カインとアベル 第9話

全くチスときたら!憎たらしいったらありゃしない
演じてる俳優さんは「オールイン」で足が不自由になったシボンの方。
同じ人と思えなく、それだけ上手いのね~と感心です。
☆感想とあらすじ(ノーカット版・ネタバレあります)☆

帰宅したヨンジを待ち構え、シメシメのチスだけど、、、、
すごい剣幕のチョインが立っていて大焦りのチス。
「お前は俺の手で死ぬと言ったはずだ」と告げ、
何度も何度も殴り、トドメを刺そうとしたチョイン。
その瞬間、帰宅したヨンジが止め、チスは命拾い。

逃げろと促すヨンジに、
「こいつが兄さんを殺した」と涙が溢れ、木刀を振りかざすチョイン。
チョインを後ろから抱き、
「それでもこんな事はしないで。
先生は人を殺すような人なんですか?
兄さんはこんな事させる為に助けたんじゃない。
先生の気持ちはわかるし、私も殺したい。
だけど先生まで去ったら、
この南で私を知る人が誰もいなくなる」と泣いて止めるヨンジ。

復讐だけを考えて、残される人を思っていなかった。。。
木刀を放し、嗚咽するヨンジを見つめ兄の言葉を思い出すチョイン。
写真を見せて「美人だろ?」とガンチョル言ってたが、
本当に心も綺麗な子でした。。。


二人が語り合ってる間に逃げたチス。
もうさっさとどっかに行っちまってーーε=( ̄。 ̄;A フゥ…

一方、チェ社長への怒りを隠し、
「中国で弟に何があったのか?
弟が帰国した噂がある。
チョインを探してください。謝礼は十分に」と神妙な面持ち…の演技をしていたソヌ。
金が欲しいチェ社長はやっきになって探すだろうし、
チェ社長を傍に置き最後はどうにでも出来るし、
一石ニ鳥とはソヌも中々やるわねーーー。


ガンチョルの遺影を抱き、
「ヨンジさん。この手を守ってくれてありがとう。
ガンチョル兄さんは僕が医者なのかもと言ってた。
この手が記憶を取り戻してくれるかも」と感謝するチョイン。
『その手で私の命も救ってくれた』と心の中で答えるヨンジ。

チスは必ず戻ってくるから出ようとチョインに言われ、
ソウルから離れた遠くへ行くことに。

会う約束なのに来なかったとソヌから電話が来て、
「もう話すことはすべて話した」と言い、
その後、連絡を断ったヨンジ。
何か引っ掛かるものを感じるソヌ。

清州行きのバスに乗る前に、
記憶を取り戻したいのに良いのか?
愛する人にずっと会えないかもしれない。。
乗ったたら一生後悔するかも」と念を押すヨンジ。
キッパリと「後悔しない」と答えるチョイン。
心の中では、自分は誰なのか、
なぜ殺されたのか知りたい気持が山々だけど、
今はそれより、目の前にいるヨンジを守りたい、
「守ってあげられない方がつらい・・・」と。

この地を選んだのは、幼馴染のジノが働いていたからで
ヨンジは外国人観光客相手のガイド、チョインは漁師に。
夜は二人で食堂を切り盛りしていました。

大きな鯉を釣ってもヨンジの為に売らないチョインに、
「かみさんにか?そうした方がいい。
居なくなったら俺のように後悔する」と仲買人のおじさん。
体調が悪そうなおじさんが気になり、
病暦を言い当て、病院に行くようにアドバイスするチョイン。
「漁師じゃなく医者に?」とからかうおじさん。

昼間は観光地の清掃をしてるチョイン。
記憶を失う前のように、自然に笑えるようになってました。
手を振るヨンジに気付きながら、
ワザと知らんふりしてニヤリとしたり、
一緒にお弁当を食べながら、
一個しかない卵を半分にしたり、
貧しいけど穏やかに暮らしていた二人でした。

記憶を失ってるのに、
音楽家の銅像を見て詳しい説明をスラスラするチョイン。
記憶が戻ったのでは?と不安になるヨンジ。
不安はそれだけじゃなく、最近のチョインは酷い頭痛で苦しんだり、嘔吐や気を失うこともあり(まるで「ごめ愛」)、遠くへ行っちゃうんじゃ?と心配なのでした。

不安そうなヨンジの気持ちを感じ、
仕事が終わるのを待っていてくれたチョイン。
「奥様を迎えに」とおどけてヨンジを自転車の後ろに乗せ、
どこまでも遠くへお散歩に♪
本当に楽しそうに笑ってる二人なんだけど、
所詮、偽りの生活のせいかどこか寂しさが取り巻いてる感じで、胸がキュンと痛みます。。。


記憶は戻ってないと言ってたチョインだけど、
実はこっそり治療を受けていたのでした。
砂漠で「兄さん!」と呼ぶが、
撃たれたトラウマからそれ以上進まないと聞き、落胆のチョイン。
「ガッカリしなくても記憶を失って三ヶ月、そろそろ戻る」と言う医者。

ジノから今日がヨンジの誕生日と聞き、
何かしてあげようと考え顔が綻ぶチョイン。

店に戻ると「配達が遅い!」と怒るヨンジを座らせて、
茶碗洗いを手伝うチョイン。
広い背中を見つめながら、
「朝早く起きて夜は遅いし働き続け、
こんな暮らしはうんざりじゃ?
記憶を取り戻そうと思わないのですか?」」とヨンジ。
「いつかは取り戻します。
こんな生活が好きなんです」と笑うチョイン。
「そしたら私の事を忘れてしまうのかな?」
振り向いてジッと見つめ
「ヨンジさんを思い出せないから見てる。
愛してる人は何度も見たい。もしかして愛してるのかな?
…心配しないで忘れません」とチョイン。
『ずっと記憶が戻らなければいい。
愛してくれなくてもいいから・・・』と心で呟き、
今の生活が続くよう祈るヨンジ。

その帰り、気を失った男性に遭遇し、
無意識に駆け寄り、応急処置を施すチョイン。
そんな姿に、
先生は別の世界に帰る人…と感じたヨンジ。

そのチョインは、医者だった頃の記憶が脳裏を過ぎり酷い頭痛が!

ヨンジが先に帰ってしまい、
記憶が戻った様子が嫌だからと気付き、謝るチョイン。
詫びるのは自分の方と思いつつ、愛する人を手放したくないヨンジ。

そしてもうああいう事はしないと約束しつつ、
自分が誰なのか知りたくて、
20年前に自分の手術をした病院を探そうと、
資料を持っていたチョイン。
そして頭痛に襲われながらも、
思い出した一つ一つを医者に言われたとおりにメモ書きしていました。
そのとき、ふと電話番号を思い出し、かけてみることに。
「イ・チョインです。ただ今手術中です…」
留守電から聞こえる自分の声に愕然とし、
何度もかけては聞いていたのでした。

翌朝、「行くところがある。遅くなるかも」とメモを残し、
出かけてしまっていたチョイン。

地方に左遷されたキム・ヒョンジュ医師の元に、
キム先生が訪ねてきました。
一緒に食事に出かけようと病院を出たのと入れ違いに、
チョインが中へ入って行き、遭遇する日も近そう。

このまま戻らないんじゃ?と不安になるヨンジ。
何度電話しても連絡取れず、
夜になっても戻らなく、チョインの持ち物を調べ、
無道さに書かれたメモ帳と病院名が書かれた紙が出てきて、チョインの本心を知ったのでした。

眠ったままの院長を見つめ、
ここは元々チョインの両親の物だから、
チョインに病院を譲ると言い出したときを思い出す副院長。
「だから返すと?
あなたとチョインの母との間に出来た子だからじゃ?」と副院長に
呆れて果てて否定もせず(って事は副院長の思いこみなんだろうな)も救急医療センター長をチョインにすると言い、席を立つ院長。
「チョインの両親が死んだのはなぜだと?
なぜブレーキが誤作動したのか。
あなたが私を選んでいたら、
あなたの愛した人は生きていた」と殺意をほのめかす副院長。
絶句し、そのまま脳内出血を起こし倒れてしまった院長。
それも計算づくだったのか、
再起不能になる時間を計っていた副院長・・・。

ソヌを避け「突然戻り、まだ愛しると言われどうしろと?」と言うソヨンに、
「あなただってチョインをソヌさんの代わりにした」とジョンミン。
「違う。ソヌさんが待っていてと言ってくれたら何10年待った。
ソヌさんもチョインも、
急に消えてしまう人とはやり直したくない」と言い、
チョインの思い出の品を箱に封印したソヨン。
なーんか・・・酷い言い方だなぁ。

時間が必要か?とソヌに言われても、
「センター長も次期院長の座も手に入れ、
それで十分じゃ?」と頑なに拒絶するソヨン。
「全部手に入れればお前の心も?
お前を手に入れるなら、センター長の座も惜しくない」と
切ない目を向けるソヌ。

その帰り、手の震えが止まらず、バッタリと倒れてしまったソヌ。
中国では気付かなかったソヨンだけど、
今回は気付き駆け寄ろうとしました。
すると「来るな!大丈夫だから、見るな…」と必死に訴え
そのまま気を失ってしまったソヌ。

救急車に同乗し、ジョンミンが言ってた事が過ぎるソヨン。
帰れないほど酷い病気だった・・・。
ジョンミンに電話して詳しい事を聞こうとするソヨン、
意識が戻り電話を止めるソヌ。

疲れがたまるとたまにあるとソヨンを安心させるソヌ。
その言葉を信じ、
これがキッカケでソヌに心を開いたソヨン。

病状が悪化してると悟り、やり切れないソヌ。
そんところらチェ社長から、
オ・ガンホなる人物は北朝鮮人で韓国に入国していて、
チョインと同一人物だった。
今、オ・ヨンジと共に清州にいると連絡が。
「どんな事をしても、二人のどちらでもいいから探せ!」と怒鳴るソヌ。

「カインとアベル」他の回はこちらです。


カインとアベル 韓国ドラマOST (SBS)(韓国盤)
韓国
2009-03-12
Various Artists

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カインとアベル 韓国ドラマOST (SBS)(韓国盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック