お誕生日おめでとう!スンリ♪

私のHNはpanda。
スンリから取ったわけじゃないけど
今となってはこの名前にしてヨカッタ…と思ってます

世間ではスンリ=パンダで定着(?)してるけど、
彼を知った頃の私と娘は「ハムちゃん」と呼んでました。
ハム=ハム太郎。
スンリの口はちょっと「への字」+口角が上がっててこんな感じ。

そしたらこんな画像を見つけた♪
茶髪の入り具合も
ハム太郎の茶色い部分と被る気がする。

画像


ファンが作ったプラカードを持つスンリ。
韓国でも同じ風に思った人がいたのね~ (^ー^)


スンリは妙に人生を悟ったような大人びた雰囲気があると思えば、
幼い感じがするときもあって。
インタビューなんかで
家庭環境をちゃんと把握してて(お父さんの事業の事とか)、
ちゃんと自分の考えを持っていて
まだ小学生か中学生の頃だろうにーー!と驚いた。
そういうところが年より落ち着いて見えるのかも。

デビューして5年半。
当初の頃はマンネポジションに慣れてない感じが
たまーに見えて気の毒に思う事もありました。
長男で育ち、光州のダンスチームでもマンネだったけど
そこでは自分で振り付けを考案したりして、
引っ張っていた感じだったんじゃないかな。
今なら他のメンバーにからかわれても、
うまくかわして笑いを取ってる気がしました(^ ^)

マンネだけど長男だけあってリーダーに見えるときも多々あって、
これは何度見ても感動。。。

(2007MKMF fancom)

(http://youtu.be/C9oZyPMXFNY)

みんな頭の中が真っ白になってる中、
その場を仕切ってテソンを気遣って、
そしてファンにお礼を言って・・・。
このファンカムに声は入ってないけど、
「皆さんは僕達にとって永遠にVIPです」
と言ってくれたのよね。


今年カムバックしてからのバラエティやインタビューなど特に
ちゃんとツボを押さえて笑いを取るし、
切り返しも早いし感心する事が多かったです。
名言がたくさんありました。

アルバムの準備が大変だと語ってたジヨンに、
「時々後ろを振り向いてください。
4人がいますから」


5人をイケメン順に並べてジヨンを最下位にし、
「痩せすぎです。もっと太らないと」

スンリの感動的な言葉はもちろん、
頷くジヨンの表情が印象的でした。

コンサートで火薬を浴びてしまったことを
タプさんが面白おかしく話した時、
椅子から跳びあがって笑ってたスンリ。
以前だったら
つらかった事をコケにするなんて嫌だったかもね。
けど、今は自虐的に笑い大人になった!

 
画像 2007年のコンサートは足のケガが治らず練習も痛み止めを飲みながら。。。

画像 3日間のコンサートの間もひどい状態だったろうに、DVDも注意して見ないとケガしてるってわからないほど笑顔。歌ってダンスもこなしてました。

でも、2日目に火薬を浴びてしまったのよね(>_<)
けど翌日の最終日は舞台に立ち、
年末の歌謡祭も出演したようです。


この時のリハでケガしたのが長引いたのよね。
けど、ケガしても本番の舞台に立ったスンリ。

2007年ゴールデンディスク大賞fancom

(http://youtu.be/qIGLlXnTDN4)

つらいのを顔に出さず踊って歌う姿に胸が痛むけど、
そうやって頑張る姿に感動するよ。。。プロだ。

この頃の「最後の挨拶」
「only you girl」の振り付け
テソンとスンリが首を傾けて指差すところが可愛いわ~。

リアルドキュメンタリーの頃、
自分は明らかにヒョンたちから劣ってると感じてたように
デビュー後もそんな思いを抱え、
着いて行こうと必死になって、無理したのかもしれません。
ネット上で言われる事も多かったそうだし…。

ソロ活動で自信がついてきた頃から、
少しゆとりが出て来て、歌い方も幅が広がったと思います。


アイドルたちがタイに行った時、
最後に「次はメンバーと来たい」と。
MCや出演者は、ペアになったヒョナや
振られたユイの名前を期待してたんじゃないかな?
笑ってズッコケてましたねーー。

そんな飾らない素直なスンリが好きです
ホントに5人で旅行できたらいいね~。


スンリの事を礼儀知らず言う人もいるけど、
私はこのシーンを見て感心したの。

The Real

http://youtu.be/tl01NIQ6ewM


9:24からの涙で何も言えなくなったスンリには本当....(゚ーÅ)。。
で、その後、
みんなで新年の挨拶でお辞儀をするだけど(10分35秒頃)
スンリがかなり完璧に近いのよ~。
韓ドラのお辞儀(チョル)のシーンにウルっと来る私。

両膝をつき、両手を置き頭をつけ、
右足から立つ…だったと思います。
ジヨンもいい感じだけど左足から立ち上がり、
ヨンベも両足で立ち上がって残念。
向かって左2人は…^^;
キリスト教の家はあまりしないと聞いた気もするので、
出来なくても仕方ないのかも。


しかし礼儀知らずだったときも確かにあり。
 ↓
http://www.dailymotion.com/video/xedyvu_espanol-hahamong-show-daesung-seun_fun

2分50秒から、、、
SHINeeがデビューした新人の頃、
スンリ兄さんだけが気さくに話しかけてくれました。
BIGBANGは雲の上のような存在なのに…とすごく感動しました。
しかしその後、スンリ先輩と会った時、
「ヒョン」と駆け寄ったら「・・・」と行ってしまった。。。
というような内容。

キーが語ってるのを見守るようにニコヤカに見てる所と、
オチで恥かしそうに手で顔を覆うスンリがカワユイ。
悪い部分もあるけど、前半はイイ話よね。

そしてスンリの事を「ヒョン」と呼ぶキーちゃんが~
実はSHINeeも、その中でもキーが好きな私
芸能人の後輩がスンリをそう呼ぶのって初めて見たかも。
そういえば強心臓でMブラミルくんが
「スンリ先輩は地元では今より有名人でした。
仲良くなりたいです」と話してたね~。
今は「ヒョン」と呼んでるのかな。

傲慢だった頃の話は
別の番組で話題になってたけど、
悪いところをキチンと注意してくれるビッベンのヒョンたち、
反省して改善し、
そんな過去も笑い話にするスンリ。
そうやって成長していくんだね

スンリとキーは1才違い。
やっぱりスンリって老け…いや落ち着いてる!


BB Beginning

(http://youtu.be/9fL2OZAZVHs)

3分45秒あたりから、ぼのぼのの物真似するスンリ。
昔からモノマネ好きだったのね。
今年、しつこいほどやってたオスカーだけど、
去年、オスカーをやる前のユン・サンヒョンのモノマネしてた。
ファンなのかしら?私、この俳優さんの作品、まだ未見…。

この頃のジヨンとスンリはまだよそよそしい感じで
今のジヨンならばコロコロ笑いそう。
「マンネ」と呼んでるのも新鮮です。

インタビューを見ていると、
今の5人は本当に信頼しあってるなぁと伝わってきます。
これまでの間、気に食わないことも
衝突したこともあったろうけど、
そういう事があって本当に結束が強くなった気がするんです。
メンバーの誰か(タプかスンリだった気が)の言葉で
「本当の家族なら喧嘩もするでしょ」と。
他のアイドルグループにはない強い絆を感じます。
…ファンだからそう見えるのかもしれないけどね


テソンくんの事があった後、
「5人がいい。ずっと」とだけ綴ったスンリ。
私もずっと5人を見ていたいです


最後に、、、

22才(日本では21) のお誕生日、おめでとう


画像





コンサートでは見えにくい2階、3階を気遣い、
後にテレビやDVDを見るファンにアピールしてくれ、
動画や写真をあげてくれ、
日本語をたくさんしゃべってくれ、
いっぱいいっぱいファンを思ってくれるスンリ、
ずーっとそんなスンリでいてください。
そして私の大好きな甘い歌声をいっぱい聴かせてね♪


ケーキは手作りだけど、実は使い回し…ごめんね^^;
先月の娘の誕生日に
BIGBANGファンの娘の為に作りました~。

娘はスンリの「グフッ」って笑い方とか、
オモロイ喋り方にハマってて
パソコンの起動音やシャットダウンなど
結構スンリの声を使用してます。
ニュージーランドのスンリが撮影した動画の笑い声やら、
Mネットワイドでのインタビューで
「ライアーライアーライアーラー!」って歌ったヤツなど色々
そうそう、ジヨンのかわいい
「とうきょう、こんさーと、ふぁぃと」も使ってます(*゚ー゚*)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック