イルジメ(一枝梅)・第9話のカットシーン

ノーカットの9話はこちら、他の回はこちらからどうぞ♪


以下、気付いたカットシーンです。


  ↓  ↓  ↓



忽然と消えた戸曹判書の荷車のトリックに、
ちゃーんとシフは気付いたシフ。
少しカットされていたけど、
市場を聞きこみして、「野菜を大量に買った男がいた」と知り、
畑はダミーで元々平地だったと気付いたのでした。
そして入念に畑のまわりを調べ、
木についた傷や着火した石、爆薬の燃えカスを発見、
ヨンが成功したトリックを見抜いたのでした。

やられたーーって顔のシワンでCMでしたが、
あの後、狂ったように怒り狂ってたシワン。

シワンの憎たらしいシーンはまだあり、
ウンチェが清国太子の息子に絡まれ、
助けに入ったヨンがボコボコにやられた時、
シフが来る前にシワンが気付いていたのに、
やられてるヨンをニヤニヤして見ていました。
全く、なんてヤツーーー。

その夜、絡まれた事で気が滅入ってないかウンチェを心配するシフ。
でもウンチェはヨンの事ばかり言うので、
昼間いい雰囲気の二人を見た時と同様、悲しそうだったシフ。

ウンチェはヨンの事が気になるって感じだけど、
ヨンの方も何だかそんな感じでした。
幼い頃は、両班の子同士の可愛い初恋だったけど、
今は身分違いの恋、
貸してくれたハンカチを燃やそうとしました。
でもやっぱり、出来なかったヨン。

義禁府のシフに会いに行き、
制服姿を見てセドルはとっても嬉しそうでした。
こういうシーンを見ると、
血のつながりがなくても親子だなーーと思います。

セドルがここに来たのは、ヨンがヒマ組に入ったけど、
何かあっても逮捕しないで欲しいと頼むためでした。
ヨンがこうなったのは俺達の…と言いかけ、
「俺のせい」と言ったセドル。
俺達…というのは、イ・ウォノの邸の庭に、
偽の文書を埋めた件にチャドル(シフ)と自分が関った事、
でもそれは口が裂けてもシフに言えません。

シフの制服姿が誇らしげだったセドルでしたが、
帰り際、シワンに便所掃除を命じられるシフを見て、
家に帰ってからも落ち込んでいました。
両班の家で育てられても、ちっとも幸せじゃないシフが
可哀想過ぎるものね。。。


ピョン・シクとシフは、今までギクシャクしてた親子でしたが、
ちょっといいシーンがありました~。
ウンチェに絡んだ男を捕まえなかった事で、
シフを叱って殴るピョン・シク。
ここまでは、またいつもの…(-_-;)でしたが、
あの男は清の大使の息子だか連行できないし、
シフ兄さんが庇ってくれたと
邸から履物もはかずに出て来て弁明するたウンチェ。
すると、ピョン・シクが
「痛いか?よく我慢した」とシフに詫びてくれたのでした。

シフはヨニを密告したヤツ」と知り
血相替えて飛んで行くヨンを止めるヒボン。
最初はこの野郎ーーと思ったけど、
「考えてみればあいつに罪が?
人を傷つけた官婢と思っただけだ」
と冷静になって説得するヒボンだけど、
ヨンはそう思えずシフへの恨みが募っていました。

もう少しで再会…と思いきや、すれ違いだったヨンと母。
ボラの塩辛を気に入ってたヨン。
この塩辛はギョム母の手作りで、
他の客にもおいしいと評判なんだそう。
妓生に褒められて、
「ボラの塩辛は客に好評で、
なぜそんなに料理がうまいのか聞く妓生に、
「ただ息子が好物なだけ」と寂く笑ってたギョム母でした。

今回、シフがギョムの母のところへ行き、
タラのスープを頼むシーンがありましたが、
第7話にあったシフとギョム母の出会いがカットされてるんで、
ちょっと繋がりが悪いかも・・・



一枝梅~イルジメ オリジナル・サウンドトラック
ポニーキャニオン
2009-01-21
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック