朱蒙(チュモン) 第73話

“高句麗”建国の準備を着々と進め、
左軍師のチェサと右軍師のマリ、
そしてサヨンに官政と法律の制定を任せたチュモン。

高句麗の王はチュモンが就任する空気が流れ、
納得いかないサヨンや卒本の君長たち。
理由は卒本は同じ部族だけど、
タムル軍やチュモンは違う部族だから…。
チュモンが良く口にするのは「同じ古朝鮮の民」なのに
その中で色々とあるのねーー。


卒本の君長たちがコソコソ話してるのを不審に思い、
その夜、ソソノ抜きで建国後の王位について、
秘密の会合が開かれているのを盗み聞きし、
チェサとマリに報告したムッコ。

ソソノが辞退して解決したと思ってたのに、
彼らの考えに納得出来なく、チュモンに相談し、
「主導権を取られる前に対策を」と告げるチェサとマリ。
「同士を疑うのか?
私は王になって権力を得るため、戦ったわけじゃない。
お前達には失望した。どちらが王になろうと構わない。
君長が王になり建国の礎を強めるなら、
私とタムル軍は大業を成したことになる」と声を荒げるチュモン。

ずっとチュモンに着いていくつもりだったけど、
チュモンが王になれば権力がタムル軍に行く事を
懸念していた卒本の君長たち。
しかし彼らが全員そう思っていても、
当人であるソソノにそういう気はないし、
今もめていては、また漢にやられてしまうのが心配なソソノ。
「建国は古朝鮮の領土を取り戻す第一歩。
大国にするには指導力がある古朝鮮の後継者が王になるべき。
ふさわしいのは大将だけです」と言うソソノ。
「なぜ大将なのです?君長が王になって束ねては?
弱気になっては後悔しますよ」と諭すサヨン。

個人的には王はチュモンと思っているソソノだけど、
卒本の仲間を思えば考えが揺らぎ、ヨンタバルに相談。

この問題で、ケルの面々とタムル軍が衝突してししまいました。
昔馴染みで、絆が強かったハズなのに、
ラブラブ?だったヒョッポとサヨンまでもーー。

こちらとあちらの互いの意見がぶつかり合い、
剣を持ち出すほどエキサイトし、
その騒ぎにやって来て
自分の部下たちを一喝するチュモン。

この事態を収拾するために、
タムル軍と卒本の幹部の話し合いを設け
「私は王になりません。
私の胸には二人の遺志が刻まれています。
父・ヘモス将軍と大業成就を熱望しつつ他界した母。
ヘモス将軍は、苦しむ同砲を救いたい一心でした。
血を流して取り戻した土地に建国できるなら満足です。
私の望みは高句麗の礎を築くため、
命尽きるまで走り続けること。私は王の器じゃない。
国を治めるのは、卒本を司り
経験豊かなソソノ君長とヨンタバル様が適任」と告げたチュモン。

一方的に言われても、納得できない面々。
そんな時、みんなを納得させる方法を思いつき、
右軍師・マリと左軍師・チェサを呼び、
「早く分裂を防いで一つにしなければ。
チュモンとソソノが結婚するのです。
私はソソノを説得。お二人は大将を」とヨンタバル。

この事態を収拾する妙案だし、かつて縁があった二人だし
と思ったようだけど、
当人にしてみれば、愛し合った仲だからこそ、困ってしまうのでは?
戸惑うソソノに「お前が大将の傷を癒すべき」と説得するヨンタバル。

そしてマリたちに相談されたモパルモも、
これは政略結婚である上に、
まだソヤとユリの死から立ち直ってないのに…と反対したけど、
卒本vsタムル軍の対立を目の当たりにしているから、
納得してチュモンに話を持ち掛けたのでした。
ハッキリ断ったものの、
「建国する前に高句麗がなくなってしまう。
今まで犠牲になったタムル軍が浮かばれません。
ユファ様とイェソヤ様の犠牲も無になる」
と泣いて懇願するモパルモの言葉に、考え込むチュモン。

そしてソソノが出した結論は、
チュモンが建国したら、この国を出ること。
商団を率いて色々な国や部族を回り、
高句麗統一を影から支えると言うソソノに、
「君長はすでに国を売買いする商人。旅に出なくても…。
…私と結婚してください。すれ違った縁を取り戻すのは難しいが、
この結婚で結束が強まり、国の礎が出来れば…。
天が決めた定めなのでしょう」と告げたチュモン。

その頃、幼いユリを抱いてようやく卒本まで来たソヤ。
人が溢れているのは、チュモンが建国を発布するからと聞き、
喜びの笑顔がこぼれるソヤだけど、次の言葉に愕然。
「チュモン大将とソソノ君長がが結婚するしめだたい」
もうすぐ会える…と思ったのに、涙が溢れるソヤ・・・。
可哀想すぎるよーーー....(ρ_;)

図々しい人だったら…、いや多くの人がきっと
自分は生きていると名乗り出るだろうに、
ソヤは黙って身を引くことにしたのでした。
「私は命尽きるまでソソノ王妃と共にします」
「私は天の命に従い、大王殿下にお仕えし、
古朝鮮の栄光を取り戻します」と宣言する二人。
結婚式を見守り、涙をこらえて祝福するソヤが健気だわ

民の中に混じってソヤとユリがいたとも知らず、
高句麗の建国を宣言したチュモン。

チュモンたちがこうしてる間に、プヨでは、、、

ヤンソルランに頼まれ(脅され?)
クムワへの煎じ薬に毒を混ぜた医務官。
この毒は銀のスプーンに反応しない特殊なもので、
毒チェックを潜り抜けました。
でも何か怪しいと感じたソンジュが、
「この毒はプヨには存在しないけど、漢にはある」と侍医から聞き、
さっきの薬を入念に調べ、大使者に相談したのでした。

テソにその煎じ薬を差し出し、
「誰がやったかは王子様がご存知でしょう。
ご存知じゃなくても、収拾できるのは王子様だけ」と告げる大使者。
そこまで言われれば、誰の仕業かピーンと来たのでした。

ひっ捕らえられた医官に驚きながらも、
シラを切り通すヤンソルラン。
すとる医官の首を撥ね、
「この意味かわかるな。
父親を殺すという不義を働いてまで王位は継げない」と告げ
は見逃したものの、次は許さないと釘を刺したテソ。

今回ヨンポを追い出したものの、
行き先くらい聞けばよかった…と後悔の王妃。

プヨへの未練を捨て切れないまま、
テマジンに着いて長安へ行くことにしたヨンポ。

長安のファン大人のところへ挨拶に行くと、
遼東郡の太守への就任が決まった事と、
チュモンへ借りを返すつもりと恨みつらつらでした。
「復讐するなら手伝わせて欲しい」と申し出たヨンポ。
プヨを出る時はションボリだったけど、
いきなり元気になっちゃって~^^;


「朱蒙(チュモン)」他の回はこちらです。


THE LEGEND OF 朱蒙〔チュモン〕舞台裏全記録 第一章 [DVD]
ポニーキャニオン
2008-09-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック