銭の戦争 第9話

サブタイトル・・・「因果応報」
画像
☆感想とあらすじ(ネタバレです)☆
(全20話編集版)
BA社を探るために来店し、チャヨンの他にもウソンの登場に驚きながらも、「お金を借りに来たのは良心を売るよりマシだから」と中々鋭い事を言うジュヒ。さすがのウソンも返す言葉がないみたい~。
ナラとの関係を「恋人?」と探り、ここに来たのはナラの命令だとか感づいてたチャヨン。
恋人じゃないとジュヒは言っても、ナラとの関係の親密さに、強張る笑顔。←化粧が濃い上にコレじゃかなり怖い…。

ドンポ者の妨害をしてるのがチャヨンと知り、考え込むナラに、
「女の恨みは怖ろしい。お互いに忘れられないのね。
好きなら言えば?お金に関しては鬼なのに恋愛には弱腰」とジュヒ。
「からかって楽しい?」とナラ。「教えてるだけ」と言いつつ含み笑いのジュヒ。
今日は、借金完済のお礼にジュヒパパがご飯をご馳走してくれる日でした。
恩師の手料理を口にすると、
たった一人の肉親・ウンジを思い出して、涙ぐむナラ。
父と母と妹で、家庭料理を食べた毎日を思い出すと辛いだろうねぇ。。。
妹は自分のせいで借金地獄とか、ジョーク言ったり、作り笑顔が痛々しい(:_;)


まだ借金があるのにこっちを片付けてくれて、お礼とお詫びを言うジュヒ。
「早く金を返してくれればこっちも助かる」とナラが言うと、頷いて、
「困った時に駆けつける“スーパー担保”だし」と、おどけるジュヒに、
「妙にハイテンションですね」とナラ。
元気づけようと精一杯頑張ったろうに、
恥かしくって耳まで火照って家に入ってしまったジュヒ。

ヴシンがピアノ教師というのはウソで、飲み屋で弾いてると聞き、
クラブに駆けつけたナラ。
そこには酔っ払い客に絡まれているウンジがいました。
カッとして客を殴りつけ、お前ら、ここで遊ぶ金はどっから出た?
汗水たらして稼いだ金なら、女をはべらせて一晩で使えない!」と怒鳴り、
ウンジを連れ帰ったナラ。

「親を殺した相手と同類に?水商売の方がマシ。少なくても他人を傷つけない。心と体が傷ついた方がいい」と蔑んだ目を向けるウンジ。
その言葉はもっともな事で俯きながら、そうなった経緯を話すナラ。
「仕事を探したけど、就職活動も肉体労働もダメだった。
信用がないと何も出来ないと気付いた。
それなら世間を見返し、俺がこの世を手に入れる。
ウンジ、俺がうんと稼いで困った人を助けるから、水商売はやめろ」
ナラの思いに涙が止まらないウンジ。
兄として妹の前で涙が流れそうなのを
必死で堪えて語るナラに泣けて来た...(ノД`);・
そして私のお気に入りのウンジ夫、
「義兄さんの気持ちもわかってやれ」と今日もポイント高いわ~!


ドンポ社を妨害してるのがポン女史の孫と聞き、
「うちの何の恨みが?」と絶句するマ社長。
「うちも金利を下げるべき。今まで散々絞り取ったでしょ」とナラに言われても、ポン女史の元に直談判に向かったのでした。
金利を下げるか出来ないなら会社を畳めと、いい返事をしないポン女史に、
「あんまりです。私は死ぬ時は一人で死にませんよ。
クム・ナラに金があると教えてくれたのはあなただ。
それで母親は手術の時期を逃がして死んだ
」とマ社長。
道理で病院窓口でマ社長の手下が金を奪った時、
随分タイミングが良いと思ったわ(*・ω・)(*-ω-)
それにしてもポン女史、間接的とはいえ罪深い事を・・・。


その話を廊下で聞いて、すごーく驚いていたウソン。
もしかすると、ウソンの両親もこんな死に方をしたとか?
会長室に入り、「今度が僕を通して」と言うウソンに、
「役職は理事かと思ったら案内デスクだったか」とマ社長。←笑った(≧О≦)

「この前の債権者から金を取って来い!」とマ社長に命じられたとおり、
“ウンジ”という名の延滞してるくせしてデカイ態度だった女の元へ回収に行き、借金して買いあさったブランド品をすべて売り裁いて金にしたナラ。
「育ててくれた両親へ美味い物を勝ってやれ」と残った金を渡したのに、
「大きなお世話。このクソ男」と相変わらずの態度の女。
「一流品を持っても中味は三流」と、思わず口に出るナラ。

ナラと一緒にヤミ金の仕事をしたいと言うチョルスに、
「いい加減なお前には出来ない。二度と現れるな」と突き放すナラ。
同じ道に進んで欲しくないと思って、ナラ流に遠ざけたような気がするわ。

ソマン銀行を取引先に決め、担当者をジュヒにと指名して来たチャヨン。
気乗りしなくてもお客様、
銀行員としてBA社へ向かい、指名した理由を聞くジュヒ。
「ハ理事から、良心があると聞き、安心して任せられると思って。
ナラさんの借金を私が返したら、もう会わないで。
ここで働けば、銀行より高い給料出しますよ」と上から物言うチャヨン。
「私は金融会社より銀行員でいたい。それは大統領秘書にも替え難いもの。
今後は銀行員として、最善を尽くします」と席を立つジュヒ。
「怒るって事はナラさんとの関係はお金絡みじゃない」とチャヨン、
「ここの人達は人を弄ぶ天才ですね。
お望みならナラさんと親しくしますよ」と帰ったジュヒ。
ジュヒはカッコいい! そしてチャヨンが憎憎しく見えました。

今日も借金返済が相次ぎ、倒産かも…と血圧が上がる一方のマ社長に、
「方法は一つ、マ社長の自腹で。隠してるでしょ?」とナラ。
「隠すほどあるか」とちょっとオドオしてムキになるマ社長。
本当にあれだけの金、一体どこに消えてるんだかがナゾ。

チャヨンとの一件を話し、「こうなったのはあなたのせい。自分達で解決したら?」と怒ってるジュヒの手を引き、BA社に向かったナラ。
ジュヒの為に血相変えて入って来たナラに、動揺しながらも、
営業スマイルを浮かべてるチャヨン。
「ドンポ社を狙うのは俺のせい?まだ俺を好きなのか?プライドがないな。
マ社長が困るのはいいんだ。でも彼女は関係ない」とナラ。
顔が強張りながらも、強がって笑い飛ばし、
ナラがポン女史宛に書いた契約書を見せて
「貸しがあるから。清算するまで逃げられない」とチャヨン。
チャヨーーン、この態度はイタイよーーー(>_<)

冷たい態度を取ったのは、チャヨンに夢を持たせないためで、
「俺は金を取り、彼女に会わす顔がない」とナラ。
まだ愛してるの?と聞くと、そんな資格はないと答えたナラ。
この返事は思いが残ってるって感じで、複雑そうなジュヒ。

イタイ態度だったのは、チャヨンが一番わかってるようで、
会社に残ったまま、ずーーっと物思いに耽っていたチャヨンを
「心の傷なんて忘れて。僕が代わりに復讐します」と抱きしめるウソン。
ウソンを突き放し、「じゃあ彼を私の元に戻して。
あなたの気持ちは響かない。こんな無礼は二度と許さない」とチャヨン。

マ社長とチャヨンの争いはトクゴ・チョル先生の耳にも入っていて、「勝つのは金の多さじゃなく、顧客リストを入手した方」とさりげないアドバイス。
ブランドバックを熱心に手入れしてた受付のチョさんを思い出し、
尾行した結果、ウソンから書類を受け取るシーンを目撃したナラ。
この時は何を渡したのか不明だったけど、
借金取りから買い取った、ナラ父の借用書等の書類だったらしい・・・。

ポン女史との仲介を頼みに来たマ社長に、
「ナラから聞いた。お前が彼の父を殺した事も知ってる」とトクゴ先生。
「父親が死んだのは俺のせいですか?指一本触れてない。
イラク戦争やアフリカ飢饉も俺のせい?」と正当化するマ社長。
「許しを請え。生き残りたいなら、自分の行いを反省しろ。
謝るならポン女史との仲を取持ってもいい」とトクゴ先生。

ナラの為にお弁当を作ってくれ、ジュヒに届けさせたジュヒ父。
チャヨンとの事があったから、「あんな図々しい男に」と言うジュヒに、
「強そうに見えて実は繊細なヤツ」とちゃーーんと分かってくれてます。

チョさんが帰った後、書類保管庫を調べたナラ。
すると一通の封筒を見つけ、中を見て愕然・・・。
父が書いた借用書、臓器売買契約書が。
これがウソンがチョさんに渡した書類だったのでしょう。
ウソンの策略だとしたら、本当に怖い人(*_*;
貸主はマ・トンポ。ウンジの結婚式の日も、借金の催促に来た時も
あの二人組の影にいたのは、マ社長だったと気付き怒りがこみ上げるナラ。

ゴルフクラブを手にし、血相変えて飛び出したナラ。
お弁当を届けに来たジュヒが声を掛けても、真顔のまま銭湯へ突進し、
気が狂ったように執拗にマ社長を追いかけ、
「殺してやる!」とクラブを振りおろすナラ。
怯えながらも、逃げ回るマ社長。
意外とかわすのが上手で、一度も当たってない気が…。
男湯だから中に入れず、ロビーで気を揉んでいて
二人が出て来たので、ナラを止めようと追いかけたジュヒ。
市場の中をかきわけるように逃げていくマ社長、
迫力の形相で、どこまでも追いかけて行くナラ。
こんなナラを見てると、涙が…(T_T)

袋小路に追い詰め、クラブを振り上げるナラ、
それを体を這って止めたジュヒ。
「放せと言ってるだろ!」と興奮するナラを、親が子を抱くように止めるジュヒ。
ナラにはこんな罪を犯して欲しくない…そんな感じがして
ジュヒの思いにもウルっ(:_;)

逃げてしまったマ社長にイラつき、シャッターを拳で殴り、
「アイツが父さんを殺したんだ。
それなのにアイツの下で犬みたいな働いた」と泣き叫ぶナラ。
理由を知って痛々しい目で見つめ、ケガした拳にハンカチを巻くジュヒ。

トクゴ先生の所に逃げ込んで、「アイツに殺される」と泣き落としのマ社長。
「当然の報いだ。自分で始末をつけろ」とトクゴ先生。←そりゃそうだ。 
帰り道、向こうから歩いてくるナラを見つけ、慌てて隠れるマ社長。

マ社長が父を殺した男だった言っても驚かないトクゴ先生に、
「知っててなぜ黙ってたんです?。僕を弄んで楽しいですか」と怒るナラ。
「目を覚ませ!世の中に復讐したいなら、ドンポごときに動じるな。
この業界は理不尽だらけだ。
お前の父が死んだのはドンポのせいじゃなく金のせい」と声を荒げる先生。
「でも先生は僕を騙した」て涙声のナラ。
こんなヤツに金は稼げん。出て行け」と、
あえて厳しい言葉を突き付ける先生。

家族の写真を手にし、父の眠る場所へ向かい
思い出すのは無残な父の死、母の死、涙が止まらず、
「ずっと来てなくてごめん。俺もウンジも元気だ」と語りかけるナラ。
「父さん、俺は金を稼ぐよ。金で埋もれて死んでも自殺はしない。
もう少し待ってて。俺が復讐するから…金の為に俺の家族を崩壊させたヤツら、こんな俺が審判を下す」と誓ったナラには、もう涙はありません。

「銭の戦争」他の回はこちら

オリジナル・サウンドトラック「銭の戦争」
オリジナル・サウンドトラック「銭の戦争」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック