ニューハート 第18話

「小さな命のために」

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
すっかりラブラブで
見てるこっちまでニヤけてしまうウンソンとヘソク。
ウンソンったら、気持ちを伝えた途端
箍(たが)が外れたみたいだわ~。
そんな二人の元にスリョンが急変したとコールが!

何とか一命を取りとめたものの、意識不明のスリョン。
その傍には、ずっと眺めてた赤ちゃんの写真があり、
最期に会わせてあげたくて、
スンジェ君を連れてきたウンソンとヘソク。

「息子だよ」とウンソンが語りかけても、反応がないスリョン。
「「そけじゃあ足りない」と保育器からスンジェ君を出し、
スリョンの横に寝かせて抱かせてあげたヘソク。
スンジェ君の温もりを感じたのでしょうか・・・。
一筋の涙が流れ、そのまま息を引き取ったスリョン(T_T)
「目を開けてくれ!」と叫ぶ夫とスリョンの間で、
屈託のない表情のスンジェ君。
初めて親子3人が会したの時が、
悲しい別れだなんて...


成績の良い前立腺ガンや胃ガン手術の宣伝をして
患者を集めるように指示する院長。
何だか...セールじゃないんだから・・・( ̄  ̄;)

その後、ガンクグに患者の相談するヘソクを見かけ、
成り行きを見守っていると
79才の大動脈瘤破裂患者を受け入れて、
他の患者を病室に戻すように指示するガングクに
先が短い高齢の患者を優先?!と言わんばかりに、
予定どおりの患者の手術をするように口を挟む院長。
しかし、「念書は押したはず。医師の手足を縛らないでください」と反論するガングク。
そして、ヘソクも従ったのでした。
心臓の辺りがキリキリと痛む院長。
もしや病気で、ガングクが手術する事に?

しかし、その患者を手術しようとした時、
前にガングクがバイパス手術をした患者が搬送されてきて
すぐ心タンポナーデの手術が必要で
ダブルブッキングしてしまったガングク。
そっちの患者は自分がやると言うペ・デロに、
「こっちが大手術だから助手を」と言い、
駆け持ちする事にして、そっちを待機させたのでした。
もちろん、大動脈瘤手術が大変なのはホントだけど、
以前、心タンポナーデを失敗したペ・デロを
気遣ったのかも。。。?

患者に麻酔をかけて待っているけど、中々現れないガングク。
そうしてるうちに患者の血圧はドンドンと下がり、
自分達でやろうと言い出すウンソンを止め、
様子を見に行ったヘソクだけど、
心室が破裂して出血がひどい中、誰も手を離せない状態で、
とても声を掛けられる雰囲気じゃありません。

そうしてるうちにも、心タンポナーデが必要な患者の血圧は下がり続け、
「心停止になる。早く呼べ」と怒鳴る麻酔医。
バイパス手術を受けた患者が心停止になると回復は難しい…、
「失敗したら追い出される」と止めるヘソクを遮り、
患者の命を救うため、自らメスを握ったウンソン。
そして初めての執刀だろうに、見事に成功!
縫合の時になると手が震え出すウンソン。
ずい分と落ち着いてるわ~と思いきや、
ずっと緊張してやっていたのでした。
ウンソンに代わって縫合したヘソク。

二人が手術したと聞き、驚くガングク。
勝手な事をして怒るんじゃないかな?と思ったけど、
「中々の腕だ。患者を助けた。
初めての手術を成功させたんだ」と賛辞の言葉が

つわりで食べられなく、手術中に倒れてしまったミナ。
ここで医者を続けるのは無理なので、
辞めて楽な病院に勤務しようと考えているミナに、
「君はトップにいるのに捨てられるのか?」と引き止め、
堕ろうように説得するテジュン。
「この子が大切なの。
奥さんが産めて私が産めないなんて」とと強い意志のミナ。
そうじゃなく二人に子はいらない…と
テジュンが言いかけたところで、
お邪魔虫(?)のガングクが来て話は中断。

初手術成功のお祝いに、院長にお餅を届けにきて、
新センターの組織図を見たヘソク。
ガングクが「顧問」の肩書きで追いやられ、
とうとう胸部外科を潰す準備が…。
その事をヘソクから言われても平然としてたのに、
「念書」の事を切り出され顔が強張る院長。
「チェ教授の行動を理解できない事はあるけど、
彼の患者観は目を覚まさせてくれた。
不可能でもやれるなら最善を尽くすこと。
チェ教授に謝罪してください。
しないなら、念書の件を医局に話します」とヘソク。
強い態度に驚きながらも、拒絶した院長。
自虐的な笑いを浮かべ、「わかりました。院長」と告げ、
「パパ」に決別したように出て行くヘソク。

前回、急変したユナちゃんは
もう心臓移植しか助かる見込みはない状態。
なのに提供者が見つからず、
このままではただ死を待つだけ・・・。
「助けてください。あの子まで死んだら生きていけない」
と父親から涙の懇願されたスンジェ。
何とかしてあげたい気持ちはスンジェも同じ、
でも今は父親を励ますしか出来ないのでした。

ユナちゃんの髪をきれいに編み込みしてくれたウンソン。
最初はホントに出来るの?って顔してたけど、
鏡を見るとカワイイ髪が気に入った様子で、
「私の誕生パーティーには友達を呼んで、
ワンダーガールズの歌で踊りたいのに…」と呟くユナ。
しょんぼりしてるユナを元気づけてあげようと、
踊ってみせるウンソン。
しかしこれが逆効果で、
笑っただけでも命が危険になってしまうユナちゃんは
はしゃいでる最中に急変してしまったのでしたーー。
蘇生術で戻ったものの、
「ごめんよ、ユナ…」と後悔し、泣いていたウンソン。

新センターの組織図が張り出され、
完全に胸部外科は隅に追いやられてしまってました。
いや、ただ1人、臨床治験を獲得したたミン・ヨンギュが
診療部長に抜擢されていてホクホク顔。
胸部外科の危機を訴えるテジュンにも、
別にそんなのはどうでもいいみたいで、
自分の立場が良いならいいって感じで、
チェ追いやったんだし、良かっただろう?
チェのように俺を追い詰めたいなら、義父の力を借りろ。
手術の実力がないなら、他の方法を考えろ」と。
↑これを実践したワケね・・・( ̄  ̄;)
「僕は実力で勝負します。
胸部外科をメチャメチャにしたら、許さない」とテジュン。
ヨンギュと対照的に、意外と胸部外科を愛してたのねーー。
…いやもしかすると、せっかく副教授になれるのに、
冷遇されては意味ないって思ってる?←これだったらイヤだなぁ。



院長は経営ばかりで目的を失っていると言うテジュンに、
「俺は嘆いても無駄。俺は根回しできない」と諦め顔のガングク。
オイオイ、それでいいのかいヾ( ̄ー ̄;
すると、「院長が胸部外科寄りの人物に代わったら?」と
義父の力で院長解任に動く考えを告げるテジュン。

子供の脳死患者が出たと知り、
ユナに…と考えてスンジェに知らせたウンソン。

しかし家族にとって心臓が動いてる以上、
すぐにそんな気持ちにはなれないのでした。
掴まれ怒鳴られても、「お気持ちはわかります。
でもお孫さんの臓器一つ一つが他の命を救うのです」と
説得するスンジェ。
「孫も救えないヤツが誰を救う?!何より大事な孫を助けろ」と
泣いて訴えるおじいさん。。。

ユナの命も、この子の命も同じく大切に思い、
なのに助けられない事に、憤りと無力さを痛感したいたスンジェ。
じいさんに怒鳴られ、鼓膜が破れると言いつつ、
「人生を楽しめずに
天国へ行く子を見ると神様が憎くなる。
僕を医者にする力があるなら名医にしてくれるか、
死ぬ子を見ても動じないほど冷たくしてくれないと。
大人みたいに助けてとすがりついてくれれば、
少しは気持ちが軽くなるのに。
何も言わず僕の目を見る姿は不憫で…。
出来ることが何もない」と妻のボンシルに
涙ながらに語っていたのでした。
彼の思いに泣けてくるわ....(ρ_;)

ユナの事が心配でたまらず、
大丈夫だと言っても
「ちゃんと見てください」と切羽詰った様子ですがる父親。。。
それで、提供の説得をしようとしたのでしょうか、
脳死患者のところへ行ったウンソンだけど、
そこには話すことも動くこともない孫を見守り、
助かる事を祈って泣いているおじいさんが。。。
声をかける事なんて出来なかったウンソン。

明日はユナの誕生日で、一時退院が許されました。
何事もなく退院できるよう、
不在の自分に代わって当直のインテとキム看護師に
様子をちゃんと見るように念を押して行ったスンジェ。

ところがその夜、
彼女が他の男と抱き合うシーンを見てしまった上に、
その彼女から、今の贅沢を捨てたくないから、
親が勧めるさっきの眼科医と結婚すると言われ、
招待状を置いて行かれてしまい大・大ショックのインテ。
そして、すっかりユナの事を忘れて、
何かに取りつかれたように薬を探しまわっていたのでした。
えぇーー?!気持ちはわかるけど、
医者なんだからーー。それにスンジェに頼まれたでしょうにーー。


そうしてる間にユナの容態が急変。
その頃、胸部外科のスタッフは
ミーティング?なのか焼肉をしてる最中で
宿直じゃない医局員が集まっていました。
意識不明のユナを見つけたキム看護師から電話を受け、
除細動の指示を出して良いかとガングクたちに聞くウンソン。
すぐ除細動をしないと危険なのに、
当直のイノはERに、インテは呼び出しても来ない、
しかし、看護師がやるのは許されていない…。
切羽詰った状況の中、自分が責任を被ろうと、
キム看護師に指示を出そうとするするガングク。
電話をもぎ取り、「先生は病院で必要です」とウンソン。
二人のやり取りの間に、自分が指示を出したヘソク。

「ニューハート」他の回はこちらです。


ニューハートDVD-BOXI
アミューズソフトエンタテインメント
2008-12-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック