善徳女王 第38話

トンマンが砂漠にいた頃、関った大勢の商人たち。
彼らとの出会いが生かされるときが来るとはね~。
今回は冷静に見極め、余裕を持ってる感じのトンマンが印象的。

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
大事な三韓の地図で紙風船を作ってたチュンチュ。
怒ってるピダムに悪びれる様子もなく「誰?」
こんな態度に益々腹を立て、
「折り紙じゃねぇ!」と叩き続けるピダム。
大切な物なのはもちろんのことだけど、師匠の形見だもんね・・・。

延々と続いた折檻が終わり、チュンチュが何者か尋ねるピダム。
チュンチュの鋭い視線を感じながらも、
チョンミョン王女の長男キム・チュンチュで
チンジ王が廃位されなければ、れっきとした聖骨の身分だと教えたヨムジョン。
チュンチュが三韓地勢を盗めと命じたと勘ぐるピダム。
自分の独断でやったと否定し、
「持ち主はユシンではなく
チュンチュ公と思ったからだ」とヨムジョン。

渋々、折った紙を元通りにしてたチュンチュに
順番がバラバラだと怒るったピダム。
すると、合っていると思うと言うチュンチュ。
一度見ただけなのにページの順を覚えてるなんて、
只者じゃないと見直したピダム。
さすが、俺の甥っ子と思ったのかも~?

態度といい、笑い方といい、
何かとシャクに触るヨムジョンを成敗しようとしたピダム。
「共犯じゃないか~。
お弟子さんと戦って負けて死んだ」と煽り、笑うヨムジョン。
トドメを刺したわけじゃなく、殺そうとしたのは事実、
痛い所を突かれて、固まってしまうピダム。
調子に乗って…というか、
ピダムの弱い部分を見抜いているようで、
手を組もうと持ちかけるヨムジョン。
乗るか!と思いつつも、彼を殺せないピダム。

「三韓地勢を書いたのはムンノだが、金を出したのは俺。
俺の組織を総動員して助けたし、
なのに赤の他人のユシンに渡すなんて許せない。
お前だって同じだろ?
俺は密偵組織を持っている。組織をお前と繋げてもいい。
ミシル様と共にチュンチュを王に立てよう」と
追い討ちをかけるヨムジョン。
ヨムジョンの頬を切りつけ、
「その傷がうずくたび思い出せ。裏切れば命はない。
次の王はあのガキじゃない」と告げ、地図を持って去ったピダム。

「チュンチュを王に立てるなんて。
母上(←心の中とはいえ、こう呼ぶとは…)は何を考えているのか…」と怪訝に思うピダム。

ユシンが風月主となり、チュクパン、ウォルヤなどが出世。

街に出たチュクパンたちは市場で、
飢え死にしそうな幼い子のため、
穀物が欲しいとすがる民と
「日照りのせいで品はんてはない」と邪険に断る商人に遭遇。
商人は置いてある品は「売れた物」と嘘をつき、
民が差し出す品じゃ全然足りんと言わんばかり。
また喧嘩かと思った矢先、
とうとうキレた民が商人を殺してしまう事件にーーー。

ユシンから剣を教えてもらっても、
体から「やる気ナシ」が漂っているチュンチュ。
そこに事件を知らせるチュクパンたちが来て、
身分を悟られないために隠れるチュンチュ。
チュクパンたちは大切な情報源だから?

ユシンら花郎たちが駆けつけると、
商人を殺した民は、子供を人質を取って斧を振り回して興奮状態でした。
隙を見て竹をぶつけ、犯人は捕まったのだけど、、、

殺人事件の原因は、穀物の価格が高騰したこと告げるユシン、
この数日の値の上がりようは半端じゃなく、
自分が商人を当たり調べると名乗り出たピダム。
そしてアルチョンとトンマンも先入捜査に加わることになりました。
どの店に行っても、殺人事件の時と同じように、
この品は売約済みと断られてしまいました。
「金三両で」と大金を持ちかけてもダメで、
絶対に裏で糸を引く人物がいるとピーンと来たトンマン。

ユシンたちが回った市場も同で、誰が買ったか調べることに。
じゃあ、誰が調べる役目に…となると
雲を掴むような話に郎徒たちが俯く中、
ソファにいい所を見せようと「俺がやります!」と買って出たチュクパン。

店から運び出された穀物は、金持ちに屋敷へ向かっていて、
その中の一件がハジョンの屋敷でした。
前よりも高い!と文句を言いつつ、言い値の金を払い、
「市場に穀物が入り次第、
全部買って持って来い」とハジョン。

ハジョンだけじゃなく、ソルォンやセジョンの所にも。
価格を上げてまで買い占めていることに疑問が残り、
王様に相談したトンマン。
「飢饉が続くと王室から救じゅつ米(貧民を救うために出せれる米)を出すが、貴族も同様。
十数年間、王室より出してるのがミシル」と言う王様。
なぜ無償で出すものを高い価格で買い占めるのか…、
やっぱり引っ掛かる残るトンマン。

ユシンから教育係から外れると告げられ、
「お前は真面目で愚鈍だから合わなかった」と言いつつ、
ちょっと寂しそうなチュンチュ。
そして次の教育係としてピダムを紹介され、唖然・・・!
何とか逃れようとユシンにすがるチュンチュだけど、
二人のイザコザを知らないユシンが聞き耳持つはずもなく、
鬼のような先生に師事するハメに^^;
「王女はまだ穀物価格を調べてる?」と恐る恐る聞くチュンチュに、
「叔母様になんて口の利き方」と怒るピダム。
「人の事言えないだろ」とチュンチュ。
二人の意外な共通点なのねーーー。

チュンチュの能力を計ろうとしたのか、
「貴族が穀物を買い占めて高値になってる。
貴族の意図は?」と尋ねるピダム。
「利益を得ようとしてる」と答えるチュンチュ。
だからーー!損するって言ってるのに呆れるピダム。
「物だけで勘定するから答えは出ない」とチュンチュ。
そうか・・・!と閃いたピダム。

トンマンはミシルに直接当たってみることに。
「商人なら価格を上げて儲けようとするのはわかる。
でも貴族は損をすることもある。
なのになぜ買占めをして民を苦しめるのです?」とトンマン。
「なぜ民が苦しむのです?
飢えて貧しくなったらどうしますか?とミシル。

国史で、過去同じような飢饉だったとき、
貴族たちの米や麦が増えてることを確認、
「貴族は高利貸を行うため。
民がお金を返せなくなれば土地を奪われ小作農に。
凶作が起きるたび、貴族は領地を拡大し税収を増やしてきた。
その結果、王室は税収が減る。
翌年、救じゅつ米を出し、民心を安定させる」と答えに行きつき、
答えを導けたのはミシルのおかげと言うトンマン。

貴族が自分達の金で買ってる以上、罰することもできず、
食い止める方法はない。
法で定めれば良いが、和白会議で反対される」と行き詰まるユシンに
「法に頼りません。商売は商売で返す。
私が育った砂漠には各国の優れた商人が貿易していた。
商売に出てみましょう」とニヤリのトンマン。

「王室の財産で食い止めればいい。私に全権を」と
御前会議で名乗り出たトンマン。

ヨムジョンを脅し、使うことにしたピダム。
仲買人に扮したヨムジョンが商人に穀物を売りつけると、
貴族からもっと金をふんだくれる!と思った商人は、
大量の穀物と良い値段にすぐ乗ってくれ、
計画は順調に進んでいきました。

穀物が出回ったおかげで、値は更に上昇。
「利益ではなく民の自作農没落が目的なので、
貴族はこのまま買い続けるでしょう。
そしてふと気付くのです。
あまりにも高値で買い過ぎたと」とほくそ笑むトンマン。

市場で大量の穀物が出回ってると報告を受けても、
特に気に留めてなかったセジョンとハジョン。
でもなんか引っ掛かりミシルに相談、
ユシンを呼んで聞いてみることに。
「王女様は、王室の蔵を開ければ
財政が良くなると言ってた」と答えるユシン。
王室が商売だと!と訝るソルォン、
黙っているけど動揺してるようなミシル。
この様子に作戦が成功してると感じてたユシン。

花郎の中でも動揺が広がっていました。
価格が下がると父上に言わねば!と心配するトクチュンたち。
↑こちらは財力があるお家で、ハジョンらと同じ穴のムジナ。
一方、ソップムやパグィたちはそうじゃなく、
「今ある土地を維持できなくなる。
自作農の土地を無理して買ったのに」と慌てていて、
こちらは奪われる民側なのでした。

貴族たちが穀物を売りに出し始め、価格が少しずつ下降し、
安堵するトンマンたち。
計画どおりにことが進み、次の段階へ。

穀物価格の対策会議を取り仕切るトンマンに、
「価格が上がるから穀物を出すとは失望しました。
王室が民相手に商売を?」と次々と意見するミシルたち。
臆することなく、
「私の方法で救じゅつ米を準備してます」とトンマン。

急遽、穀物を売ろうとしたソップムやトクマン。
しかし、穀物の在庫が多いから買い取れないと断られ、
その様子にニンマリのユシンとアルチョン。

時期に価格が下がって市場が安定すると言うトンマンに、
買った側が売りに出さなければ?とミシル。
「耐え切れないはず。
今、ソヒョン殿と協力し、
兵糧米も出している」と余裕の笑みを浮かべるトンマン。

「本当に市場に穀物がなかったのではなく、
貴族が自作農の没落を狙ったのでは?
私は民を相手に商売してない。
貴族を相手にしてるのです」と切り出すトンマンに
ドンドンと顔が強張っていくミシル。
兵糧米を出して戦争になったら大変だと反撃するソルォン。
「出すと公表だけして出さないことも出来る。
価格上昇は本当に穀物が無いのではなく、
無くなると思わせ買い込んだせいでは?
それと同じです。
出すと噂を流せば、皆売りに出す」とトンマン。
それでも貴族が売らなければ?と悪あがきのミシル。
「貴族は耐える事が出来ますか?
耐えるには高く買い過ぎたのでは?」とトンマン。

「善徳女王」他の回はこちらです。


「善徳女王」公式ノベライゼーション 第3巻
TOKIMEKIパブリッシング(角川グループパブリッシング)
柳 銀京

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック