人生よ、ありがとう 第22話

良い方向にまわり始めたと思ったら、
不幸の始まり…って感じもあり。。。

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
うつ病になりかけてたヨンギョンだけど、
子供たちからの愛情で元に戻りました。
おやつを削ってバス代にしてくれたミン、
おぼつかない手で水を飲ませてくれるジュン、
二人の為にも回復しなければ・・・ね。


ヨンギョンの治療費が免除になるよう、
臨床試験の対象にと考えてたインソク。
国内が難しいならダメならアメリカへと広げ、
返事を待ち続けていました。
と、いうわけで自分の体調の事は後回しに。
先日、倒れた後の血液検査の結果が芳しくなく、
自分の体を大切にしろ!と釘を刺すキム先生。
でもインソクは、ヨンギョンの為に身を削る事をやめないだろうけど。
病院内では、
「二人は元恋人。
イ先生は人妻の彼女を思い続けている」
という噂が広まっていました。
看護師から噂を聞かされ「面白い?」としらけた目を向けるユンソ。
純粋な愛情を、面白おかしく言うなんて
まるで自分とジンスの事を汚されてる感じで腹が立つのでしょうね。

ユンソから決別されて、魂が抜けた状態のジンス。
電話が鳴ってハッとしても、相手は遊び相手の女優で落胆。
ちょっとーーーそれは無いでしょう。
その女優は自宅に電話にまでかけてきて、凄い剣幕。
妻としてキッパリと応対するユンソクだけど、
落胆してるジンスを見てると、いっそこの女優との関係のような遊びだったら…と思ったことでしょう。

「よく頑張った。君は強い。ガンは克服できる」とねぎらうインソクに、
「家族に迷惑かけて死ぬ人も多い。
手術しても薬が…。母さんが恋しい」と不安を吐露するヨンギョン。
いつも強いヨンギョンの弱気な姿に胸が痛み
勇気づけようと“ジンス患者の集いに”連れて行ったインソク。
「治らないものはしょうがない」
受け入れるまで苦難があったろうに
つらい思いを乗り越え前向きに生きる患者たち。

次にインソクが連れて行ったのは、父の遺灰を撒いた場所でした。
覚えていてくれた事に驚き、
亡き父を思い涙が流れるヨンギョン。
残された者の悲しみが十分わかるだけに、
愛する人たちに同じ思いをさせたくないと思っただろうね。
さっき会った患者たちのように、病を前向きに受け入れ
手術を受ける決意をしたのでした。
「いいぞ。頑張れ」と手を握るインソク。

病院に戻るとあれほど拒絶してた薬を飲んでくれ
ホッと一安心のインソク。
落ち着くとインソクの顔色が悪いのに気付き、
「いつも春先に食欲がなかったわね。
ちゃんと食.べて」と気遣うヨンギョン。

廊下で二人の会話が聞こえ、複雑な心境なユノ。
入りづらいけど母の手前、とりあえず中へ入りました。

ジスト患者に会わせた事、肺炎が治った事を告げ
小腸の手術日も決め、テキパキと事を進めるインソク。
一方、自分はヨンギョンの為に何もしてあげられず、
入院費や手術代もインソクが支払い済みだったし、
インソクに感謝しつつも、歯がゆそうなユノ。

インソクがヨンギョンの為に、
臨床試験の対象者にしてもらおうと奔走していること、
しかも韓国では例がないので、らアメリカと交渉中なこと、
その為に毎晩徹夜してると聞かされたユノ。
教えたのはユンソで、なんでわざわざ?と思っけど、
ユノとインソクの橋渡しをしようとしてるかも。
そして、インソクは昔から肝臓に欠陥があり、
無理して悪化してるようだと教えたのでした。

ユンソが心配してたように、疲れがたまってたいたインソク。
無理しすぎで鼻血が出てしまったけど、
まいったな~という感じで苦笑いしていて、
そんな姿を見たユノは、申し訳なく思ってるようでした。
夫として不甲斐なくて情けないかもね。

感謝を伝えるユノに、
「逆の立場だったらどうしますか?
昔の恋人がそうだったら」とインソク。
確かにインソクの言う通り、放っておけないでしょう。
でもそれは「お金」があればの事で、
仮に今、そうなってもユノは成す術がないのよね。
余裕が出来たら返してくれればいいと
気を使わせないでくれるインソクに、甘える事にしたユノ。

ヨンギョンを見舞った後、
親戚の家に泊まると言って帰ったユノの母。
・・・と思ったら、ユノ兄を騙した詐欺男を見つけようと、
その男が住むマンションへ向かいました。
見つけたら食って掛かって、巻き込まれちゃうんじゃ?
と心配してしまったけど、そこは大丈夫でした。

マンションを張り込んで、男を発見した後は尾行し、
行き先をユノに知らせてくれました。

血相替えて飛んで行くユノだけど、タクシーが捕まりません。
こんな事もあろうかと車を出してくれたインソク、
あなたはどこまでいい人なんだ~~~。
男がいるクラブに乗り込み、
インソクと力を合わせて詐欺師を拘束し、警察へ突き出す事に成功。

一段落つき、殴られた顔を冷やすために缶コーヒーをくれたインソク。
二人で缶を顔に当ててる図が何だかおかしく、
思わず笑い出し、「妻の昔の恋人はいいヤツだ」とユノ。
「ヨンギョンのご主人はいいヤツ」と笑うインソク。
モヤモヤした感情は吹っ飛んで、
心地よい時間が流れていました。

何もかもがうまく回りはじめたように見えたけど、
インソクの体はボロボロで、
とうとう肝臓に痛みを感じるほどに。

ミニの母・ファジャが本当に逮捕され、警察へ急ぐギョンスク。
しかし一文なしのファジャから一銭も取れず、
泣き寝入りするしかありません。
自分の母のせいで悩むギョンスクに
申し訳なさそうなミニ。

ユンソに言われた事を思い返し、
気持ちにケりをつけようと携帯のユンソの番号を削除したジンス。
でもやっぱり忘れられず、痛々しい表情。
そんなジンスに歩みより「つらい?
自分だけが大事だった人が、誰かと為に悩むなんて。
…好きなら行って」と手放す決意をしたユンソク。
離婚は了解せず(子供たちの将来もあるしね)、
「ずっとあなたを待ち続ける。
気が変わったら家族の元に帰ってきて」と
精一杯の譲歩をしたのでした。

そんなところに、遊びで寝た女優が絡んできました。
無視して行こうとするジンス、
しかし嫉妬に燃えた女優は、車で突っ込んできたのでした。
咄嗟にジンスを突き飛ばし、撥ねられたユンスク。

ユンスクは命は助かったけど、下半身麻痺に。
噂好きの看護師の話から事の顛末を聞き、動揺するユンソ。
「なんでこんな事に」と嘆く神父様。
けど、元々ジンスの女遊びが原因なのよね。
それはジンスも十分わかっていて、
自分を庇いこんな目に遭ったユンスクに付き添い慟哭。

ヨンギョンが臨床試験の対象に決定~。
自分の事のように大喜びして、早速教えにいきました。
手術すると決めたものの、インソクに負担をかけるが心苦しかったヨンギョンにとって、本当に嬉しい知らせでした。

しかし良い事ばかりは続かず、
肝臓の痛みに襲われ、ユンソにエコーで見てもらうと、
そこには悪化した肝臓映っていたようで・・・。
えっ?!そんな最悪の事態じゃないでしょうねーーー?!

以前から生理不順だったんで気に留めてウ先輩は、
とうとう、妊娠検査薬でビンゴと判明。
ようやくだわ^^;

「人生よ、ありがとう」他の回はこちらです。


人生よ、ありがとう DVD-BOX 2
メーカーオリジナル
2009-05-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック