ニューハート 第17話

「過去との再会」

☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
心肺同時手術が必要な患者の手術を巡っての討論会。
同時移植はまだ成功例がなく
キム循環器内科長から手術が可能か尋ねられ、
「もちろん。ただし内科と麻酔科の協力が必要。
チームを作って相談しましょう」と答えるガングク。
そこに「これが我が病院が望む手術」と拍手しながら登場の院長。
そうそう、各科が協力し合うのは良いことよね~と思いきや、
病院の地位が高まるからと、
国内初の同時移植を大々的にマスコミに報道させたのでした。
前のライブ手術で懲りてないのね^^;
それでも今回踏み切ったのは、何だかんだ言ってもガングクの腕を見込んでる気がするな~。


心肺同時手術が行われたものの、どうも上手く行きません。
テープで巻ければ…と嘆く声にヒントを得て、
「心膜周辺の脂肪を気道に使っては?」と提案したヘソク。
その意見を採用してガングクが執刀した手術は成功~。
褒められ嬉しそうなヘソクに、やったな♪って感じの笑顔のウンソン。

「我々を待ってる患者はたくさんいる。
頭じゃなくハートで治療してくれ」と告げ、
明日の会議でテジュンを副教授に任命する予定だと
胸部外科のみんなに知らせたガングク。
テジュンはコネを使って画策していたけど、
ガングクが選んだ理由は、
「優秀な手腕や論文は手本になってる。見習って一人でも助けろ」とスタッフに告げるほど、テジュンを買っての事でした。

テジュンを認めたガングクに、
「最初から期待するな。
徐々に真の医師に変わる人も多い。お前もその1人」とヨンス。
そうか?と苦笑いのガングク。
テジュンに厳しかったのは、自分を見てるようだったから?

またしても後輩に先を越され、
もう会議に出ないといじけてしまうヨンギュ。

しかしテジュンにも暗雲が。
副教授の座が目の前まで来たのに、
愛人の麻酔医・ミナが妊娠してしまい、困った事態に。
かつては二人で子を欲しがっていたので、
喜んでくれると思ってたのに、堕胎するように言うテジュンにショックを受けながらも、「産む」と答えたミナ。

アルバムに一緒に写っていたスリョンが救急車で運ばれ、
血相変えて駆けつけたウンソン。
妊娠中に肝臓ガンが見つかり、
延命治療の為に堕胎を勧められたけど拒否し、
四ヶ月前に病院を飛び出したのだそう。
食道静脈瘤が破れて吐血し、
搬送されてきたけど、もう手遅れなのでした。。。

涙が溢れ出し、よろけながらようにERを出て行くウンソン。
医者を辞めようと決意し
病院を出て行った時でさえ、ここまでボロボロじゃなかったのにねぇ…。
スリョンとの関係が気になるヘソク。

スリョンの様子を病室の外から見守っていたウンソン。
傍らに夫が付き添ってるから遠慮してるのね。
そこに胸部外科のスンジェが来たのでビックリ。
ここに来たのは胎児の心臓が思わしくないからで、
帝王切開で産ませた後、すぐ手術すると言うスンジェ。

思い切ってスリョンとの関係を聞くヘソクに、
酒を飲んでから重い口を開いたウンソン。
スリョンとは同じ施設で育った仲間。
規則で高校卒業後に施設を出され、
金も親も行くアテもない自分とソンホとスリョンは、
少しずつお金を貯めて、小さな部屋を借りた事…。 
「クラブから帰るとイヤな顔せずご飯を作ってくれていた。
スリョンさんは母親でもあり姉でもあった。
片想いだったけど初恋だった。
ある日彼女は、部屋を勝手に引き払って男と逃げた。
僕達は家を無くし、
せいぜい達者でと悪態をついたけど本心じゃなかった。
逃げたなら幸せにならないと。なぜ病気に?」と嗚咽するウンソン。

帝王切開で産まれたスリョンの赤ちゃんだけど、
父親の同意が得られず手術が出来ない状態に。
「命がけで産んだのに。人殺しと同じ」と嘆くスンジェ。
「そういう父親はたくさん見てきた」とポンスク。
説得に行こうとするウンソンだけど、
既に父親は姿をくらましたそう。
ガンの治療をせず、命を削って子を守ってきたのに。。。

でも、夫はトンズラしていなく、迷っていたのでした。
ロビーて、やり切れない思いで叫んでる男を見て、
スリョンに付き添ってた夫と気付いたウンソン。
赤ちゃんのいるICUへ無理やり連れて行き、
同意書にサインを求めたのでした。
しかし、母親なしで病気の子を育てられないし、
いっそこのまま…と拒絶する夫に
「それでも父親か」と掴みかかるウンソン。
「何がわかる?この子のせいでスリョンは治療が出来ない。
憎くてたまらない」と、複雑な気持ちを叫ぶ夫。

そんな騒ぎの中、ICUにいたユナという少女が急変。
必死に治療を施しながら、
「絶対に助ける。この子には夢がある。
その夢を守るのが僕達の夢だ」とスリョンの夫に告げるウンソン。
産んだ赤ちゃんが気がかりで、
無理をおしてICUに来てこの状況に遇い、
「手術を受けさせて。私達の子にも夢があるはず」
と言って倒れてしまったスリョン。
命懸けの懇願に、夫もわかってくれサインしたのでした。

田舎からシスターも来てくれたけど、
「看取ってあげないと」と言われ、
可哀想な運命のスリョンに泣いていたのでした。
いたくなかった…と呟くウンソン。
そうすれば、どこかで幸せに暮らしてると思えていたものね・・・。


赤ちゃんがちゃんと育つよう見守ってとスリョンに頼まれ、
「主人に任せろ。でなきゃ生きて育てろ」と励ますウンソン。
「ダメだって知ってるでしょ?子を殺せなかったのは、
私は捨てられたけど、子供は捨てられた子にしたくなかった。
みんなが私を忘れても、子供は覚えていてくれるかも。
私が生きてるって証を残したかった」とスリョン。
同じ孤児で、その思いが痛い程わかり心が痛むウンソン。
別れが最期が近いとわかっていて
部屋を売って出て行った事を謝るスリョン。
涙がこみ上げ、「昔はスリョンさんが爪を切ってくれたのに、
今は俺が」とおどけるウンソンだけども
その言葉に、「赤ちゃんの爪を切ってあげたい。
もう少しだけ生きたいのに…」と慟哭するスリョンが哀れで
一緒に泣いていたのでした。
何とかしてあげたいのに、自分は医者なのに、
今はスリョンを抱きしめて、
悲しみを分け合うしか出来くて悲しいよね。。。


ウンソンとの進展状況を聞かれ、
「過去の彼に私がいなくて嫉妬する」と気持ちを吐露するヘソク。
「俺みたいだ。心の向くままに…。それが本当の愛。
俺はフラれたけど」と励ましてくれるドングォン。

臨床治験のプロジェクトを持ってきたヨンギュに、
心臓血管センター設立にも役立つし、
アメリカでも成功してるから韓国でも大丈夫だろうと
70億で乗った院長。
これでヨンギュの株が上がり、
テジュンに先を越された分を取り返したのかな~。

院長から出された念書を突き返したガンクグ。
「医師を拘束することは出来ない。
手術の数や生存率でレベルが測られるなら
難病などは度外視される。
報奨金をくれると?何日も何時間も患者を待たせ
医師に会えても数分だけ。そんな医療は衰退します」と
思いをぶつけるガングクだけど、
「病院が生き残らないと患者は診られない!」と激怒し(←まあ、確かにそうだけど)、すべての役職を解いて左遷させると強く出る院長。
二人の意見は平行線。
院長の脅しに臆することなく、辞表を書くと告げたガングク。

手術が成功し、
スクスクし成長しているスリョンの赤ちゃん。
傍にいれないスリョンのために、
写真を撮って見せようとするウンソンに、
「患者の心に入り込むのは医者の温かい心。
これ以上の治療はない」と
温かい言葉をかけるスンジェに、頷くガングク。
もし自分が去ることになっても、後輩たちが頑張ってくれる…
そんな思いなのかもしれません。

あんなに子供を憎んでいたけど、
産まれた子を目の当たりにすると愛情が芽生え、
毎日赤ちゃんの顔を見に来るほどでした。
「立派な人の名前をもらえば、
この子も立派になると思うんです」と
執刀したスンジェに感謝し、赤ちゃんの名前にもらう事に。

院長相手にタンカを切ったガングクに、
「先輩が理解出来ない。
僕は院長に見放されても居座り続けたんだ。
1人でも多く助るためだ。
理不尽でも少しずつ直していけばいい。
どうしていつもぶつかるんです?」と落胆して行ってしまうスンジェ。
ガングクと共に…と思ってたのに、
勝手に辞められちゃやるせないでしょうね。


ヘソクを母親代わりのシスターとスリョンの所へ連れて行き、
「恋人」として紹介したウンソン。
突然の行動に戸惑い、真意を疑ってしまうヘソク。

撮ってきたスンジェ君の写真を見せると、
「手術してくれた先生のように立派になって欲しい」と
夫と同じ事を言うスリョン。
写真を見て嬉しかったけど、
段々と、一度だけでも抱きしめたい思いが募るスリョン。
「苦労して産んだのだから、
抱きしめなくちゃダメです」と励ますヘソク。
余命いくばくもないけど
希望があれば、少しでも長く生きられるかもしれないから・・・。

シスターたちに紹介したのは、同情だと思っていじけるヘソクに
「同情じゃない。お前しか見えないのに…。
僕の過去を全部知ったら嫌われると思った。
もうガマンしない。好きにならないように我慢する事はもうしない
突き放してごめん」と正直な気持ちを告げたウンソン。
おお!ようやく進展かなーー
(ちょっと長かったかも…^^;)

「ニューハート」他の回はこちらです。


ニューハート オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
ポニーキャニオン
2008-05-21
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック