カインとアベル 最終話(第20話)

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
チョインに自分の運命を託し、手術を頼むソヌ。
裁きを受ける気持ちと、命を繋ぎたい気持ちと、
どちらが大きかったんだろうか?


復讐のチャンスだというのに、拒むチョイン。
こちらも、絶対に許さない気持ちと、
兄を助けたい気持ちが交錯してるような・・・。

そんなこんなの中、危篤状態に陥ってしまったソヌ。
チョインは呼び出しに応じてくれなくて、
脳出血を止め、腫瘍を取り除く手術を
カン・ソックン医師に託すことにしたキム医局長。
しかしソヨンの話では、ソヌはチョインの手術以外、受けないと。

チョインを捜しに来たヨンジに、
パソコン上の手紙を指差す院長。

危篤の知らせを受け、
チョインの手術に拘っていたソヌを思い出す副院長。
チョインは手術中に殺すかもしれない、
でも「チョインが望むならそれでいい」と
覚悟を決めて清々しい表情を浮かべてた息子・・・。

全部自分が悪いのに息子を死なせるわけにいかない、
泣いて院長にすがる副院長の姿に心が痛み、
居場所を教えたヨンジ。

「イ・チョイン先生」と呼びかけ、膝をついて詫び、
「お前がソヌを助けてくれたら何でもする。
監獄にも入るし死刑になっても構わない。
逝ってしまうかもしれないとソヌもわかってる。
それでも一日でも長く…少なくても見送ってやれる。
今死んだら、さよならも言えない。
あなたの兄さんを助けてあげて」と泣いてる副院長。
息子を思う母親の姿に涙が浮かびながらも、
「僕には兄さんはいません。死ねと伝えて」とチョイン。

魂が抜けたように佇んでるチョインに、
「手術しない方が、するより辛いとわかってます。
でも先生は中国で、見ず知らずの脱北者に手術をして、
手紙まで書いいてくれた人です。
お兄さんだという事も恨みも忘れ、
医者である事を考えてみては?
心の通りにしてみてください」と告げ、
院長から託された手紙を渡すヨンジ。
無理に説得などしなくても、
チョインならきっと・・・と信じているのね。


時間がないので、カン・ソックン医師の執刀で手術することに。

丹念に手を洗うカン医師。
すすぐシーンは、多分チョインの腕ねーー。

というわけで、チョインの執刀でソヌの手術が始まりました。

「これから手術室に入ります」というメールにホッとし、
「もう心配ありません」と院長に教えるヨンジ。
チョインの事だけじゃなく、ソヌを思う院長の気持ちを
ちゃーんと汲んでくれています。

出血を止め、腫瘍を取る大手術をテキパキこなしながら、
今、自分がソヌの運命を握ってると実感し、
父からの手紙を思い出すチョイン。

「救命センターがお前の運命と言ったを覚えてるか?
30年前、親友てあるお前の両親が事故で運ばれてきたが
週末で人手が足りず、
救命室の私とインターン(副院長?)が生命を引き受けた。
実父はインターンが蘇生術の最中に死亡、
実母は私が手術したが、お前を腹に残して死んだ。
国一の神経外科を自負してた私が、
お前の両親の前では無力だった。
友の命一つ生かすことができなかった私は、
必ず救命センターを建てると誓った。
センター長はお前しかいない。
それだけが愛する友達を送った私が許しを請う方法だった。
だがソヌに思いもよらない傷を。
父さんから愛情をもらえなかった兄を
わかってやってくれないか?
お前たちは、愛で繋がった兄弟なのだから」

父の思いをわかりたい、
この手でソヌを殺してしまいたい、
葛藤しながら、手術を終えたチョイン。

腫瘍を摘出する際、
組織を少し残していた事が腑に落ちないナム先生。
全部取らなかったのは、
ソヌがやった手術を反面教師にし、
運動や感覚の神経を残したんだと思うな。
残った腫瘍は化学療法でやっつけると考えたんだと…。


術後、意識が戻ったソヌは、まったく無反応で、
喋れず手足も動かず廃人状態。
「手術は成功したので、
この状態は納得出来ない」と説明するカン医師。
「手術方法に問題があったかも?
腫瘍をもっと切るべきと伝えた」と言い出すナム先生。
執刀の判断なのだから、
ここでとやかく言うべきじゃないと嗜めるカン医師。←そうだそうだ!

手術したとはいえ、余命はあと2年ほどなのに、
話したい事も話せず過ごすなんて…と哀れみ、
チョインがワザとそうしたと思いこむ副院長。

自分がチョインの両親を奪ったのだから、
ソヌにこうしても当然なんだと涙する副院長の手を
優しく握りしめる院長。
「チョインがあなたの子じゃないとわかってた。
それなのにあの子の両親を…。
チョインが育つたび、私の罪を知られるのが怖くて、
あの子から逃げ続け、そして憎かった。
私が死ねばソヌがこんな目にあわなかったのに」
そう語って嗚咽する副院長に、パソコンに文字を打ち、思いを伝える院長。
「自分を責めるな。すべて私の過ちだ。
お前の誤解を解かず、深めてしまい、
地獄に突き落とした私が悪かった。
お前が罪を犯しても、お前は私の妻で愛した女性だ。
一緒に許しを請おう」
ソヌがこうなって初めて、素直にわかりあった二人。
言葉でちゃんと伝えないと、
誤解が誤解を招いてしまうのよね。


ソヌの状態を見て、
「ソヌが選んだ手術です。
本人が一番よくわかってるでしょう」と告げるチョイン。
機能が反応しないはずなのに、
一瞬、チョインを目で追っていたソヌ。
やはり手術は成功してて、ソヌは装っているのね。
チョインは命を救ってくれたけど、
こうして生きることが自らへの罰と決めたかのよう。
そうしていながらも、
見捨てたようなチョインの態度が、ショックだったように見えました。


ヨンジから託された院長からの手紙を
ソヌに読んであげたソヨン。
「私の息子、ソヌへ。
チョインを連れて来たとき、お前はまた5才だったと
どうして気付いてやれなかったのか。
父さん、僕も父さんの息子ですと言ってるのを
わかってあげなれなかった。
私の息子ソヌ、愛してる。
もっと早く言うべきだったのに、すまない。
チョインは父さんが生涯をかけて背負うべき子。
だからお前が父さんの代わりに、
救命センターを援助し、今までのように愛してやって欲しい。
父さんがお前を神経外科にしたのは、
私が果たせなかった数々の夢を遂げてくれると思ったから。
お前は父さんの分身で未来、
世界最高の神経外科になって欲しい」

父の手紙の心動かされてるのに、
ソヨンの前で決してそんな素振りを見せず、
静かに涙を流していたソヌ。

傍にいてくれる愛する人にも頼らず、
黙って逝こうとしてるソヌを見て、涙が伝うチョイン。
父の思いに答えるためにも、
皆がつらい思いから解き放たれるためにも、
「許す」と言えば終わるのに出来ない。。。

食堂や家を整理するため、一度清州へ戻ると言うヨンジ。
と、言うのは口実で、
ソヌの手術以来、迷ってるチョインに
ちゃんと踏ん切りをつけて欲しかったのでしょう。
気持ちの整理がついたら迎えに来てと言うヨンジに、
必ず行くと約束したチョイン。

こうして一ヶ月が過ぎ
病院を去る決意をした副院長
「こんな事で償えると?」とチョイン。
裏を返せば、辞めないでと言ってるみたいだわ。
「これであなたに許させると思ってない。
ごめんなさい。チョイン。
両親のことは私の嫉妬からやった事。
チョイン…、いつか罪を償うと約束する」と涙する副院長。
ソヌが生きてる間、待っていて欲しい、
その後には必ず・・・と。

母を引き止めたい気持ちと、
許してはならない気持ちで揺れるチョイン。

『いつか母さんって呼んでくれる?
今なら息子と呼べる』と心で呟き、泣いていた副院長。

『僕もお母さんって呼びたい。でも出来ません
いつになればお母さんと呼べるようになるのか…』
1人でつらい気持ちを抱え込み、慟哭のチョイン。
こんな時にヨンジが傍にいてくれたら・・・(T_T)

ずっとチョインを待ち続けていたヨンジ。
もう私の事なんて忘れた?と不安が過ぎった頃、
一緒に暮らしてた頃と同じように、
自転車で待っていたくれたチョインが~!
「イ・チョイン先生ですか?」と呼びかけるヨンジに、
中国でやったのと同じように、
笑顔で大きな○を作って答えるチョイン。

ガンチョルのお墓に結婚する事を報告するチョインとヨンジ。
「僕達似合ってます?
兄さんと約束したからじゃない、
ヨンジさんを愛してしまったから」会ってます?
「兄さん、私が紹介しかったのはこの人です」
二人の幸せな姿に
遺影のガンチョル兄さんは嬉しそうに笑っています。

そしてソヌがソヨンと暮らしてる別荘へ。
「牢獄にいるのはもうウンザリじゃないのか?
僕へ罪の為なら、もう出ておいでよ。
僕が許せなかったのは、
一番美しかった頃に戻れなくしたことだ。
世界で一番愛した兄さんに、会えなくなってしまった。
もう戻れないけど帰って来い。そこは寂しいだろ?」
チョインの言葉に涙が溢れ、
肩に置かれたチョインの手を握るソヌ。

---ありがとう…本当にすまなかった---
言葉にならないソヌの思いに、涙するチョイン。


ジソプ君もシン・ヒョンジュンssiもハマり役でした~!
すごーく引きこまれました。

「カインとアベル」他の回はこちらです。


カインとアベル DVD BOX II
エイベックス・マーケティング
2010-06-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カインとアベル DVD BOX II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック