推奴(チュノ) 第4話

「密命」

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
オッポクが撃った銃が額にヒットし、落馬したテギル・・・で続くだった前回、、、
額に直撃したかと思ったけど、
咄嗟に避け(←凄っ!)、かすった程度でした。

撃った犯人に気付かれまいと倒れたまま、
「北の屋根だ。両方から挟みうちしろ」と仲間に告げるテギル。

見張り役のチョボクの合図で成功を確信し、
薪に銃を隠し、トンズラしたオッポク。
ワンソンがすれ違ったのだけど、
薪を運ぶボロボロの奴婢がヒットマンだと気付くハズもなく・・・。

間違いなく頭に銃が当たって死んだはずとほくそ笑み
チョボクと一緒に帰ったオッポク。
確かにその通りで、テギルの抜群の瞬発力のおかげで命が助かったのでした。

こんな事があった後だし、
馬この下痢が治ってないので、また留まることになったテギルたち。

斬られそうになった事は何度もあるけど、
「銃」で狙われたなんてショックを隠しきれないチェ将軍とワンソン。
「まともに食らえば剣も銃も死ぬのは同じ」と笑うテギル。

自分を恨んでるジホ兄貴には、
こんな大それた事する勇気はないから犯人は他にいると考えたテギル。
セドルという鍛冶師(「イルジメ」?!と思っちゃったよ~^^)が
銃を作ってる噂を耳にした事があり、彼を当たることに。

命を狙われたのはテハを追ったせい=政治的な陰謀が背景にあのでは?訝るチェ将軍。
その通りかもしれない、
でも陰謀を怖がってちゃ前に進めないし、
一刻も早く犯人を捕まえると答えるテギル。

テギルが生きていると知り、呆然のオッポク。
次は必ず殺すと息巻くものの、
奴婢団の仲間たちにはテギルの件はどうでも良いことで、
銃の威力試せただけで結果オーライって雰囲気でした。

その頃、ケガで倒れたテハの治療をしていたオンニョン。
意識が朦朧とする中でテハが見た夢、、、
---武官だった頃、清国の兵士たちが家を襲っていた、
兵士を皆殺しにしたものの、
我が子だけは守ろうと赤ちゃんを抱いて女性は死んでいた・・・。
涙が溢れ、女性のチマを直してあげたテハ。
この母子はテハの妻と子???
胸がはだけていたのは、そういう事されたった事か、
口から血を流していたのは自害したからなのか
兵士に殺されたからなのか、不明。


夢の中と同じように悲しい表情で手を延ばし、
人の気配を察して目の前のオンニョンの首をしめるテハ。
ここは夢じゃなく現実だと気付いて、手を離て詫びました。

ここはオンニョンの両親の法要をする寺にある洞窟でした。
ミョンアン(復活」キョン班長)という男が住職でした。
オンニョンの頼みという事もあるだろうけど、
訳あり風のテハの面倒を快く見てくれていました。

ここに来る途中、数人の村人に姿を見られた聞き
追っ手が来る前に逃げたかったけど、ケガで動けないテハ。
「お世話させてください。
助けてもらった恩返しがしたのです」とオンニョンの懇願に
留まることになったテハ。

毎年、両親の法要と共に
死んだテギルを供養し、一晩中祈っていたオンニョン。

今回は、訓練院の判官・チョルンの状況が判明しました。
障害者の妻に優しく接することも出来ず、
避けるように毎晩帰りが遅いらしい。
妻は朝廷の権力者・イ左議政の娘....政略結婚だったと思われます。

「テハは忠州のイム・ヨンホと
済州にいる世子の忘れ形見である王孫・石堅(ソッキョン)に会う。
“テハが野望を出し彼らが訪ねると
既に死んでいた”という面白い筋書きはとうだ?」と持ち掛けるイ左議政。
いくら義父で権力者からの依頼でも、
昔の同士を悪人に仕立てることなど出来なかったチョルン。
(厩舎の奴婢たちは「逃亡はテハが扇動」と言ったけど、
その事をイ左議政に言わなかったほどだもんねーー。)
訓練院を留守できないとか、公務を理由に断ったのでした。

昔を思い出すチョルン。
戦いの最中、敵に追いこまれた自分を助けてくれたテハ。
ケガを負い、テハの肩を借りて歩き
「この恩は命に代えても返す」と誓ったチョルン。
その頃の二人は信頼しあう「友」という感じ。。。

しかし、あのイ左議政が、ハイそうですか~で終わるはずなく、
厩舎の奴婢逃亡の責任をチョルンに押し付け、投獄したのでした。

義父の命令だと知り、愕然のチョルン。

チョルンは必ず屈するだろうと、
使えそうな推奴師を捜せと部下に命じるイ左議政。

オ補将から「役人に会って欲しい。
ジホじゃなくお前を推薦したんだ。会ってくれないと困る」と頼まれ、
渋々会うことにしたテギル。
撃った犯人を見つけるまで仕事をしないつもりだったけど、
犯人が政治的背景にいるなら、接触しようと思ったのかもね。

イ左議政から
「テハを見つけろ。生け捕りでも首だけでもいい」と言われ、
「役人の言葉は信じません」と言い、
手付け金の前払いを持ち掛けるテギル。
不敵な奴だと苦笑しつつも、500両を提示するイ左議政。
テギルが断ると値をあげていき、また断る…が続き、
結果的に「5000両」で取引き成立。

「任務に失敗したら首をもらう」と5000両入った袋を投げつけるイ左議政。
(初めから大金を持ってきてたのね~)
感謝し、「名高い推奴師にお任せを」とテギル。

テギルを撃った犯人を捕まえるために鍛冶師を調べたのに、
推奴師の仕事をするというテギルに、
「行くなら今までの分け前よこせ」とムッとするワンソン。
でも今回の仕事は大金だと聞いて心が動き、
テギルが懸賞金は…と5本の指を立てると
えっ?!500両!!ならやるよーーーとすっかり乗り気に。
500じゃなく、5000だと知ったら・・・・・・(笑)。

「大金の裏には何かある。役人に会ったのか?
吹っかけたんじゃないだろうな」と、慎重なチェ将軍。
「役人に吹っかけたら首が飛ぶ」とテギル。
よく首が飛ばなかったわねーーー。
それだけイ左議政がテハ(…というか世孫ら)に拘ってる証拠。


「役人は信じるな」と念を押すチェ将軍。

ソルファも同行し、テギルが目星をつけた世子の墓へ。
案の定、草むしりした形跡があり、
危険を承知で寄るほどの「情」に驚く仲間たちに
「両班が大事にするのは命より大義名分。
愚かな奴」と言い放つテギル。
亡き父もそうだったか、かつての自分もそうだっのか・・・。
傷の手当をしたらしい薬草を見つけ、
「やはりあの時は俺が勝った」とニヤリのテギル。
いや、あの傷は矢を受けた傷だよ
かなり弱ってるだろうから、
近くの村に寄ってるはずと考え向かいました。

苦しい素振りもみせず三千拝を続けるオンニョンを
切なく見つめるテハ。
死んだ魂を弔う姿が自分の心と重なったんだろうな。。。

事情を詮索せず、面倒見てくれたミョンアン大師に感謝し、
「漢陽のソン・テハ」と、本名を名乗ったテハ。
大きな船の相が出てる。だが大きいほど奪おうとする者も多い」と
行末を案じ、見送ったミョンアン。

互いに気になってる雰囲気だったけど、
何も言わずに別れたオンニョンとテハ。

しかし街中でオンニョンを探すペッコと会い、寺へ引き返したテハ。

オンニョンを捜索中のペッコの手下たちを、アッサリ抹殺した女刺客。
この女を雇ったのはオンニョンの結婚相手、
恥をかかせたオンニョンに死んで欲しいってわけね。

尼になる覚悟で髪を落とし、
今日が命日のテギルの法要を頼むオンニョン。
今年はお供え物をあげられなくて悔やんでいたけど、
「来年からは果物も餅も供えてください。
今、供物はこれしかありません」と
命のように大切な髪を置いていきました。

そんな事とも知らず、テハを追って寺方面へ走っていたテギル。

大師に挨拶して出発しようとしたところにペッコが到着。
戻って欲しいと説得するペッコに、
「それならここで自害する」とオンニョン。
オンニョンの覚悟に胸が痛むけど、
このままだと刺客に殺されるのがオチだし、
抵抗するオンニョンを無理やり連れ帰ろうとしたペッコ。

そこにテハが登場~。
ペッコの部下たちを気絶させてオンニョンを助けた後、
一人で発とうとしたのだけど、
追われる身のオンニョンが気がかりで、
「一緒に行きますか?」と誘ったのでした。

ミョンアン大師が教えてくれた逃げ道へ向かう二人。
険しい道なのでテハが手を引いてくれたのだけど、
戸惑って手を離すオンニョン。

入れ違いにテギルが到着。
ああ・・・もう少し早かったら。。。(それならドラマにならないけどーー)

テギルとミョンアン大師は顔見知りでした。
テハは既に発ったと誤魔化すミョンアン。
でもソルファが、女の白粉の匂いがすると気付き、
残り香りなららさっきまでいたろうに、
すれ違ってないのはヘンだと突っ込むテギル。
「南大門のケペッチョンと言われた俺を知らないのか!」と逆切れするミョンアン。

裏の絶壁の抜け道へ逃げたと気付いたテギル。

テギルは出発する前にオンニョンの似顔絵を見せたのだけど、
「まだ捜してるのか?」と答えるミョンアン。
気付かなかったとも考えられるけど、シラを切ったのよね。
でもなぜ???


手を繋ぐことを躊躇するオンニョンの為に
剣を差し出して手を引くテハ。
こうして無事に船に乗り込んだ二人でしたが、、、

川岸に到着し、船上のテハに矢を向けるテギル。
そこに愛するオンニョンが乗ってるのに・・・(>_<)

危険から守るために、オンニョンの前に立ちはだかるテハ。
これで益々、オンニョンの姿は見えなくなっちゃいましたが、
なんとなく、弓を引くテギルの手が止まったような・・・?

「推奴(チュノ)」他の回はこちらです。


チュノ~推奴~オリジナル・サウンドトラック
ポニーキャニオン
2010-06-16
VARIOUS ARTISTS


Amazonアソシエイト by チュノ~推奴~オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック