エデンの東 第30話

「崩壊の序章」

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
父とレベッカの関係を確かめるため、
神父様を訪ねたミョンフン。
しかし神父様は、自分からは真実を語らず、
「時が来ればお父様が真実を告白なさるだろう」と告げ、
その日が来るのを…、テファンの真心を信じたい気持ちのようです。
否定しない=ミエの話はやはり真実だと悟り、
落胆の色が浮かびながらも、
「ジヒョンを与えてくれたご恩は忘れません」とお礼を言って帰ったミョンフン。
父の非情さが真実でも、家族を守る為に

仕事を終えて立ち寄ったジョンジャの店で、家族と一緒にご飯を食べたてたヨンナンに驚くドンチョル。

温かい家族に触れてご機嫌に様子だけど
「金庫のお金をどれだけ増やす気?
パパに似てくるのね」と父に気に入られてるドンチョルに嫌味なヨンナン。
そんな小言を笑い、
「マイクはマカオの帝王。お妃になるんだ。
場違いなところに来るな」と釘を刺すドンチョル。
前回、ドンチョルの家族を懐かしむヨンナンに、
会いに行けばいいって言ってくれたのに( ̄ー ̄?).....??アレ??

「そんなの無駄」
「いい家庭を作るのがクッチャの人生。受け入れろ」
互いの気持ちを押し殺し、納得しようとしてる二人でした。

家に帰るとマイクが来ていたので、気まずい二人。
マイクときたら欧米式にChu♪とするもんだから、
目のやり場に困るって感じ&そんなシーンを目の当たりにして、胸が痛むドンチョル。

腹違いの兄弟たちとの後継者争いは、想像を絶するもので、
ジェニスの夫も交通事故に見せかけ、殺されていたのでしたーー
ヨンナンだけでも守りたいと韓国に逃げてきたけど、
刺客が後を追ってきて、八方塞り状態。
マイクから聞かされた醜い争いに耳を疑い、
「なぜ早く言わなかった?
マカオや香港には仲間がいる」とドンチョル。
自分の身の心配をしてくれるのは、
血を分けた兄弟ではなく、ドンチョルだけ。。。
マイクは親友と愛する妻だけは危険に晒したくないと考え、
あえて相談しなかったようです。
そんなマイクの気持ちを汲み、
残ってクク会長の下で仕事をしろと勧めるドンチョル、
「知ってるか?お前は最高の友達だ。
お前とグレースは俺の宝」と寂しく笑うマイク。
そうするには遅すぎる…って事なのでしょうか。。。

ドンチョルに出来るのは、
韓国にいる間狙われないようするだけ。
カジノにいた密入国したらしい怪しい外国人を追い払ったり、
マイクとヨンナンに護衛をつけたり・・・。
しかし、マイクに関る=ドンチョルも危険なので、
「そんな情は切ってしまえ。終わった恋は忘れろ」と止める叔父貴。
それはわかっているけど出来ない…、
それがドンチョルの良いところなのよね。

この一件で忙しい時だっていうのに、
ワシントンでの武器売買の事で取材したいと待ってたヘリン。
「取材はしない約束です」と苛立つドンチョル。
口止めする代わりに、ヘリョンを韓国に入国させたのに、
確かにこれじゃ約束が違うでしょーー。
…と思ったら、ヘリンはクク会長に呼ばれてきたらしい。
ドンチョルにそう言ったのはワザとだったみたいね。


高利貸しの母からの助言どおり、
子会社を売却して切り抜ける覚悟をしたテファン。
犠牲になるのは「テソン電子」
この会社はミョンフンが心血を注いで大きくした会社なので、
考え直して欲しいと頼むジヒョン。
だけど、もうこうするしか手立てはないのでした。
カットされたのか、元々なかったのか、
電子部門を売却する事になり、
ミョンフンがどういう思いだったか描かれてなくて残念・・・・。


HK銀行創設のパーティから帰って以来、
テファンやジヒョン&ミョンフンが塞ぎこんでるので、
何かあったのでは?と勘ぐるテファン妻。
株を買い占められてたと秘書から聞いていたので、
レベッカと過去に何かあったのでは?と、女の直感で鋭く感じていたけど、
テファンに問い詰めても、口出しするなと怒鳴られるだけ。
その翌日、新聞にデカデカと載ったHK銀行代表・レベッカの写真を見て、
どこかで見覚えが…と引っ掛かり、
黄地(ファンジ)のテソン病院にいたユ・ミエ看護師だと気づいだのでした。

昔、テファンが入院した時に献身的に看病してくれ、
自分に栄養剤を注射してくれ、
我が子を取り上げてくれた優しい白衣の天使、
なのになぜテソンを潰そうと?と切り出すテファン妻に、
「あなたの夫は私を殺した。いいえ、お腹にいた命も。
そしとあなたの子をこの手で取り上げさせた。
白衣の天使?あの晩あなたは元気な男の子を生み、
私は子供を産めない女になった」
恨みを口にするレベッカの言葉に、倒れそうなテファン妻。
夫がした酷い仕打ちはショックだし、
同じ女としてレベッカの恨みも、わかるのかも。。。

心がボロボロになって会社に駆け込んできた妻に、
勝手にレベッカに会いに行った事を叱るテファン。
「レベッカは、ミョンフンを取り上げてくれたミエ看護師、
何かが間違えばミョンフンはあの女に殺されていた。
ミョンフンは天の御加護で助かった。
テソンはあなた1人のものじゃない。
お祖父様を今すぐ連れて来て」と
涙がポロポロと流れ、叫び続けていた妻。

生かされた自分の運命に、言葉を失うミョンフン。
正しくは、生かされたのはドンウクなのだけど・・・。
何だかテファンの妻だというだけで、
運命に巻き込まれた奥さんが可哀想。
もちろんミョンフンも、そしてドンウクも。。。


検察がテソンへ捜索令状を要求。
なんとか窮地を乗り越えようと、
ミョンフン、シヒョンと共に対策を考えてたテファン。
そこに母から電話が入り、
「新政権の実力者と繋がりが深いジェニスに助けを求めろ」と。

この高利貸しの母と、テファン、ジェニスの関係がイマイチわからないけど、幼い頃孤児院にいたのだからテファンもジェニスも養子って事なのかな?
冷たく別れを告げたテファンを憎んでいるけど、
母に頭を下げられると弱いジェニス。
「現政権が狙っているのはチョン特別補佐官の逮捕。
その証拠を掴もうとしてる。
私が教えられるのはここまで」と教えてくれたのでした。
チョン特補がクク会長に託したカバン。
それが公になければ、テソングループは助かるだろうけど、
ライバルの手にあるし困ったねぇ。。。

そんな話をしてる最中に、家宅捜索が入ったと報せが。
まだ先だと考えたら、意外と早い展開に驚くテファン。

ドンウクの動向を、調査していたレベッカ。
実の親子とも知らず、告発する側される側で、
レベッカにして見れば、
面白い芝居でも見てる気分なんでしょうね・・・
そこに突然、ミョンフンがやって来て、
慌てて報告書を隠すレベッカ。
しかし目ざといミョンフンは、ちゃんと気付き、
なぜドンウクを?と引っ掛かっていたのでした。
頭を下げて、テソンを助けて欲しいと頼むミョンフン。
そんなミョンフンの純粋な気持ちをせせら笑い、
「お金持ちの子息として立派に育ち、
お父様への思いも深い」とレベッカ。
傷が浅いうちに、ドンウクもミョンフンも早く知って欲しいなぁ。。。
あまりにも哀れな運命を、見てられないーー(>_<)


叔父貴が止めるのも聞かず、
マイクを助ける覚悟を決めたドンチョル。
叔父貴もこれがドンチョルなんだと諦め&納得で
マイク海外脱出作戦に乗ったのでした。

殺されるのを覚悟し香港に帰るつもりだったマイクに
「マレーシアに隠れろ」と告げるドンチョル。
自分が助かる為に、まわりを巻き込みたくないと
頑なに拒否するマイク。

とりあえず、香港から来た兄の手下と会う事に。
最終便に早く乗れと促す手下に、
「まだ時間はある」とドンチョル。
口を挟まれてムッとし「勝手に予定を変えるな」と睨む手下。

黙っていなくなったと思ったら現れ、
怪しい男とマカオへ戻ると言うマイクに、
「何を隠してるの?」と心配するヨンナン。
詳しい事を話せばヨンナンを危険に晒すことにるんで、何も言えないマイク。
ギュッとヨンナンを抱き締め
「数日だけでもこうしていたい」と
最後の思いだけを伝えたのでした。

マイクはマカオヘ行く決意をしていたけど、
あえて死に行かせるなんで出来ないドンチョル。
マイクが遠慮してるのは、まわりを気遣い、自分が犠牲になればいいと考えてとわかるから、余計にでしょうね。
空港へ送るフリをして、
マイク兄の手下の車を振り切ったドンチョル。
追いかけてくる手下を
ドンチョルの部下達がブルトーザーで道を塞ぎ、
途中でバイクに乗り換え、埠頭へ辿りつきました。
「どこへ行っても生き残ってくれ」と叫ぶドンチョル。
「ありがとう。グレースを頼む」と告げ、
命をかけて自分を守ってくれた親友を抱き締めるマイク。

マイクに何かあったのでは?と感じていて
戻ってきたドンチョルを問い詰めるヨンナン。
「もっと賢い妻になれ。
マイクはお前を本当に愛してる」とドンチョル。
「誰かさんより?」と答えるヨンナン。
なんでここでこのセリフ・・・マイクが哀れだ。。。

その夜、テソングループに家宅捜索が入った事を
テソンが電子部門を売却する事をクク会長から聞き、
「僕がテソン電子の買収を考えても?」とドンチョル。
独立する気か?と勘ぐるクク会長。
テファンが相手だからと答えたけど、
独立したい気持ちが無きしにも在らずって感じ(・・・?)


「エデンの東」他の回はこちらです。


エデンの東[ノーカット版] DVD-BOX3
TCエンタテインメント
2009-12-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック