☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆

アクセスカウンタ

zoom RSS トンイ 第36話

<<   作成日時 : 2011/12/13 23:59   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

「逆転の罠」

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
不穏な空気を感じ住まいに戻ろうとしたトンイに、
あーだこーだと言って止めるヒビン。
「…ですが」と反論するトンイだけど、
王妃のヒビンに従うしかありません。

宴が始まり、絶対に誰もここから出すなと念を推すヒビン。
ここの回りはオ・ユンの命令で
義禁府の兵が取り囲んでいました。
何かあると感じたヨンギが引き上げるよう命じたけど、「王様の警備」と言われれば手も足も出せず。

脱出は固いガードで無理とわかり、
緊張した面持ちで初めての王室の宴に参加していたトンイ。

親衛隊の兵を宴会場に集めるようと命じるヨンギ。

怪しい動きがあるのは間違いなく
親衛隊が動いたとチョンイムの報告を受けたものの、
トンイに「何もない」と耳打ちするチョン尚宮。
しかしヒビンが何かしてくるハズ…と感じ、
早く宴が終わるのが待ち遠しかったトンイ。

『トンイは何度も命を狙われてるし、宴に慣れてない。
こっちが不可解な動きをすれば警戒する、
そこに気を取られてる隙に
“謄録類抄(トゥンノンユチョ)”を手に入れるのです』
ヒビンの予想どおり、親衛隊が動いたので
作戦を開始したヒジェ。

「監察府の命令」と告げてトンイの住まいの女官を撤収させ、
トンイの部屋を捜索するユ尚宮と女官たち。
ここに向かう時、慌てて走る姿に、
監察府に来たトンイに「走るな」と注意したユ尚宮を思い出した(;^_^A

そしてヨンギの屋敷、チョンスの家、ウンテクの家も
覆面姿の男たちが忍び込んで念入りに捜索。

散々探しても謄録類抄(トゥンノンユチョ)は見つからず、
トンイが戻って来る…と焦るユ尚宮たち。
と、その時、棚の壁の奥が外れ、隠してある本を発見!

ようやく宴が終わりに戻る途中、
お付きの女官たちから監察府に追い出されたと聞き、
住まいに急ぐトンイ。しかし、監察府の姿はなく。。。

念願のブツを手に入れ、胸を撫で下ろすヒビンとヒジェ。

謄録類抄(トゥンノンユチョ)を渡す事を告げるヒビンに
国の機密を渡すことに躊躇するオ・テソク。
しかしヒビンは、
チンは自分の身を守る為に私達の名前は出さないし、
清い国が欲しいのは近隣諸国を攻める金だけ。
清国が朝鮮に戦を仕掛けてきたら、
我々が宥めれば良いだけ。
この国を救うのがオ・テソク様なのです」とうまい事を言って説得。

謄録類抄(トゥンノンユチョ)を関係者に見せ
本物と確認したヒジェ。
同じ失敗を繰り返さないのはさすがね。
これで良し!とほくそ笑み、清国のチンとの取り引き場所へ。

監禁場所から解放したウンテクを
始末しろと命じるオ・ユン。
ウンテクは司憲府の官僚だし、
殺したらあとで問題になると戸惑うユンの部下。
そんなやり取りを笑い飛ばし、
「“あとで”とは。もうあとの祭だ」とウンテク。
意味がわからず…いやわかってるけど信じたくなかったのかも、刀を突き付けるユン。

と、そこに親衛隊が登場。
最初から罠だった・・・と気付き、降参したオ・ユン。

悔し涙をためて連行されたユンと一行、
してやったりで頷くチョンスとウンテク。

そんな事にやってるとも知らず、謄録類抄(トゥンノンユチョ)をチンに渡し、ヘラヘラ笑っていたヒジェ。
しかし、では取引を…というところで、
親衛隊が押し寄せてきて大慌て!
「返せ!」
「嫌だ!」
と大事な謄録類抄を引っ張りあうヒジェとチンは、
まるでおもちゃを奪い合う子供だわ^^;


謄録類抄を取り返し、
燃やして証拠隠滅しようとした所を捕まってしまったヒジェ。
手元に証拠を持ってる以上、言い逃れ出来ません。

兄ヒジェが捕まり、計画が失敗したと聞き、愕然のヒビン。
これで安泰だ〜と笑ってた南人派もビックリ仰天。
「すべて計画どおりです。
謄録類抄も取り戻しました」と聞き、安堵するトンイ。

そう…これはすべてトンイたちが仕組んだ罠

トンイが宴を中座しようとしたのも、
宴の最中落ち着かない様子だったのも、
ヨンギたちが義禁府の動きを警戒してたのも
ヒビンらに見せつける演技。
案の定、連中はこちらの予想どおりに動いてくれ、
まんまと罠に嵌ってくれたのでした。
ウンテクはワザと捕まって演じてるんだろうな、と思ってたけど
トンイも他のみんなも、演技が上手ね


謄録類抄を渡しおびき出そうと提案したのは、ウンテクのアイデアでした。

ドラマだからいいけど・・・
トンイの部屋から、中々謄録類抄を見つけられなかったユ尚宮たち。
この時、既にウンテクは捕まってたけど、
計画が頓挫し、命が危険な可能性もあったのよね。


国を売って世子承認を得ようとした事を告げ、
わかった時に報告しなかったのは、連中が言い逃れ出来ない証拠が必要だったからと言うヨンギ。
「何故、このような事が出来るのだ。
余を冒涜し、国を売るなんて…」
信じていた重臣の裏切に絶句する王様。

ヒジェが関っていた、つまりヒビンも・・・。
信じられない気持ちで、全てを知るトンイの元へ。
「義州(ウィジュ)から始まっていたのは本当なのか?
王妃も…すべて知っていたのか?」
王様の問いかけに、言葉を失うトンイ。
即ち、肯定したということで愕然の王様。

兄を救わねば!と取り乱し、側近が止めるのも聞かずに内禁府へ向かったヒビン。
しかし、既に義禁府へ送られ
王様が直々に尋問すると聞かされ・・・。

謄録類抄を付き付け、
「そなたを信じたかった。世子の伯父だから」と言う王様に
「謀られたのです」と叫ぶヒジェ。
確かに違う意味で罠だったけどさぁ。
「言い訳するなんて見苦しい。
「関与した者を白状するまで拷問せよ!」と声を荒げる王様。

しかし、妹を守るため、王妃の関与を決して口にしないヒジェ。

南人派のピンチに、
「こんな事なら兄上から縁を切ると言われたとき
従っていればよかった」とオロオロのオ・テプン父子。
笑った(^o^) ホントだねぇ。

清国の大使が来朝し、「清国の意志ではない」と強調。
「もちろん信じてる。
だが一部の過ちでも見逃すことは出来ない」と王様。
いつもなら清国の方が強気だけど、
自国の重臣が国家機密を盗もうとした落ち度があるし、
清国のチンたちを処罰する事を認めてくれました。

あとは元王妃が戻るれば終わるけど、
あのヒビンが簡単に失脚するはずないと、
トンイも元王妃も気持ちを引き締めていました。

南人派が生き残るため、
ヒビンは関りがない事に決めたオ・テソクたち。

「兄上はどうなるのです?」と涙が溢れるヒビンに
「ヒジェもそれを望んでいます。
耐えてください」と説得する母。
家族を見殺しにするなんて、
母もヒビンもつらくてつらくて、慟哭。。。

「お考え直しください」と王様への直訴が続く中、
トンイたちは最後の計画を進めることに。
それは、必ずヒビンの罪を暴くこと。

シラを切ろうと決めてた監察府のユ尚宮と女官たちも
同僚のチョン尚宮の手で連行されました。
チョンイムがユ尚宮の洗濯物を徴収してたんで、
そこからトンイの部屋に入った証拠が出るのでしょう。
床に何か撒いておいてたのかしら?

意を決しヒビンの元へ向かったトンイ。
気持ちが折れそうだったヒビンだけど
トンイの前ではあくまでも強気。
そんなヒビンを哀れむように見つめ
「誰かの自白などどうでも良いのです。
ヒジェ様も誰も自白する必要はないのです。
王妃の罪は王妃様自身が立証なさるのです。
覚えてますか?
陰謀に嵌められた王妃様を私がお救いしました。
あの時の王妃様は無実、
でも今の王妃様は罪を犯しているのです。
あの時お救いした方法で
今度は王妃様の罪を実証します」と告げるトンイ。

「トンイ」他の回はこちらです。


トンイ 下
キネマ旬報社
キム・イヨン


Amazonアソシエイト by トンイ 下 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
パンダ様☆ぉ疲れさまですまたまた ぉ言葉に甘えて『赤と黒』に続きカキコに 来ちゃいました(*^^*) こちらも とっても寒ぃです(≧ω≦)b 北海道は なおさらですね。体調には充分 気を付けて下さぃマセ♪ 今回の『トンイ』には 私、前半ハラハラ ドキドキで苦しかったです(>_<)けど まさか 逆転の罠を仕掛けたのが トンイ達だったなんて(*^m^*) イ・ビョンホン監督サンに してヤられました(爆) もぅ後半は ニャニャでしたょ〜ヽ(≧▽≦)/゙ ヒジェ母が泣いてたけど『あんたが育てた子だょ〜』と 突っ込み\(--;)入れちゃいました(笑) 最後のトンイの凛とした姿が とっても素敵でしたねぇ〜(*^^*)もぅ 今夜の『トンイ』が 楽しみでしょうがなぃですチョィ興奮ギミのカキコで 失礼しましたm(__)mホ次回からも 宜しくぉ願い致します(*^^*) パンダ様の日記 大好きで アチコチ 覗きまくりで 楽しいですありがとうございますm(__)m☆

ゆきるん♪
2011/12/18 18:44
度々 スミマセンm(__)mホ パンダ様は 早くからウンテク様が わざと捕まり演技してたと 気付いてらしたんですねぇ〜凄ぃ(≧▽≦)b さすがです 私は もぅヒビン王妃同様 騙されたくちで(笑) まぢ前半 心臓 痛かったですホホ 作戦が上手く行って良かった(*^^*) 今夜 突き付ける証拠が どんな物か…楽しみたぃと思います。長々と失礼しましたm(__)m
ゆきるん♪
2011/12/18 19:27
ゆきるん♪さん、こんにちは

前回、ウンテクがトンイに計画を告げてたから、多分…と思ってました。
でもヨンギたちも乗ってるとは気付かず、ここはビックリw( ̄∇ ̄;)w!!
ヒビンと同じ気持ちで視聴した方がハラハラ、ドキドキ…そしてスッキリ!だったでしょうね〜。騙されたもん勝ちだった気がします。でもその分、酷く心臓が痛かったんですねーー。
後からの回想の宴席で笑ってるヒビンとか、すごく滑稽でした。

今夜 突き付ける証拠は、
「以前私がお救いした方法で」とラストにヒントがありましたがここまでしてたのねーーと驚きましたよ(@_@;)
ネタバレになるのでこの辺で…。
panda
2011/12/23 18:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TweetsWind



トンイ 第36話  ☆+*+パンダのドラマ&いろいろ日記+*+☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる