推奴(チュノ) 第16話

「妻の想い人」

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
オンニョンに剣を突き付けるテギルに剣を向けるテハ。
二人の関係を知らないから、
自分の代わりに妻に刃を向けてと思って当然で
傍から見れば美し夫婦愛…。
自虐的に笑いが浮かび、
「“幸せ”なんて言うな。
生きることが幸せとは限らない」とオンニョンに呟くテギル。

テギルは、「コイツ(テハ)がチェ将軍とワンソンを殺した」と思ってるし、
逆にテハは部下たちを殺したのはテギルと思ってるもんだから、
三角関係のこじれ(?)から一転、戦い始めるテギルとテハ。
すると、テギルを庇い立ちはだかるオンニョン。
目の前のオンニョンの背に手を延ばすテギル。。
抱きしめたいよね・・・(/_;)
でもそんな気持ちを吹っ切り、再びテハへ挑みました。
すると今度はテハを庇って立ちはだかるオンニョン。
・・・なーんか、テギルの気持ちを思えば、
さっき命をかけて庇ってくれたのにーーとガックリだよね。


二人のケンカは自分が原因…と思ってるらしく、
「私を殺せば済む」とテギルに告げるオンニョン。
剣をおろし、呆然とうな垂れるテギル。

「この方をお慕いしていました。
やっとの思いで断ち切り旦那様に思いを寄せました。
死んだと思っていました。
この方は私のせいで命を落としかけたのです」
オンニョンの告白に驚きながらも、
「慕っていたなどと言わないでください。
あなたが慕うのは私だけ」とテハ。
二人のラブラブな会話を聞かされてるテギルが哀れ・・・。
もう自分の入り込む場所はないと悟ったような。。。


場所を変えて戦うことになり、
心配そうなオンニョンに、
「彼を殺さない。必ず戻る」と約束するテハ。
そんな二人を悲しそうに見つめ、戦いの場所へ向かったテギル。

屋敷の中に石堅様がいない事に気付き、
慌てて追いかけるオンニョン。

水原(スウォン)へ向かい、当初の計画どおりに、
王孫を王に立てて反乱を起こそうとしていたチョ先生。
でも、簡単にオンニョンに追いつかれちゃうし、
言い合いしてる間に、道行く人にジロジロと見られちゃうし…。
「男が子供を抱いていれば目立つ。
守りたいなら私に」と言われ渋々渡したのでした。
おまけに、女は男の後を着いていくものと言われてその通りにするし
簡単にオンニョンに逃げられてしまう始末。←オイオイ…

でも石堅様を守る為には結果オーライだったのかも。
目の前にチョルンが現れたのでした。
同行者をアッサリ殺し、
王孫の居場所を聞き出すため、チョ先生を連行したチョルン。

その頃、広い草原で対峙していたテギルとテハ。
「戦う相手を間違えたな。俺は元々奴婢じゃない」とテハ。
「俺も推奴師じゃなて」とテギル。
何不自由なく暮らしていた両班の二人。
互角に戦っていたけど、武士であるテハの方がやはり優勢。
妻と約束したから殺さない。
一時の縁に命じて見逃しやる」と上から目線のテハ。
「使用人に心を許したと?」と声を荒げるテギル。

妻が使用人だった・・・?
信じられない気持ちで、過去の会話を思い返すテハ。
私にはお役人様を“夫”と呼べる資格などない…と泣いていたのも、
“奴婢”という言葉に敏感に反応していたのも、そのせい?
いや違う!と打ち消すように、テギルに掴みかかテハ。

武器を捨てて拳で殴り合う二人。←アニメ「スクライド」かっ?
そして殴り疲れて大の字になり、なんだか「友情」って感じです。
「彼女は奴婢じゃないと言え」とテハ。
テギルの答えは「過去はすべ燃え尽きた」
つまり肯定というわけで、涙が浮かび目を閉じるテハ。
あまりにもショックで無防備な姿なテハに、
チェ将軍とワンソンの名を呼び、テハを殺そうとしたテギル。
でも、やっぱり出来なくて、
「…オンニョン」と叫び、泣き崩れたのでした。。。

と言う訳で、二人の戦いはテギルの勝利。
テハの両手を縛り、連行するテギル。
でも二人とも身も心もボロボロという感じで、
夕陽の中をヨロヨロと歩く姿が切ない。

石堅様を連れて書院に戻ったオンニョン。
でもテハはまだ戻ってなく、二人を案じていたのでした。

都へ戻る途中、山小屋みたいな所にいた二人。
「俺の仲間は?」とテギルに脅されても、「?」なテハ。
そしてテハは、しきになオンニョンの身分を気にしていました。
「自分が両班だったからか?拘る事はないだろう。
心が通じ合えばいい」とテギル。←実感こもっている…。
お前みたいなのが官僚になるからこんな世だと嘲り笑うテギルに
世の中を変えようと考えた事はないのか?とテハ。
更に笑い飛ばし、
「こんな汚れた世は誰が何をしても変わらない」と言い切るテギル。
それはまるで、オンニョンとの約束を守れなかった自分を笑っているようでした。

前回、万事休すのオッポクたちを助けた謎の人物(「ザ・スリングショット」ギョンテ)ですが、
本人曰く、自分が“あの方”なのだと。
想像よりも年が若いし自分達と同様ボロを着てる、
でもそれが逆に親近感を持ったのかな?
それに女のチョボクにも敬語で礼儀正しいし、
ようやく会えた“あの方”に膝をついて挨拶するオッポクたち。
でもこの“あの方”とやら、駆けつけたチョボクを見た時、
イヤな顔したように見えたんだけど。。。なんか胡散臭い気がしちゃう。


他の奴婢団のメンバーと会っても腰が低い“あのお方”。
字を知ってるのは、
お坊ちゃまをおぶって書堂を行き来するうち覚えたから。
全国を回って同志を集めている。
全国で2000を越えるが、国を返るには精鋭が一万は必要、
宮殿を掌握できるし両班も…。
我々が王様になれる」と話すあのお方。
国を変える。
かつてテギルが言ってた事だし、今はテハたちが望んでいる事、
ならば志が同じなわけで、一緒に戦うことになるんだろうか?
でもやっぱり私、“あのお方”がイマイチ信用出来なくて、
奴婢団を利用してるように感じてしまいます。
テギルとテハのシーンの合間に、
あのお方が奴婢団に理想を話すシーンが挟まるのも、何かありそうだし。


「我々の敵は両班と我が国を収奪する清」と告げるあのお方。
あまりにも話が大きすぎて、違和感を感じるオッポクとチョボク。
清を邪魔に思ってるのは王様でしょ。
あの方って王様...もしくは左議政のまわし者なんだろうか?

帰り道、
世が変われば民が王様扱いされ、
奴隷になった両班と立場が逆になるって何か違うと感じ、
「身分のない世の中を作った方がいい」と言うオッポク。いい人ね。
「私の父は採氷に行って死に母は奴隷と再婚し家出した。
私は逃げて捕まった。
身分がないのもいいけど、今の両班には復讐したい」と涙が浮かぶチョボク。

チョルンの指示で、左議政の元へ送られていたチェ将軍とワンソン。
---私に任せたなら信じてください。
まわし者を使って私を試したならこの死体が答え---
覚悟を決めたチョルンの手紙を読み、ニンマリの左議政。
テギルを雇ったのは、チョルンが失敗した時の保険って事もあったろうけど、そういう理由だったのかーー!

そして数日後?
約束どおり左議政の元へテハを連れて行ったテギル。
なのに左議政と来たら、
期限の一ヶ月を過ぎたからお前の首を切ると言い出したのでした。
なら、謝礼の5千万は返すと言い残し、
テハをチラリと見やり、立ち去ったテギル。
オンニョンが悲しむと思うと後ろめたいわよね。

ひいきの宿屋に到着。
「皆の分もご飯を頼む」と奥の部屋へ向かったテギル。
いつものお膳に三人分のご飯、でも座ってるのはたった一人…。
卵入りのご飯を羨ましがるワンソンに、
あーんと口に入れてくれるチェ将軍。
そんなやり取りを笑っていたテギル。
いつものように笑ってみるけど、
シーンとした食卓に涙が溢れて止まらず慟哭・・・。
見てるこっちも号泣だよ。。。

悲しみの食事中、突然首に縄をかけられ連行されたテギル。
そりゃ左議政がテギルを放っておくはずないと思ったわ。
首をしめられ苦しい中で(演技とはいえホントにつらそう)、
必死にワンソンとチェ将軍の形見に手を延ばし

4才くらいの子(石堅様)の居場所を吐けと拷問され
オンニョンが抱いてた子…が脳裏を過ぎり、
オンニョンの身を案じ口を閉ざすテギル。

左議政の手先と思っていたテギルが白状しない事が意外で、
本当は悪い奴じゃないと感じた風だったテハ。
テギルの前に彼も拷問を受けたけど、
もちろん口を割らなかったのでした。

そんなテハとテギルがいる拷問室…いや取り調べ室に
チョ先生を連れてチョルンが現れました。
かつての友・テハを一瞥し、
熱くたぎったコテを取り出すチョルン。

「推奴(チュノ)」他の回はこちらです。


もっと知りたい!韓国TVドラマvol.39 (MOOK21)
共同通信社
2010-10-05


Amazonアソシエイト by もっと知りたい!韓国TVドラマvol.39 (MOOK21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2011年05月29日 22:18
お久しぶりです♪今はどんなものを視聴されているかな~と覗いてみました。私はチュノは視聴済みですが、時代の波に逆らえないもどかしさ・悲しさとか、自由にならない想い人とか、一緒に涙を流すことが多かったドラマでした。ジホはいまいち嵌れない俳優さんでしたが、チュノで格好良く見えました。ヒョギの演技が上手くなったなと回を増すごとに感心したりして・・・。またこちらにお邪魔させてください~!
2011年06月02日 23:26
のりさん、こんにちは~。
ホントにお久しぶりですね^^
私は以前に比べて、ドラマを観る数が減ってきたのですがチマチマと続けています。

ジホssi苦手でしたかーー。
私は最初に見た「ファンタスティックカップル」が好きだったんで~~~。
実は逆にヒョギが苦手だったんです…
でもテギル、いいですね。
最初の頃はテハ贔屓でしたが、オンニョン兄と会ったあたりからテギルが切なくなってきました。
それからチョルンがどうも憎めません・・・。
また感想聞かせてくださいね~

この記事へのトラックバック