IRIS -アイリス- 最終話

オリジナルの最終話(第20話)のレビューで
TBS版の最終回2時間スペシャル後半部分に当たります。
(前半はこちら
それにして今朝のテレビ欄を見てビックリ!
ネタバレしすぎじゃん
最後に全体の感想を書きましたので合わせてどうぞ~。

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
テソンがアイリスに占拠されたショッピングモールの映像をキャッチし、
中の様子が少しだけ掴めたNSS。
犯人の化学兵器に備えた武装で、
協力なガスを設置してると読むオ室長。
ソマンガスの件をヒョンジュンは伝えてなかったってのね?

ウエブカメラでNSSと青瓦台と情報を交換しながら、
戦術班の陣頭指揮を執るヒョンジュン。
そこにスンヒが現れ、危険だから戻るように言っても、
向こうで待つのは嫌だと食い下がり帰ろうとしません。

監視カメラの映像がキャッチされてるのを知り、
「我々の要求は南北首脳会議の中止
南北間の経済協力とホットラインの遮断も要求する。
明日の7時まで中止の発表がなければ
人質だけじゃなく周辺の市民数千人が犠牲に」と告げ、
1人を射殺したアイリスの傭兵。

この射殺は大統領に向けてと共に、
自分達の指揮を執るサウに向けてやったことでした。
「恐怖を与えるのが効果的の方法だ」と悪びれないテロリストに
「犠牲者を出すな!お前を殺せば皆はコイツは恐怖で従うのか?
今度背いたら殺す」と銃を突き付けるサウ。
内部分裂のこんな調子で大丈夫か?!テロ軍団。
向こうの心配してどうする?私^^; 


人質は女子供が多数で、
自分でやってる事なんだけど、幼子たちの姿に胸が痛むサウ。

解決出来なければ予定を取り消すしかない。
こちらの要因も派遣したいと
ユ局長(もう臨時じゃないのよね?)に提案するチョリョン。

と、いうわけでソンファが合流。
アイリス側の二度目の要求は、
NSSの交渉人にサウが直接伝えることに。

交渉に向かうヒョンジュンに、
「あなたはアイリスに狙われてる。危険」と止めるスンヒ。
オイオイ、ヒョンジュンが責任者なんだから行くのは当然でしょ。
でもヒョンジュンは、友に残ってる真心を信じていたのでした。
サウもヒョンジュンが来るのがわかっていたようで、
覚悟していたように交渉のテーブルへ。

「お前の事を本当に何も知らないか考えてみた。
二人で共有した思い出など…」と語りかけるヒョンジュン。
「やめろ!お前も俺ももう戻れない」
揺れる心を止めるように制するサウ。
それでも聞いて欲しいと話を続けるヒョンジュン。
「お前を知らない俺でもこれだけはわかる。
お前は間違った選択をし、自分でも後悔してる」
ヒョンジュンの言葉が胸を貫き、動揺が走るサウ。
そしてその気持ちを隠するように背を向け、
「北で収監されてるアイリス関係者の釈放」と、
二つ目の要求を突き付けたのでした。

犯人は特殊訓練を受けた者たちで構成されており、
要求を受け入れても人質の安全は補償出来ないと言うヒョンジュン。
作戦を許可した大統領。

「要求を呑む。
代わりに女性と子供だけでも解放しろ」とヒョンジュンの答えに
その通りにしろと告げるサウ。
するとここぞとばかり造反、サウに銃を向けるるアイリスの傭兵達。
「人質をここぞとばかりに全員殺すのが任務。ミスターブラックの指示だ」
教会で会ったミスターブラックの言葉は本心じゃなく、
自分は使い捨てされる運命だったと悟り、呆然のサウ。
っていうか、ミスター・ブラックと名乗った男も本物だったのかどうか(・・・?)

サウの味方のアイリスメンバーが発砲し、
それに続くヒョンジュン、そしてサウ。
言葉はいらず目と目で合図し、敵に立ち向かう二人。
久しぶりに見る「友」の目に涙ぐむヒョンジュン。

コンビが復活~という時間は短く、
ヒョンジュンが弾切れになったのを見て覚悟を決めたサウ。
「おい、バカ」と呼び、自分の拳銃を滑らせ、
囮になってヒョンジュンを守り敵に向かっていったのでした。。。
あんまり覚えてないんだけど、
以前からサウは「おい、バカ」なんて言ってたっけ?
よく流れる回想でそういうシーンを見せてくれていれば、
もっと効果抜群だったのになぁ


敵を撃ち殺し、サウを抱きかかえるヒョンジュン。
虫の息の中、必死に謝ろうとするサウ。
「わかってる。何も言うな。
俺はお前を疑ったことはない」とヒョンジュン。
そう・・・対峙した時も、友の決別を聞いたときも憎しみはなく、
悲しみの表情を浮かべ、友の本心を信じていたもんね。。。

駆けつけて自分の為に泣いてるスンヒ。
殺そうとした自分を恨みもせず、泣いてるヒョンジュン。
「…すまない。つらい思いをさせて」
やっとの思いで告げ、
愛する二人に見守られて逝ってしまったサウ。
吹き替え版だとサウの脳裏を過ぎる回想(ヒョンジュンと笑って逃げてるシーンなど)がカットされ残念!
結構、グッと来たんだけどなぁ。。
ペクはヒョンジュンに対して、
罪があるから当然みたいな事言ってたけど、
それに巻き込まれたサウがあまりにも可哀想
拒絶する事も、後戻りする事も出来たかもしれないけど・・・。


サウの死はペクを殺せなかった自分のせいと
涙するヒョンジュンに、
「生きる方が苦痛だ」とパク室長。
なぜそう言い切れるのか、よくわかりません。
拷問受けてるシーンも、死刑を宣告されるシーンもないのに。


事件は終わったけど、まだアイリスとの関係が切れないらしく、
謎の人物からの電話に
「もう関りたくないと言ったはず」と伝え、頭を抱えるスンヒ。

テロを防いだので、
予定通りに南北首脳会談が行われることに。
「人命を犠牲にするほどの価値がこの会談にありますか?」とヒョンジュン。
「歴史的な前進に犠牲はつきもの」と顔色一つ変えない大統領。
「この二年間、犠牲になったのは
会談や統一に関係のない人たちでした。
歴史的な前進がその者たちに
意味のあるものかわかりません」とヒョンジュン。
首脳会談は全国民に試練を克服したと宣言する場で、
ヒョンジュンにも立ち合って欲しいと大統領。

疑問を抱きつつも、命令にし逆らえず会場へ向かったヒョンジュン。

一足先にNSSの権限を使い、会場入りしていたスンヒ。
NSSって秘密の部署だったはずなのに、
身分証を見せればスルーパスになったのね。


スンヒと連絡が取れないままで、
NSSに聞くと会見場にいると知ったヒョンジュン。
スンヒが単独で会見場に行ったと知っても、
パク室長が驚かないのはなんで?
最初から行く予定だったって感じでもないのに???


そこに大変な事態が判明。
ショッピングモールの遺体を調べた結果、
大半がテロリストじゃなく人質だったと。
服を交換して入れ替わってたらしいけど、
えーーっ( ̄ー ̄?).....????いつの間にーー!
って言うより、戦術班はもちろん、
サウやヒョンジュンも誤って罪のない人を殺したってことでしょう。
酷すぎる・・・。


逃げ出したアイリスのテロリストは、
ちゃっかり取材陣に化けて、ホン広報室長の誘導で会場入り。
記者の席に着く者、狙撃に備える者、仕掛けを準備する者、
そんな中にライフルを構えるスンヒの姿が。

北の特使と南の大統領が到着。
引き金に手がかかるスンヒ、
その瞬間銃声が鳴り響き、大統領と特使を守るSPたち。

大統領を狙っていたけど、
直前のヒョンジュンからの電話で急遽、アイリスの狙撃手を撃ったスンヒ。
ヒョンジュンが大統領を誘導しながら電話してたのは、
お行儀が悪いわけじゃなかったのね^^;

銃声と共に作戦を開始したアイリス。
ドンパチが続く中、
必死に逃げてきた大統領を誘導するホン広報室長。

全ての敵を倒し、鎮まりかえった会見場。
そこにヒョンジュンを狙う男が目に入り、
楯になって庇い、撃たれてしまったソンファ。

大統領の側近を撃ち殺し、大統領に近づくホン。
まさかお前が…と呆然の大統領に、
「私はアイリスじゃない。あなたは私の理想の器じゃない。
新たな器が見つかった」と銃を向けるホン。
今更アイリスじゃないって・・・何の意味が???
【追記】サウとミスター・ブラックの仲介をしてたけど、
彼女はアイリスメンバーじゃない
→ミスター・プラックとコンタクト取れるはずない
→あの男はニセモノって事で、
ペクから自分に万が一の時には、
サウを奮い立たせるためにそうしろと命じられていた…と考えれば辻褄合いそう。


と、弁を振ってる間にヒョンジュンたちが駆けつけ、
ホンは理想をかなえる事なく撃ち殺されてしまいました。

撃たれてしまったソンファは、命に別状なしでホッ。
お花を持って見舞いに来たヒョンジュンに、
嬉しさと戸惑いが浮かぶソンファ。
花だけ?と冷かし、気を利かせて席を外すチョリョン。←いい人だ~♪

以前はいつも二人きりでいたけど、
このシチュエーションは何だか落ち着かないソンファヒョンジュン。
「本当にこの花だけ?」とぎこちなく笑うソンファ、
ソンファのジョークに吹き出すヒョンジュン。
ヒョンジュンが帰った後も、何度も花を愛しそうに撫でていたソンファ。
病室でのソンファの笑顔、とっても可愛かった

「今後銃を向け合わなきゃいいな」と握手の手差し出すチョリョン、
それに答えるヒョンジュン。
こうしてそれぞれの場所へ戻っていきました。

育ててくれたペク・サンへの恩を返すため、
大統領に銃を向けたスンヒの気持ちを汲み、
「お前は俺が悪夢を見ないよう祈ってると言ってくれた。
今度は俺が祈る」とスンヒに告げたヒョンジュン。

南北首脳会談が無事終了し、三ヶ月後、、、

ヒョンジュンとスンヒはNSSを引退し、婚前旅行へ。
(ホント、この二人は旅行が好きねぇ)

ホテルにいた子供達を見て、
「5人産んで」とおどけでプロポーズするヒョンジュンに、
指輪がないと無効と無視のスンヒ。
ってわけで、灯台で待つように手紙を置いて
こっそり指輪を買いに行ったヒョンジュン。

幸せな気分で灯台で待っていたスンヒ。

あともう少しで着くというところで、
突然、何者から撃たれてしまったヒョンジュン。
いつになく、音楽を聞いてたスンヒに銃声は聞こなくて・・・。

灯台にいるスンヒを見つめながら、想い出が脳裏を過ぎり、
涙が流れるヒョンジュン。
そしてそのまま動かなくなったのでした。。。
(生死不明…多分、死去…)


以下、全話見終わって思ったこと、、、
とにかく「?」マークが飛び交ってます

ヒョンジュンを撃ったのは黒幕の指示を受けたアイリスの殺し屋だと思うのだけど、
結局、ヒョンジュンが狙われる理由って何???


---ペクを捕らえても指示を出してるトップを捕まえない限り終わらない
オ博士も、ヒョンジュンだって大統領にそう言ったのに、
なぜそのミッションをヒョンジュンは放り出したのよーー

「再び悪夢を見るのが怖い」と言ってたから、そうなったかもしれないけど、
スンヒがペクと会ったことを告白したときに、
命令を出す人物も同席してたって言ってたのに、
そいつはどんなヤツだったと突っ込まなかったのが
どうも腑に落ちない!!

それにしても結局、
黒幕が判明しないで終わるとはねぇ・・・


---禁断の実を食べた罰を受けた
実はヒョンジュンとスンヒは兄妹で…っていうオチかなぁ?と
チラリと想像してました。

禁断の実=スンヒだとしたら、どうも意味がわからない。
ヒョンジュンの両親を殺せと指示したのはスンヒの父で、
スンヒとヒョンジュンは敵同士で結ばれちゃダメって意味?
でもそれじゃなぜヒョンジュンに罪がある事に合いませんね。

禁断の実=核開発かなぁとも考えました、
関った両親とオ博士は殺され、両親の血を引くヒョンジュンも同罪って意味かな?
でも「食べた」って言葉に結びつかないし、やっぱわからん。

もう一つ考えました。
昔、スンヒの父が大統領を暗殺しようとした理由は、
大統領が進める核開発に反対だったからで、
スンヒの父が罪人になったのは、
関節的にヒョンジュンの両親が核開発を進めたせい
息子のヒョンジュンも同罪って意味?
(でもあまりにもこじつけよね…)

こんがらがってきたので、ペク・サン側から考えてみました。
オレが幼いお前(ヒョンジュン)を命令に背いて命を助けたのに、
娘同然のスンヒを食いやがって。
だからお前は罰を受けるべき。。。
おお!このパターンはスッキリするような?
でもあまりにもペクの身勝手で、
ヒョンジュンに落ち度はないのでおかしいか^^;

親の敵であるペク。
その娘同然のスンヒを愛した事が罪だったのかな。
でもヒョンジュンの罪というより、スンヒの方が罪深い気がするし。

って訳で答えが見つかりません


---人質と犯人が入れ替わっていて犠牲に
これにどんな意味があるんだか。
別に他のアイリスメンバーが合流し、
会談会場に乗り込んだでいいじゃん!
サウとヒョンジュンの涙の永遠の別れが霞んでしまうよ。。。(T_T)
とにかくこのドラマ、無関係な人の死が多すぎ!



スンヒとアイリスの関係も、
ペクに聞かされた事を語っただけで事実かどうかわからず、
意外とスンヒの父は生きていて
実は黒幕なんじゃ?とも考えたんだけどねーーー。


ってなわけで、何だかすっきりしない最終回でした。
そういやヒョンジュンを追っていた日本の“内閣情報調査室”は
どうなったのやら…?


「IRIS -アイリス-」他の回はこちらです。


アイリス オリジナルサウンドトラック・パーフェクト ボックス
J disc = music=
2010-05-26
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アイリス オリジナルサウンドトラック・パーフェクト ボックス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

ばなな
2010年09月01日 23:19
最後、誰が撃ったんだろ…
涙、涙でやばい…
続きやってほしいよ
通りすがりのぁぃchan
2010年09月02日 02:38
スンヒの父親がアイリストップのブラックさん!

で、全て納得ですょW
2010年09月02日 22:56
お疲れ様でした~。
続編が決定しているので(今月鳥取でロケがあるし)、
いくつか謎が持ち越しになるのは判っていたんですが・・・。

ビックが尾行に気付かないとか、
ペク・サンとスンヒともうひとりの映像があって、
どうしてクラブハウスの周囲にカメラはないの?とか
ツッコミはともかく、
サウの心情とかもっと描いて欲しかったです。
このネタバレサブタイトルはヒョンジュンよりサウの方が合うと思えて仕方ない。

そういえば内閣情報調査室ってありましたねぇ・・・。
2010年09月03日 22:37
ばななさん、

ヒョンジュンを撃ったのはブラックの司令を受けたアイリスメンバーなのでは?と予想してます。
なぜ殺されるのか?その理由がわからないので、どうもモヤモヤ感が残ります
続編が作られるようなんで、謎を解明して欲しいです!
2010年09月03日 22:44
通りすがりのぁぃchanさん、

>スンヒの父親がアイリストップのブラックさん!
私もこの考えがスッキリします。
ブラックからしてみれば、自分が手にかけた夫婦の息子ヒョンジュンと娘のスンヒの仲は絶対に割きたいでしょうから、「殺せ」となるでしょう。
2010年09月03日 23:10
sannkenekoさん、

視聴&レビュー、お疲れ様でした(^^)
黒幕が誰か、ラストがどうなるのかなどを目にしたくなく情報収拾を避けてたので、続編の事は全く知らなかったんですよーー。
だから最後は絶句でした…εミ(ο_ _)ο ドテッ…

>サウの心情とかもっと描いて欲しかったです。
本当ですね。ペクに従ってアイリスとして動いてる時もずっと葛藤してたのでしょうね。
サブタイトルは、本当にそうだわ!
陰謀に巻き込まれた数奇な男の結末・・・親友を守って逝ったサウの最後をしかと目撃したわ。
ヒョンジュンの結末は誰に殺されたか明かさずで、あれじゃ結末って言えない気が^^;

内閣情報調査室は後半スルーでしたね。
日本での放送を見込んで登場させたと思うのですが、この扱いって・・・。
きました
2010年09月07日 15:01
ヒョンジュン・・・ラスト泣けた
2010年09月11日 19:02
きましたさん、こんにちは。
まさかのラスト…。
涙しながら、スンヒに必死に手を延ばすヒョンジュンが悲しかったですね。。。
のり
2011年05月29日 22:45
映画版を視聴してびっくりの結末ですよ!というか、映画といいつつ、ほとんどがダイジェストッ!こちらもある意味びっくりしました~。
ラストの30秒くらいが新たなシーンでしたが、これ、本編に入れれば?と思ってしまいました。pandaさんも機会があれば、ぜひご覧になってください。
ちょっとずっこけますよ(笑)
IRIS・・・お金をかけた割には、私にはいまいちのドラマでした。
2011年06月02日 23:35
ドラマはテンポは良かったと思うのですが、ツッコミどころが多すぎでした。
謎が多く残りすぎて続きは映画で~という商法はいかがなものかと・・・。
そんな中、ソンファのキャラが良かったです。
サウの最期も胸が痛みました(:_;)

で映画版ですが、レンタルする前にひょんなことからネタバレを見てしまい驚き
いや驚きというより、なんだか腹が立ってしまいました。。。
これ以上は控えますが、気持ちわかるでしょ
2012年01月19日 12:39
フェニックスさん、
ヒョンジュンを撃った犯人は、上のコメント返しにも書きましたが知ってます。
ドラマの内容を引っくり返しすぎ…と思いました。

フェニックスさんのコメントは映画のネタバレなので、申し訳ありませんがコメントを削除させていただきました。

この記事へのトラックバック