ER13 第10回 「すべてを話そう」

犯人は一体誰(・・・?)
何だか今回は少しだけサスペンスチックな感じでしたr。
まず一つ目のナゾ。これはすぐに犯人(?)が判明したのだけど、
それは母親にとっても、もちろん娘にとっても辛い「真実」でした。

学校前で倒れてたところを搬送されてきた13歳の少女・ダニエル。
下半身の出血と傷から、レイプされた可能性がありました。

レイプ検査などはドラマとわかっていても、
あまりにも可哀想で・・・(:_;)
更に、精液は残ってないと聞いてホッとした瞬間、
鋭利な刃物で切り裂かれた可能性が…って酷すぎるーー!!

一体、どんな変質者がやったの?と思いきや、
「自分でやった」と告白したダニエルちゃん。
えっ!えぇーーっw( ̄∇ ̄;)w!!
なんでそんな事を・・・とビックリでした。

しかし「真実」がわかると、胸が痛みました。。。
母親であるアンジェラの語りにも泣けてきました。
数年前に家に設備の検査にやって来た男を
信じてしまって招き入れてしまい、
レイプされてしまっていたアンジェラ。
それだけでも十分不幸だっていうのに、
その場面を見てしまった9才のダニエルちゃん・・・。
トラウマから、BFに体に触れられそうになると避けてしまい、
その後。自分で傷つけてしまったのでした。

その話を聞いて絶句し、
淡々と…それでいて悲しく語るアンジェラが痛々しくって...(ノД`);・

---あの子は外で遊んでたから知らないと思っていた。
誰にも言ってないの。夫にさえ…。
悲劇から立ち直る事ばかり考えて、
娘の心の傷に気付かなかったなんて…----
誰がアンジェラを責めることなんて出来るでしょう。。。
「君は悪くない。家族を守りたかっただけだ」とルカの言葉どおりです。


アンジェラは、ルカとエイムスさんの裁判で、
病院側、つまりルカの弁護人(・・・だったかな?関係者かも)
だにえるが搬送されて来た時、
ルカの脳裏には、エイスムさんの仕業…と過ぎったのかも?

この日の朝、
外から自分達の部屋を見上げるエイムスさんを見かけていたルカ。
アビーと息子に近づき、
公園でおもちゃを送りつけらたという思いもあり、
エイムスさんの職場まで出向き、
否定する彼に掴みかかり、「近づくな!」と凄んだのでした。

慣れない工事現場で働いてたエイスムさん。
ルカの来訪で休憩が欲しいとお願いすると、渋い顔してた現場監督。
住むところもなく車で生活し、少ないお給料でやりくりしてる様子。
ルカの行動は、家族を守るためなのだけど、
もしエイスムさんの「やってない」と言うのが事実なら、
ホントに迷惑な話なんだよね。。。

もしかすると、ルカは疑心暗鬼になってしまっているのかしら?
今朝、外に立ってたエイムスさんの姿は幻影だったりして?
では、おもちゃを送りつけてきたのは誰?
ってのが、また「ナゾ」なんだけど、
バーでアビーと知り合いになったエディでは?と予想。
なんか、エイムスさんを信じたい…っていうか、
そういう方向に行って欲しくないのよね。。。


今回、喘息を診てもらいにERにやって来たエディ、
喘息がヒドイのは本当なのだけど、
バーで会った時は、病院に友人のお見舞いに来たと言ってたのに
どうもウソっぽいし(アビーの問いかけにシドロモドロ)、
妙にアビーやルカに馴れ馴れしいし・・・。
もしやエディって、アビーのパパなんじゃ?
とチラリと過ぎりました。
アビーのパパって家出したんだったっけ?←覚えて無い…^^;
それともアビーに気があるストーカーのような人?


エイスムさんが付きまとってることを内緒にされて、
激怒のアビー。
心配かけたくないというルカの思いやりが裏目に出ちゃいました。
アビーの言い分もわかります。
危険人物が付きまとっているなら、
無防備で街や公園を歩いてたことが、ものすごく不安になるでしょう。
でもルカの思いもわかって欲しいな・・・。

そしてルカ。アビーの性格をわかってないーー。
アビーは隠し事を人一倍嫌うし、
守られるより、自分が…ってタイプだし<
母親となって息子を守りたい気持ちも強いだろうし・・・。
付き合って別れてまた元サヤの二人だけど、
少し距離を置いた付き合いの方が、しっくり来る気がするなぁ。


耳からグサリとアイスピックが突き刺さってるのに、
奇跡的に脳や組織を傷つけてない患者。
外科?耳鼻科?脳神経科?精神科?
一体どの科を呼べばいいのやら…のこの患者。
しかしどの科も忙しいのか、呼び出しても診に来てくれません。
とりあえずERでアイスピックを抜こうという事になったのだけど、
慎重に抜こうとしたら、アイスピックの柄がポキッ(*_*;

こういう不思議な患者は、ERでは日常茶飯事だし、
「何これーー?!」で終わるかと思いきや、、、

後の処置をした外科のクレンショーは、
勝手な事をしたERとモリスに嫌味タラタラ。
あまりの言い草に、
「ERはどの患者にもベスト尽くしてる。
お前らが見放したこの患者にもベストを尽くした。
うまく行かない事もあるが、俺がすべての責任を負う。
少なくても俺達は助けようとしたんだ!」と訴えるモリス。
前のシーズンまでと違って、カッコイイじゃないのー!

更にクレンショーの嫌味は続き、
モリスを小バカにするように拍手して行こうとしました。
すると、「待て。お前、なんでそんなに人をけなすんだ?
ケチな自尊心を満足させる為か?
人生に何があって、最低の嫌われ者に成り下がったんだ?」と
再びモリスが言ってくれたのでした。
私の中でモリス株がまた上昇~~
(上昇っても元が…アレだけど^^;)

自分を庇ってくれ、
あのクレンショーに食ってかかったモリスを目の当たりにして、
「私、先生にキスしたい…」と言うホープだったのに、
モリスがその気になったら「消えました」って、笑ってしまったよ。
やっぱりモリスはカッコイイ~より、お笑い担当かな?


弟がGFを連れてきたから、「ゲイじゃなかった~」と喜んでたプラット。
このはしゃぎっぷりが何とも・・・
勘違いしてる兄貴に、弟は「自分はゲイ」だと改めて真実を告げたのでした。
そんな患者をたくさん見てるし同僚にもいるから…と
理解を示すポーズだけど、
「身内の事となると時間が必要なんだ」とプラット。
弟にしてみれば、他の誰より家族に理解してもらえないのが
一番辛いだろうなぁ。。。





ER 緊急救命室 VI ― シックス・シーズン セット vol.1 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2008-06-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック