朱蒙(チュモン) 第56話

3年後、、、

ケルでは首長チャンスの元、
卒本では日照で食糧不足が続く状態で、
ソンヤンが食糧をもらいに来ると言うヨンチェリョン。
「利益を渡してるのに図々しい」という意見が多いのだけど、
兵も武器もないケルは従うしかない状況なのでした。
ヘンイン国とオクチョは豊作だったから、
塩と穀物を交換しに行く言うソソノ。

あら?何だか含み笑いしちゃってる?と思ったら、
ソンヤンがケルに来た時が、討つ絶好の機会だと考えたからでした。

ソソノとウテの間には二人の子がいて、
ピリュとオンジョという名らしい。
ウテは商団を離れ、隠れた場所で兵達を育ていて、
子供達ともあまり顔をあわせられないようです。
それはもちろん「卒本統一」の為で
ヨンタバル、ソソノ、サヨンらと共に内密に、
慎重にソンヤン暗殺計画を練っていたのでした。

一方、本渓山のタムル軍の砦では、
モパルモが、矢が突きつけない鋼鉄の鎧を試作中なのだけど、
鋼鉄剣の時と同じように、中々完成に至りません。
また失敗した…と詫びるモバルモの手を握り、
「親方は鋼鉄の武技を作って貢献してくれた。
この手はタムル軍の宝だ。
体を壊してはタムル軍の損失。体をいたわれ」と心から労うチュモン。
チュモンの思いやりに泣けて来るモパルモ。
この人の為に頑張ろう…って、力が沸いてくるでしょうね~

着々とまわりの部族を服従させていたチュモン率いるタムル軍。
これはヤンジョンにとって目障りな反面、
チュモンを叩けば、そっくり領土を手に入れられる機会なのでした。
ソンヤンを呼びつけ、「私は卒本を足かがりにし、
チュモンとタムル軍を始末し、プヨを手に入れる」と言い、
協力するように告げたのでした。
気乗りしないソンヤンだけど、従うしかありません。

プヨでも食糧難が続いていて、国境を越える飢えた民たちが続出。
流出を防ぐ兵対して不満な民たちが、
反乱が起きそうなほど、危機に陥っていました。
「ヘンイン国とオクチョを討てば、食糧を確保でき、
民の不満も解消できる」と進言する大使者。

ヨンポは調馬場から戻っていたけど、テソは左遷されたままでした。
プヨの危機にテソを呼び戻して欲しいとお願いする王妃に、
「テソは変わってないと報告を受けている。
時期を見て決める」と撥ねつけるクムワ。
「なぜテソに冷たいのですか?変わってないのは陛下です。
父親に捨てられ絶望しない子がいますか?」と食い下がる王妃。
「黙れ!許せと言う前にテソの暮らしぶりを調べなさい」と怒るクムワ。

クムワの言葉どおり、酒浸りに上、投げやりに過ごしていたテソ。
いや、投げやりと言って良いのかどうか・・・。
捕らえた他の部族の民たちに「勝ったら解放する」と自分の兵を戦わせ、
次々となぶり殺しにされる姿を、笑いながら見物していたのでした。
この光景は初期の頃、鋼鉄剣を試すのに、
古朝鮮の流民を相手にしてた漢の兵達を思い出す。。。(>_<)


チュモンは勢力を広げているのに、自分の夫はこの有様。
プライドの高いヤンソルランにとって耐えがたい屈辱で、
テソを見限ってヒョント城に帰ってしまったのでした。

計画どおり、ケルに向かっていたソンヤン一行に襲いかかったウテたち。
突然の襲撃に慌てるソンヨンに、
「ここがお前の墓場だ」と、すごい形相で剣を振りかざそうとしたウテ。
ウテのこんな怖い顔、初めて見たーーー。
しかし、その瞬間、ウテはソンヤンの部下に背中を刺されてしまい、
悪い事にソンヤンにも逃げられてしまったのでした。

サヨンの手を握り、
「夢を一緒に叶えられず、すまないと伝えて欲しい…。
…ソソノ、…ソソノ」と涙を流し、逝ってしまったウテ。
えぇーー!ここで死んでしまうなんて...(T_T)
子供と離れて兵達を訓練していたっていうのに、
後一歩でソンヤンへの恨みを晴らせたのに叶わず・・・、
ウテの人生が何だか虚しくって。。。


ウテの死を知らされ、
涙を流しながらも気丈に「ケルに帰ります」と告げるソソノ。
私、虚しいと書いたけど、愛する人が自分の為に泣き、
その恨みを晴らそうとしてくれてるのは、やっぱり幸せだったのかな。


ヨンチェリョンと部下たちに襲いかかり、
反乱を成功させたソソノたち。
「これがケル本来の姿」と喜ぶケピル。
息子の死を知らないケピルが可哀想過ぎる(ノД`);・

ウテが死んだと聞いてから、ずっと鋭い目つきだったけど、
ウテと対面し、ようやく妻の顔に戻ったソソノ。
そっと抱き締め、別れを惜しみ、悲しみ、
そして感謝するように抱きしめて泣いていたのでした。
そしてケピルも、変わり果てた息子にすがり、泣き崩れて・・・。

ウテの弔いが終わった後、正式に君長に就いたソソノ。
ソンヤンとヨンチェリョンへの反発が窺えるように、万歳!と賑わう民たち。
「長きに渡り武装解除され、卑屈に生きてきました。
しかしそんな生き方はもうしません。ソンヤンを跪かせます。
ケルは卒本を統一し、二度と分裂しない新しい国を建てます」
ソソノの宣言に、再び沸く民達。

囚われの身となり、命乞いするヨンチェリョン。←厚かましい(-_-;)
ウテの死で、肉親を失う悲しみを避けたく、
ヨンチェリョン、チャンス、ヤンタクの命を助けたソソノ。
「君長様のご恩は命を懸けてお返しします」と
真っ先に跪いて感謝したヤンタク。

生き延びたソンヤンは、早速君長会議を開いて地盤を固めて、
ピリュとケルとの戦争は避けられない状況です。
「ソンヤンの首を取り、ウテさんの霊前に」と言うサヨン。
そうしたいのは山々でも、武力が追いつかないのでした。
考えた挙句、チュモン率いるタムル軍の力を借り、
こちからも力を貸し、国を作るために協力し合おうと。

数年ぶりに会い、互いに逞しくなった姿が眩しそうなチュモンとソソノ。
「国を建てるなら大将を中心に勢力を集めるべき。
本渓山にいる限り、力の結集は困難です。
新しい土地が必要です。どうぞ卒本へ。
卒本には財力も民も多いです。
新しい国を建てるのに協力します」と言うソソノ。

ソソノが帰ってから、ウテの死を知ったチュモン。
それなのに平気な素振りでケルの為にここまで来たソソノを思うと、痛ましい気持ちになったようでした。

ソソノの提案を聞き、願ってもないチャンスだと賛成のマリとオイ。
しかし、「そんな簡単ではない。
協力して国を建てたら誰が国王に?
土着勢力で発案者のソソノ君長が支配権を得ようとする」と
慎重に考えるように釘を刺すチェサたち。
意見がわかれ、最終的に判断はチュモンが考えることに。

「ヨミウル様が見えました。
三足烏は新しい巣を探すべきだとおっしゃってた」とピョリパ。
これはソソノの提案に乗った方が良いって事かな~?

そのお告げを聞く前に、
決断を下す前に、プヨと漢の情勢を探ることにし、
オイを伴い出かけたチュモン。

漢の鉄騎軍が到着次第、ケルを討つ考えのソンヤン。

ヤンジョンからの呼び出しに、ヒョント城へ向かったテソ。
まさか、ヤンジョンったら、ソンヤンに要請された兵を
テソに任せ、ソソノを討たせるつもりなんじゃ?

チュモンの子も無事に産まれ(「ユリ」という名の女の子)、
ユファと共に育てていたイェソヤ。
この家族を見るたび、不快になってしまう王妃に、
「チュモンは漢を脅かすほど勢力を広げている。
この数年、プヨが攻撃されなかったのは、人質のおかげ」と宥める宮廷使者。
しかしその事実が、王妃にとって腹立だしいのでは?

イェソヤとユリをチュモンの元へ行かせようと考えてたユファに、
「新しい国が建ってからでも遅くありません」とイェソヤ。
ユファを置いては行けないし、チュモンを信じているのでしょう。

プヨと漢の情勢を調べた結果、
ヒョント軍が卒本に派兵すると情報が。
「そうなればケルは滅亡する」とチュモンとオイが話してると、
近くを通り過ぎた見覚えのあるあの顔はーーーなんとテソでした。
ヤンジョンに呼ばれて向かってるところらしい。

「朱蒙(チュモン)」他の回はこちらです。


朱蒙公式パーフェクトブック
TOKIMEKIパブリッシング(角川グループパブリッシング)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック