オンエアー 最終話(第21話)

「旅立ち」

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
恋人を紹介したいとギョンミンに言われ、顔が綻ぶ母だけど、
相手がバツイチ&子持ちと聞き大反対。
「俺だって条件はよくない。お荷物の家族もいる」と食い下がるギョンミン。
愚兄の存在は母も責任を感じていて
「その言葉は母さんを傷つけた」と母。
「会わずに否定するから…。会えばいい人だとわかる。
俺より出来る人なんだ」とギョンミン。
「尚更ダメ。嫁は従順じゃないと。
自立した人は、夫や子供よりお金を大事にする。
そんな人の下着を洗いながら私は働いてきた」と母。

ギジュンが海外へ旅立つと聞き、空港へ急ぐスンア。
その頃、スンアからの留守電を聞き、泣いていたギジュン。
「来てくれたら何も聞かない。私は怒ってない。
私が悪かった。ごめんさい。私を置いてどこへ行くの?
そこを一歩も動かないで」
そうしたいのは山々だけど、スンアの将来の為に
チン社長にスンアを頼んで消えようとしていました。
ギジュンの気持ちを汲み、「心配なら行くな」とチン社長。
笑いを浮かべ、搭乗口へ行ってしまったギジュン。

「あの人は私を置いて行ったりしない」と取り乱すスンアに
人が見てると止めるチン社長。
人の目線なんてどうでもいい、
ただ愛する人を離したくない一心で、
「おじさん。顔くらい見せてから行ってよ」と泣き叫ぶスンア。
こんな感情を表に出した姿は、
チン社長も初めてだったでしょうね。

搭乗口の向こうで、涙が溢れて立ち止っていたギジュン。
ヨンウンとギジュンも駆けつけました。
人ごみに囲まれ泣きじゃくってるスンアを抱きしめ、
優しく慰めるヨンウン。
まわりのギャラリーは携帯で動画や写真を撮りまくっていて、
投降サイトは賑わった事でしょう^^;

せめて行き先だけでも知りたいスンアだけど、
親しいヨンウンも行き先を聞いてませんでした。
「失業した時も連絡がなかった。
きっとどこかで頑張って生きてる
あなたの元に戻れる道を探してるの。待っていて」とヨンウン。
あんな勝手な人なんて忘れてやる!と言うスンア、
「会いたい気持ちはそのままで。
そんな気持ちもいつかは終わりを迎える。
その時に忘れたら?」とヨンウン。
無理しなくても、気持ちが残っていれば自然と元そうなるし、
ダメだったらダメだし、そんなもんだよね。


花束を持ってヨンウンの元へ向かい、
母とヨンウンが話してるのを見かけたギョンミン。
家政婦はヨンウンの家だった・・・とショックもあるけど、
何より傷ついたのは、
母が頼んだとはいえ、自分に内緒にしてた事でした。
ギョンミン母の為にタクシーを拾おうとして、
そこにいたギョンミンに気付いたヨンウン。
近づこうとするヨンウンを制止し、涙が浮かぶ目でジッと見据え
花束を投げ捨てて行ってしまったギョンミン。

息子が紹介したいと言った恋人がヨンウンだったと知り、
ギョンミン母も「騙してたの?と憤り、
良かれと思って隠してたのに、二人から憎まれてしまったヨンウン。
相手がヨンウンとわかれば、祝福するんじゃ?と思ったけど
かえってダメだったのね。


戻って母の荷物を受け取り、先に帰るように告げるギョンミン。
ヨンウンと二人きりになり、しばしの間…、
何か言いたい事があったのでしょう、
でも言葉に出来ず、黙って行ってしまったのでした。

家に帰り、ギョンミンが口を開こうとするのを止め、
「ヨンウンさんはいい人。でもいい嫁になると限らない。
母さんはあの家でペコペコして働いてたのに、嫁に出来る?
私に打ち明けるくらいだから、余程好きなんでしょう。
でも穏やかに別れるのよ」と母。
涙が溢れ「ごめんよ。母さんの苦労も知らなかった。
俺だけ幸せでごめん。外で働かせて…」とギョンミン。
恋人との別れがつらいだろうに、
自分を気遣う息子に涙の母。

一緒に写した唯一の写真を見つめ、
写真のギョンミンの首にピンクのネクタイを描き、泣いていたヨンウン。

少し気持ちが落ち着き、
ドラマのモデルになった本物のウニョンも恋をして欲しい…、
そんな願いを込めて化粧品を詰め、手紙をしたためました。
そして夫に結婚指輪を返し、
気持ちにケジメをつけたのでした。
---戦争中でも花は咲いて散った。
過ぎ去った日々は置いていくべきと気付いた。
人生で一番美しいのは、昨日じゃなく今日なの。
私が気付くのが遅れたせいで、ある人が苦しんでる。
ウニョン、恋をするとある人は去り、ある人は残される---
手紙と共に流れたスンアの映像では、
レシピと睨めっこしてうどん作りをしていたスンアが。
料理をしないスンアが、こうしてギジュンを待っていようと・・・。
でも途中で手を止めていて、この意味は後に判明。

ジュニに会い、ヨンウンを好きだと正直に告げ
「君は僕を嫌い?」とギョンミン。
いきなりこんな事言われて
「初めて会ったのに」と呆れるジュニ。
パパとママがまた一緒になって…と願ってたんだし、
ギョンミンに対してすっかり構えてしまってます。
「おじさんがママを好きで寂しいか?」
少し考え込み「野球できる?」とジュニ。
「いいや、でも練習するよ。家庭教師でもいい」とギョンミン。
「本当にママに好かれてるの?
居場所も知らないのに?自分で探しなよ」と
少しだけ折れたジュニ。

ギョンミンと花見したあの線路にいたヨンウン。
ふと横に立つギョンミンに驚き(その前に、足音で気付くでしょーーとツッコミ)
「なぜここへ?ダジョンに言ってないのに」とヨンウン。
「今はダジョンさんより、俺の方があなたに近い」とはにかみ、
「母は自立した女性は苦手で。でも俺は好きです。
許しを得ましょう。あなたの母にも会いたい」とギョンミン。
戸惑い、言葉を失うヨンウン。
「ソ先生の愛は書き換えが遅い。心をテイクアウトできますか?
ソ先生は俺の酸素です」とギョンミン。
この臭いセリフは、かつてのヨンウンのドラマのセリフかな?
ギョンミンが差し出す手に、そっと手を延ばすヨンウン。

あと一本仕事をしたら、1年休む予定のヨンウン。
助手のダジョンは、助監督とできちゃった結婚。
ブーケを受け取ったのはヨンウンでした。

局で打ち合わせ中、
ギョンミンが連れてきた女性脚本家(「ファン・ジニ」プヨンのワン・ビンナ)に、
ライバル心がメラメラのヨンウン。
だからって「胸で書くの?」はないでしょう
負けじどヨンウンの胸元を見る脚本家。
先輩に対する態度が…とか言い出すし、
ギョンミンとの話し合いにイチイチ口を出し、
二人を近づけまいと、「私の仕事場に不健全な店のライターを置いていったでしょ」と
話に割って入るヨンウン。
私、ヨンウンが好きだったけど公私混同にドン引き・・・。
ジェラシーなんだろうけど、可愛いと思えないなぁ。

あら?ギョンミンは、ニヤニヤしてるわね

ギョンミン母と話そうと家を訪ねたけど、戸を開けてくれません。
諦めて帰ろうとしたけどUターンし、
「私は離婚したシングルマザーだけど、他に欠点はありません。
お母様、私も年を取ります。
少しでもきれいなうちにイ監督と恋愛したいんです。
許してください」と呼びかけ、応答なしに悲しくなるヨンウン。
すると「そんなに好き?」と声がしてビックリ!
後ろには、外出から帰ったギョンミン母がーーー。
無視してたわけじゃなかったのね。
二人の気持ちを十分わかったようで、表情が和らいでいました。

チン社長から、「ギジュンが戻る」と聞かされたスンア。
ギジュンの行き先はアメリカ、
スンアのプロフィールやビデオを持ち、売り込んでいたのでした。

空港でギジュンの姿を見るなり、涙が溢れ出すスンア。
何事もなかったように、「お久しぶり」とギジュン。
今でもマネージャーとしての態度を崩さないのね。

ギジュンを自宅に連れて行き、
ずっと前に出したメニューと同じ、
パックのご飯と海苔とキムチを出すスンア。
あら?料理に精出してたんじゃ?と思ったら、、、
「うどんの作り方は覚えたか?」と聞くギジュンに
「覚えなかった。
作り方を覚えたら、戻って来ない気がして」とスンア。
ふと漏らしたスンアの本心にグッと来て、
「会いたかった…」とギジュン。
そして、チケットと企画書を差し出し、
「オーディションを受けろ。脇役だし、落ちる事もある。
カンヌにも行けないかも。飛行機もエコノミー。
それに貧乏な男と一生暮らすだろう。指輪も買ってやれない。
それでも行くか?」と。。。

ダジョンと助監督の結婚式が終わり、
空港に駆けつけたギョンミンとヨンウン。
アメリカで一から挑戦すると記者達に告げるギジュンの横で、
穏やかに笑ってるスンア。
向こうへ行ったら新人、並大抵の苦労じゃないだろうけど、
支えてくれるギジュンの横で、誰よりも輝いていました。

あの女性脚本家と仕事があると聞き、嫉妬でふくれっ面のヨンウン。
宥めるように手を繋ぐギョンミン、
ヨンウンの掌の中にそっと指輪が置かれていました。
指輪を嵌め「母からです。
人の家で掃除や洗濯をして貯めた金で買いました。
俺の人生で最高に美しいセリフは
死ぬまで“ソ・ヨンウン”です」
許してくれたお母さんの気持ちに、
そしてギョンミンの心からのプロポーズに涙のヨンウン。

「オンエアー」他の回はこちらです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年09月27日 13:36
こちらにもお邪魔します。

完走シゴハセヨ~このドラマ、いかがでしたか?
私はヨンハとボムスさんはいいんだけど、ヨジャたちがウザくてしかたなかったです。。。
あ、それと、ヨンハの前髪が短くなったり長くなったりして落ち着かなかったわ(笑)

ただ、このドラマの1つの楽しみは「カメオ出演」でしたよね~さすが恋人シリーズのスッタフ。毎回誰が出るのか楽しみでした。

ヨンハのこの後の「男の物語」も見ましたよ。やっぱいいわ~、ヨンハ(爆)

しかし、「もっ韓vol.26」の「キューピーヨンハ」は消し去りたい過去です。。。
2009年09月28日 17:33
kbkbYさん、
「もっ韓」は内容が濃いんで紹介するのに貼ってるけど、このヨンハは一体…だよねぇ。
「男の物語」は題名見て古い?と思ってしまったけど、ググッてみたら結構面白そうで、見てみたい~と思ってます

で、「オンエアー」
BSジャパン版はやはりカットが多く、特にカメオ出演がゴッソリ…って感じで楽しみが半減した感じよ。イ・ソジン、キム・ミンジュンは見たかったーー。kbkbYさんとこで「今日のヨンハ」とカメオ出演をじっくりチェックするのを楽しみにしてます~。後で行くから待っててね♪

この記事へのトラックバック