ER13、終了・・・。

えっ?!ここで終わりかい!とツッコミたくなる最後でした。
まあ最近のシーズンは、毎度そうだけどね~。
21回から最終回をまとめてと、簡単に全体に感想です。

最終回は、通訳の帰還兵のエピに胸が痛みました。
戦争の傷は本当に深い・・・(/_;)

新しいER部長のモレッティは、
やり方や言い方ナンだけど、
どこか馴れ合いになってるようにERスタッフたちに
渇を入れてくれるのかもしれません。
患者を待たせても、
それが当たり前と言って改善しようとしないのは、
「何だかなぁ」と思ってたので。。。
↑こういう事が
ルカとエイスムさんの事件に繋がった気がしてたんで…。

私的に、21回と22回は退屈でした。
特にルカとアビーの結婚式の模様を描いた21回なんて、
ERが閉鎖中とはいえ、スピンオフ?と思ってしまいました。
ファンの方には申し訳ないけど、私はアビーが苦手なんで、
前半の「結婚式をする、しない」は何だかイライラ…。
しかもこの回は放送時間が長かったので、
途中で録画がプツリ・・・( ̄  ̄;)
予告であったレイの事故まで行きつかず、
次の回を見て、トラックと衝突…で終わったとわかりました。

そして最終回、
連絡が取れなかったニーラの元にレイから電話が。
とある病院に入院中のレイの元へ行ったニーラはビックリ・・・!
事故後、レイの両脚は酷い状態で、
切断を余儀なくされたのでした。

ニーラはゲイツとキッパリ別れて、
レイの元へ行こうとしたのに。。。
ちゃんと話そうと電話したニーラ、
携帯に入った伝言を聞こうとして、誤って電話を落とし、
拾ってるときに轢かれてしまったレイ。
(韓ドラかい!とつい思ってしまった^^;)
その事を聞いても、
もう遅いと遠い目をするレイが可哀想でした
「あのアパートにはもう帰れない。
スロープがないから」というセリフも悲しいです。

「あなたなら乗り越えられる…」
眠ってるレイにそっとキスしたニーラにジーン。。。
自分のせい…と、
この出来事を引きずってしまうんじゃないかな。
なんであんなタイミングで轢かれちゃうのよーー。

ニーラも結婚パーティの時
あんなお茶を濁す言い方しなければ良かったのになぁ。
ゲイツとちゃんと別れてから言いたかったのかな?
レイは、ゲイツがニーラの頬を撫でるシーン見てショックを受け、
それであんな事故に遭っちゃって…、
タイミングが合えば、なんてことなかったのになぁ。。。

義足をつけて、次のシーズンにカムバック?と期待したけど、
最後の声の出演シーンでは、
降板したキャストと同じ出方だったので、
これで終わりのようですね。
それにしてもERのスタッフの事故率が高すぎるわ^^;
ここまで悲惨にしないとダメなの?と思ってしまいました。


それにしてもニーラはモテモテ~。
ゲイツ、レイだけじゃなく、ドゥベンコ先生、
そして中国系のインターン(学生?)までもなんてねぇ


ゲイツは血のつながらないサラと
一緒に暮らす決意をしましたが、
実の祖父母であるメグの両親が黙ってるハズもなく…。
無理やり連れていくメグの両親もナンだけど、
サラがあんなに嫌がって、
お祖父ちゃんお祖母ちゃんが何だか可哀想でした。
それにしてもメグったら、罪作りだわ。

サラがいなくなり、ポッカリと空いた部屋で
ニーラに電話・・・。ヾ( ̄ー ̄;ォィォィ

反戦集会に出てたニーラを見つけたけど、
すごい騒ぎになってしまい、
怒濤のような人達に踏まれるニーラ…で終了。
えっ?なに( ̄ー ̄?).....????という最後でした。


最後の3話は1話に纏めても良かったんじゃ?
と、思いつつ、
この13シーズンは
今までのERと違った雰囲気で、楽しめました。
意外と泣ける場面も多かったし…。
でも意外とERのスタッフ達を描いたシーンか多く
それはそれで面白いけど、
患者のエピソードや、
ERスタッフが患者と関り成長する…って部分が
ちょっと物足りなかったです。

そして、何だか色々な面で投げっぱなし感が残りました。
ルカはクロアチアへ、
サムとアレックスはあのままだし、
新しいER部長が突然出てきてスタッフたちと確執だし、
良く言えば、次ぎに繋げる…なんでしょうがね~。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック