映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (2007年/アメリカ)

DVDにて視聴しました。
これ、映画館のスクリーンで見たら、もっと「ギョッ」としたかも?
そういう血のシーンが多々あるけど、
復讐の愚かさ、
それでいて切なく悲しい気持ちが心に残った映画でした。
ダークな映像なのだけど、それでいてキレイなのはさすがティム・バートン監督。
そしてジョニー・デップ、レトロな雰囲気が似合いすぎる~


以下、展開に関するネタバレなのでご注意を




    ↓   ↓    ↓






フリート街で理髪店を営み、
愛する妻・ルーシーと娘ジョアナと共に
幸せに暮らしていたベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)。
ある日、ルーシーに一目惚れし、彼女を手に入れるために、
パーカーを無実の罪に陥れたターピン判事(アラン・リックマン)。
15年が過ぎ、ようやくシャバに出たバーカーは
“スウィーニー・トッド”と名前を変えてフリート街に。
パイ店の店主、ミセス・ラベット(ヘレナ・ボナム=カーター)の話によれば、
妻・ルーシーはタービン判事の策略に心を痛めて毒を飲み、
ジョアナは判事のお屋敷に軟禁されていると言う。
“スウィーニー・トッド”は、ミセス・ラベットの協力で、タービン判事への復讐の機会を待つことに。

“スウィーニー・トッド”の正体が、
ベンジャミン・バーカーだと知る人物が現れ、
この男を殺してしまったトッド。
最初の殺人は突然で、まだ戸惑いの表情もあったのに、
落ち着いてくると、まだ息のあったこの男にトドメを刺し、
「殺人鬼」の表情に。

死体の処分をどうするか…。
「パイの中味にすればいい」と言い出すミセス・ラベット。

いつかタービン判事を殺す日の為に、
人殺しをやり続けるトッド。
理髪店に訪れる人のヒゲを剃る素振りでノドを掻き切り、
(カミソリって怖いーー・。・;)
血吹雪をあげた遺体はまっすぐ地下室へ一直線にドスン。
そしてその遺体はパイに・・・!
私は子供の頃しか床屋で顔剃りしてもらった事ないけど、
この映画を見た後に行ったなら、怖いーーって思ったことでしょう。
すごく残酷にシーンなんだけど、
歌いながら(ミュージカルだから)やってるトッドは、
どこか楽しげで自分に酔ってるようにも見えるし、
愚かな復讐鬼って感じでした。

そして閑古鳥が鳴いてたパイ店が、
この「肉」を入れる事になって大繁盛!ってのが、何とも恐ろしい・・・。

オープニング映像の中に、
ミンチがグニューと出るシーンがあるのだけど、
気持ち悪いなぁ…と思った感情が蘇り、一層キモ・・・

最初は、ミセス・ラベットがルーシー?と思いました。
でも「ルーシーの顔を覚えてるの?
復讐なんてやめたら?」というシーンや
トッドとの結婚式や二人で幸せに暮らしましょうと、
妄想...いや、夢を語るラベットに
トッドが素っ気無く拒否したし違うなと。
そうそう、この「夢語り」のシーンは、
不気味な映画の中の和みシーンでした。

「ここは悪魔の…」と言い続ける浮浪者の女が、
パイ店のまわりをウロウロし
「追い出して!」とヒステリックにラベットが叫んだ時、
もしや?まさか?と思い始めました。
・・・ルーシーは生きていてこの女がそうだったりして?と。

タービン判事の腰巾着のバムフォードを殺し、
後は標的のタービン判事を殺すだけ。
ジョアナに恋した船乗りの青年に協力するフリして、
ここにジョアナを連れて来る手順にしてあり、
それを囮にタービンを呼び出すつもりだったのだけど。。。
地下室に閉じ込めた少年がいなくなったとラベットに言われ、
探しに行くのに店を開けたトッド。
そこにタイミングよく…いや悪くジョアナが来たのでした。
船乗りの青年が馬車の手配をしに出て行って1人になり、
人の声がしたので慌てて物入れに隠れたジョアナ。

部屋に来たのは浮浪者の女。
そこにトッドが戻ってきたのでした。
「どこかで会ったかしら?」
そう言われても、暗いからか人相が変わってるからか、
誰なのか気付かず、女のノドを掻き切ったトッド。

その後にタービン判事を殺し、
血まみれの顔で復讐を成し遂げた恍惚感で歌い続けるトッド。
物入れから一部始終を見ていて、つい音をたててしまったジョアナ。
男装しているジョアナを見ても、
娘と気付かずカミソリを振り上げるトッド。

あーー!やめてーーー!と思った瞬間、
地下室からミセス・ラベットの悲鳴が。
落とされたタービン判事はまだ息があり、
ミセス・ラペットを掴んだからでした。
間一髪で命拾いしたジョアナ。
一番の元凶であるトンデモない男タービン。
ジョアナが殺されそう…とは知らないハズなんだけど、
最後の最後に罪滅ぼしをしたように思いました。
・・・でもアンタのやって来た事はサイテーだけど!


地下室にいき、死んでる浮浪者の女の顔を見て
ルーシーだと気付いたドッド。
「毒を飲んだと言っただけ」と言うミセス・ラベット。
確かにそうだけどさ・・・。

トッドを愛してるから言えなかったのだとラベット。
もしかすると、トッドがベンジャミン・バーカーだった昔から、
愛していたのかも?
だから元理髪店の下で流行らないパイ屋をやって、
帰ってくるのを待っていたような気がしました。

怒りに震えるトッドに、
燃える釜に放り込まれてしまったラベット。
自分のモノになったのでは?という顔で
一緒に楽しげに踊っていたのにねぇ。

息耐えたルーシーを腕に抱き、悲しげに歌っていたトッド。
背後から、カミソリを持った少年が近づいて来ました。
その気配を感じたようだったトッドだけど、
黙って殺されたのでした。
トッドのノドから流れた血は、ルーシーの顔に滴り落ち、
まるでルーシーが泣いているよう。。。


結末を見た後にもう一度見直したのだけど、
「たとえお前の声を聞けなくても、使命を思うと胸が高鳴る。
我が命尽きるまでお前を思い続けたい。
天使がこの世を支配すればお前に会える。ジョアナ…」と
会えぬ娘を思って殺人を続け歌うトッド。
そのシーンと被るように、パイ店から上がる黒い煙を見て、
「悪魔の印。悪行!」と歌う浮浪者のルーシー。
何とも皮肉が掛け合いで、悲しくなってしまいました。。。

地獄のような生活から救ってくれたラベットを慕っていた少年。
「人殺し」をした少年のこれからの運命を思えば複雑。。。
トッドを「怪しい」と思ってたし、だから殺したのだろうけど、
殺すつももりでラベットが閉じ込めたなんて疑ってないのね。
そうそう地下室で少年がパイを食べた時、指がーー*_*;のシーンは、
今まで店に出して何でもなかったのに?と不思議。
原型を留めていたし


理髪店で、赤ちゃんの自分とママの写真を手にしてたジョアナ。
トッドに殺されたの女が、「ママ」であり、
殺したのがパパだと知ることはあるのかな?
知って欲しくない気持ちが強いのだけど、
閉じ込められている娘と亡くなった妻の為に、
愛ゆえに復讐に走った哀れなパパの事を知って欲しい気も・・・。


冒頭のシーンで、トッドから
ある理髪師一家の悲劇を聞いていた船乗りの青年。
いつかジョアナにその話をした時、
「これは私のパパとママの話」とわかるのかもしれません。

復讐の末路は哀れで切ないものでした。
ルーシーが一番可哀想だったな。。。(ノД`);・
タービン判事宅前でジョアナに一目ぼれした船乗りの青年に、
事情を話してくれた浮浪者のルーシー。
心は壊れて、窓から見えるジョアナが娘とはわからないだろうけど、
本能がここに来させていたのかも。。。



スウィーニー・トッド オフィシャルメイキングブック
小学館プロダクション
ティム・バートン

ユーザレビュー:
ジョニーファンも映画 ...
貴重な写真や話がいっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック