銭の戦争 第17話

サブタイトル・・・「武陵桃源」画像
BA社買収の決めてとなるのは、筆頭株主である“天使里”さんたちの株を得ること。
「拳ではなく“金”が有効。正気を失うほどの金を洪水のように流せ」と不敵な笑みを浮かべ、ドングに命じるウソン。

天使里でキム曹長に会った事を告げ、
「BA社の筆頭株主は先生では?
先生のおかげで生活が楽になったと言ってた」と聞くナラに、
「金も力もない人たちだから、株を買えば毎月楽に暮らせると助言しただけ」と答えるトクゴ先生。
それだったら、ウソンに株を売るなとみんなに言わない事が怪訝なナラ。
でも先生は、あえて彼らに言わないみたいで、
それは深入りしない為なのか、ウソンを思って(・・・?)

妻から離婚を切り出され「金があれば絶対に戻ってくる。五億くらいくれ」とせがむチョルスに、「人前で金の話をするな」とナラ。
そう、ミス・チョが耳をダンボにして聞いてるのでした。
「哀れな人を助けるんだろ?目の前にいる」とすがるチョルスに、
「BA社を買収する金だ。それなら離婚しろ。
金の切れ目が縁の切れ目」と突き放すナラ。
そんな冷たい仕打ちに、ナラを見損なってしまった様子のチョルス。

ポン女史からの呼び出しにしばらく考え込み、会いに行く事にしたナラ。
ナラが事務所を出たのを確認し、
地下金庫をこじ開けようと忍び込んだチョルス。

外に出たナラに、いきなり襲いかかって来たマ社長!
「金を返せ」と松葉杖で首を締めるマ社長は、病み上がりと思えぬ力強さ。
・・・と思ったら、逆にナラに取り押さえられちゃいました。
「そうだ。金のせいで死んじゃいけない。
今度俺に会ったら殺すか泣きわめけ!」と怒鳴りつけ、行ってしまったナラ。
↑かなりヒドイ事をーーー!
いい意味で考えたら、
その怒りを生きる糧にしろって言ってるようにも思うけど。


ナラの前で跪き、「あなたの母親の事は悪かった。
チャヨンに免じて許して欲しい」と詫びるポン女史。
もうプライドも何もかもかなぐり捨てたってカンジ。
「頭を下げてるの相手は俺じゃなく50億」と、BA社買収のパートナーになって欲しいからのポーズだと見透かし、「牙のない虎の用はない」と断るナラ。
そこに、「ようやくこの値段がついた。50億。ブライドを取り戻したいんでしょ」と“お金の代わりにチャヨンと会わない”と書いた念書を突き付けるチャヨン。
自分のせいでチャヨンを変えてしまった事で心が痛み、
「たった50億か。俺が地獄まで持って行って罰を受ける」と帰ったのでした。
でも、背中越しに聞こえたポン女史の「ウソンが大物たちと手を組んだから一人じゃ厳しい」と言うポ言葉が気になっているようでした。

ホントに楽しそうにナラへのプレゼントを選び、
事務所で会おうと電話して来たジュヒに、
「ジュヒさんに会いたい」と寂しく告げるナラ。
何だか心が疲れてるって感じ。

電気工具で鍵を壊し、ダンボール一箱文の金を取り出したチョルス。
しかし!事務所に上がると、ジュヒがやって来て見つかってしまいました。
「どうせナラの金じゃない。見逃してくれ」
「ダメよ」と押し問答の最中に、現れたナラ。
「可哀想な人を助けるんだろ?金の為に妻と子を失ったんだ」と頼むけど、ダメだと言うナラに、「警察に通報する」と息巻くチョルス。
「勝手にしろ。お前の友情は2億程度か?」と引き止めるナラ。
そんな友情より2億が大事だと、金を拾って出て行ったチョルス。
ナラにしてみれば、あぶく銭じゃなく、儲けた金で楽させてやりたい気持ちなんだろうけど、チョルスからすればやっぱり目の前の金が大事・・・。

イラつくナラを宥めるジュヒに、
「俺は金の亡者だから、あの金さえもったいない!」と怒鳴るナラ。
「なぜ自分を偽るの?」と言い残し、プレゼントを置いて帰り、
その夜、担保帳のマス全部に、涙を堪えて“大変よく出来ました”のハンコを押し続けていたジュヒ。

天使里に現れて、村民と一緒にカラオケしたり踊ったり…と安心させるドング。
胡散臭そうに見てたキム曹長に、時価の10倍の金を渡し、
BA社の株を譲るように迫るドングだけど、キム曹長は折れないと見たわ!

キム曹長からの電話で、他の村民のほとんどが売ろうとしてる聞き、
ナラを連れて天使里へ向かったトクゴ先生。
そして村を見渡し、儲けた金で作ったこの村への思いを語ったのでした。
「土地、家、学校、診療所を建て、行き場のない人たちを集めた。
金持ちになる為に、多くの貧しい人を犠牲にしたと、
金持ちになれたのは私一人の力じゃないと後から気付いた。
ここは愛する人が住んでいた場所。
金儲けに必死で愛する人を失い、稼いでも心の片隅に穴が空いていた。
私は金の為に愛を失い、お前は金の為に敵と手を組んだ。
金の為に、村人が去ろうとしてる。
私に預けた担保(お前の命)を懸けてこの村を守ってくれ。
私は失敗した金持ち。金はいつでも手に入るが人は違う。
愛する人がいるならためらうな。それが真の金持ち」と。。。
トクゴ先生の言葉に頷くナラ。

そのためには、BA社をウソンの手に渡す訳には行きません。
BA社の株を多く知り合いに、譲ってくれるように電話すると、
カン・インヒョクの持分の8%を手に入れる事が重要と言われ、
またヤツと関る事に複雑なナラ。
ジュヒが金の為結婚しようとした相手orナラとのは因縁の…が久々登場!このドラマ、初期の頃のゲストが次々と出てくるのね~!
電話を切ると、「電話しないの?ウソンへのいつもの報告だよ」とミス・チョに告げるナラ。ちゃーんと分かっていたのね♪
そのカン・インヒョクは、事業に失敗したらしい。

ジュヒからその事を聞き、「今でも連絡取ってるの?」とナラ。
「噂で聞いたの。妬いてるの?」とジュヒ。
「冗談はやめて」とクールに言うナラだけど、絶対ヤキモチだったって~。

ようやくナラの気持ちがわかってくれたようで、
謝ろう…と思いつつ迷って事務所の前をウロウロしていたチョルス。
そこをドングに見つかっちゃって、街中を逃げ回った挙句、
ドンポ社に逃げ込んで地下室に隠れたのでした。
チョルスを出せと凄むドングに、シラを切るナラ。
そこで、ジュヒが(さすが機転が利く)自分を誘拐した男がいると警察に電話し、慌てたドングは退散したのでした。
ホッと息をつくと、「大変よく出来ました」とジュヒとハイタッチするナラ。

チョルスが戻って来たのは、既に妻は別な男と一緒にいたから。
それでもあの金を息子の養育費にと渡してきたそう。いい人ね~。
頭を下げてもう一度ここで働きたいと言うチョルスに、
「お前は金を選んだ」と突き放したものの、
跪いてまで頼まれると、ダメとは言えないナラ。

事業を立て直すため、知り合いたちに金の工面を頼むインヒョクだけど、
誰も快く貸してはくれません。これって第1話のナラのよう…。
そこに「俺は金貸しだ。貸してやる」とナラが現れ、
結婚式をぶち壊した上に図々しいとムッとするインヒョクだけど、
ナラが50億持ってると聞くと、少し考えてみることに。

トクゴ先生宅に帰って来たナラとバッタリ顔を合わせ、
勝ち誇った笑みを浮かべるウソン。
家に入ると、薬を飲んでるトクゴ先生。
頭痛薬って言ってるけど、コレって不治の病とか(・・・?)
ウソンの用件は、村人たちの株をかなり得たとの報告だったそうで、
悲しそうな目のトクゴ先生。

インヒョクの持ち株を狙ってるのはナラだけじゃなく、ウソンもでした。
まず「現在の株価で」と金額を提示するウソンって、中々したたか。
で、この後に二人は色々と話したようで・・・。

翌日、再び現れたナラから、「現価の二倍」と提示され、
「いい値だけどお前が気に入らない。
俺の元結婚相手のジュヒさんと付き合ってるそうだなだ」とインヒョク。
片付けなければならない問題があるようだ…と睨み合い、
二人が勝負に選んだのは、なぜかボクシング!
ノックダウンしてしまったナラ(ワザと殴られた?)に、
ジュヒとやり直す事が株を譲る条件と、相変わらずイヤな奴・インヒョク。

チョルスから二人の勝負の話を聞き、事務所に駆けつけ
ウトウトと眠ってるナラにそっと手を伸ばすジュヒ。
・・・といい雰囲気だったところに、事務所にやって来たチャヨン。
「祖母があなたとの結婚を許してくれた。
私は結婚する気はないけど、50億が必要。取引しましょう」と
すっかり金貸し業が板に着きつつあるチャヨンに、
「金がない限り、取引は成立しないとポン女史に伝えろ」とナラ。
そんな言葉にも顔色変えず、
「前は立場が逆だったし未来はわからない。返事を急ぐことない」と言い、
ジュヒには「二人はお似合い」とクールに決めたチャヨン。
そんな強がってたチャヨンも一人になると、辛い涙を流していたのでした。

何とかナラを助けたくて考えた末、
インヒョクに会って、ナラを助けて欲しいと頼んだジュヒ。
あの時結婚を決めたのは、お金目的だったと正直に話し、
「二人の仲が険悪なのは、あなたに恥をかかせた私のせい。ごめんなさい」と頭を下げるジュヒの言葉に打たれBA社をナラに売る事を決意してくれました。
↑ホントに本心?と疑っちゃった私、それはビンゴ・・・!

ナラが出した契約書を見て、「二倍じゃなく三倍だろ?」と言うインヒョクに、
何か引っ掛かりながらも、75億と書き直してサインしたナラ。
すると、「俺の持ち株はさっき売却した」と言い出すインヒョク。
やっぱりコイツはーー!!!
そのセリフと共に颯爽と現れ、してやったりの笑みのウソン。

「銭の戦争」他の回はこちら


もっと知りたい!韓国TVドラマvol.24[MOOK21]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック