ベートーベン・ウィルス 最終話

「始まりの終楽章」
  ☆感想とあらすじ(ノーカット版・ネタバレです)☆

ゆうべはあれから、
酒を飲み、音楽談義で盛り上がったらしいカン・マエとゴヌ。
郵便屋さんの声で、眠そうな目で起きてきたカン・マエは
この家に来た時とは別人のようです♪

届いたエアメールは
ミュンヘン・フィルからの誘いの手紙でした。
その楽団はカン・マエが好きな指揮者がいた所で
彼が理想とした事を語るカン・マエに、
「先生にそっくり。偏屈な性格も」とゴヌ。
「偏屈じゃない。実直」と返すカン・マエ。
こんな二人の関係も、ドイツに旅立てば終わり。。。
ゴヌからメアドを聞かれ、
「昨夜のように説教されないか?」と噛み付くカン・マエ。
偏屈なカン・マエの言葉の裏をちゃんとわかっていて
ゆうべ言われた事を復唱し、「先生ともめたり振り回されたり、
先生と付き合えれば弟子にしてくれますか?」
と茶目っ気な笑顔を見せるゴヌ。

弟子にするには…というか、ゴヌが指揮者として活動する為に、
大学へトップクラスで入る事を皮切りに
入った後の成績、夏休み冬休みの課題、コンクール参加など
厳しい条件をつけてメアドを渡したカン・マエに
チョン・ミョンフンのメアドを聞くゴヌ。
焦ってしまうカン・マエにイタズラっぽく笑うゴヌ、
そんなゴヌに照れを隠して苦笑いのカン・マエ、
こんな二人のやり取りが好きだわ~~~。

カン・マエに会いにきたものの、ドアホンを押せずに悩んでたルミ。
真っ先に気付いたトーベンの声で
インターホンの映像を食い入るように見ていたカン・マエ。
手を差し伸べればすぐそこにいるのに、
行ってしまったルミを追えなかったカン・マエ。

韓国の食べ物が恋しくなるだろうから
色々と揃えてくれたヒヨンに、
「臭くなるからいらない」とカン・マエ。
ヒヨンの方も、カン・マエの強がりをわかってきたようで、
匂わない海苔だけ入れる事に。
「チェロを続けますか?毎日暇つぶしに弾いてみては?」と言い、
販売員からオペラ歌手になった人の話しをするカン・マエに、
「あの人は才能があったから。公演も演奏する機会もないし。でも気遣ってくれて嬉しい」と頭を下げるヒヨン。

ゴヌのカレンダーには
公演するはずだった日に×印が書かれていて、
夢を失ったマウス・フィルの団員たちの為に
何とかしてあげたかったカン・マエ。
前回、無理難題を押し付けた資料が
ちゃんと送られて来た事もあり、
絶対に指揮しないと誓ったものの、引き受ける事にしたのでした。

自分の送別会をやるから
楽器と衣装持参で来るようにと団員たちにメールを送ると、
1人残らず駆けつけてくれ、
その中にはパク先輩もいました。
蛍の光でも演奏させるのかな?なーんて話してたら
「今日は皆さんの最後の舞台を実現させましょう。
指揮は私です」と告げたカン・マエ。

公演できるのが嬉しいより、
自分達の為にあれほど嫌った歌謡曲を指揮させるなんて、
申し訳ない気持ちでいっぱいなゴヌ。
名曲と言うカン・マエに、正当化してるだけと止めるゴヌ。
「お前達がいつも言う台詞、“私なんか”。あれこそ自己正当化。
私もお前達もこの曲も名曲になれるんだ。
私に歌謡曲を指揮する資格はないと?」とうまく纏め
編曲を褒めて、イマイチな部分を直すようにとカン・マエ。

カン・マエの指揮を心に刻むように見ていたゴヌ。
演目である「ガチョウの夢」は
カン・マエの言うように名曲でした。
私には夢がありました…から始まり、
挫折しても胸の奥に宝物のようにあった夢。
夢があったから耐えられた。
いつかは壁を越えて空高く羽ばたく…という歌詞は
ゴヌはもちろん、団員それぞれの心とシンクロしていたのでした。
この回想シーンが、またジーンと来る...

公演が終わり、バイオリンに別れを告げたルミ、
生活の為に泣く泣くコントラバスを売ったパク先輩、
マウス・フィルは解散し、練習場は再び倉庫になり
みんなを見送ってもずっと残っていたヨンギ。

『音楽の解釈がより深くなった
感情を抑えていた以前と違い
今は、作曲家と気軽に対話するようで豊かに表現している』
ミュンヘン・フィルからの誘いの手紙を読むカン元市長に
「意味はわかりますか?」とカン・マエ。
「最近先生が変わったと思ったら音楽まで。
過去は団員たちに、お前らは私の楽器と言ってたのに
今は私の団員と呼ぶ」とカン元市長。
どうせ理解出来ないと思いきや、
自分でも気付かなかった変化を言われたのでした。

デモで座り込みを続ける市響団員たちに挨拶に行くと、
自分達は大変な状況だというのに、みんなミュンヘン・フィルへ行くのを祝福してくれました。
今まで何度も楽団を去ったけど、いつも喧嘩別れで
こういうのは初めてだったのかも。
彼らは紛れもなく、「私の団員」たちでした。。。


教授から仕事を手伝わないかと誘われ、
「優秀な人しか入れないんじゃ」と躊躇するルミ。
「何を言う。問題児コースで補習だ」と教授。
もうじき耳が聞こえなくなるから気遣ったけど、
重荷にならないように言ったのかな?カン・マエみたいと思ったわ

トーベンが会いたがってるとメールが来て
あの飛び込んだ沼へ向かったルミ。
もうすぐ会えなくなると思い、
こっそりカメラに収めるルミを止めるカン・マエ。
「痕跡が何もない。もらったものはガムとCDだけ」と残念そうなルミ。
ミュンヘンに旅行に行っていいか聞かれ、
「まだダメだ」と答えたカン・マエ。
そして携帯を見せるように言って
差し出すルミの掌に、ずっとはめてた指輪外して乗せたのでした。
これは留学時代に食事を削ってお金を作り、
ベートーベンの生家で買ったもの。
指揮者に指輪は禁物だけど
ピアニストが訓練で鍵盤を重くするように
自分を強くするためにずっとはめていたのでした。
「次はお前の番。私は完璧だから必要ない」
カン・マエの言葉に笑いながらも、涙が溢れるルミ。

耳が聞こえなくなると来るという場所に連れていき
裸足になって体で音を感じる練習をしてる。
私は鈍いから寝転んで
全身でカン・マエの声を聞くと言うルミ。
「“理解してるから離れていて聞き取れるはず”と。
先生、本音で話して」と言われ
「あの時突き放したのは嫌いになったからじゃない」
と言うカン・マエに、
「変わるのが怖かっただけ」と気持ちがわかっているルミ。
「逃げてばかりもいられない。私もいつかは…。感謝している」と
迷う気持ちを告げたカン・マエ。
その気持ちを汲み、涙が溢れるルミ

何とか楽団を続けようと奔走するゴヌとヨンギ。
花屋を経営し、奥さんは家庭教師のバイト中で
「オーケストラのせいで職も家も失った。
出来ない」と言い張るパク先輩。
でもヨンギには「もう一押し」とわかっていましたね~。

ゴヌの方はスト中の市響団員たちに、
一緒にやろうと話をつける事に。
正面から頼んでもダメだろうから、何気ない話からも持って行き、「じゃあ一緒に」と向こうが言い出すのを見事引き出しました

お前たちは合体ロボか?と声を荒げるカン・マエに、
「マウス・フィルは音楽を続けられる、
市響は市民に呼びかけられるから一石ニ鳥。
だから合体公演の指揮を」と頼むゴヌ。
引き止めるわけじゃなく、扉を開けて欲しいと言うけど
最後に一緒にやりたかったんじゃないかな?
今までずっと失敗続きと難癖をつけ、
「傷つく前に諦めろ」とガンとして聞かないカン・マエ。

マウス・フィルと市響の合体チームは
最初は少々意見がぶつかったけど、
目指したいものはどちらも同じだし、音楽を愛する者同士、
いい公演にしたい思いでゴヌを中心にまとまって行きました。

主のいなくなったガピョンの家を片付けていて
残されていたオーボエに悲しくなるイドュン。
そこにカン・マエから電話が入り、ガピョンからの手紙があると。
そういえば前に、イドュンの事で相談したいと
カン・マエを呼んだ時があったものね。
---財産の半分を譲る。
お前が大きく成長して伝説になるのを見たかった。
こんな状態で先はわからないが、
やけにもなったが、どんなに惨めでも生き抜いてみせる。
だからお前も立派なフルーティストになり
成長して姿を見せてくれ。約束だぞ---
ガピョンの思いに涙が止まらないイドュン。
私も泣けて来たよーー
人との出会いって大切だなぁ…とつくづく思いました。
ガピョンに会えたイドュンも、イドュンに会えたガピョンも
離れ離れになったつらさはあるけど、
それ以上に大切な物を得たでしょう。。。
二人のカン・ゴヌも
それぞれの生き方を変えるいい出会いだしねーー。


公演の曲順を話したり、
カン元市長や係長、被災者たちも協力してくれてる事や
ルミはもうじき手術をするからバイオリンは最後と聞き
心が揺れるけど動揺を隠すカン・マエ。
ラストに第九をやると聞き、
そんな大作をもってきてと呆れるカン・マエに
「指揮は先生ですから」とゴヌ。
ところが出発を一日早め
公演と空港に向かう時間をブッキングさせたカン・マエ。
これなら決意が揺らがないと考えたのでした。
残念そうに明日の朝食は用意すると言い、
「今度はすぐやめないで」と告げるゴヌ。
「半年に記録更新する」と答えるカン・マエ。
「もう更新したのに。僕らと出会って半年過ぎました」とゴヌ。
気付かぬうちにそんなに長く・・・
そんな自分に変化に驚いていたカン・マエ。

翌朝、ゴヌが起きた時にはもう出発してたカン・マエ。
旅立つカン・マエの方が別れがつらくて
顔を合わせるのを避けたのよね。。。


いよいよ公演当日、
新市長にエールを送る為広場を借りたいとカン元市長に頼まれ、了解したチェ市長。
これで舞台はバッチリ押さえ、
係長も協力して大急ぎでセッティング。
何が始まるのか不思議そうな市民にカン元市長が誘いかけ、
街中では元被災者たちがビラを配り、
徐々に人が集まってきました。

イドゥンの隣にガピョンの席もセッティング。
椅子にオーボエを置き、ちゃんと譜面をめくってあげるイドュン。

絶対に行ったらダメと言いつつ、
「コントラバスが売れ、買ったのは子連れのおばさんで、
子の名前はボラ」と言うパク先輩の奥さん。
買ったのは自分のヘソクリだから
レンタル料をちゃんと取り、パク先輩を送り出してくれました。

公演の直前までカン・マエに電話をしたけど
電源が切れていて繋がりません。
それでもまだ諦めきれず、
カン・マエにもらった指揮棒を手に公演へ向かったゴヌ。

一曲目は軽快な曲で観客の心を掴み、
二曲目は「ひとつ楽器が足りないんです。助けてもらえますか?」と、観客の手拍子をもらって一体となり盛り上げました。

空港に向かう途中、
たくさんの“ソンナン市響を救おう”という横断幕、
そして元被災者たちがビラ配りをしてるのを見て心が揺れ、
「赤信号でも止まらず行け」と無理な事を言うカン・マエ。
タクシーに近づいてきたのは、被災者代表のあの父親。
「指揮者なのに公演しないのか?」と叫ぶ声に
動揺が走るカン・マエ。

帰ることのない旅に出ると言うカン・マエに、
「右折すると空港専用道路で引き返せない。
心残りは?」と聞くタクシー運転手。
ずい分気の利いたセリフだけど、こういう客が多いのかしら?
もちろん右折と答えたカン・マエだけど、
『もう行っちゃったんですか?
挨拶したかったのに。さようなら』
と、ゴヌからメールが届くと、益々心が揺れ・・・。

いよいよあと10分で本公演。
その間にヨンギと市響のクォンさん漫才…じゃなく、
音楽の都市存続を市民たちに訴えました。

教授の手伝いを終えたルミが到着し、
パク先輩も駆けつけました。
ところがパク先輩の姿を通り越し、
向こうに立つカン・マエの姿に、目が釘付けのゴヌ。
「さようならだと?この状況で帰れるか!
市響もお前達も終わりなんだ」
「ここでやめたら終わり。また挑戦すれば始まりなんです。
叶うまで続ければ成功です。
そうやってここまで来た先生を真似てるだけ。
僕らも名曲になれますよね?」
「いばらの道を進むと?
…指揮してやる。つまり私の言う事に従ってもらう」と告げ
指揮台に立ったカン・マエ。

また失敗したいんですか?と叱咤されてシュンとなる団員達、
しかし、「一曲だけです」と告げたカンマエに大喜び~。

合唱団も合流し、
カンマエの指揮で第九が響き渡りました。
この合体公演が最後となるのか、
それとも始まりとなるのか、
市響はどうなるのか、音楽の都市は・・・?
・・・結果はわからないけど、
音楽の素晴らしさに触れ感動した市民たちは、
チェ市長への反発が強まるのではないかと・・・。


ラストシーンはトーベンを引いて
トンネルをぬけるカン・マエの姿。
その向こうには光が差していて、
ずーーーっと閉じこもっていた殻を破った暗示のようです。

「ベートーベン・ウィルス」他の回はこちらです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年02月18日 16:36
パンダさん、ちょーーオルマニエヨ~
覚えてらっしゃるかしら?(汗)なkbです。

こちらのブログはちょっと休止したり&マイペースで
先日フジで放送終了したカンマエ記事をアップしたところです。
先ほどそこからTBを送らせていただきました~

今はあまりにも多くの韓ドラが毎日放送中で
あれこれとチラ見をしています。
「ER15」だけはちゃんと観てるかな~

のんびりぺースですがブログは続けていますので
また何か同じドラマを観ることがあったら
お邪魔させて下さいね。
よろしこです!
2011年02月21日 22:29
kbkbYさん、アンニョン
BSも地上波も放送が増えましたね!
嬉しい反面、毎日放送のが多くて、チョイスして視聴中です。
この「ベートーベンウィルス」は、若いゴヌにハマリましたわ

「ER」は私も欠かさず見てるよ~。
前回はあまりの懐かしさに胸がいっぱいに…。
近いうちにレビューしようと思ってます♪

NHKの次の韓ドラはまた時代劇だけど、チョンホ様…じゃなくチ・ジニssiが王様役。kbkbYさんは見るのかしら?
kbkbY
2011年02月22日 19:14
次はナウリーが王様ですか~
それはぜひチェックしてみます。
今は「結婚できない男」だっけ?に出てますね。

先週の「ER」豪華でしたね!
キャロルが劣化してないのにも驚きました(笑)
2011年02月24日 00:24
kbkbYさん、アンニョン♪
久々のナウリ~の時代劇姿、楽しみにしてます。
ナウリは現代劇より時代劇の方が好きかも
「結婚できない男」は日本版をリタイアしたドラマなので見てないけど、「春の日」は見たわよ。

「ER」は豪華すぎて、一度出すのがもったいないと思ったわ
みぃちゃん
2011年12月15日 12:09
去年私は「のだめ」の千秋先輩にドップリハマっていましたが今年ベートーベンに出会い千秋先輩以上にカン・マエにドップリハマっています!オーケストラが好きだと言うことを改めて実感!朝起きて眠るまで時間が許す限り目や耳で触れています。韓国ドラマは、それほど興味がなく、ボーッと見ていたダケなのにベートーベンは回を重ねる毎に夢中になり今はウィルス感染中!その後を見たくてたまりません!出来ればスクリーンで見たいO(≧▽≦)O
2011年12月15日 23:04
みぃちゃんさん、
私も「のだめ」も好きでした(過去形…)
「ベートーベン・ウイルス」いいでしょう?!
DVDに保存してるのに放送されると綺麗な画質でつい見てしまい、また新たな発見や感動があって面白くて、奥が深いドラマだなぁと思います。
ホント、音楽って心が揺さぶられますよね。

>その後を見たくてたまりません
続編、見たいですね!
スクリーン&大音響で見れたら、もっともっと感動するでしょうね。ゴヌ役のグンソク君が人気なんでどこかでやってくれないでしょうかね~(^^)
みぃちゃん
2011年12月23日 21:40
目を閉じて髪を乱して指揮をするカン・マエ、セクシーで素敵だけど指輪をわたしてルミを見つめる顔はとても優しい表情でいいですよねハートたち(複数ハート) ルミの顔もとっても可愛いですねるんるん
あとルミが着ている服可愛いしお腹も隠れるし私も欲しいO(≧∇≦)O !!
2011年12月27日 14:07
みぃちゃんさん、こんにちは~。

最後、カン・マエの指揮する姿がカッコイイでかよね。髪を乱してというビジュアルはもちろんですが、ドラマ当初とまったく別人の生き生きとした表情にやられました。

ルミに指輪を渡すシーンは、
私、最初に見た時はゴヌ目線だったんでこの辺はサラっと見てたんです^^;
二度目以降は、カン・マエにかなり感情移入してたんでここのシーンも好きになりました♪
みぃちゃん
2011年12月28日 13:40
ドラマは休みの時しか見ていなくて始めから見たくてBOXを買いましたるんるんあとCDも3つ買っちゃってマジで恋をしてしまいました。今日家にトリカブトの秘密のDVDが届き他のキム・ミョンミンを知らないので楽しみです黒ハート 今年もあと三日余りですね!良い年をお迎え下さい。
2011年12月30日 23:29
みぃちゃんさん、こんにちは~。

とうとうDVDを購入したんですねーー。
このドラマは何度見ても新たな発見や感動があるし、前にジーンと来たシーンはもっと泣いてしまうし、ホント良く出来るなぁと思います。挿入歌も良かったですよね♪

私の友人もこのドラマでミョンミンにハマって色々な作品を見たそう。私はカン・マエ以外は「白い巨塔」しか知らないので他の作品も機会があれば…と思いつつ中々時間が^^;

みぃちゃんさんも、良いお年をお迎えくださいね
みぃちゃん
2012年01月24日 23:13
お久しぶりです。毎日寒いですねふらふら 私の所は今大雪で慣れていても車の運転怖いです冷や汗2
最近アマデウスのDVDと第九のCDを購入してクラシックの世界にハマっています。久しぶりに、のだめを見たら面白かったけどやっぱりカン・マエに会いたくてベートーベンに戻ってしまいました。今、気持ちが落ち込んでいる私にカン・マエの「私だけに付いてくればいい」の言葉…慰められます涙気分に寄っていつも見ているものが泣けたりする事ってないですか?何か愚痴になってしまってごめんなさい冷や汗 またお邪魔させてくださいねほっとした顔
2012年01月28日 16:42
「アマデウス」は映画のですよね?私も好きな作品です。カン・マエとライバルのミョンファンはこの映画の2人のようでしたよね~。

私は気分によって…というより、同じシーンでホロッと来ます。次に来る!ってわかってるから余計に気持ちが盛り上がって号泣しちゃうんですよね~。
そしてそれプラス、前にスルーした所に気付いて感動して涙(ノД`);・

DVDを見てカン・マエに励まされましたか?
やっぱり手元にあるといつでも見れていいですよね~。
私も大好きなドラマなんで、みいちゃんが元気になってくれると嬉しいです♪
ゆず
2012年12月27日 06:55
ドラマも良いが挿入歌のテヨンちゃん(少女時代)が唄う“聞こえますか?(トゥルリョヨ)もなかなか良い歌です。他にもホンギルドンで“マニャゲ(もし)アテナで“サランヘヨ)(愛してる)など。テヨンちゃんのソロアルバムが発売されたらいいのになぁ。
2012年12月29日 10:02
ゆずさん、
テヨンの「聞こえますか?」もいいけど、私はチャン・グンソクが歌った方が好きなんです。回数は少ないけど効果的なシーンで流れてたせいかも。
テヨンは…ファンに叱られるかもしれないけど、少女時代の歌よりOSTの曲の方がしっくり来て合ってる気がします。
ゆず
2012年12月30日 02:21
私もテヨンちゃんはOSTの曲の方がしっくりと言うか合ってると思います。少女時代のGENIEのラストのソロパートを初めて聴いた時“上手いなぁ”って思って、少女時代も好きだけどなんかテヨンちゃんの才能が勿体ない気がします。あっ!私の周りもグンソクくんバージョンのがいいって言う人多いですよ(^.^)。
2013年01月10日 23:09
グンソク君の方が好きなのはゴヌ派だったからかもしれません。
テヨンが歌うバージヨンは私の中ではルミのテーマって感じがしてました。

この記事へのトラックバック

  • ベートーベン・ウィルス(終) 11/02/17 Thursday

    Excerpt: フジTV「ベートーベン・ウィルス」(全18話) 一度はリタイアしてしまったこのドラマ。 どうもカン・マエが苦手だったのだけれど、今回は完走できました(何話か抜かしたけど)。 実は.. Weblog: 韓流のたのしみ feat. TVXQ racked: 2011-02-18 16:19
  • ベートーベンウィルス2

    Excerpt: ベートーベンウィルス かなりネタバレあります。見てない方はご注意! 「カン・マエ」というキャラに嵌るほど、すばらしい演技を見せてくれた キム・ミョンミン.. Weblog: 韓国ドラマを語りましょう racked: 2015-03-07 09:19
  • http://venussome.com/weight-loss/venus-factor-review/

    Excerpt: x[g[x_EEB_X@_Ib +*+p___h_}___�L+*+/EFu_u_O Weblog: http://venussome.com/weight-loss/venus-factor-r... racked: 2017-01-18 15:21