジッと聞いてたスンリが印象的です。


そしてその後5:18頃から、
ビッベンの兄たちからの言葉です。
「スンリヤー」って呼びかけがいいね~。
頑張れ~と笑顔のベベ、
タプタプタプだよと笑いながらも
タプヒョンだよ」と最後をしめるタプ、
自分でヒョンと言うのって珍しいかも?私が知らないだけか?
ウリスンリヤ」とテソン。
ウリ…僕の(僕たちの)って言い方がじわんと来るわ。

そしてジヨン。
「スンリの兄です」と始まり、
「うまく行く。うまくないけど…うまく行く」
リーダーとして100点つけないところがジヨンらしい。

そして「君が最高だ。僕はそう思う
ホント、素敵な兄。。。。゚(;∇;)゚。。

僕は幸せものだと思う
みんなのメッセージに涙が浮かんでたスンリ。


スンリの日本での活動について、
最初は「すごい!応援しよう!!」という気持ちでした。
でも仕事っぷりに
えーーー?!と思ったのも事実でした。
でもここ見たら、そんな自分が恥ずかしくなった。
「自分はお笑い芸人じゃないけど、
人に喜びを与えるのは同じです」
私は芸人を下に見てた気がする…。←反省
でもスンリは分け隔て見てるんだねーーー!!

地方のローカルの番組に出るのも、
いっぱいいっぱいBIGBANGを知ってもらいたいという気持ちで、頑張ってるんだろうな。
いつかのインタビューで
「日本中の全員にBIGBANGを知ってもらいたい」
ってな夢を語ってたのを思い出しました。
地方まわり…と思う人も多いでしょう、
私もそう思いました。ビッグスターなのに・・・って。
でも私の住む所じゃ
まだまだ知名度は…なのもホント、現実なんだよね。。。

スンリが頑張った分、
BIGBANGを知る人が増えてるだろうし、
じゃ歌を聞いてみようって人も増えるだろし、
偶然PVを見たり曲を耳にしたとき、
あのテレビで出てた…と気づき、興味を持つだろうし、
若い層だけじゃなく幅広く愛されて
ずっと聴き継がれていく…そうなって欲しいな!
だってBIGBANGの音楽ってホントにいいから!!


そして今(7/13)、スンリは仙台。
私、今回の地方まわりに仙台が入ってて、
被災地だからかな…と思ったんです。
たまたま仕事のオファーが入っただけかもしれないけど、
今年のインタビューで、
大金が入ったら(宝くじが当たったらだったかも)?という質問に、
「半分は被災地の方に、半分は両親に」
って言ってたのを思い出したから。
去年じゃなく、今年だよ!!
私たち日本人でさえ、あれほど悲惨な出来事を
今でも大変な思いをしてる方がたくさんいることを
忘れてしまいがちなのに・・・。
そして半分を両親に…ってのがリアルだと思いました。

今日のスンちゃんの日記は、
仙台で感じたことが率直に書かれてました。
記者さんに聞かれ、そうだと気づかされ
一人称も「おれ」じゃなくなってて・・・。
色々と思うところがあったんだね。
あんな風に感じるスンリは本当に素直で、
思慮深いなぁ、とジーンと来た....(ρ_;)。

スンちゃん日記は、たとたどしい日本語が可愛くって
和むだけじゃなく、ホントすごーく気持ちが伝わってくるよ!

スマホの方は八月まで待ち遠しいけど、
一気に読むのを楽しみにしてください~。
(ハッ!過去記事も読めるよね???)

インタビューや「世界に叫べ」でも
素直に綴るスンリの文が一番すんなり入って来ます。
そこまで話さなくも^^;と思う部分もあるけど
包み隠さずまっすぐに正直なんだよね。


新しいことに挑戦するのが好きとか、
失敗は恐れない、前進する先に夢があるとか
本当に前向きなスンリ。
でも2009年の初めてのソロ活は
ワクワクしつつも、不安も過ぎって、気持ちがいったり来たりしてたんだんだよね。
今、日本で一人で活動してて、
その時みたいにやる気満々な反面、
大丈夫かな…という思いを
抱えてるんじゃないかなぁ…と思うんです。
最近、ネットで行き当たる先で、
アイコンやテンプレは他のメンバーだけと
スンリを応援するツイやレビューをよく見かけます。
それを見る度に、
ビッベンのファンの多くが、
ちゃんと見守って応援してるんだなぁ~
と嬉しくなった(゚ーÅ)
スンリもそれを力にいっぱい頑張ってると思うな!

スンリが北海道に来る予定は今のところないけど、
私も遠い地から応援してるよ~~~


画像

화이팅!
승리









FANTASTIC BABY PANDA SEUNGRI ^^




BIGBANG 関連のレビューはこちら



最後の動画が収録されてるVWORLDは
内容が濃いのでホントにオススメです。
ぜひ!

V WORLD ~MAKING DVD+PHOTOBOOK
UNIVERSAL J(P)(D)
2011-04-20
SEUNGRI(V.I from BIGBANG)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by V WORLD ~MAKING DVD+PHOTOBOOK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック