銭の戦争 第18話

サブタイトル・・・「一攫千金」
画像
カン・インヒョクのズルさに気付かず、ウソンに株を奪われてしまい落ち込むナラ。
「まだ天使里の52%がある。彼らは簡単に売らない」と励ますジュヒの言葉に頷くけど、心はどこか晴れない様子。
それは、さっき見たウソンの表情が引っ掛かっていたのでした。
勝ち誇ったというより、復讐心に満ちた哀しさが浮かんでいたようなウソンの目…。

天使里の人々の意見が割れたので、一部を売ったと言いに来たキム曹長たちに、「先生に世話になったのに、それでも血の通った人間か?!」と声を荒げるナラ。
自分の金で買った!と言い返す村人たちとナラの言い争いを止め、
「わかった。もう帰れ」と何も言わなかったトクゴ先生。
居ても立ってもいられず、追いかけて
「買い戻せ。じゃない大勢が高金利で苦しむ」と説得するナラだけど、
「自分の心配しろ。金貸しのくせに」と聞き耳持たずに行ってしまいました。

「だから金というものは怖ろしい。
安住の地と食べるものがあれば天国と言ってた純粋な村人たちが、
簡単に落ちてしまった」、魂が抜けたように途方に暮れているトクゴ先生。
唯一の救いは、天使里の全員が売ったわけじゃない事、
もう一度キム曹長と話してみる事にしたナラ。

タクシーを捕まえて乗り込もうとしたキム曹長を捕まえて、
「♪ベトナムから帰って来た真っ黒なキム曹長。やっと戻って来たよ…」と
心に訴えるように歌い続けるナラ。
自然に涙が溢れ出して、嗚咽しているナラの心は通じず、
行ってしまったキム曹長。いや…きっとこの思いは届いたと見た!

「希望と絶望は一字違いよ。BA社が全てじゃない。
1万ウォンの為に苦しむ人もいるのに、あなたは50億持っている。
そのお金で貧しい人を救える」と励ますジュヒ。
その言葉は落ち込んだ心にしみて行き、
「ありがとう。僕には女運があるみたい」と笑うナラ。
今二人がいる場所は遊覧船。
「ねぇ、あれやりましょ?」「タイタニック?」と照れながらも、
映画と同じように甲板の先で両手を広げ、
「俺はクム・ナラだ」「私はソ・ジュヒ」と叫ぶ二人。
何でもないようなシーンだけど、二人の運命はタイタニックのラストのように?

事務所に戻ったナラとジュヒは、アチコチに落ちてる札に愕然。
まさか?!と思って地下に行くと、金の入ったダンボールはなく、
代わりに大怪我して痛々しい姿のチョルスが・・・。
チョルスは、トングたちに捕まってボコボコにされてしまい、
50億のありかを吐けと脅されたのでした。
「知りません」とか「全部使いました」と誤魔化そうとしたのだけど、
暴力の痛みが容赦なく襲って来るし、命さえ奪いかねない脅しに、
つい教えてしまったのね。。。

ウソンの言う通りに地下金庫にあったと、金を抱き締め大喜びのトング。
しかし、金の魔力というものは怖ろしい…!
この金を独り占めして利用しようと企み始めたのでした。

金を取り替えそうとか、警察に通報しようと言うチョルスと、
他人の金だし、盗んだ金を奪われたって言うの?と諭すジュヒ。
そんな中、頭を抱えて策を練っていけど案が浮かばず、
「一人になりたい」と出て行き、街を彷徨っていたのでした。
酒を飲ってフラフラでも、頭を過ぎるのはお金のこと。
「最初から彼の金はない。すべて消えた」と自分に言い聞かせても、
貧しい人々を守る為に使いたかった50億を忘れられず、
「頼りないパワーレンジャーだ」と途方に暮れていたのでした。

そんな姿を見て「天の助けだ」と、
金の魔力に取り付かれつつあったナラに安堵するトクゴ先生。
「俺は金を稼ぎたいんです。
必死で駆け回っても何も変わらない」と先生に抱きつくナラに、
集金から始めるように…つまり一から始めるように告げる先生。
でも今のナラに、その思いは届きませんでした。

もう先生の元にいるわけにはいかず、出て来たと言うナラの手を握り、
「あなたを好きになったのは、50億のせいで不安そうなあなたを見た時。
“悪党から奪い返した金。貧しい人の為に使う”と言いながら、
あなたは震えていた。頑張っても悪人になれない。
またゼロに戻っただけ。私がついてるのよ。やり直しましょう?
金の魔物に取り付かれないようにしてあげる」と優しく抱き締めるジュヒ。
「また金の魔物にとりつかれないよう、離さないでくれる?」とナラ。

トクゴ先生の前で跪き、一から出直すと約束したナラ。
ナラを連れて集金に行き、明日からコイツが来ると紹介して行く先生。
何だか命が尽きる前に引継ぎしてるみたいに見える・・・。

BA社の新しい代表に就任し、
早速、貸し付け利息を引き上げると提案するウソン。
督促電話も厳しいものになり、
今までのアットホームなBA社ではなくなってしまいました。

50億持ってるから、BA社に投資したいと申し出るトングに、
「兄貴は極道だ。実業家じゃない」とチクリと言うウソン。
その言葉にカチンと来たけど、
金を見せろと言われてその通りにする事に。それが後々…!

集金先のおばさんが手首に赤いリボンをしていて不思議に思うナラ。
そこにお弁当を持って来たくれたジュヒが来て、一緒に食べていると、
さっき集金したおばさんに「金を出せ!」と暴れる男が。
助けようと殴りつけたナラだけど、なぜかその男を庇うおばさん。
・・・そう、暴れた男はおばさんの息子だったのでしたーー。
(「ピアノ」のベックのチョ・サンギだわーー)
赤いリボンは返済日を忘れないためで、
あのおばさんは、息子にやる金の為に借金したと先生から聞いたナラ。

トングを見張り、ようやく金の隠し場所を見つけ、
「一緒に取り替えそう」と誘うチョルスに、
「もう金に振り回されたくない」とキッパリと断るナラ。
「裏切り者め。一人で取り返しに行く。
俺が死んでも後悔するな」と捨て台詞を吐き、行ってしまったチョルス。
一緒にいたジュヒに「大変よく出来ました」と言われて
笑顔を見せるナラだけど、心の中は揺れている様子・・・。

保釈金の為に貸した金の集金に来たと言うトクゴ先生に、
返す金がないから、渋い顔のポン女史。
金がない事はお見通しだったようで、
担保の代わりに自分との取引を持ち掛ける先生。

ウソンに見せる金をトラックに積み込むトング。
積み込みが終わった隙に運転席に乗り込み、
走り去ろうとしたチョルスだけど、モタモタしてる間に助手席にトングが!
またボコボコにされちゃって、可哀想なチョルス。
しかし!彼は役に立ちました~!!
その間に、トラックごと盗んで走り去ったナラとジュヒ。

追いかけてくるトングたちとカーチェイスの末、
“世界の飢饉児童救済募金”の会場に乗り込み、
「寄付金を持って来ました」とステージに立つナラ。
金を取り返そうと言ったナラをジュヒが止めなかったのがヘンと思ったけど、なるほどね~食堂のテレビで、このイベントのニュースが流れてたのを見てたものね。
テレビ中継されているから、黙って指をくわえてるしかないトング。

「この金はマ・トンボ社長が生涯集めた金です。欠食児童やアフリン難民、戦争孤児や心臓病を患う子たちを救ってと託されました。
マ社長、見てますか?50億寄付しました。マ社長万歳!」
テレビのニュースを見て唖然とし、
不自由な足を引きずって会場に駆けつけたマ社長。
しかし、既に赤十字に送ったから返せないと言われてしまい、愕然。

50億の一部を生活費に取っておげば…と
良い行いに喜びながらも名残惜しそうなチョルス。
多分、誰しも思う感情でしょう~。
「また稼げばいい」と言い、ここの事務所はチョルスに任せ、
自分は初心に帰って一から金貸しとしてスタートすると言うナラ。
出来れば他の仕事をして欲しいジュヒは、少し不安そう。

50億寄付のニュース映像を見て、トングに向かって
「くだらない芝居を見せたかったのか。なぜ兄貴が?」と呆れるウソン。
そしてBA社の社員に対して、借りたくなるようなアイデアを出せとか、
督促電話も甘すぎる!とか、益々厳しくなって行き、
どこか焦っているようにも見えます。

いつものように市場に集金に行くと、
赤いリボンのおばさんが急に倒れた死んだと聞き、
息子の為に身を粉にして働いて死んだ母親に、切なくなるナラ。
もう少しすれば天使里に移れたのに…、
すぐに何もしてあげられなかった事が、不憫でやり切れない様子です。

それなのに家に帰ると、トクゴ先生に借金を申し込んでるバカ息子が!
母親が何も残さないから、担保なんてないとシャーシャーと言う息子に、
「貸してやってください。返済日の為に赤いリボンを巻き、
必ず約束を守ったおばあさんを参詣します。
そんな母親の息子。それが担保だ」とナラ。

BA社を諦めるように言うチャヨンに、
「目的はハ・ウソン。必ず跪かせる」と怒りに燃えるポン女史。
「私の手でそうさせる」と祖母に代わって何かしようとしてるチャヨン。
その手段として、ナラに50億を奪われたマ社長と手を組もうとーー!

「銭の戦争」他の回はこちら

銭の戦争 DVD-BOX ボーナスラウンド
銭の戦争 DVD-BOX ボーナスラウンド

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月10日 09:02
pandaさん、プチご無沙汰です。。。
「銭~」のレビューもためてしまいました。
まさか50億の行方がチャリティになるとは!ビックリの展開だったわ(爆)マ社長、ずいぶんゾンビから人間に復帰してきたのに(ぷぷ)、相当のショックだったわねえ。
タイタニックには、そんな暗喩があるのかしら~でももうすぐラストなのよねえ。この二人も気になりますわ。
親不孝な息子、どこかで見たと思ったけど「ピアノ」だったか~おかげでスッキリしました!コマオヨ~
2008年04月11日 23:14
kbkbYさん、アンニョン♪
中々タイミングが合わなかったわね~^^;
それプラス私の方もバタバタしてて、すっかりご無沙汰だったわ。

あの50億は一体どうなるの?と思いきや、ああなるとはねーー。確かに人の為に使ってナラは満足だけど、元々マ社長のものだしねぇ。恨みを買いそうな気がして、あのタイタニックのシーンもイヤーな予感がしちゃったわ。
そのマ社長の回復ぶりは凄い!執念ってのは不思議な力を発揮するもんだ…と感心しちゃったわ。

親不幸息子、そうなの!久々に「ピアノ」のペックに会えて嬉しかったのに、このドラマでは困った男だわね(-_-;)「ピアノ」繋がりで毒蛇親分こと大使者も「銭の戦争」にカムバックしないかな~。

この記事へのトラックバック

  • 銭の戦争 #16~#18 08/03/16~/30 Sunday

    Excerpt: 21:00 BS-11銭の戦争 第16話~第18話 毎週楽しみに見ていますが、レビューをためてしまいました。。。 このあたりで一番気になるのはゾンビ化したマ社長の復活かなあ~(笑)とにかく.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2008-04-10 08:58