グロリア 第8話

ガンソクとユンソの結婚を止めるため、
自分と結婚しては?と持ちかけ、
言葉を失う二人に畳みかけるように、
「弟を愛せますか?」と尋ねるジソク。
「弟さんを愛しているんですね」と答えるユンソ。
もしや、少し当たってのかも?…とチラリと思いました。
ジソクを演じてる俳優さんは「エデンの東」のお父さん。
立派なアボジだったから、いい人であって欲しいーーと思っちゃうのよね。
でも「悲しき恋歌」の時も…^^;


ジソクが失礼な事を言うのは
腹違いのガンソクを見下してるからと感じていたユンソ。
自分が兄たちから受けるのと同じだから…。
だからユンソはジソクの事を毛嫌いしてるのかなぁ。
まあジソクがしつこいって言うのもあるけど…^^;

今夜もユンソの自宅に来て、
「誰でもいいなら
嫡子の僕の方が理想的だろ」と食い下がるジソク。

クラブのバンドマスターからCMソングを頼まれ
初めてスタジオに来たジンジン。
そこに偶然居合わせたのが、ダフル♯室長のジヨン、
ここのプロデューサーに、
クビになったタレントを頼みに来てたのでした。

ジンジンが歌う姿を見て
下手だし、若くないし、ルックスもイマイチなのに
不思議な魅力に引きつけられたジヨン。

思わず名刺を渡してしまったけど、
「抱えてるタレントの面倒も見切れてないのに。
なぜ名刺を渡したのかしら」と自分に呆れるジヨン。
一方、スカウトされた~!と大喜びのジンジンに、
昔は有名な会社だったけど今は三流
行っても無駄と止めるバンドマスター。

昨日のカードの事で店に来たガンソクに、
「なぜ結婚相手を母親に紹介しないの?
おばさん、昨日もお酒を。
愛人だから紹介しないと落ち込んでました。
好きで愛人になったんじゃない。事情があるはず。
おばさんは歌の師匠だし放っておけない」とジンジン。
お節介なセリフにウンザリで、
「でしゃばるな。惨めな人生のくせして」とガンソク。

お店のダイヤに目が釘付けで動かないジンジュに、
「私が稼いで買ってあげるから」とジンジン。
そんな高い物を買えるはずないのは子供でも承知で
嘘言っちゃダメだよとオジン。
「嘘じゃない。必ず」と誓うジンジンに、
安心してその場を離れたジンジュ。

お姉ちゃんの為にもお金が欲しい・・・。
バンドマスターは詐欺かもって言ってたけど、
“ダフル♯”に賭けることに。
ガンソクから「惨めな人生」と言われた事も
当たってるだけに腹が立つし、
歌をやり遂げたい思いがあったのでした。
まさかそこの社長が犬猿の仲のガンソクとも知らずね~。

クラブでダンサーのミナに絡んだ客を殴って
警察沙汰になってしまったドンア。
結局、丸く収まったけど、
そこに至るまでも騒ぎを起こしたドンアを
ずっと庇ってくれていたウヒョン社長は、

警察からの帰り、一杯飲みながら、
「お前は俺が出会った中で一番純粋だ。
だから我慢してる。でもいつまでもとは限らない」と優しく諭し、
「人生は一度きりなんだぞ。大切にしろ」
そうウヒョンに言われ頷くドンア。
学もない、喧嘩も弱いヤクザ上がりの自分を雇ってくれ
父親のように叱って励ましてくれ、
心の中で泣いていたろうな。。。


人生は一度しかない、
ユンソに会いたくて道路を渡ろうとしたけど
やっぱり向こう側に行けなかったドンア。

翌日、前回の記者がジョンナンの記事を載せ、
妻から嫌味を言われたイ会長。

「歌をやめてくれ。
何をしようとお前を捨てない」と押し付けるイ会長。
生きがいを見つけた…というか取り戻したのに、
絶対に聞き入れないジョンナン。

「歌ってると生きた心地がする」と言っていたジョンナン。
“復活した歌姫(ディーバ)”という見出しの記事に、
ジンジンや店の人たちも喜び、誇らしげ。
なのに愛する人だけ理解してくれない・・・。

そして息子のガンソクも同じ。
…まあガンソクの場合、
父や義母から言われたからってのもあろうけど。

ステージに立つと聞かない母の腕を掴み
無理やり連れ帰ろうとするガンソク、
見てられなくて手を解こうとするジンジン。
押し問答しる間にジンジンを突き飛ばしちゃったのに、
謝りもしないし、引っ込め!と怒鳴るガンソク。
「母親が新聞に載って嬉しくないの?
いつも自分だけが不幸って顔して。
ママが歌いたいと言ってるのに!」と言い返すジンジン。

2人の口ケンカを止め、絶対に帰らないと告げ、
ガンソクの態度に腹を立てるジンジンと裏腹に
「また来るかも。
なかなか怒ってくれない子だから」と遠い目のジョンナン。

感情をむき出しにするのでさえ、新鮮に思う母、
母に盾突いてばかりの息子。
「おばさんと息子さん、おかしい」と呟くジンジン。

娘のユンソが愛人の子と結婚するのに反対で、
イ会長夫人に直接電話して来たユンソの母。
言いたい事だけ喋って、イ会長夫人じゃなくても呆れる…。
母親が反対なら、嫡子自分にチャンスがあるってわけで、ほくそ笑むジソク。

街中でドンアを見かけ、思わず道路を飛び出したユンソ。
車に撥ねられそうになって道路に座り込む姿に、
咄嗟に駆けつけるドンア。
「なぜ来てくれなかったの?
ずっと待っていたのに」とハラハラと涙が溢れるユンソ。

ユンソの手を引き、
初めて会った場所...ユンソが飛び降りようとした場所へ行き、
金持ちなのに死にたい気持ちがわからなくて
気になって家へ行ったと話すドンア。
「人生に息が詰まるんです。これからもそう。
でもあなたといると息が出来るんです。
だから待ちました」とユンソ。
気持ちに赴くままに素直なのは良いけど、
婚約者がいる身なのよーーーと思ったけど、
本人はまだ「愛」って気付いてないのね


意を決してダブル♯へ出向いたジンジン。
そこでガンソクと顔を合わせ、彼が代表と知ったのでした。
ビックリして今まで散々無礼な態度を取って来たから、
慌てるのかな…と思いきや、
「社長だから母親を見下してたのね」と怒るジンジン。
自分の将来のより、親しい人たちを第一に思ってるのね(゚ーÅ)

「お前みたいな底辺の奴と
交流してるのが母親なのが恥かしいんだ。
歌手を目指してるそうだが
身の程を知れ」と酷い言葉連発のガンソク。
負けじと「身の程?あんたを見返すためにも
歌手になってやる!」とタンカを切ったジンジン。

「グロリア」他の回はこちらです。
グロリア 韓国ドラマOST (MBC) (韓国盤)
C & C Media
2010-09-29
Various Artist


Amazonアソシエイト by グロリア 韓国ドラマOST (MBC) (韓国盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック