善徳女王 第58話

“赤い兜”の秘密を暴いて裏をかき、
百済軍を退けたユシン率いる新羅軍。

新羅軍の待ち伏せに翻弄されて逃げる途中、
敵の姿がない事を確認し、
「弓矢部隊が待ち伏せしていたとしてもここまで届かない」とタカを括ってた百済軍。
しかし、新羅軍のコルチャンタという弓矢部隊は凄くて
百済軍の想像を越えるものでした。
コルチャンタは、前回ユシンが
「そなたたちの出番」とウォルヤたちに告げてたもので
農業と軍事を共に行う部隊でした。
そういやユシンが復耶会へ一族が持つ土地を与えたときに、
そういう訓練を指示してたわね~。


二通の盟約書を持参し、トンマンの元へやって来たピダム。
万が一トンマンが亡くなったら、
自分に就く勢力を抑えるために書いたもので、
その際は自分は政務からも俗世からも離れるというのでした。
「女王様がいないなら、
私には神国など意味はない。
この誓いを守ってみせます。
女王様と大神国の為に」と涙ぐむピダム。
純粋でまっすぐなピダム。
前回ミセンが煎ってたうに、この気持ちを利用してるんだとしたら・・・???と心配したけど、トンマンの方も純粋な気持ちだったようでしたね。


そんな二人のラブラブシーン(?)と交錯し、
百済軍と死闘を繰り広げていたユシン。←何か可哀想。

百済軍の補給路を断ち本陣に乗り込んだ新羅軍。

もう勝ち目はない…とわかっていたのだろうけど
最後までユシンと剣を交えるケドチ将軍。
互いに「お前だけは生かしておけぬ!」と言い合い
戦い続ける二人。
しかしケドチはら「対極命令が出ている。
早くしないと兵士が動揺する」と部下から促されて渋々撤退。
一方のユシンも将軍を追いかけようとしたげと、
「今追ったら本隊が危うくなる」とコドに止められ留まりました。
ユシンもケドチも感情的になっちゃってーー(;^_^A
今後、何か絡みがあるのかしら。

ユシンが百済軍を退け、
チュファ郡などの奪われた土地を取り戻し、
テヤ城を取り戻すのも時間の問題…と報告が来て、
安堵するトンマンたち。

帰還したユシン軍を讃える民たち。

ユシンには褒美に土地与え
ユシンを補助したウォルヤに兵部の役職を与えたトンマン。
「私は三韓一統は民の安定の元に成せると考え、
土地を所有する民を増やしてきた。
それで兵力が弱まったのは事実。
対して百済は兵力をあげてきた。
だからコ今回の戦は私の過ちといえる。
だが私は確信する。
戦とは安定した民の基盤を持つ国が勝利する。
今後、兵力を増大しても遅くない。
農機具ではなく武器を作る」と臣下たちに告げるトンマン。

更に私兵はすべて兵部へ帰属させる」と告げるトンマンに、
既にピダムの指揮の元に訓練中なのだから、
帰属は危機が迫ってからで良いと反論する臣下たち。
しかし自分達の勢力のトップであるピダムが、
「今が危機なのです。
私の私兵も兵部へ帰属させる」とトンマンを指示するもんだから、黙るしかありません。


最後に皆に報告がある。私は婚儀を行う。
…ピタムと」と宣言したン
と言い出したトンマン。
婚儀と聞いた時は一瞬動揺が走っていたけど、
トンマンの気持ちを汲んだユシン。

お祝いの言葉を告げるユシンに
「寂しくはないか?
ピダムに勢力が集まるのが心配ではないか?」とトンマン。
「寂しいです。
でも女王様にも一つくらい休息の場が必要です。
それも私の役目ではありません。
私を助けるために復耶会に乗り込むなんて、私には出来ません」と
悲しげな笑顔が浮かぶユシン。
いや、ユシンが逆の立場なら、
命を投げ出してでも助けに行くでしょうに。
ワザと偽りの言葉を言ったのよね・・・。


ピダムと顔を合わせ、
「女王様を慰め、抱きしめてあげられるのはそなただけ。
たがお慕いしすぎて女王様を苦しめぬよう。
…おめでとう」とユシン。
少し前までユシンに対してライバル心剥き出しだったピダムも、
ミシルを倒すために共に戦ってた頃と同じよう
友に表情に戻っていました。

ムンノが残した三韓地勢をユシンへ託す決意をし
「結局は自分の場所へ戻るのです。
私はその夢を諦めます。
千年の夢より大きなものを見つけました」と涙がこみ上げるピダム。
野心を捨て、新たに未来に向かおうと。。。

三韓地勢をピダムから見せられ、
国仙ムンノの用意周到さに感心し、
「なぜ私にこれを?」とユシン。
そう、私もトンマンに渡すんだと思っていたわ!
「これからよろしくという意味」と冗談(?)言いつつ、
「この本を自分のものにしたいと幾度も見て思った」とピダム。
ピダムの思いと本を受け取り、熱心に読むユシン。
そんな姿を見て
「この本はそなたの歴史の前では棋に駒になる
だが私には違う。
だから師匠はその本の主はそなたと」と心の中で呟き、
何度もお礼を言うユシンに、
これでいいんだ…というように頷くピダム。

トンマンからピダムが書いた盟約書を見せられ、
「これを書いたときは本気だったでしょう。
でも人の心は変わります。
勢力は自分の力だけで抑える事はできない。
彼の勢力は更に膨らみ、彼の力では何も出来なくなり、
この盟約書など役に立たなくなる。
…もし守れないなら?」と問いかけるチュンチュ。

個人と勢力が別なのは確かだと答え、
チュンチュに宛てた勅書を渡すトンマン。
「ピダムが誓いを守れぬときは、ピダムを刺殺しろ」
あまりにも残酷な内容だけど、
自分の気持ちが揺らがないためでもあったトンマン。
「こうまでしてピダムを離したくないのだ」と。

チュンチュの心配どおり、
ピダムがトンマンの味方をするのが面白くないヨムジョン。
そして三韓地勢を持ち出したことに気付き、
焦りが強くなっていったのでした。

話そうとして部屋に行ったけどピダムは留守。
三韓地勢捜そうと家捜しし、宝箱ま鍵までこじ開け(←オイオイ^^;)
盟約書を見つけてしまったヨムジョン。

これじゃあピダムに協力してきた自分達はお払い箱、
ピダムに真意を聞くと騒ぐ重臣たち。
「それじゃ解決にならない。
こんな密約を交わすなんてピダムは我々の事など眼中にない。
ピダムの性格なら
婚姻を撤回するはずない」とと止めるヨムジョンとポジョン。
「ピダムが判断を誤ったら我々が糾す」と言う声に
「私にいい考えがある」とニヤリと笑うミセン。

都に向かう唐の使節団に先に面会し、
「協力してくれたら、望みを聞く」と持ち掛けるミセンに、
なら今の事を文書にして欲しいと念を押す使者。

文書をどう渡すか困っていたミセンに、
密約にピッタリな黒い扇を渡し、
これに隠して渡せばバレないと言うヨムジョン。

トンマンに社交辞令の文句を並べた後、
「皇帝陛下は友情を実践するために我々を送った。
新羅がたびたび攻撃を受けるの
女性が王だから隣国が軽んじてるからでは?」と
ミセンの計画どおりの事を告げる唐の使者。
皆がギョッとする中、
使者たちを朝元(チョウォン)殿へ閉じ込めろと命じ、
使者の言葉が本当に皇帝陛下の言葉か確認しろと命じるトンマン。
無礼だと慌てる使者に
「本当に皇帝の言葉なら、唐との外交を断ち切る。
お前たちの言葉なら反逆罪」とトンマンは厳しい態度を崩さず、
計略が崩れ、天を扇ぐミセン。

上大等のピダムが接触して来るのを待つ使者に、
「女王を見る限り上大等に実権はない。
これでは“援軍を出兵させろ”と言う
皇帝の命令を遂行できない」と進言する部下。
このまま待ってても埒があかないので、
見張りの兵にワイロを渡し、唐の商人宛に助けを求める密書と、
ピダム宛に黒い扇を運んでもらうことに。

こんな事もあろうかと、見張りに通達していたので
密書と扇はトンマンの元へ。
ピダムに高価な黒い扇を贈ろうとしたのは、
助けを求めたのだろうと思われたけど、
中に密書が隠されてる!とピーンと来たチュンチュ。

倭国で黒い羽に文を隠す方法があると聞いた事があると、
扇を火で炙り、版画のように布に押すチュンチュ。
そして浮き出た文は、、、

“唐の使者は女王否定論。
唐の要求どおり三万の兵を支援する”
唐の使臣の署名の隣に、上大等ピダムの署名が…!

これは自分の部下達の仕業だと聞き、怒るピダムに、
「すべてピダム様のせい。
隠れて女王様と盟約を交わした」と悪びれないヨムジョンたち。
女王様が崩御したら私達は基盤を失うと
彼らの言い分がわからなくもないけど、
だからと言って自分に内緒で動いた臣下たちに、
腸が煮えくりかえるピダム。

しかし更に臣下たちの攻撃は続く、、、
「ピダム様は我々と同じ船に乗るだけ。
我々は女王様を退位させることを決意しました。
ピダム様は王になるつもりだったのでしょう?
もう後戻りできません」と告げるミセンたち。

チュンチュが案じていたように、
「勢力は自分の力だけで抑える事はできない」
果たしてピダムの選択は・・・?

そして密書を見て、
まさか・・・?という気持ちが過ぎるトンマン。
ユシンを信じ続けたように、
ピダムの事も信じ続ける事が出来るのか?

「善徳女王」他の回はこちらです。


善徳女王 DVD-BOX VIII <ノーカット完全版>
ポニーキャニオン
2010-10-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 善徳女王 DVD-BOX VIII <ノーカット完全版> の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック