イ・サン 第65話

「悲しき暗殺者」

完豊(ワンプン)君を勝手に実家に戻した王妃に
「王様と国の為に世継ぎが必要」と訴えるクギョン。
でも王妃は「私利私欲の為」と頭ごなしに決めつけ、
二人の会話は平行線。。。
ソンヨンが世継を産むのを待つべきと言う王妃に
「世子と認められるとお思いで?」と反論するクギョン。

二人の口論を目の当たりにし、顔が雲るサン。
信頼する部下が自分が愛する人を蔑むような発言するなんて、
サンもショックだろうねぇ。


サンの登場で言い争いは終了。
さっきの発言を詫びるクギョンに、
気にしてないとこの件は王妃に従えと言い、
山のように積まれた上奏文を見せ、
「これでも世子擁立と大妃様と無関係と?
大妃様の軟禁を解いたのは、二度と国政に関与させないと言うそなたの言葉を信じたから。
二度と大妃様に政治に関らせたくない。目的を調べろ」とサン。

まさか自分も関ってます…なんて言えるはずもないクギョン。
それにこの事をサンに知られるわけにもいかず、
大妃からの召集に(世子擁立に黄色信号が灯り、
対策を練ろう呼び出した)、
しばらく静観するよう。
この事は自分に任せて欲しいと告げたのでした。

と、言う訳で、邪魔な王妃を排除するため、
実家や一族を探って弱みを見つけろとチャンボに命じるクギョン。
腑に落ちないチャンボだけど、
「お前まで私に逆らうのか?」と凄まれ、渋々従う事に。

何もなかったら捏造してでも…だなんて
明らかに行き過ぎだよーークギョン!


そして王妃の方も、
元嬪の担当だったチェ尚宮と
大妃のお付のカン尚宮が密書のやり取りしてたとキム尚宮から聞き、
クギョンと大妃の関係を疑っていました。
それで内密にクギョンを探ることにし。
ソンヨンに仲介してもらい、この事をテスに依頼。
「私はホン・クギョン様に仕える身」と断るテスに、
「不正があれば糾すのが道理。
今世子擁立で騒がしいが、
大妃様がクギョンを動かしてるなら、
王様の為にも阻止せねば」と説得する王妃。

その言葉に葛藤するテス。
しかし、「私には出来ません。
確かにクギョン様は変わりましたが、
王様を裏切り大妃様と手を組むなどありえまん
されに王様しクギョン様を信頼してる。
私が探ってると知れば悲しむでしょう」と断ったのでした。
真っ直ぐなテスに感動しつつも、
クギョンとホントに裏切ってるんだからさーーと思ってしまう。


王妃に従った方が良いと考えてたけど、
「王様が悲しむ…」という言葉が胸に突き刺さったソンヨン。
だから自分もサンの重荷になるまいしたのでしょう。
妊娠の徴候が現れてるっぽいのに受診せずに
懐妊~?と喜ぶチョビにも固く口止めしてたのでした。
新たな火種になるのを心配してるのでしょうね・・・。

今のクギョンに時間が必要だと考え、
しばらく政治から遠ざける事にしたサン。

宣旨を出す前にクギョンを散歩に誘い、
「今まで一番つらかったのは
前の王様を中傷する答案が見つかり、
皆が父上は罪人だと非難し、窮地に追い込まれた時。
その私をそなたが救ってくれた。覚えてるか?
そなたと初めて会った時の事も忘れられぬ。
野心に溢れた賢い男が現れたと思った。
その者の尽力で私は無事に王位に就けたのだ。
そなたの功績は決して忘れぬ。
そなたも忘れてはならぬ事がある。
“権力を得る為に手段と方法は選ばないが、
得た権力し手段と方法を使うべき”と言ってたのに、
その信念を忘れている。
それは大事に思うあまり、大目に見て来た私の過ち」と告げ、
クギョンに都承旨(トスンジ)として最後の仕事を言い渡すサン。

自分は見限られた…と感じショックなクギョン。
役職はスギソの隊長という立場だけ。
重臣たちも王様はクギョンを切ったと高笑いする中、
利用価値が無くなったクギョンと
手を切ることにした大妃。

「これは決して左遷ではない。新たな出発の為
サンの言葉を胸に刻み、
大妃から離れると決めたクギョン。

ところがタイミングが悪い時はとことん悪いもんで、、、

チャンボが愚痴るのを聞いて、秘かにクギョンの後をつけ、
秘かに大妃と会ったのを見てしまったテス。

手を切ると言い難そうな大妃に自分の方から、
「私は愚かにも分別を無くしていた。
王様が警戒されてる大妃様と手を組んだなんて。
お会いするのはこれが最後」とキッパリと告げたクギョン。

料亭から出て来ると待っていたテスから
今まで誰と会っていたのか、
チャンボに王妃様の身辺を探れとなぜ命じたのです?」と責められ、
「チャンボまで私を軽んじるのか」と自嘲するクギョン。
「そうじゃありません。
クギョン様を敬い慕ってるからこそ申し上げるのです。
手遅れになる前にやめていただけませんか?」とテス。
クギョンと大妃がショックだったろうに、
テスは裏切られた気持ちよりも、
クギョンに目を覚まして欲しい気持ちで一杯なのも(゚ーÅ)
その気持ちが胸に突き刺さるものの、
「口出しするな。まだ私は上官なのだ」とクギョン。
決して突き放したんじゃないよね、
きっと自分で撒いた種は自分で刈ろうとしたんだと思う。。。

しかしタイミングが悪いことに、
大妃との密会が既に王妃の耳に入っていて・・・。

王妃に呼び出されて、
「元嬪の件は許そうと思った。
王様への忠誠心を信じていた。
だが大妃と通じることも忠誠心と言えるのか?
行幸から戻り次第、王様に話す。
その前にそなたから申し上げてはどうだ?
王様をないがしろにした罪を償う心の準備をしておくが良い」と
厳しくを告げられたクギョン。
大妃の協力を得たのは間違いだったと気付き、
昨夜、自ら決別したのにタイミングが悪いったら!
でもそれだって「今更」と言われても仕方ないんだろうなぁ。。


王妃の存在が疎ましく、対策を考え込んでいたクギョン。
そこに遅くまで仕事をしてると
心配してサンが現れ気遣ってくれました。
その思いやりが痛くって
「もし私が忠義に背いたらどうなさいます?
もし王様を欺き…」とやんわりと尋ねてみたクギョン。
「いや、そのような事起きぬ。
いつか“私とそなたの心は一つ”と言ったではないか。
多少の失敗があっても、私を欺いたのではない。
私はそなたを信じている」と笑みを浮かべるサン。
誰もが自分の行動を「野心の為」と決めつける中、
王様だけは、自分をわかり信じてくれる。。。

王妃の元へ行き、自分を信じる王様にだけは知られたく
一度だけ機会を…と頭を下げて頼んでみたけど
クギョンを嫌ってる(?)王妃が聞き入れてくれるはずありません。
確かに「失望させたくないなら、
最初からやるべきじゃなかった」と言う王妃が正しいでしょうが
何だか冷たすぎに見えるなぁ。

こうなったら、邪魔な王妃に消えてもらうしかないと考えたクギョン。
自分を信じてくれる王様の為…とはいえ、また暴走。。。

王妃、ソンヨンの同行し、地方への行幸出発した王様一行。

ヤンジュ村で民の陳情を聞く予定だったのに
出迎えた村長以外、誰もいません。
陳情することがないと村長は言うけど、
鵜呑みにせずに村を視察することにし。
すると、綿花の畑を焼いてる民達を見かけ
ここは綿花の産地なのに?と訝り、
今日はここに宿泊する事にしたサン。

畑を焼いて理由は、清から安く良質の綿花が輸入され、
綿花を育てても買い手がないからでした。(専売商人が影で操ってるのかしら?)
さっき案内してくれた村長は何の対策も講じず、
ここの民の生活は困窮する一方らしい。

この村で綿花栽培を続けるように勧め、
収穫分は国が買い取ると約束し、
放っておいた村長への叱咤しつつも、
清国の物に劣らぬよう改良を」とハッパをかけるサン。

こっそり手に入れた毒を取り出し、考え込むクギョン。
でも王妃を黙らせるにはこれしかないと意を決し、
元嬪の担当だったチェ尚宮に、毒を渡したのでした。
チェ尚宮は指示どおり毒を入れた様子。

更に「計画が失敗したらお前がやれ」と
銃を扱える手下に指示。
どこまでも泥沼にハマっていくクギョン・・・。

明日の宴会で実行しようと考え、
危険が及ばぬようにソンヨンを宴に参加させぬように告げ、
「これは頼みだ。何も聞かず伝えて欲しい」とテスに言うクギョン。

結局、テスは伝えたか否か不明だけど、
宴に出席するために会場へ向かってたソンヨン。
しかし、酷い眩暈で倒れてしまい・・・!

見舞いにきたサンに、大丈夫だと平静を装うソンヨン。
私的に「ソン尚宮」じゃなく、「ソンヨナァ」と呼んだサンがツボでした

宴が始まる時間が迫り、落ち着かないクギョン。
これでいいんだ…
いやダメだ…と葛藤する中、やはり中止しようと決心。
毒を渡したチェ尚宮を捜したのだけど、、、

運ばれたお膳に口をつけるサン。
あれ?なんで王妃じゃなくサンのお膳が???と思ったら、
ソンヨンが倒れちゃったから(?)王妃は宴席に出席できなく、
サンが食べることになったみたいね。

「イ・サン」他の回はこちらです。


イ・サン 第3巻―韓国ドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ)
日本放送出版協会
2010-07-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by イ・サン 第3巻―韓国ドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック