イルジメ(一枝梅)第16話・カットシーン

今回はカットが多かったなぁ。。。
16話のノーカットレビューはこちら
他の回はこちらからどうぞ~。

以下、気付いたカットシーンです。

  ↓  ↓  ↓


チョン・ミョンス父子を見事に裁いたイルジメに、
町の人々は大喜びでしたが、
その前後にカットされたシーンがたくさんありました。

イルジメの活躍に大喜びの民たちでしたが、
朝廷と王様に対して落胆と激怒。
ヤンスンを馬で撥ねたチョン・チホンに対し、
罪を暴くとお触れを出したくせに守らず、
チョン・ミョンスを庇ったからでした。

そんな民の怒りを鎮めるために
チョン・ミョンス父子をこの国から追放せよと命じた王様。
というわけでチョン父子は罪人服姿で連行されていきました。
それを拍手喝采で見送る民たち。
身分の低い賤民たちが勝ち取った、真実と正義で
あの憎たらしい父子の無残な姿は痛快でした!


この一件で、朝廷の改革を求める上奏が相次ぎました。
腹心たちを更迭せざるを得なくなり、
益々、イルジメに対して憎々しく思う王様。
だからこの回の最後の方で、
是が非でもイルジメを捕まえようと
義禁府らがやっきになっていたのでした。

そんなところに息子の世子が帰国したもんだから、
心が休まる暇がないって感じの王様でしたね。
息子でありながらも、
王座を脅かすものは消せと命じた王様。
本当にどこまで自分が大事なんだ?!

そんな中、
“チョン・ミョンス父子を追い出したのは王様じゃなくイルジメ。
イルジメはこの国の太陽”と口にする民。
それを聞き、あの占い師のお告げの太陽は、
イ・ウォノではなくギョムだったと気付いたコンガル。

今回はセドルとタンが無事婚礼をあげました。

ヨンから婚礼の事を言われて素っ気無い答えをしつつ
実はとても喜んでいて、
ヘソクリをカンパしてくれたタン。

一方のセドルは「イルジメ」として戦うヨンに心を痛め、
自分のせいだと責め続けていて
結婚式の話をされても、全然気持ちが入りません。

でも無事に婚礼が出来て、念願の…。
良かったね♪

その婚礼を影からそっと見守ってたシフ。
その前日、ピョン・シク邸の使用人から、
ヨンが親孝行で婚礼の準備をしてると聞いた時は
出たい気持ちを抑えて欠席すると言ってたのでした。
でもセドルとタンを祝いたい気持ちは、ヨンと同じなのよね。。。

婚礼の夜、イルジメとして盗みに入ったヨンだけど、
鍵に手こずって警備兵に囲まれてしまいました。
ここでCM…でしたが、その続きがありました。
結局、侵入を諦めて逃げようとしたヨンを
イルジメファンの屋敷の使用人が
兵を引きとめてくれたのでした。
逃がした後は、本物を見れたとはしゃいでいた使用人たち。
本当に凄い人気~というのがわかります。

ウンチェが建てた旅館には、
貧しい民たちが大勢宿泊中でした。
地方から出て来た伯父が泊まろうとしたら
そんな汚い人達ばかりで呆れて帰ってしまいました。
それれを聞き、ウンチェを叱るピョン・シク。
貧しい民たちを「人」と思ってないピョン・シクと、
彼らを「人」として見てるウンチェは平行線でした。

イルジメを捕まえる為に、
左捕盗庁、右捕盗庁、義禁府が結託すると決定。
さすがのイルジメも年貢の納め時か?という中、
ピョン・シクから作戦を聞いてイルジメを助ける為に
宿泊客を追い出し、旅館に火をつけたウンチェ。

火の中にいるウンチェをヨンが助けに来てくれました。
ウンチェはイルジメを待ってるから、
いくらヨンが逃げろと言っても聞きません。
仕方なくウンチェを抱えて脱出したヨン。

梅の木の邸にイルジメがいてホッとするウンチェに
「二度とあのような事は起こさないで」と諭すイルジメ。

タンに「父は誰なのか?」と詰め寄った後、
脅してきた男の元へ行って金を渡し
また現れたら殺すと剣を向けるシフ。
「少し金が欲しかっただけでもう現れません。若様」
と答えて帰った男でした。


一枝梅~イルジメ オリジナル・サウンドトラック
ポニーキャニオン
2009-01-21
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック