銭の戦争 第19話

 「一念発起 」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
(全20話編集版)

チョルスから債権の回収を頼まれ、引き受ける代わりに「ある頼みを聞いて欲しい」と約束したナラ。
その債権者は、借金を返さず賭け事ばっかりで、
ナラが考えた取り立て方法は、そいつを精子バンクに登録させて実行させ、
報酬をコチラが受け取るとやり方で、
ちゃんと遂行するようにトイレに閉じ込めるってのが生々しい^^;
チョルスへの頼み事は、ミス・チョをクビにする事。
「スパイ活動は大変だろ?明日からウソンの会社へ行って報告しろ」と告げるナラ。

トクゴ先生がかつて愛した人を捜していたナラ。
ようやく見つかり、ジュヒと共に納骨堂に行くと、そこにウソンが。
“キム・スンヨン”という名の骨堂を前に、
「僕にとっては母親も同然でした。先生は今頃捜す気に?
家族もなき寂しい人生を生きた彼女を。
今日が命日です。看取ったのは僕。死ぬ前に先生に会いたがってた。
でも連絡しなかった。先生が嫌いだから。
先生は知るべきだ。家庭を壊され傷を負った子供がどう育つのか」とウソン。
「いい大人がすねてるのか?ミス・チョはクビにした。
BA社をしっかり経営しろ」と怒るナラ。
「あなたの心は熱すぎる。
僕が巨額を産む企業に育てます」と挑戦的なウソン。

あなたが家族を失ったように、愛する人を失うことは何より耐えがたいと
トクゴ先生には内緒にしようと言うジュヒ。
そんな優しいジュヒの手を握り締めるナラ。

誕生日パーティにお兄ちゃんと一緒に来たジュヒに、顔が曇るウンジ。
前から馴染みもある上に、お金の援助もしてくれたチャヨンの方が好きだろうし、パーティにも誘っていたのでした。
顔を合わせて気まずい雰囲気の中、ジュヒを連れて失礼したナラ。

その帰り道を待ってたジュヒパパ。
パパの姿を見るなり、組んでいた腕を外すジュヒ。
教え子のナラの事は好きだけど、
貸し金をやってる男と娘が交際となると、反対なパパ。

その夜、ナラの帰りを待ち伏せしてたマ社長。
「今日はお前を殺す」と言うマ社長に
「出来ません。社長は俺が好きだから。俺も社長が好き。
喧嘩するほど仲良くなって、社長のようになるまいと思ってたのに、
いつの間にか同類になっていた。社長が再起してよかった。“自分だけ寝てる気か!でかい図体して。それでも俺の友達か”と祈った」とナラ。
友達?と驚くマ社長。
「そう友達として言う。なぜ卑しく人を苦しめて生きてきた?家族に話せば地下の金は失わなかった。金に審判を下されたんだ。俺を殺せ!」と叫ぶナラ。
死ね!と首を締めるものの、手を緩めてしまうマ社長。
ナラの言う通り、友情を感じたのでしょうね。。。
「友として許そう」と言い残し行ってしまったナラ。

事務所で寝てるチョルスを気にしながら忍び込み、
こっそり金庫を開けて、金を盗んで行ったミス・チョ。
途中で「動くな!」と叫んだチョルスだったけど、ただの寝言でした。
やっぱりチョルスはチョルス・・・^^;

翌朝、空の金庫に呆然。。。

トクゴ先生に捜し人が見つかったと言いかけたけど、
伺うような先生の顔を見ると「カナダに移住した」とウソを告げたナラ。
「先に逝ったと思ってヒヤっとした」と笑顔の先生。
本当の事を言った方がいい気がしたけど、やっぱりウソも方便なのかも…。

前回登場のバカ息子は、相変わらず女をはべらせクラブに入り浸り
その息子を市場のおばあさんのやってた店の跡へ連れて行き、
「母親の愛情が分からないのか?お前の服や小遣いの為に金を借りてた。
1万ウォンに挟んだ1000ウォンの札束を数えて、お前を安心させてたんだ。
あの赤いリボンは返済日を忘れない為だ」と告げるナラ。
母への思いに涙が溢れるバカ息子に、
「お前を愛した母親の心を担保にして貸したのに、お前は何やってる?
泣いて済むと思うな。金を返せ」とドつくナラ。

その光景を偶然見てしまったジュヒのパパ。
食堂でご飯を食べてたナラに声をかけ、
「娘に会わないで欲しい。すまない…」と告げたのでした。
自分が金貸しだから…と気付き、何も言い返せないナラ。

今のナラにとって、かけがえのない存在であるジュヒ。
一人で考え込んでるとジュヒから会いたいと電話が。
昨日も会ったのに会うのは久しぶり♪とはしゃぎながらも、
「今の仕事を辞められない?愛してるなら辞められるでしょ」と言うジュヒ。
「君を愛してない。大金を稼いでBA社を買収する。
金貸しは辞められない。それがイヤなら行ってください」と答えるナラ。
「今まで愛したフリを?」とジュニの言葉に心が揺れながらも、
「フリじゃない。愛してなかった」と偽りの気持ちを告げたナラ。

ジュヒを思うからこその嘘・・・。一人で缶ビールを飲みながら、
犬相手に「頭に浮かぶ四文字熟語は?」と尋ねるナラ。
犬にこんな事を聞くのは寂しいから。。。
その頃、ナラの本心を知る由もなく、泣いていたジュヒ。

金とは?とトクゴ先生に聞かれ、「人生が詰まっている。
金の稼ぎ方から生き様が見える。汗水流して働いた人は一生懸命な人生。
努力せず稼いだ人は何の価値もない人生」と答えるナラ。
その答えを聞き、天使里を担保に借りた300億ウォンを
ナラに託したトクゴ先生。
「300億でBA社を買収できるかもしれないが、正直怖い。この金には、数多くの人の汗と涙、笑いや絶望が詰まっている」と受け取らず、
天使里を守る方法は別にあると言うナラ。
「天使里は保寧だけに存在するわけじゃない。
1000ウォンの為に市場で朝から晩まで働く人々がいる場所。
それがクム・ナラの天使里。それを守る事で先生との約束を守ります」と。
「世に復讐する目的は?」と聞くトクゴ先生に、
「世間を恨む理由はなかった」と答え、
今言った約束を果たす為に集金に向かったのでした。

ナラからの別れの言葉を思い出し、胸が痛むジュヒ。
そんな所に、ハイジ貯蓄銀行から、面接の申し出の電話があり、
会社の不正を告発したジュヒを高く評価し、採用が決定しました。
元同僚のヒョンジョンに、就職が決まった事より、
「“真心は通じ真実が勝つ”と言った父が正しいと証明されたのが嬉しいと」言うジュヒ。ホントにそうだわね~。
1000万ほど貸して欲しいと言い出すジュヒに、
そんな大金!とビックリしながらも、少しなら…とOKしてくれたヒョンジョン。

ナラを呼び出し、「金を清算しないと私達の縁は切れない。今
後は振り込みます」と、ヒョンジョンから借りた小切手を差し出し、
「愚かにもあなたも本気と思っててた。私はあなたが好きだった。
ハンコを押し終わる前に本心がわかって良かった」と
担保帳を突き返し、行ってしまったジュヒ。

ウソンが経営者となった途端、
庶民の為の貸し金から様変わりしてしまったBA社。
顧客からの不満の声が増え、ウソンに忠告するカン理事に、
「株主のあなたが金を儲けたくない?」と呆れ、聞き耳持たないウソン。

遊びに来たナラに、おもちゃのピアノで曲を聴かせながら、
この前の態度を謝り、またジュヒを連れて来て欲しいと言うウンジ。
ジュヒと別れた今のナラには、悲しいお誘い…。
新聞を読んでいたウンジ夫から、BA社の債権者が突然利子を引き上げられ、借金苦で自殺したという記事が載ってると聞き、驚くナラ。

この事実は、ウソンにとっても辛い事。
自分の両親と同じ目に遭わせてしまったのだから・・・。
トングに慰められ酒を飲んでるところに、
「お前は人殺しか?!これがお前の復讐か?」と乗り込んで来たナラ。
「目には目です」と肯定するウソン。
ナラを黙らせようと、拳を振るうトング。
「永遠のナンバー3。お前は哀れな男だ。金が何かまだ分からないのか?子分が金を稼いでお前が組織を買えば終わり」とせせら笑うナラ。
ナラの忠告に、トングはちょっと心が動かされたような?

その夜、一人酒を煽り、気持ちを押さえていたウソン。
何かが間違ってると薄々気付いてるのを、打ち消しているような感じが…。
その頃、新聞記事を読み、考え込んでいたトクゴ先生。
今のウソンの気持ちを痛い程わかってるのかも。。。


あのバカ息子が事故に遭い植物状態だと聞き、病院へ行ったナラ。
医学的には死亡だけどなぜか心臓が止まらないらしいと
先生が言ってたとおり眠り続けているバカ息子の腕には、
母親と同じように赤いリボンが…(T_T)
---あなたへの借金のせいで死ねないんです---
声にならなくても、ナラの耳には息子の声が聞こえ、彼の目から流れる涙に、「すまない。金を貸すべきじゃなかった」と謝るナラ。
「ろくでもない俺を、“立派な母の息子”と認めてくれたあなたに返せなかった。
あなたに謝るまで死ねません」
息子の心の声に、もういいよ…というように、赤いリボンを解き、
「もう完済した。お前は誇らしい母親の息子だ」と語りかけるナラ。
その言葉に安心したように、母親の元へ旅立った行ったのでした。。。(:_;)

マ社長を呼び出し、不良債権処理班に入れると言うチャヨン。
高飛車な物言いに眉がピクリとしながらも、
チャヨンの言う通り反発出来る状況じゃない・・・。
数日考えた末、引き受ける事にしてGG社に行くと、
かつて自分の下で使ってた部下二名(ナラ父の取り立て屋)も、
同じ債権処理班として雇われていたのでした。
50億を寄付してこんなところにいるなんて…とか、
あのトグロ頭はどうしたんです?なーんてコバカにされたように言われ、
居心地悪いし、プライドはズタズタのマ社長。
その苛立ちをどこにぶつけるのかしら?と気になる!

「銭の戦争」他の回はこちら

オリジナル・サウンドトラック「銭の戦争」
オリジナル・サウンドトラック「銭の戦争」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 銭の戦争 #19 08/04/06 Sunday

    Excerpt: 21:00 BS-11銭の戦争 第19話「一念発起」 で、出ましたーー! ↑ ヒキガエル@サムスン! これが今回、意外なことをしていて、かなりブッとんでしまった私でした(爆) ともかく全.. Weblog: 韓流のたのしみ! racked: 2008-04-18 20:55