グロリア 第9話

T-ARAのジヨンちゃんの理想のタイプは、
ドンア演じるイ・チョニssiだそうで~
このドラマを見てる最中だからタイムリー♪

「お嬢様の来訪」
☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
「お前に歌手なんて無理」
頭ごなしに決め付けるガンソクにカチンと来て、
絶対に歌手になってやる!とタンカを切ったジンジン。
散々言い争い、
「こんな私でも母親を大切にする。
私を逃がしたと後悔させてやる」と言うジンジンに
「後悔するなら死んだ方がマシ」と相手にしないガンソク。
「そのうち死ぬわよ」と捨て台詞を吐いて、ダブル♯を出たジンジン。

・・・と、カッコよく宣言したのはいいけど、
他の芸能事務所にアテもないジンジン。
でもガンソクを見返す為にも、
息子に見下されるジョンナンの為にも、
前向きに自分を奮い立たせていたのでした。

CMソングを紹介してくれたバンドマスターに
持ちこみ用のデモテープを作りたいと頼むと、
「お前は“グロリア”さえ歌えてない。
そんな実力で作るのか?」と反対するだけ。
他の住人たちも「30なのに」と呆れる中、
「やりたい事があるのは若い証拠。
協力して、好きにさせてやりなさい」と大家のおばあちゃん。

家族がいなく、間借りしてる住人たちと暮らし
みんなと家族のように接してるおばあちゃん。
このドラマ登場人物は訳ありが多く
みんなどこか寂しくて、おばあちゃんもそんな過去があるのかな。


助け舟を出してくれてお礼を言うジンジン。
「30しか生きてないのに私と同じに見えた。
親と死別したからずっとそう。
でも最近は年相応に見える」とおばあちゃん。
今頃歌手を目指すなんて…と不安もあったのでしょう、
励ましが嬉しくて涙顔のジンジン(゚ーÅ)。

ジンジンを門前払いしたガンソクに、
「あの子には人を引きつける力がある」と説得するジヨン室長。
「クビにした者にもあったのでは?」とガンソク。
↑妙に納得。
でもあの子は違う、成功する姿を見たい、
そういうのは努力で身につくものじゃない。
だから素人は…」と必死にあまり本音を言っちゃうジヨン。

こちら側の町に来たとユンソから電話が来て、
急いで迎えに行ったドンア。
屋台のコーヒーやら何やら…
他愛もない事でもドンアが住む町が楽しいし
隣にいるだけで嬉しいユンソ。

ユンソらしき娘が男と歩いてるのを見かけ、
車を置いて追うジソク。

ジソクとぶつかり、動揺して発作が起きてしまったジンジュ。
一瞬ジンジュの脳裏を過ぎったのは、
ダイヤの指輪を差し出す笑顔の若いジソク・・・。

ジンジュのダイヤへの拘りはこれだったのね。
どうやら記憶を失う前、恋人だった雰囲気。
なのになぜジソクは元恋人だった気付かないのーー!


仕事の時間が近づきユンソを連れてクラブへ行き、
みんなに冷かされるドンア。
そんな光景を「ほのぼのします」と笑うユンソ。
愛人の子とはいえお嬢様なのに、
ここの住人たちを見下したりしないのでした。

手を繋いでたし恋人に違いないと聞き、
ユンソに食ってくくるダンサーのミナ。
ミナはドンアオッパが大好きなのでした。
ドンアが否定したんで安心するミナ、
「恋人じゃない」なんだかガックリのユンソ。

ミナに怒鳴られても帰らず、
ジンジンとジョンナンのステージをずっと見ていたユンソ。
籠の中の鳥のユンソには
夢に向かってる二人が眩しかったのよね。

「息子さんは歌手になんてなれないから帰れと。
だから本気で目指します!」と言うジンジン。
歌手になれたら息子のおかげと笑い、
前向きなジンジンを指導する事にしたジョンナン。
歌うと決めた時と同様、生き生きしてるね~(^^)

腹式呼吸さえ知らないジンジンに
長くかかる…と天を仰ぐジョンナン。
「困る」と歌手になるのを急いでるジンジン、
その理由は、「お姉ちゃんを病院へ連れて行きたいから」
お金がないから十分な治療をしてなく、
発作を抑える薬だけもらってるだけなのでした…。

昼間、ジソクを見てからずっとうなされていたジンジュ。
少しずつジソクの顔が鮮明になってきてけど、
それが誰なのか思い出せない・・・。

そうとも知らず、ユンソの母に会いに行き
嫡子の自分の方が良いのではとアピール。

愛人の子との結婚に反対だったから、
絶好の申し出に乗り気のユンソ母。
破談にしなくて済むから、
チョン会長とイ会長の顔も立つもんね。

ガサツな住人たちに愛着を感じ、
歌ってるジンジンさんがステキだったと
感動の一日だったユンソ。
「来世ではこの町に生まれたい」とユンソに言われ、
嬉しいという気持ちと、
貧しい自分と金持ちは釣り合わないと感じていたドンア。

せっかくいい気持ちで家に帰ったのに、
ガンソクじゃなくジソクと結婚しろと言い出す母に
ショックを受けるユンソ。
ジソクは結婚暦があるけど死別だし、
会ってみたら情も沸く、男はみな同じと母は言うけど、
それじゃあ自分はまるで「商品」

母にも結婚したい相手がいる、両想いになったら教えると言い、楽しげなジソク。
そしてガンソクに「お前との勝負を避けてきたが
今度は挑んでみたいと」宣戦布告。

ユンソとの事をひやかすジンジンに、
「俺達と住む世界が違う」と気持ちを抑えるドンア。
「俺達?私達はどんな人間なの?
夢を見ちゃいけないの?。
ユンソさんは大卒なのにバカなあんたを友達と。
あんたも当って砕けろなよ」とハッパをかけるジンジン。
お前は狂ってるよ…と呆れて行ってしまったドンア。

ドンアの後ろ姿を見つめ、
「ユンソさんといたあんたはカッコよく見えた。
これからもカッコよくいて欲しい」と呟くジンジン。

ダブル♯が中々再建できず、
社長のガンソクの手腕が疑われてチョン会長の信頼を失う前に、会社を整理しろと命じるイ会長。
必ず再建させるから待って欲しいと頼み、
結果を出し誰からも認められてから
結婚すると宣言したガンソク。

ジョンナンの事が気になって遠巻きにクラブを見ていたイ会長。
そのクラブのオーナーがウヒョンだと知り、
昔彼が好きだったと気付いてたのか、顔が強張るのでした。

イ会長が来てた。
歌ってて大丈夫なのか?とウヒョンに言われ、
「あの人は絶対に入って来ない。昔からそうだった。
私、あの人に殺されかけた事がある」とジョンナン。

社長のガンソクにジンジンの歌を聴かせようと
クラブに誘ったチェ室長だけど、撃沈。
結局、一人でクラブへ向かったのでした。

錆びれたクラブのステージでも
楽しそうにパワフルに歌うジンジンの姿に
自分の目は間違ってないと確信したチェ室長。
と、その時、バラを売るジンジュの姿に気付き、
グロリアがあの売れっ子歌手のジンジュの妹…と驚愕。
長く芸能界で働いてたから知ってたのね。

「グロリア」他の回はこちらです。


あなた、笑って DVD-BOX1
エスピーオー
2010-12-03


Amazonアソシエイト by あなた、笑って DVD-BOX1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック