IRIS -アイリス- 第18話(TBS版#17)

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
大統領からアイリスの実体を暴いて欲しいと頼まれたけど、
また悪夢に戻るのが怖いと感じていたヒョンジュン。
渦中にいる時は必死だったけど、
スンヒの元でゆっくりと眠り、幸せを噛みしめた今、
両親の死の真相や自分がなぜ選ばれたの突き止めるより、
もうこのままでいたと気持ちが強くなってるようで・・・。

ミジョンが無断欠勤し「この忙しい時に。連絡しろ!」とパク室長。

忙しい時なのにスンヒはヒョンジュンと婚前旅行…

ヒョンジュンとスンヒは済州島で幸せな時間を過ごしていました。
しかし誰かからの一本の電話に顔が曇り、
一足先に帰ったスンヒ。
そして、プッツリとヒョンジュンと連絡を断ってしまったのでした。

移送ルートで待ち構えていたアイリス軍団の刺客の銃撃に遭い
国家情報院の職員たちは簡単に全員死亡…(>_<)
と、いう訳でペク・サンやサウらは逃走に成功。
ルートは臨時局長とパク室長しか知らないのになぜ???と思いきや、ミジョンがビックに渡した情報はコレだったのね。

スンヒと連絡が取れなくてヤキモキしてる最中、
パク室長から二人の脱走の連絡を受け、
ソウルへ戻ったヒョンジュン。
NSSに戻るか迷っていたけど、否応なしに戻る運命に。

青瓦台は逃げたペクたちの追跡をNSSに任せ、
国家情報院には協力するよう指示。

ペクたちはアイリス本部が用意したアジトに到着。
そこには各国の精鋭たちが集まっていて、
彼らの指揮をサウに任せたペク。

逮捕されたサウはこれで終わったというような安堵の表情が浮かんでたように見えたけど、
サウもヒョンジュン同様、
否応なしに抜け出せない運命に飲み込まれてるのね。

護衛総局復帰を望むチョリョンに、
「許されるなら故郷に戻り静かに暮らしたい」とソンファ。
南へ行く補佐して欲しいと考えていたチョリョンだけど、
ヒョンジュンへの思いを封じ
「南へは行きたくない」と言うソンファの気持ちを汲み、
「お前には幸せになって欲しい。もうつらい道を選ぶな」と
送り出したチョリョン。

NSSに到着し、ミジョンの死を聞き愕然のヒョンジュン。
ミジョンを解剖する日が来るとは…と嘆くオ室長。
あなたがカードを貸さなければ、
ミジョンは死ななかったかもしれないのよーー。


犯人の指紋はないし、殺害方法からプロの仕業、
パソコンは壊されていたけど復旧させた結果、
ユ室長の端末をハッキングして護送の情報を盗んでいたと判明。

こんな時にもスンヒと連絡が取れず不安が膨らむヒョンジュン。

南北首脳会談を阻止する目的で武装集団を集めているけど、
この兵力じゃ無理だと感じたサウに
大統領を殺せば終わると告げるペク。

ミジョンのプログに載ってた恋人とのツーショット写真から、
男は秋田でゆきを殺した奴と気付き、
ヨン・ギフン委員暗殺もこの男の仕業、
アイリス所属の殺し屋に違いない、
この男がサウたち近づく手掛かりだとヒョンジュン。
NSSは写真から身元を割り出すことに。

スンヒが事件に巻き込まれたかもと不安なヒョンジュンに
済州島に要員を送ると約束し
ペクとサウの捜索を任せたパク室長。

ペクたちの足取りは掴めぬままだし、
情報流出の問題もあるし、アイリスが潜んでいて危険で
首脳会談の延期を提案するチョン秘書室長。
しかしそれでも強行するチョ大統領。

首脳会談強行を勧めていたアイリス側のホン広報室長。
寝返ったわけじゃなく、
大統領を暗殺する為、その場に登場させたいわけね。

ソマンという強い殺傷能力のある化学兵器を使い、
あるビルの占拠を目論んでいたアイリスの武装集団。
このビルは逃走が難しいと反対するサウ、同意するペク。
計画を考えたリーダー格は、
ポッと出のサウが指揮を執る事も
ペクがサウの味方する事も面白くなさそうな感じで
造反しそうな気配がプンプン。

ペクが誰かを秘かに拘束してると聞いてサウ。
様子を調べに地下へ行くと
「スンヒのことは指示どおりに」と誰かと電話で話すペクが!

ペクの元へ行き「疑問だらけで混乱してます。
自分が人生と命を懸けてる組織の実体も
局長を通じてしか知れないし、
スンヒとの関係も気になります。
局長の彼女への配慮は特別でした」と気持ちをぶつけるサウ。
「答えは簡単。立場以上の事を知ろうとするな。
お前と既に中心部にいるんだ。
スンヒの事は頭から消せ。
思いを寄せるのは1番危険なこと」とペク。

これで納得・・・できないでしょうーーー。
ペクの答えに考え込むサウ。

逮捕したアイリス関係者が持ってたデータから、
南で別の陰謀が進んでると知り、
「危険を知り委員長を行かせるわけに行かない。
アイリスについてはお前が詳しい」とソンファに分析を頼んだチョリョン。

受け取ったUSBを開き、
データの中に「チェ・スンヒ」の情報を見つけ、
南への同行を申し出たソンファ。
まさかスンヒもアイリスの一員だった?!
…と、この時点で疑ったんだけどねぇ。


ペクたちを乗せた護送車が襲われた現場には
特殊な軍靴の足跡が残されていたと判明。
またミジョンのプログからワインを飲んでる写真を見つけたテソンが
このワインはコレクター向けの限定品なので
買った人物を特定できるかもと気付き、
着々とアイリスへ近づいていくNSS。

NSSに戻ったスンヒに安堵するヒョンジュン。
しかしスンヒはなぜか素っ気無い態度を取るばかりで。。。

話そうと言っても忙しいと避けるスンヒに、
「テロ軍団に拘束されたお前は
誰かの電話一本で解放された。
なぜなのか気にならないのか?」とヒョンジュン。
ラブラブ旅行に出る前に、
なぜこの疑問をぶつけなかったんだろ?
今になってそういやーーと思い出したって事なんだろうか。

しかし別にスンヒを疑ってるわけじゃなさそうで、
「お前が心配なんだ。ペク・サンとサウ狙うかも」と。
スンヒは明らかに動揺して何かを隠してる風なんだけど、
ヒョンジュンは、「スンヒが狙われる」と心配そう。

突然、ソンファから南に来てると連絡を受けて会いに行き、
「アイリスの資料からスンヒの情報が出て来た。
抹殺の対象と見てるのでは?」と聞かされたヒョンジュン。
ソンファが情報を見つけたとき、
スンヒはアイリスの一員だと思ったらそういう訳ね^^;


会談準備の話し合いの最中、
チョン秘書室長にアイリスの調査状況について話そうとするチョリョン。
ホン広報室長の顔色を伺い、席を外させたチョン秘書室長。

チョリョンが新しい情報を掴みチョン秘書室長に伝えてる、
チョン室長は自分を疑ってると
ペクなのかサウなのか黒幕に電話するホン室長。
そして帰りの車にチョン室長だけ乗せ、
車を爆発させるという暗殺の手助けをしたのでした。
あーあ・・・チョン室長が逝ってしまうとは・・・。
爆発の直前、早く降りてーーと叫びたくなったよ。。。


爆弾を仕掛けたのはビックでした。
作戦完了を見届け
立ち去るビックを見かけ追うヒョンジュン。
車の乗りこむのところに銃を向けるソンファを
「あいつが唯一の手掛かり」と止め、車を追うヒョンジュン。

「IRIS -アイリス-」他の回はこちらです。


IRIS〔アイリス〕 <ノーカット完全版> BOXII [DVD]
ポニーキャニオン
2010-09-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by IRIS〔アイリス〕 <ノーカット完全版> BOXII [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2010年08月26日 21:06
>忙しい時なのにスンヒはヒョンジュンと婚前旅行…
ねぇ(苦笑)。
サウの旅行の相手はペク・サンなのに・・・って違うか(苦笑)。
ビル占拠計画を考えたリーダーは何かやらかしてくれそうですね。
それにしてもチョン室長まで・・・。
2010年08月28日 18:52
sannkenekoさん、こんにちは。

パク室長の「この忙しい時に!」の後、二人のラブラブ旅行を見せられ、ここってお笑いシーンかっ( ̄ー ̄?)..と思っちゃいました。
お熱い二人を見ても良かったねーーと思うより、呆れる気持ちが強くて困ります。。。

>サウの旅行の相手はペク・サンなのに
思わず吹き出してしまった~(爆)

そのサウをリーダーに据えたペク・サンですが、傭兵たちは納得してない様子。
逆らいそうな雰囲気がプンプンですよね。
それにしてもペク・サンは相当サウを買ってるんですねぇ。

チョン室長は・・・本当にお気の毒です。。。
ホン室長を警戒してたはずなのにーーー(:_;)

この記事へのトラックバック

  • 「IRIS-アイリス-」第17話

    Excerpt: 第17話 『ついに最終章突入!進む大統領暗殺計画!恋人が謎の失踪』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮) racked: 2010-08-26 20:42
  • 『IRIS-アイリス-』第17話

    Excerpt: 第17話おお、秘書室室長が殺されちゃったよNSSに戻るつもりはないと宣言したヒョンジュンはスンヒと済州島へイチャイチャ旅行。確かに核テロは阻止した―サンとサウは逮捕した―波乱... Weblog: もう…何がなんだか日記 racked: 2010-08-29 15:08
  • 韓国ドラマIRIS展

    Excerpt: 本国のみならず日本でも人気の韓国サスペンスドラマ、「IRIS-アイリス-」の魅力を伝える「IRIS-アイリス-展」が大丸心斎橋店本館で行われている。13日まで。入場は午前10時~午後7時半(同8時閉場.. Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2010-09-05 09:35