エデンの東 第28話

「歳月が過ぎれば」

兄弟の笑い声が響き渡り、
何事にも替え難い幸せを実感するチュニとジョンジャ。
それはドンチョルも同じで(ヨンナンがいるって事もあるでしょうが)
ドンウク、ワン・ゴンと川の字で横になったけど中々眠れません。
外に出ると、同じように眠れないヨンナンもやって来ました。
「眠れるはずがない。待ち望んでた日だもの。
ありがとう。おじさん」と言うヨンナンは、
ダラダラと小言がうるさかった人とは思えないほど
穏やかで優しい表情です。
ヨンナンの肩を抱くドンチョル。
いつまでも、この幸せが続くけば…と願っていたのでしょうね。

にぎやかな食卓で、本当に楽しそうなヨンナン。
大口開けて頬ばるドンウクの真似したり、
ドンチョルと目が会うとニッコリと笑ったり。
そんなヨンナンを見て、「金持ちもほどほどがいい。
世の中を生きる面白みがない」と呟く叔母。←納得。
今日のご飯を食べるために家事を手伝ったものの、
皿を割り、練炭でヤケドしたヨンナン。
そう聞いてどこを?と心配顔のドンチョル。
「お前は白雪姫に仕える小人」と呆れる叔母。
今日の叔母の発言、妙に冴えてるわ~

朝食の後は、チュニから教えてもらいながらキムチを漬け、
一苦労しながらも、毎日食卓にあがる物が出来上がる過程に感激のヨンナン。
ドラマとは関係ないけど、
ヨンナンにもゴム手袋を貸してやりなよーーと思ってしまった^^;

「オモニ(お母さん)」と呼ぶヨンナンに、図々しいと言いつつも、
もう1人娘が出来た気分で満更でもないチュニ。

「一生ここで暮らしたい」
そう話してたヨンナンだけど、
マイクが迎えに来てたのでこの生活もピリオド。
頬に唐辛子をつけてるヨンナンの姿に驚くマイク。
いや頬に…より、笑ってるヨンナンに驚いた事でしょう。

私、二人は既に結婚してたんだ思ったら、
ヨンナンの精神状態がああだったんで、まだだったのでした。
そしてとうとう、結婚式の日がやって来ました。
ドレスに身を包んだヨンナンは、2年前の婚約式の時とは違い、
覚悟を決めたように見えました。
ドンチョルの家での数日が支えになったのでしょう。。。


クク会長もマイクも今回はドンチョルとヨンナンの時間を作ってくれました。
ドンチョルに笑顔を向け
「ありがとう。幸せになる」と告げるヨンナン。
一方のドンチョルは、まだ未練が残っている様子で、
ヨンナンからそう言われて目がウルウル。。。
握手の手を差し出すドンチョル、そっと手を差し出すヨンナン。
握り合ったまま、離したくない思いにかられながらも、
先に手を離したドンチョル。
無理して笑顔を浮かべる二人が痛々しく、
そんな二人を見て、申し訳なさそうなクク会長でした。

そして月日は流れ、1993年に。
ドンウクの任命証が1987年だったから、6年後って事で、
オリンピックも無事に終わったようです。

アメリカ進出の第一歩を踏み出し、機上の人のドンチョル。
この時代の韓国は軍事政権時代が終わり、
金泳三(キム・ヨンサム)が大統領に就任、
選挙に破れた金大中(キム・デジュン)が
政界を引退するという記事を見て、
「正義に満ちた社会を作るには
大きな痛みを伴う」と呟くチェン叔父貴。
新しい世を作りたいと言ってたチョン特別補佐官は
金大中を押していたのでしょう。
キム大統領とは犬猿の仲なので、窮地に陥っていました。
時代が近づいてきたんで
ああ、あの頃の…と思えるようになってきました。

「用意するのに苦労した」と言うほど大切なカバンを抱え、
中は何が入っているのやら・・・。
ホテルに到着し、男とカバンを交換したドンチョル。
この取り引きした相手を、張り込んでいたのが
偶然にも記者のヘリンでした。

ホテルのバーで人を待つドンチョルに
「カバンの運搬?」と話しかけるヘリン。
あからさまに迷惑そうなドンチョルに
「私達は政権再編に力を尽くした盟友でしょ」と言うけど、
友というより対立しあってる感じの二人に見えます。
ドンチョルの取り引き相手が武器商人とわかっていて、
「ホテルのラウンジで取り引きなんて大胆すぎて緊張した。
記者にとっては特ダネですけど。
国益の邪魔になるならやめる」と挑戦的な物言いのヘリン。

そうかと思えば、「お願いがある」と妙にしおらしく、
「脅迫でしょ」と言い返すドンチョル。
そうだと肯定し、念を押して頼んで帰ったヘリン。

ドンチョルが待ってた相手はジェニスでした。
ヘリンに見られた事でマスコミに漏れれば
米韓に問題が生じると心配するジェニスに
自分が収拾すると自信を覗かせるドンチョル。

肩肘張ってたヘリンだけど、
今でもドンウクへの思いを引きずっていました。
思い出すのは研修院時代、
模擬裁判みたいに別れを告げたドンウクの事。
二人は付き合っていたのねーー
ヘリンが、ハンセ日報の経営悪化の責任を感じてるとわかっていて、
「不誠実な恋人だったドンウクは、
ヘリンを自由にする」と。
以前だったら、「なぜ?」と食い下がってたヘリンだけと、
今回ばかりは黙って受け入れたようです。
そして、薬指の指輪を外そうとするヘリン。
豪華で高そうな指輪は、もちろんドンウクからじゃないのは確かで、
ソンヒョンからの婚約指輪でした。

マスコミへの漏洩を防ぐため、
ヘリンの頼みを聞くことにしたドンチョル。
どんな脅迫かと思いきや
病気の姉ヘリョンを韓国へ連れ帰りたい…と。
そんな簡単な頼みで怪訝そうなドンチョルに
「私にとっては何より大切な事です」と、告げるヘリン。
6年前、ソンヒョンとヘリンを祝福していたヘリョンだけど、、
無理してるのがありありだったもんね。
心がズタズタになってしまったようです。

念願の検事となり、すっかり老け…いや、貫禄がついたドンウク。
ソウル地検特捜部に辞令が出て、
まだ新人なのにこれは異例の大抜擢だそう。
と、いうのも新政府が今までの不正を一層しようと躍起になり、
過ちのある者は全員捕まえろ!という大統領命令で、
優れた人材を呼び寄せたようです。

ドンウクの上司は、検事正のキム・ジュソン。
事務官のキム・ジョンソク。
ドンウクにつく刑事は
若手のハン・スジェ、ベテランのチン・ヨンデ、
紅一点で頑固一徹と紹介され、
手首にバラのタトゥーがあるチェさん...と一応メモっておきます


ジョンジャは焼肉店を切り盛り、ギスンもここで働き、
チュニの建設資材会社は、
事務所を構えるほど大きくなっていました。
ソウル地検に着いたドンウクからの電話に
感激しながらも
「そんなヒマがあるなら仕事しなさい」と相変わらずのチュニ。
母の性格をよくわかっていて、
ちゃんと喜んでくれてるとわかってるドンウク。

シン・テファンは会長に就任。
結局、2年前にテファンを恐れていたオ会長は
会社を譲ったようです。
というのも、テファンはすっかり丸くなり、
孫のテホを膝に抱き、手作りプレゼントに目を細め
「私がもらった一番の贈り物はこの子」と言うほどでした。
2年前のドンチョルとの取り引き、あの出来事が彼を変えたのでしょうね。。。

今日はテホの誕生日パーティ。
ミョンフンは建設部門で会社を大きくし、
ジヒョンも貢献してるし、
「これも新しい家族のおかげ」とねぎらうテファン。
選挙で勝てたのはテファンの政治資金じゃなく、
ジヒョンの人脈が役立ったそう。

そんな幸せなシン家に暗雲が・・・。
我が家を恨むドンウクが
ソウル地検の特捜部に配属されたと報せが来たのでした。
今の政界は不正を一層とようとやっきになっていて、
ドンウクは真っ先にテソンを標的にすると、顔が曇るテファン。
警戒するのは、現大統領と仲が悪いチョン特補では?とミョンフン。
そうなるとチョン特補側のクク会長も同じ状況。

その頃、密会中だったチョン特補とクク会長。
「私が刺されても会長を守る。支援を頼めますか?」と告げ
大切なカバンを預かって欲しいと言うチョン特補。
中には、「私と運命を共にして来た者は一巻の終わり」の
証拠になる書類が詰まってるらしく、
これが世に出たら、当然クク会長もオシマイって事。
それを託したのは、クク会長の真意を糾すためでした。

ドンチョルたちが取り引きしたアンディは、
世界各国の大物を招いパーティを開き、
武器の取り引き相手を見極めているらしい。
そのパーティに出席してたヘリンと顔を合わせた
意外な場所での再会に驚くドンチョル。
ソンヒョンのハンソングループも
武器に関心を示しているからと納得のジェニス。

未だにカバンの件を内密にする代償があれだと
半信半疑なドンチョルに事情を話すヘリン。
「姉をあんな風にしたのは私のせい。
私がいなければ韓国最高の一族の嫁になっていた。
なんとしても韓国へ連れ帰りたい。
帰国したら身元引受人になって欲しいんです。
身近な人が妨害してるのです。帰国したら知らないフリを。
暴露されたら一家の恥になる」
詳しい事情は不明でも、信用してくれたドンチョル。

知らない相手のドンチョル相手に、
なぜ身の上話をしてしまったのか不思議に思い、
「あなたを身近な人に感じてる」とヘリン。
ドンウクと同じ空気を感じて?と思ったけどちょっと違い、
「あなたには人を信じさせる魔力がある」と分析するヘリン。
ドンチョルにそう感じるのは、
自分を信じてくれる、そんな包みこんでくれるようなオーラを感じるからかも。
ドンチョルの計らいで姉と共に帰国の途についたヘリン。

姉の帰国を妨害してるのは、多分義母?
あんなに実子のヘリョンびいきだったのに、
ヘリョンが騒いで破談になるのを恐れてなのか、
結婚して落ちつくまで追い払おうと?

「エデンの東」他の回はこちらです。


「エデンの東」メイキング完全版 -上巻- [DVD]
TCエンタテインメント
2009-08-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック