エデンの東 第50話

「愛のための選択」

☆感想とあらすじ(ネタバレあります)☆
ヨンナンにブーイングの配下たちでしたが、
ボスのクク会長の参上に大人しくなりました。
改めて理事会を再開し、
クク会長が後継者に指名したのは「イ・ドンチョル」
「文句のあるやつは出て行け」と迫力のクク会長に
誰1人反対する者は…、
いや反対出来る者はいませんでした。

ヨンナン1人では抱え切れないから
ドンチョルに託したクク会長。
財産なんて捨てていいとヨンナンは言うけど、
手下たちがヨンナンを生かせておくはずないでしょう。
ドンチョルを守るために身を引いたのに
反発するヨンナンに、
「お前はもう1人じゃない」と説得するドンチョル。
「どうしていつもそうなの?
自分の為に生きて」と出て行ったヨンナン。
飛び込みたい気持ちは山々でも
ドンチョルを巻き込まぬよう、強がっているのでした。

「ヨンナンの妊娠は嘘。
お前を私から引き離すためだった」とクク会長から教えられ、
ヨンナンの思いに涙がこぼれるドンチョル。
互いを思い身を引くドンチョルとヨンナンを
「二人とも意地っ張り」と笑い、
ドンチョルへの思いを語るクク会長。
初めて会った時、目を見て只者じゃないと感じ、
“ライバルだ”“後継者候補だ”と葛藤した日々…、
そして「人生のゲームでお前に負けたけど、
一番まともな勝負が出来た」と。。。

交際に頑固に反対したのも
テソン電子の買収に反対したのも、
ライバル心や勝たないのではという妬みだった、
死期が近づき、素直な気持ちを打ち明けられて、
すべてを託したドンチョルに手を延ばすクク会長。
色々あったけど、会長に助けられ、鍛えられ、
多くを学んだのは事実で、
感謝をこめて手を握り返し、嗚咽のドンチョル。
「ヨンナンを守って欲しい」と頼み、
「安心してください」とドンチョルの言葉を聞き、
安心したように意識を失ったクク会長。

てっきりこのまま・・・と思ったけど(ごめんなさい…)
無事、持ち直しました。

あくまでも意地を張り、自分の為に幸せに生きてと言い
とめどなく涙かせ流れるヨンナン。
「マイクの子がいたら愛せないとでも?
だから遠くで見つめていたと?
ここに来たのはお前と子供の為だ」とドンチョル。
強がってたヨンナンも、ドンチョルの思いに打たれ
愛する人の胸に飛び込む決意を。
ここのシーンでドンチョルが涙を拭くシーンがあったけど、
ヨンナンの頬に涙はないじゃないーー。
跡は薄っすらと…。
それまで散々ヨンナンは泣いてたのに残念!
感動シーンなのに変なツッコミをしてしまいました^^;


グァンフン側のボスが会いたいと申し出てきて、
グァンフンを連れて一人で乗り込んだドンチョル。
部下達を引き連れて行ったら、
話し合いどこじゃなく抗争が始まっちゃうもんね。


グァンフンのボスはマイク兄の友人で、
敵対心剥き出しでした。
「私もマイクの友人。
友人を失った痛みはわかります」と言うドンチョル。
この言葉と共に、1人で来た誠意も伝わったのでしょう。

ヨンナンの命と引き換えと告げ、
向こうが出した条件は、
韓国でのカジノの持ち分の請求、
カジノに自分達の組員を常駐させる、
それと同時に彼らに就航ビザを、
マカオのカジノの持ち分を30%にと、
ここぞとばか要求しすぎじゃ?!という感じ。
最後の依頼は、20%でとドンチョルが譲らず、
向こうも渋々納得してくれました。
ただし、「裏切った場合はヨンナンの命を」
というコワーい条件つき

また危険に飛び込んだドンチョルが哀れで、
涙が流れるクク会長。
出来ることなら、健康なうちにドンチョルを後継者にし、
自分が盾になって共に歩みたかったろうに、
重たい責務を背負わせて逝くのはつらいでしょう。

ドンチョルが後継者になった事は、
ギョンテ→テファン→ドンウクに伝わりました。
テソングループとぶつかるは明らかなのに、
ドンチョルが承諾したなんて、愕然のドンウク。

明日は父の命日なので、
来ても来なくてもドンウクを誘って欲しいと言うチュニ。
もう決別されたなんて言えず、
大きな仕事を任され
来られないそうだと答えるドンチョル。

前回、サウジの建設の事で相談されたドンチョルは、
早速、テソングループの不正を新聞で暴露。
ロビー活動は事実だけどそれを棚にあげ、
告発されて、大打撃を受けた事に怒りのテファン。
帰宅してジヒョンに真意を確かめるドンウク。
ジヒョンも自分達の不正を棚にあげ、怒ってる様子。
そんなジヒョンに「お前が主導してた。
ミョンフンが心配してたのはこれだった」とテファン妻。
ドンウクが来て嬉しい気持ちより、
ミョンフンがいない喪失感が大きいようです。

ジヒョンが攻撃されるだろうから、助けて欲しいと
テファンに頼まれたドンウク。
しかし、検事の仕事とかけもちのドンウクは、
四六時中、付き合うのは無理でした。

記者に囲まれ潔白を語るジヒョンだけど、
間に入ったハッサンの事を言われ言葉に詰まりました。
記者たちにハッサンとの男女関係まで疑われ、
すると、「悪意のある質問だ」という声が。
ドンウクではなくミョンフンでした。。。←感動ーー(゚ーÅ)
「夫のシン・ミョンフンです。
ハッサンは僕の同級生。報道は事実もあるでしょうが、
勝手な噂で追い込むのですか?
必要なら僕が捜査に応じます」と助け舟のミョンフンのおかげで、記者達にうまく説明できたジヒョン。

しかしミョンフンへの態度は冷たいジヒョン。
「僕のせいで攻撃されたんだな。
お前はシン会長の使いをしただけ。
目を覚ませ。ホテルに税務調査が入る」と気遣い
情報を教えるミョンフンに、
あのザマを笑ってたくせに!とか
ドンチョルとミョンフンが攻撃してると言い張り、
刺々しい言葉を投げつけるジヒョン。
変わってしまったジヒョンに、悲しそうなミョンフン。
今日ミョンフンが来たのは、
明日の父の命日にテホを連れて行きたいからでした。
絶対に行かせないと頑なな態度のジヒョンに、
「俺のせいで変わってしまった」と詫びるミョンフン。
幸せそうだった二人が懐かしいなぁ・・・。
もう元に戻れないんだろうか(・・・?)


利益は社会に還元してパパと田舎で暮らし
パパが死んだらママの横にお墓を立て、
近くに小さな家を建てて暮らす」と夢を語るヨンナン。
そうすればドンチョルを
危険に巻き込まなくて済むと考えてでした。
しかしドンチョルは、そんな危険など顧みず
「お前の為なら何でも出来る。
これから幸せになると約束しよう。。
俺もそこで傍にいていいか?」とドンチョル。
「全部捨てて私のところへ?」とヨンナン。
しかし、そんな質問は愚問でした。
「それが俺の夢」としっかり手を握るドンチョル。
もう家族の為とか、父親代わりでいないと…とか、
そういうしがらみは無くなったようで
(いい大人だもんね^^;弟)、
ようやく自分の人生を生きて行こうとしていました。

クク会長を逮捕出来ない事で、
マスコミのドンウクへの風当たりが強くなり
検察内部でも兄のドンチョルがクク会長の後継者になり、
ドンウクは四面楚歌状態。
ドンチョルがグァンフンのボスと約束したとおり、
提携の記者会見を開いた事も影響していて、
黒い金がマカオへ流れると
これ見よがしに言う検事部長。

公平に不正を暴けるとドンウクは答えたけど、
検察内部で疑う声も多く、
ドンウクがこの事件を担当するのは無理と判断した検事正。
「引き下がれません」と食い下がるドンウク。

ドンチョルの社長室には、
今も変わらず家族写真が飾ってありました。
大学を卒業した時の、ドンチョルとドンウクの笑顔を見ると、
今の状況がやり切れないミョンフン。
ヤキモチではなく
二人の仲がこじれて行くのはつらいよね。


そんなところに血相替えて飛んで来たドンウク。
クク会長の後継者になったのは、
そうせざるを得なかった理由があったんだろう」と
理解してるミョンフンにカッとなるドンウク。
「だからお前も理解してやれ。
愛する女性を守るために
その道以外なかったんだろう」とミョンフン。
ドンチョルを理解出来るのは
ジヒョンの為に生きてる自分に似てるからなのかも・・・。


ミョンフンの説得に耳を貸さず、
僕に刃物を向けたとか、
ハンソン鉄鋼の時もそうだったとまくし立てるドンウク。
「兄さんが刃物を向けないのはわかってるだろ?
ハンソン鉄鋼の時は
テファンの息子になったお前が押しかけた」とミョンフン。
二人が言い合いしてるところにドンチョルが。

ドンチョルが後継者になったせいで、
自分の検事人生がピンチとなった焦りで、
「シン会長も息子の僕も投げ飛ばす気?
兄さんのせいで検察を追われそうだ。
弟ではなく検事として最後の警告だ。
カジノを手放せ」とドンウク。
何だか一方的。。。
「心配ならテファンから離れろ。
お前やジヒョンを破滅させる気はない。
正しいとか正しくないとかじゃなく、
もっと大事な価値があるんだ」と
わかってもらおうと訴えるドンチョル。
しかし熱くなってるドンウクには
何を言っても通じず、
「僕や家族を無視して、
つまらない愛を守るんだな」と怒鳴ったのでした。

そんな言い方されてさすがのドンチョルも怒り
思わず掴みかかると、
「検事の胸ぐらを掴んだら、公務執行妨害。
兄さんの欲望はシン会長にも勝る。
テファグループの捜査し
兄さんに不正があれば
僕の手で手錠をかける」と宣言したドンウク。
変わってしまったドンウクにやるせないドンチョル。

正義感の強いドンウクだったら、
シン家に入っても、公平に不正を見逃さないんじゃないかな~と思ったけど、意外と自分のところはスルーなのね
それにしても、
大人というか、冷静に物事を見てるミョンフンに対して
ドンウクは自己主張が強くて、駄々っ子みたい。


「エデンの東」他の回はこちらです。


もっと知りたい!韓国テレビドラマvol.35 (MOOK21)
共同通信社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック