韓国ドラマ『白い巨塔』 第1話

オリジナル・DVDは20話ですが、民放での放送は28話に編集したバージョンです。
公式HPのあらすじは、どちらのパターンも掲載されててビックリ!視聴者思いだわ~ (^ー^)

☆感想とあらすじ(28話版・ネタバレです)☆ 
画像
ドラマの舞台となるのは、国内最高の医療を誇るミョンイン大学病院。
55周年を迎え、全面改築してオープンする予定で、
その実権を握ってるのは、消火器内科長を兼任している副院長のウ(キム・チャンワン...「コーヒープリンス」「新貴公子」)
外科長のイ科長(イ・ジョンギル...「美しき日々」「復活」「オ-!必勝」「プラハの恋人」)は、同じ科長(教授)という立場で年も上っぽいけど、
副院長の肩書きのあるウ科長の顔色を伺っている雰囲気かな。

今日の手術は、天才と名高い外科・助教授のチャン・ジュンヒョク(キム・ミョンミン)が執刀するとあって、大勢の医大生たちが見学していました。
手術をしなければ余命三ヶ月だった患者の命を、
見事な腕で腫瘍を取り除き、後の処置を部下に任せ、
呑気にシャワーを浴びていたジュンヒョクたけど、
残った科員たちがミスって、出血が止まらなく大変な事態に(*_*;
誰もがダメだーーと思い、手遅れになる所だったけど、
駆けつけたジュンヒョクが何とかしのいたのでした。
・・・が、しかし!ジュンヒョクが立ち去ると、今度は心停止状態に。
心臓に強心剤を打つジュンヒョクのやり方に、
「やめろ!」とスピーカーに叫ぶイ科長。
しかし聞き耳持たずに強行したジュンヒョク。
大胆なやり方だけど、そのおかげで患者は助かったのでした。

回りから、よき後継人がいて良かったと言われ、
笑っていても、心穏やかじゃないイ科長。
新聞にインタビューが載ったり、
何かと目立つジュンヒョクが気に入らないのでした。
嫌味ばっかり口にするイ科長に、何か引っ掛かるジュンヒョクだけど、
小言を言うのは君を後継人と思ってるからと言われ、納得してるようでした。

ウジン海運のパク会長が訪ねてきて、妻の手術の執刀医を、自分じゃなくジュンヒョクに頼みたいと言い出し、顔が強張るイ科長。
教授の手前、遠慮するジュンヒョクに、
「私が邪魔してるようだ」と、執刀医を任せたイ科長。
・・・というわけで、益々ジュンヒョクを疎んじてしまうのでした。

患者思いの消火器内科・助教授のチェ・ドヨン(イ・ソンギュン)
副院長が“すい臓炎”と診断した患者の内視鏡をし、
腫瘍らしき“しこり”を見つけたのでした。
レントゲン写真を見せて相談したけど、
「私の患者に口出しするな」と聞き耳持たない副院長。←こんな医者、イヤだわ。

“しこり”はガンの疑いが濃厚と感じていて、
こっそり患者を入院させようてしたドヨン。
けど、空きベッドがなくて困ってるところに、声をかけてきたジュンヒョク。
事情を知ると、受付嬢に交渉してくれたのでした。
ドヨンはジュンヒョク曰く「要領が悪い」らしい。
入院させたい患者の事を、副院長との絡みもあり、詳しく言わないドヨン。
「俺を信頼出来ないのか?」
「してるよ。昔からな」
この二人は、日本でドラマ化されたものと違って、
この時点ではまだ親しく、『よき友人』という雰囲気が良いわ!


ジュンヒョクの妻の父は、ミン整形外科病院の院長(「天国の階段」テファの父だわ~)
ジュンヒョクが教授になるために使って欲しいと大金を渡し、
「戦いに必要なのは力。つまりこの金が力。
でも名誉を手にしないと。そういう人間はカネも権力もついてくる。
これは君への投資。君を通して欲しいものを手に入れる」と
娘婿のジュンヒョクを利用して、のし上がろうとしてるようです。
話の途中で直進があり、廊下で電話に出たジュンヒョクに、
「女か?それ位はいいが、周囲に気を配れ。
誰が毒を盛るかわからない」と鋭いミン院長。

スペイン学会への名簿に自分の名前がないのは単なるミスでなく、
「もうじき定年だから抜け」とジュンヒョクが指示したと知り、
益々怒りがこみ上げるイ科長。
その事をペラペラと喋ってしまったヨム医師は、この中ではまだペーペーらしく、みんなから「退職の事を言うなんてバカ」と怒られてました。
このヨム君が柳原の役どころなのね~。

イ科長の家系は代々医者らしく、自宅の居間には写真がズラーー。
教授の娘・ユンジン(ソン・ソンミ。「モデル」の時より随分と大人っぽくなって~)は、集会に出かけたりという活動家だけど、
早く医者と結婚し、家庭に収まって欲しいと願ってるイ教授。
教授、助教授たちの集まりの婦人会から帰ってきて
「外科のことをチャン外科ですって!
チャンに科長を譲るのは絶対に反対」と、怒るイ科長夫人。

いくつものジュンヒョクへの不信感が募り、
教授回診でも、ジュンヒョクの意見にケチをつけるイ科長。
自分の処置の方が生存率が高いし、
この結果をデータに纏め、ガイドラインを作ると言うジュンヒョク。
すると、「そんな自分の名を売りたいか」とネチネチと言い始め、
ジュンヒョクが折れないと「私に自信がないと?!」と八つ当りするイ科長。
「患者に対する手術は実験ではない」と慎重論のイ科長と
データや論文を優先して接客派のジュンヒョクの意見は平行線。
確かにイ教授の言うように、患者に対する配慮がジュンヒョクには欠けてる気も…
でも、データを見て判断する事は大事だし・・・難しい。。。

自分は間違ってない…と感じてるようで、
拳を固く握って耐えていたジュンヒョク。

例のすい臓ガンの疑いのある患者を任せて欲しいと申し出たけど、
断られてしまい、「なら外科に回します」と強気に出たドヨン。
しかし相手はウ副院長。
「君はタダの助教授だが私は副院長。
内科も外科も私の管轄」と声を荒げ、聞き耳持ってくれません。
よく見つけたとジュンヒョクが褒めてたように、
1センチ強の小さなガンなので、副院長は“すい蔵炎”と信じてるようでした。
それと、あんまりドヨンを信用してないのかな?


副院長の許可を得ないまま、ジュンヒョクに相談することに。
写真を見て、手術に興味を持ち、
患者の相談をしてくれた事を「信じてくれて嬉しいよ」と
笑顔のジュンヒョク(←この表情が、ドヨンとの絆を感じさせます)
しかし、最初に診たのが副院長と知ると、表情は一転。
教授になりたいジュンヒョクにとって、副院長に逆らうのはタブーだもんね。

「白い巨塔」他の回はこちらです。

オリジナル・サウンドトラック「白い巨塔」
オリジナル・サウンドトラック「白い巨塔」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月31日 00:44
pandaさん、はじめまして。
同じ北海道に住むちぃと申します。

以前から、pandaさんのブログを読んで
次に見る韓ドラを決めたりしてました。
久しぶりにこちらを訪ねたら、
トップページのフレームが私と一緒でうれしかった(*^。^*)のでコメしました。

白い巨塔、面白いですね。
私はTV放送で見てます。
しかも昨日の記事の追記に、
「ピアノ」がイチオシと書いてありましたが、
私もあのドラマ大好きなんですよ~!!
またまた同じでうれしい\(^o^)/です。

また遊びにきますので、宜しくお願いします。
2008年05月31日 23:21
はじめまして。『白い巨塔』みています。キム・ミョンミンssiが好きで見始めました。外科医役かっこいいですね。手術シーンが大変そうです。副院長は味方のようで敵のようでわからない人物ですね。ドヨン先生は正義感を貫く医者みたいですね。ジュンヒョク先生とはチングでライバル的な存在です。よくこの2人は意見の相違でぶつかります。それも見所です。楽しみましょうね。
また遊びにきますね。よかったら私のブログにも遊びにきてくださいね。よろしくお願いします。
2008年06月02日 20:30
ちぃさん、こんにちは~♪
ホントだーー!トップページが同じで何だか不思議な感じです(嬉^^)

「白い巨塔」は内容はわかっているけど、韓国版は主役二人がより人間的な感じがしするし、他のキャストもハマってるし展開も良くってハマってます。

「ピアノ」、ちぃさんも好きなドラマとは嬉しいです♪
本当に良いドラマでしたよねーー。私、毎回泣いてました。。。。登場人物それぞれに感情移入し、今まで見た韓ドラの中で上位に入ってます。
2008年06月02日 20:35
ゆう☆さん、こんにちは~♪

キム・ミョンミンssiは初なのですが、Gyaoで第1話を見た時あの声に持っていかれました。もちろん演技も上手いし魅力的でこの役にピッタリだなぁ…と思いました。
ドヨンとジュンヒョクの関係、今後の二人、副院長の立場…等、展開がわかっているのだけど、それでもハラハラして見ています。

この記事へのトラックバック

  • 「白い巨塔」(韓国版)第1話

    Excerpt: 大学病院での人間模様と野望と陰謀。 山崎豊子原作「白い巨塔」の韓国リメイク版。 全28話版第1話『悪い男』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮) racked: 2008-05-31 16:13