カインとアベル 第6話

「チョインの死」
☆感想とあらすじ(ノーカット版・ネタバレあります)☆

突然チョインにナイフを突きつけられ、動揺するソヌ。
自分の羽交い絞めにしてる弟のチョインは、
「韓国人ですか?
看守に俺の兄貴を助けろと言ってください。
俺の兄貴は俺の為に撃たれた。
俺は死んでもいい」と言うもんだから、更に驚きそしてショック・・・。
父の遺言を知り、さっきまで「お前を殺すかも」と言ってたけど、
自分じゃない男を「兄」と呼び、
涙しながら命を賭けて救おうとしてるなんてつらいよね。。。


そっとチョインの手を握って振り向き、名前を尋ねるソヌ。
「オ・ガンホ。オ・ガンチョルの弟」と名乗るチョインが記憶喪失だと気付き、このままにしておくことにしました。
弟を殺さなかったけど、捨てるということ、
喪失感と申し訳なさで涙がこみ上げ、収容所を辞したのでした。

ガンチョルの治療を頼み、
独房の男は弟イ・チョインじゃなかった。
彼に何かあったら連絡を」と役人に告げ、
収容所に残した哀れな弟に思いを馳せるソヌ。
「俺は死ぬまで自分の罪を負う。だから俺を許すな。
俺は病院も自分もソヨンも手放さない」

身元調査の質問に、素直に答えていたヨンジ。
兄はオ・ガンチョルだと知り、
彼が妹に会いに韓国に来れば、
北の軍事戦略がわかると目論んでいた南の役人。

ヨンジはハナ院という脱北者の定住施設へ。

独房から出され、
治療を受け生きてるガンチョルと再会し、笑みがこぼれるチョイン。
どこへ連れて行かれるのか訝りながら収容所を出た二人を
北の公安ヨンたちが待ち構えていました。

父の手を握り、
「チョインが来たのは僕が5才のとき。
それ以来、父さんは一度も僕に微笑んだ事がない。
父さんの愛が欲しかったのに、
認めてもらいたかったのに、一生懸命生きたのに、
あなたは常にチョインだった。
僕はもう誰も失わない。僕を許さないでください」と、涙して語りかけるソヌ。
脳の損傷で表情が出ない院長、
でもソヌの声は、手のぬくもりは届いていて、
心の中で可哀想な息子を哀れんでると思いたい。


チョインは見つからなかったと報告するソヌに、
遺品の指輪と遺灰を差し出すオ理事。
昨日まで生きてたのにチョインのはずないと知りつつ、
葬式をすることにしたソヌ。
いなくなれば好都合と考えてた副院長だけど、
現実を目の当たりにし、涙が浮かんでいました。

ソヌの想像は、当たらなくも遠からずで、
チョインもガンチョルも、北へ送還されれば死んでいたのでしょう。
だから途中で逃げようと
チョインに目で合図するガンチョル。
車には密取引の小麦粉がたくさん積んであり、
それを公安にぶっかけゴタゴタした隙に逃げることに成功。
口で計画を言わなくても、
ちゃんと通じ合うチョインとガンチョルが良いわ~。
公安に発砲され、咄嗟にチョインを庇い、一緒に逃げるガンチョル。
カッコイイのだけど、小麦粉で顔が真っ白ってのがギャクっぽくて…^^;

どうやって手錠を外した?というツッコミは無しにして、
二人はヨンジが住んでたアパートへ。
おじさんからヨンジが託した写真を受取り、
南へ行ったと聞いたガンチョル。

捜索願いのポスターと跡形もなく、
「俺を捜すのをやめたんだ。
俺のような奴がいななってもどうでもいいんだ」と絶望するチョインに、
「お前に何かあったように、探してる人に起きたのかも。
俺達の方から捜そう。
書いてあった番号は南のだった」と励ますガンチョル。
パッと顔が明るくなるチョイン。

チョインを探してる人も妹もいる南ヘ一緒に行こう、
その希望を叶えるため、ヤクを取り返すことに。

ヤクを1人占めしようと企んでたのに、
戻ってきた二人にシドロモドロのチェ・チス。
キソクを殺したことはもちろん言わず、
「自分だけ生き残りました。申し訳ない。
ヤクは俺が保管してました」と言うチスを信用し、
取り引き相手のボスが住む場所へ
チスとチョインと共に向かったガンチョル。

以前、診療療した場所と同じような円楼に、
引っ掛かりつつも、思い出せないチョイン。

ガンチョルのおかげで命があると感謝し、
高額でヤクを買ってくれたボス。
多過ぎと遠慮するガンチョルに、
「逃亡者が生き残るには大変。
どこにいても連絡をくれ」と言い、武器まで用意してくれたボス。
取り引き内容はナンだけど、いい人だねーーー(゚ーÅ)

南の国家情報院のチョンさんに電話してるガンチョルに、
「南に降伏するんですか?」と怒るチス。

ヨンジは無事に韓国にいると聞き、
見えない電話の向こうに頭を下げて感謝し、
これから向かうと告げたガンチョル。

これでもう大丈夫、
そう思ってたガンチョルとチョイン。

そして中国に電話し、兄が来た事を聞いたヨンジも、
近い日に会える日を待ちわびていたのでした。
チョインが残した手紙を見つめ、
「兄が来るです。私はもうすぐハナ院を卒業できます。
そうしてたら会いに行ってもいいですか?」と語りかけ、
涙が溢れるヨンジ。

死んだと思われるキソクたちを送り、
「生きていても家へ帰れるし、死んでも家に帰れる」と言うガンチョル。
「俺も帰ると思います?」とチョイン。
「お前は生き延びなければ。
砂漠で必死に俺の足にしがみついてきた。
生きようといる強い意志があった。
お前は撃たれて見捨てられた。
真実を見つけるまで生きなければ」とガンチョル。
「兄さん、韓国へ行けば見つけられるよね?」とすがる目のチョイン。
「きっと見つかる」とガンチョル。
ガンチョルの言葉一つ一つがチョインを勇気付けていました。

円楼を出る三人を見ていた北の公安。
そう・・・チスが裏切ったのでした。

途中で道が違うことに気付いたガンチョルに、
「南へ行くなんてこれっぽっちも思ってない」と言い、
ナイフを突き刺し、発砲したチス。
更にチョインに銃を向けるチスの足に、
瀕死の状態でナイフを突き刺すガンチョル。
ガンチョルから金を奪い、
トドメを刺すように何度も発砲し、行ってしまったチス。
全く、酷いヤツだーーー
それにしても念のためにボスがくれた武器が、
こんな形になろうとは・・・。


撃たれても、刺されても、生き延びたガンチョルだったけど、
今度ばかりは蜂の巣状態・・・(T_T)
「必ず助ける。絶対に諦めちゃダメ」と必死なチョインに、
「自分の状態はわかる。ヨンジを頼む」と笑い、
キラキラ太陽が輝く広い空を見つめるガンチョル。
もうすぐ自由が待っていたのに、
待ち望んでた妹に会える寸前だったのに・・・。

ヨンジと写った写真を託し、
「光のような子だった。守ってあげられなかった。
国境を越えたら南の役人が待ってる。
俺の代わりに妹を頼んだぞ」と告げるガンチョル。
諦めるな!と叫び、ガンチョルをおぶり、
北の公安から逃げるチョイン。

そんな中、足手まといにならないために、自ら頭を撃ち抜いたガンチョル。
こんな最期になるなんて・・・
でも最後まで自分を守ろうとした弟の背中で逝けて、
少しは幸せだったのかもしれないし、
仲間を見送った時に話してたように、
これで家に帰れたのかもしれません。。。


「兄さん!」
何度も叫び、兄の遺言を叶えるために必死に走るチョイン。

チョインの葬式の連絡を受け、泣き崩れるソヨン。
急いで帰国し葬儀の遺影を見ても到底信じられず、
「片づけて!ソヌさんだけは信じないと」と叫び、
祭壇をメチャメチャに。
悲しいシーンなんだろうけど、
何てことするのよーーと呆れてしまった。(ファンの方すみません)
納得させようと形見の指輪を見せるソヌ。
紛れもない揃いのペアリングに、慟哭のソヨン。

おめかししてチョインに会いに病院へ来たのに、、
お葬式が執り行われていて、へたり込むヨンジ。
彼女はチョインのカメラに残ってた女性だと気付いたソヨン。

「私が一緒に空港に行っていれば良かった。
チョイン先生はお父様の手術を心配していて、
てっきり戻られたと思ってしました」とヨンジ。
「なのになぜ砂漠に?」と呟くソヨン。
自分がチョインの居場所を社長に教えたせい…と感じ、
申し訳なさでいっぱいのヨンジ。

でも思い返せば、
社長はチョインを詐欺師だから見張れと言ってた、
脱北者と訴えると脅されたから、
つい病院にいると話してしまったけど
でも後チョインを病院から逃がしたし、
「私のせいでこなったんじゃないですよね?先生」と、打ち消すヨンジ。

元気なチョインの姿を見て、安堵するソヨン。
でもそれが幻影だとわかると、かえって寂しさが募り、
「もうどこにもいないのね…」と泣き崩れ、
そんな姿を見て、「すまないソヨン。苦しむのは今日だけに。
もうつらい思いはさせないから」と心で語りかけるソヌ。

チョインの死亡届が受理され、これてこの世に存在しない人間に。
権限は再び副院長に戻り、
早速、邪魔なキム・ヒョンジュ医局長を左遷。

チョインの葬列を見送り、
「あなたが病院をチョインに譲ると言わなければ、
あなたもチョインもこんな事にならなかった。
これで終わりでいいわね?!」と語る副院長。
意思表示は出来なくてもその声は届いていて、
ひと筋の涙が流れる院長。
死んだチョインを思ってなのか、
妻や実子を苦しめている痛みなのか・・・。

チョインの納骨が終わったとき、
ガンチョルの遺骨を抱いて韓国に降り立ったチョイン。
「兄さん、見えますか?あんなに来たかった韓国です。
愛する人も、砂漠に捨てられた理由も、
兄さんの妹ヨンジさんも必ず捜し出します・・・」

「カインとアベル」他の回はこちらです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック