ニューハート 第20話

「それぞれの決意」

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
患者を半身不随にさせた責任を感じ、
何かに取りつかれたように必死に治療法を探していたウンソン。
そんな姿に「そうだ。何が出来るか調べろ。
でも自分を責めるな。手を尽くしたんだ。
調べてみたが患者はベーチェット病だった。
それもお前のせいか?
医師が成長するには成功も失敗も経験しないと。
もちろん責任逃れたらしては成長しないし
それがイヤで逃げ出したら終わり」と励ますガングク。

自分が見逃したせいじゃなかった…とわかっても
診た患者があんな状態になったのは、胸が痛むウンソン。
「多くの患者を失っても、
何も感じなくなる経験するしかない」とヘソクに言われても
やり切れない思いで一杯なのでした。

辞表が受理されたミナ先生とガンクグの辞職が重なり
二人の退職を告げる貼紙を見て、
「教授は難しい手術を避けず、前首相の手術までしたのに。
麻酔科のミナ先生は心臓の動きを操る大事な仕事。
うちの科を甘く見てる!」と怒りが爆発し、
団体で辞表を突きつけたた胸部外科のレジデントたち。

「患者を助ける邪魔をしたから辞める?
レジデントが全員辞め、
患者が死んでも関係なしか?」と呆れる院長に
「チェ教授を切った院長の責任」とズバリと切りつけるヘソク。
しかし院長は動じる事なく、引き留めないと答えたもんだから、
折れてくれると期待してたみんなはオロオロ…。
そんな中、「修練と教育は大学病院の任務。
なのにレジデントが学ぶに来ても必要ないと?
教育を担う大学病院の院長の言葉と思えません」と反論するヘソクに、レジデントたちの強気も戻ったのでした。

厳しい言葉を突き付けても、父を憐れむ目を向けていたヘソク。
声を掛けたいのに、出来ない院長。

それでも、「父親を放棄した人」と強がるヘソクが
本心は違って落ち込んでいると気付いていて、
元気づけてあげようとクラブへ連れて行ったウンソン。
初めて来た場所に徐々に慣れて、笑顔で踊っていたけど、
父の気持ちを思えば、涙が溢れてくるヘソク優しく抱きしめ
「悲しいなら泣け。院長の事でつらいならつらいと言え」とウンソン。
そんなウンソンの温かさに気持ちが癒され、
「娘のいる胸部外科を父が追い詰め、娘は父に退陣を求める。
最悪の親子。あなたがいてくれて良かった。
昔は心が空っぽだったけど、今は心が満たされている」とへソク。
「お前が幸せなら僕も幸せ」とラブラブな二人

レジデント部屋に戻ってからも、離れるのが惜しい二人。
ベッドの上でいいムード…と思いきや、
向こうのベッドに他のレジデントがーーー
焦ってカーテンを引いてウンソンを隠すヘソク。
隠れて恋愛ってのも何だか楽しげな二人なのでした。
ハイハイ、ご馳走様

未婚の母に厳しいこの国を出て、カナダへ行くと言うミナ。
それと共にテジュンに迷惑かけまいとしていたのでした。
別れたくないとすがるテジュン。
彼は本当にミナを思ってくれ、だからつらくって
「あなたは奥さんを選んだ。国会議員の義父を。
続けるなんてあなたのエゴ。結末がわかるから尚更心が痛む」と
愛するからこそ別れる決意のミナ。

意識障害で突然暴れ出してしまったベーチェット病患者。
抑制するために紐で縛っていたけど、
そんなものは簡単に解けるほどでした。
そばにある器械を持ち上げて、
投げつけようとする患者を説得するヘソク。
しかし患者は見えないものに怯え、
重い器械を思いっきり投げつけたのでした。
ヘソクに当たるーーという瞬間、
偶然通りかかって咄嗟に庇ったウンソン。←ナイトね~
なのに、やれやれ…という展開にならなくて、
ウンソンは腕を骨折し、緊急手術を受けることに。

靭帯神経が傷ついたんじゃ?
よりによって利き腕の右手とは…と心配で
自ら手術室に出向き、執刀医に頭を下げて頼んだガングク。
ガングクの心配どおり、
折れた骨の間に神経が挟まってる可能性があり、
生活に支障はなくても緻密な外科医はダメかも…という事態に。
以前、両手を使える様に左手の練習してたけど、
それが役立つのかしら?


術後右手の感覚が戻らず、嫌な予感がこみ上げるウンソンに、
「呑気に遊んでばかりで減給するぞ。
お前が抜けて忙しい。カルテの整理を手伝え」とガングク。
ウンソンの気を紛らわせようとしたんじゃ?
あれでもずっと心配してたとスンジェから聞かされ、
嬉しくってパッと笑顔になるウンソン。
うん、きっと良くなると思って指を動かしてみるけど、
でも、なーんか違和感があるのでした。

定例教授会議のドアを開けた院長は、
閑古鳥が泣いてる席に呆然(*_*;
教授の大多数が、学長と理事長側に着いて
院長解任案を求めて教授会をボイコットしたのでした。

ガングクが辞めた後
誰が高難度の手術をするのか?という問題が持ち上がり、
自ら名乗り出るヨンギュ。
しかし症例会に出てる誰の目にも「無理」の二文字が映っていて、
みんなを代表して(…ってワケじゃないけど)
「なら転院させるしか」とキム循環器科長。
すると、小児心臓外科手術で実績のあるスンジェを推薦し、
次期の胸部外科長にも彼をと指名したガングク。
またしても後輩に先を越され、
「俺がやれるって言ってる」と食って掛かるヨンギュに、
「はっきり言いますが、先輩まだ未熟。
胸部外科の人と仲良くやれて、
看護師たちを引っ張れる人は?
スンジェが適任です」とハッキリ告げるガングク。

スンジェの人望は厚く、適任といえば適任と前置きし、
「チェ教授以上の医師は韓国にいない。
念書の件を謝り辞表を取り消すべき」と
院長を説得するキム循環器内科長。
おぉ!前はガングクを目の敵にしてたけど、
変わってきましたね~。

時分の腰巾着のキム科長まで逆らうなんて、
院長のショックは大きく、
意見を聞き入れる余裕などないのでした。

ずっと以前、息子・ドゥヨンに手術をしてくれたスンジェを見つけ、声をかけてきたお母さん。
ドゥヨンが再び入院してきたのは、
川崎病でバイパスの手術が必要だからでした。
すかさず、「執刀医のミン・ヨンギュです」と挨拶する姿に、
ちょっと呆れ顔のテジュン(笑)
前にドゥヨンの手術をしたのは7歳の時。
なのに二度も心臓の手術をするなんて可哀想で、
くれぐれも頼むとヨンギュに頭を下げるスンジェ。
余裕で笑っていたヨンギュでしたが、、、

うまくやったと思ったバイパス手術、
なのに急変してしまい大焦りのヨンギュ。
やの直さないとダメ、いや先に血圧を安定と
またしてもテンテコ舞いする中、事
心臓に除細動をかけて安定させ、まずは一安心。
なのにバイパス手術をやり直そうとすると手が震えちゃって、
血管を傷つけてしまったヨンギュ。
血吹雪が上がる中、スタッフたちがかける声も聞こえず、
魂が抜けたように呆然と立ちすくんでいたのでした。
ヨンギュの役どころって何だか哀れ・・・

手術の中継を見ていて気が気じゃなく、
助けに行って欲しいと頼むスンジェに、
しかし別の手術を控えているので無理と言うガングク。
そうなるとテジュンかスンジェのどちらかが行かないと…となったけど、やった事ない難しい手技なので二人共躊躇。
そんな中、「僕の患者が死にそうなのに先輩も酷い!」と
捨て台詞を吐きながらも、
患者を助ける為に立ち上がったのはスンジェでした。
ガングクが断ったのは、
スンジェなら出来る…と思ったからなんじゃないかな?


スンジェの登場に益々興奮してしまうヨンギュに、
「僕の患者を危険にさらせません」と告げ、
落ち着いて後輩たちに指示を出すスンジェ。
「せいぜい横取りしろ」と強がって出て行くヨンギュ。
「先輩。この患者は何としても僕が助けます」と
医者のプライドが光るスンジェ

手術は君がすべきだったと言われ
無意味な戦いで破れたら戦えない。
今日の手術次第では、チェ科長の冠動脈の後任になれる。
でも二人とも実力はない。そこで僕がVIPの手術で勝負…」と
あんな緊急事態でも、青写真を描いてたテジュン。
これまでどおりに持ちつ持てれずで…と言われ、
苦笑いしていたキム循環器内科長。
もしやテジュンと手を切るんじゃ?
医者の誇りがあれば、
こんな考えの人と運命共同体になれないハズ・・・。


テジュンの思惑は外れ
見事に冠動脈手術を成功させたスンジェに、
中継を見ながら「よくやった」と、ねぎらうガングク。

スンジェを第三病院へ左遷させ、
胸部外科のレジデントを全員クビと強引な手段に出た院長。

強引なやり方に黙っていられず
「辞表を出しても私はまだ科長。
人事権は科長にあります」と談判するガングク。
「教授会をそそのかし私を苦しめようと?
事態を収拾するには攻撃しかない。
自分が選んだ人物に裏切られた」と院長。
院長の座を守るために必死で、
すべはガングクが悪の元凶と思ってるみたいで
「誤解です。教授協議会の本質を知るべき。
患者を助けるのに、商売アップと考えませんでしたか?」
とガングクが諭しても聞き耳持ちません。
もうこれ以上の説得は無理…と思ったようで、
「撤回する方法を教えてください」と折れたガングク。

院長がつきつけた条件は、
「教授会で、辞表は自分の意志だと告げ静かに去る。
そうすれば弟子だった者の将来を潰さすに済む」と。
後輩たちを守るためなら、これ位なんて事はないでしょう。
条件を呑んだガングクでした。

「ニューハート」他の回はこちらです。


ニューハート オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
ポニーキャニオン
2008-05-21
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック