善徳女王 第55話

非情な目つきが憎たらしく見えたり、
すがる目が可哀想に見えたり、
ピダムって妙な魅力のある人物だわーー。
でもやっぱり私はユシンびいきだけど~~。

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
司量府で密偵容疑でユシンを捕らえたと知らせが入り、
便殿会議は大騒ぎ。

ユシンは流刑地のウサン国から逃亡し、
百済の地に入ったなんて重罪!と責め立てる重臣達。
何かの間違いだち庇うキム・ソヒョン。
その喧騒を打ち破るように、
「私が命令を下したのだ」と事実を告げたトンマン。

自分が捕らえられて困った…という事実より、
「大耶城が危ない」と早く対策をしたいユシン。←彼らしいわ~(^^)
そんな言い訳…と聞き耳持たないピダム。
そこにトンマンの命令で百済にいたと知らせが。

「流刑になった罪人に国家の重大時を任せるなんて」と食い下がるピダム。
「だからこそ、最も信頼の出来る者に。
ユシンじゃなく、私が信じられないのか?
私的な理由でユシンに任せたと思うのか?」とトンマン。
“そんなに信じてるるユシンは
ウォルヤと会ってました”
その言葉を飲み込み、「後日、改めて答えます」と告げたピダム。

あえてトンマンに言わなかったのは、
切り札として持つためでした。
ゴタゴタしてる間に復耶会と接触した事実を告げても、うやむやになってしまうから。
「だから時を待っているのです」と
ミシルの配下に告げるピダムは、すっかり悪役顔(;^_^A
っていうか、益々ミシルに似て来たわねーー。


大耶城を調べた結果、「黒」の付く人物はいませんでした。
いや、いたけど既に亡くなっているらしい。

ユシンはデマカセを言った…という事になり、
今がユシンの罪(復耶会との接触)を公にするタイミングだと
ほくそ笑むピダムたち。

ユシンの情報は信憑性に欠けてると見なされ、
大耶城へ出兵したソヒョンたちに撤退命令が。


嘘を言ったユシンを厳しく罰するべきと進言する臣下たち。
「しくじっただけで悪意はない」とユシンを庇うヨンチュン公。
いや、失敗したんじゃないけど…。
でも庇ってくれてありがとう~ヨンチュン公。


ヨンチュンに同意し、
「ユシンはウォルヤとソルチと共にいた」と告げるピダム。
「女王様の恩恵で重大な任務を与えられたのに、
復耶会と接触してたなど打ち首だ!」と声を揃える重臣たち。
先日、“後日改めて答える…と”言ったピダムの言葉の意味が
ようやくわかったトンマン。

「窮地に追い込む為、
待っていたのだ」とトンマンに責められてもひるまず、
「ユシンは伽耶を捨てられない。
女王様がユシンを捨てるべき」と進言するピダム。

打ち首にしろと上書が相次いでると案ずる母に、
「それより大耶城です。
間違ったのかわかりませんが、必ず戦は起きます。
事前に防がなければ、必ず陥落します」と食い下がるユシン。

この状況ではユシンを捨てざるを得ない、
でも出来ない…と逡巡していたトンマン。
「伽耶をこのまま捨ててはなりません」と
迷いに追い討ちをかけるような意見のチュンチュ。
「伽耶人は恩を忘れて復耶会を支援した。
これ以上何をしろと?」とトンマン。
「それは…まさしく私です」と笑うチュンチュ。

そうだ…その手があったのだ!と目から鱗のトンマン
でも果たして、それがうまく行くのかどうか・・・。

牢獄で手錠を掛けられた状態の中、
思い出すまま大耶城で見た地図を書き記していたユシン。
門の所に記されていた「黒」の文字、
速戦即決で終わると言ってた将軍…
何が違っているのか考えても、答えは見つからず。。。

チュンチュを使った策が成功するのか、考え込んでいたトンマン。
そこにピダムが。
ユシンの処罰を促すのかと思いきや、
「女王様がユシンを捨てられないなら、私がユシンの命を守ります」と
意外な事を言い出すピダム。
「その代わり私はお前と結婚すれば良いのか?」と
ピダムの心を見透かすトンマン。
「それが望みです。
でも恋を取り引きにするつもりはありません。
ユシンを救えとおっしゃれば、
ただ女王様の為に…」と涙がこみ上げるピダム。
腹黒い考えで権力を得ようとしてるように見えたけど、
実はピュアで、愛を成就させたい気持ちが強いのね。

「命令はしない」と拒絶したトンマン。
でもピダムが言った「恋」という言葉が、心に染みていたような?

ユシンが記した大耶城の地図を踏みつけ、
「そなたので女王様が…」と呆れるピダム。
「お前は私より聡明なのに、なぜ状況が理解出来ない?
今日中に大耶城に何かが起きる。
そなたが心配するのは私じゃなく自分だ。
大耶城が陥落したら、情報を聞いて対処しなかった司量部令に責任が」とユシン。
「私にそんな策略が通用すると?」聞き耳持たないピダム。
「ピダム、そなたの母だったらどうする?」とユシン。
「母の話はするな!」と動揺するピダム。
「ミシルの半分も洞察力があれば私を見るのだ!
私が策を講じてるように見えるか?
なぜ黒の付く密偵がいないのかわからない、
でも大耶城は陥落する」と真っ直ぐな目を向けるユシン。

目の前の事…ユシンを潰すことだけしか見えてなく、
大切なものが見えてなかったと思い知ったピダム。
本当に城が陥落したら、自分の責任・・・。

大耶城の名簿を調べ直したけど、
やはり「黒」の付く名前はない。
でもユシンが嘘を付くはずないのに、
一体、「黒」とは何を意味してるのか、訳がわからないピダム。

そうしてる間にも「ユシンを打ち首に」の大合唱が続いていました。

牢獄に来たアルチョンに、
「自分はどうなってもいい。
戦は必ず起きる。百済軍を防ぐのが先だ。
私の計算なら今日なのだ。
一部しか見えなかったが“黒”とあったのだ」とすがるユシン。

そしてとうとう、「黒」は部首なんじゃ?と気付いたピダム。
該当者は二名でその中の一人は北門の担当なので、
絶対、ここだと確信し、ポジョンを向かわせることに。

案の定、百済の将軍の元に、「北門を開ける」と密書が届き、
国を取り戻すために、ソラボルに向けて進軍せよ宣言。
新羅側から見れば百済は敵だけど、
百済側から描けば、また違ったドラマになるんでしょうね。


トンマンに呼びつけられたのに、何も話してくれないので、
なんだが緊張が走るピダム。
で、ようやくトンマンが口を開きました。
「私に恋してるのか?」
オイオイ、いきなり驚くでしょーー(*゚ー゚*)
ドキマキしながらも、肯定するピダム。
「神国には恋していないか?」と尋ねるトンマン。
新羅に恋したと語っていたとミシル、
多分、トンマンも同じなのでしょう。

「お前と結婚するのは
ユシンの為でも恋という感情でもない。
お前が必要だから。
なのにお前だけは情で動いてる。
なぜ結婚の為に権力を得ようとする?
なぜそんなに子供のようなのだ?」とトンマンの言葉が、
かつてのミシルの言葉と重なるピダム。
“人の心はもろく儚い。
ただ惚れてるだけで女に着いていくようでは魅力はない”

「恋というものは全てを賭けなければ。
神国に恋してるのに、なぜ人に恋できる?」
トンマンの問いかけに、
「神国だけに恋するなら、私はその神国になります。
私にとっても女王様は神国そのものなのです」と答えるピダム。
何だかピュアなピダムが可哀想になって来た・・・。

二人がそんな恋だなんだと問答してる間に、
大耶城に向かったポジョンは、
既に城が火の海状態なのを目の当たりにし愕然。
すぐ都へ伝令を送りました。

「大耶城が陥落した」という知らせに呆然のトンマンたち。

キム・ソヒョン率いる兵が防いでいたものの
百済軍の勢いがすざましく、
ヒサボルの防御線も破られてしまいました。

このままではあと一日で
百済軍は新羅の都・ソラボル制圧する勢いでした。
「まだユシン軍がいます」と進言するピダム。
しかしユシンは罪人だと反対する大臣たち。
すると、「適任者がいます。
幾度も神国を危機から救ったソルォン殿が」とピダム。

ピダムったらあれほど「ユシン軍」という言葉に顔を強張らせてたのに、ユシン軍って言ってくれて…と感激したのに、そうか・・・とういう魂胆かい。。。
でもこれも愛情ゆえ…なのよね。


自分達はユシン軍なのだから、ソルォンに従えない、
大耶城の一件もユシンの言う事が正しかったのだから、
牢から出すよう進言すると言う部下達に、
「今は従うのだ。
お前達はユンチュン将軍の部隊をよく知ってる。
流れに決して惑わされてはいけない」と告げるユシン。
ずーーっと以前、
龍華香徒(ヨンファヒャンド)が百済と戦った際の敵部将って、
ユンチュン将軍だったのね(多分)。


ソルォンが作成した作戦の草案を見せるピダム。
地図を見ながら、
目の前に迫った危機への恐怖に、手が震えるトンマン。
「女王様、私が必要なのは神国の為とおっしゃいましたね。
誰かを選ぶときは神国の利益になるからと。
そうなって見せます。女王様の為に神国を救います」と
愛する人を得るために、恋心を隠し決意したピダム。
「神国を救ったものに
すべての資格を与えましょう」と約束したトンマン。

「善徳女王」他の回はこちらです。
「善徳女王」公式ノベライゼーション 第2巻
TOKIMEKIパブリッシング(角川グループパブリッシング)
柳 銀京

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「善徳女王」公式ノベライゼーション 第2巻 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック