BIGBANG「BLUE」 曲も映像も美しい…ぜひ聴いてください♪

私のブログに来てくれでありがとうございます。
来てくださる方は、きっと韓ドラファンがほとんどだと思います。
ここではそれほどK-POPについて語ってないんで
興味ない方も多いかもしれないけど、
本当にいい曲なんで、聴いてくれると嬉しいです^^



(BIGBANG 公式チャンネル http://youtu.be/2GRP1rkE4O0


2分32秒あたりで、壁の落書きにパンダを発見!
パンダの前にスンリがいるのもツボ
そして、画質がすごーく良いーーー。
テレビ画面で見るのが楽しみ
このMVは最初のシーンとラストが同じカットなので
エンドレスに楽しめます。


多くのK-POPグループとは違うなぁと思いました。
他のグループもよく聴くし、好きな曲もたくさんあるけど、
やっぱりBIGBANGは違うっていつもと感じてたけど、
この曲は特にそう思った。
流行のサウンドじゃなく、独特の色。
歌手のハハさんが
「もうアイドルしゃなくて国民的歌手」と言ってくれたけど、
KSTARニュース
私も頷きました(*⌒∇⌒*)

曲も詞もちろんいいし、
各パートの振り分けもいいし、5人の調和が最高です。
メロディが切ない、歌詞も悲しいんだけど、
聞き終わるとなんだかあったかくて
「冬から春」というイメージが、伝わってきました。
音楽はド素人なんだけどね…^^;

和訳を見る前に聴いて、
意味もわからないけど音の響き良くて、
メロディも美しくてジーンと来ました。
その後、和訳を読んで更にジーン・・・。
ラブソングなんだけど、
別れた恋人への思いを歌ってるんだけど、
「心にアザが」など、去年のつらい時期を過ごした彼らと重なります。


歌詞を見ると、
ハングルじゃなくて漢字で「末路」とあるのは
仕掛けというか意味が隠されてるのかな?
それから語尾に「요(ヨ)」「죠」がついてるところがあって
(韓国語は詳しく無いけど、「…ます」になるのよね?)
できたんです 歌います なんて歌詞が斬新で
物語を語ってるみたい…と思いました。
・・・和訳をした方のいくつか見たけど、
特に丁寧な言い方じゃいのが多いんで
私の深読みしすぎかも^^;
他の曲でも「カジマラヨ」とかってあるしね。



この曲はダンスしないで、
「Haru Haru」アコースティックver.みたいに
座って歌ってもいいんじゃ…と思ったけど
韓国の音楽界ではやっぱりダンスは付きものなんだろうな。
「LoveSong」でもダンスしてたし
コンサートでもスローな曲でもダンスしてるしね。

ビッベンのダンスって、ミュージカルっぽいと思うのよね。
この曲もどんな感じで来るのか楽しみ


私はBIGBANGは5人とも大好き
でもその中でスンリの声にハマって、
見てるうちにダンスもキャラも
頑張り屋なところも惹かれていきました。

ソロ活動が成功した時「ビッベンのマンネ以外に
僕にも出来ることがあったんだと思って嬉しかった
」と語ってた、
そんなスンリがサビを任されてる!!
それに締めもだよーー!感動。。。
・・・娘は「そこサビなの?」と言うけど…。

スンリの透き通った歌声が沁みてきます。
切ないんだけど、あたたかみもあっていいな。
特にテヤンのブリッジが終わり余韻の後、
「I’m singing my blues…」と入るところが
すごく優しく語りかけてきて、いつも泣きそうになる…。
ラストに向かって、前向きに踏み出した感じに聴こえます。
でもライブだと重なる部分は歌えないから、
「I’m singing my blues…」は天の声になっちゃうよね。。。
【追記】ライブだとジヨンがマイクを口にしてた。
ジヨンがスンリのコーラスが天の声で入ってるような?

「それとテソンのパートの最後の部分、
ちょっと声を張り上げる「オッチャナーー」ってところも好き。
・・・娘は「そこ?」と怪訝そう


でもやっぱり5人の調和が一番好き
言いすぎかもしれないけど、
この5人って黄金比だなぁ~と思ってるのです。
ビッベンのメインボーカルはテヤンだけど
その曲、その曲によって比率が違うし、
ちゃーんとみんなの声が生きてて、どの曲もホント好き。

パートの振り分けもさすがで、
ジヨンのプロデュースに本当に感心。
将来、ジヨンがプロデューサーとして
新人を輩出したらどんなだろ…と、ふと思いました。
しかしMVでは
なぜ金髪になったり赤髪になったり( ̄ー ̄?).....??アレ??
あっ、走ってるジヨンの表情が好きです。
逃れるような顔が可哀想で、
大丈夫だよ、って言ってあげたくなる。

ジヨンの能力はもちろんだけど、
ビッベンのアルバムは5人がアシスタントプロデューサーや、
レコーディング・ディレクターに名前を連ねてて
(全部かは不明…)
ジヨンオンリーじゃないのが良い。
みんなで意見を出し反映させて、
ワンマンになって無い気がする。
そして最終的にヤン社長がちゃんと統括してるしね。
[追記]今回のアルバムはBIGBANGのクレジットはなかった。
単に入れ忘れたのか(アバウトなお国柄だから^^;)、
4人はボーカルに集中だったのか。



サビ前のコーラスは
最初、全員で歌ってるーーと思い、
わーー!みんなが一つに…と感動したの。
そし次に聞いた時、スンリ以外の4人かな?、
でもスンリに繋がるからやっぱり感動。
けど、ビデオから察すると
AパートがテヤンでBパートがテソン?
コーラスは自分の声を被せてるのかなぁ。
それともこの曲の歌い出し担当だったジヨン?
なんかタプさんの声が薄っすら聞こえる気も・・・。
早くライブで歌う姿が見たい!!


MVといえば、
みんな走ってるけど、スンリだけ走ってないよね。
で、4人がスンリの所に駆けつけてラスト。
誰かが歌ってる後ろでジッと見守るように佇んでるし
ティーザーでも一人でけ酸素マスクがないし、
凍りついた世界からスンリが最初に抜け出して、
酸素ボンベを持ってみんなを助ける…って設定?

この写真でも一番氷が解けてるし~。
画像


(@NAVER



今回のビッベンのCDの売り方はなんだか…。
スジュも去年ジャケ違いが出たけど、
絶対に順位がついちゃうでしょ。。
なんかメンバーのファン同士が競ってるみたいで。

去年、とあるグループグッズの売上を偶然見て、
すごい差があってビックリ&ショック。
それも私の贔屓が・・・と愕然だったのでした。

私は今回買ったのは、5人バージョン。
でも予約した後、あるサイトの予約状況の順位見てショック。
えぇーーなんで???
一枚でも協力すれば良かったとおもった。
複数買いはしたくないし…。

けど、数日後に韓国での売上状況を見て安心。
韓国では週間もデイリーも5人バージョンが1位で、
その次はG-DRAGON。
ジヨンがひとケタ順位なのはさすが!と思った。
で、この日デイリーランキングでは
ジヨンの下にスンリが~…一安心(〃´o`)=3

画像


週間は30番台だったけど、
ランク外のメンバーもいて素直に喜べない…(>_<)。


韓国ではダウンロードが主流でCDが売れないと聞きました。
CDが消えないように努力してるのだろうけど、
(NAVERとタッグを組み
ダウンロードを主流にしてる気もするけど)
やっぱりなんか・・・って思ってしまう。。。

と言いつつ、ジヨンが上位にいて誇らしかったよ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック